ヤマサハウスで家を建てた人の本音の評判・口コミを暴露!坪単価や特徴・注意点まで分かる完全ガイド

<記事の情報は、2021年7月1日時点のものです>

鹿児島県で注文住宅を建てたいが、どこのハウスメーカーにするか悩んでいるあなたにチェックしてほしいハウスメーカーのご紹介です。

人と自然の調和をコンセプトにしているヤマサハウスのご紹介です。

鹿児島の気候風土に合った家を追究し、技術を磨き、時代を先取りする性能を取り入れています。

リビングを中心に家族が集まる「絆の家」作りを目指しています。

このヤマサハウスで建てられる家はどんな家なのか?

ヤマサハウスの評判や特徴などについて詳しく確認しましょう。

ヤマサハウスで家を建てた人からの正直な口コミやアドバイスを参考にしてみてくださいね。

また、注文住宅を建てる時に注意すべきポイントと坪単価を大公開します。

ヤマサハウスで注文住宅を建てる際の流れ、住宅展示場情報も事前にチェックしてみましょう。

ここで1つ、本題に入る前に質問です。

「あなたは今、注文住宅の依頼にあたって何社のハウスメーカーを調べていますか?」

もしかして、はじめから1社のみに絞ってしまってはいませんか?

実は、注文住宅を建てる上で最も重要なのは「住宅メーカー選び」です。

住宅メーカーなんてどこも一緒、と思っている人は注意が必要です。なぜなら注文住宅においては「住宅メーカー選び」が命と言っても過言ではないからです。

日本全国には知名度の高い「ハウスメーカー」はもちろん、地域に根付き低価格で住宅を提供する「工務店」、自由度が高い「設計事務所」など様々な住宅メーカーが存在します。

十分な比較をせずに依頼するハウスメーカーを決めてしまうと、「予想よりお金がかかった・・。もっといいハウスメーカーに頼めばよかった・・」と、一生後悔することになりかねません。

そうならないためにぜひ活用して欲しいのが、東証一部上場企業の「LIFULL」と、「SUUMO」のカタログ一括請求サービスです。

↓ ハウスメーカーの一括請求はLIFULL ↓

↓ 工務店のカタログ一括請求はSUUMO ↓

このカタログ一括請求サービスを利用すれば、「エリア」と「こだわり条件」を入力するだけで、条件にマッチするハウスメーカーや工務店のカタログを一括で取り寄せることができます。

圧倒的に時間も節約でき、そして簡単にメーカーの比較が可能になりますね。

また、この一括サービスは無料で利用できますよ!

LIFULLは『ハウスメーカー』が中心、SUUMOは『工務店』を中心にカタログを取り寄せられるので、どちらも利用することで理想に近い住宅メーカーに出会える可能性が高まりますよ。

また、カタログを請求の際は、有名かどうかで判断せず、条件に合うメーカーのカタログを一応全て取り寄せることを意識しましょう。

全く知らなかった会社の中に、あなたの希望を実現してくれる会社があるということも珍しくありません。

お金や時間をかけずに、カタログ一括請求サービスで様々なハウスメーカーを比較してみてくださいね!

LIFULL HOME’Sでカタログ一括請求してみる【無料】⇒

SUUMOでカタログ一括請求してみる【無料】⇒

それではいよいよ本文に入っていきましょう。

ヤマサハウスで建てられる家はどんな家?特徴5つを紹介

ヤマサハウスで建てられる家は注文住宅かリフォームの2タイプです。

特徴は次の5つです。

①鹿児島の風土に合わせた家作り

鹿児島は高温多湿な気候の地域です。夏場の暑さや台風、桜島の降灰など厳しい気候の地域です。
ヤマサハウスは鹿児島で70年家作りに携わり、鹿児島県の家族を守る住まいをつくってきました。
過去の災害復旧の経験をもとに研究を重ね、自然災害に強い快適に暮らせる住まいをお届けしています。

②環境にやさしい家

ヤマサハウスの家は、寒暖差が激しい鹿児島で快適に暮らすための工夫が沢山つまっています。気密性・断熱性を高め冬でも温かい部屋を提供します。また、夏の日差しを遮る「遮熱性能」の機能もプラスされています。
また、太陽光発電によって省エネで、エネルギーを大切に使う暮らしを目指します。

③家族の健康を守る家

家族の絆が深まるように考えられた「センターリビング設計」や空気環境もクリーンにしました。家族の健康を守る安心・安全に過ごせる「赤ちゃん基準」の考え方で家を設計しています。
また、ヒートショックを起こさないために、室内の温度差をなくす工夫もしています。

④木のプロフェッショナル

ヤマサハウスが大切にしていることは、「木へのこだわり」
本来の工法を伝統的に守り、一つ一つの部材の品質にこだわり、厳しいチェックをクリアしたものしか使いません。
健康で安心できる部材を提供することをモットーに高品質・高精度な素材を使用します。

⑤耐震性抜群の家

国が定めた耐震制度の最高ランク・耐震等級3のさらに、1.25倍の強度を標準仕様としています。
また、地震保険料も2分の1に設定しているので、家計にも優しい住まいです。※ 「耐震等級3」は震度7の地震にも倒壊しないレベル。
建物をつくる前に地盤の調査をしっかり行い、建物の沈下や地盤の陥没などの事故を起こさないために、精度の高い調査機器で検査を行います。

ヤマサハウスで実際に家を建てた人の評判・口コミ

ヤマサハウスの悪い評判・口コミ

ヤマサハウスの悪い口コミは見つかりませんでした。

ヤマサハウスの良い評判・口コミ

良い口コミはどうなのでしょうか。

  • ヤマサハウスの担当者は、細かい要望、不満や悩みに至るまで「家」に関するあらゆる相談に、真摯に対応してくれました。
    こちらの納得がいくまで話をすることができるハウスメーカーは、他にはあまりなと思います。
    営業担当の方のフットワークの軽さ、気遣い…そして、現場担当の方の技術力。
    初めてのマイホーム購入は、とても緊張していて何も分からないことだらけなので、スタッフの方々のサポートはとても力強く感じました。
    長年の夢であったマイホーム購入先が、こちらのメーカーで本当に良かったです。「絆の家」通り良い家が建ちました。

 

  • ヤマサハウスの特徴はまず、高気密と高断熱が標準仕様であることです。社内基準が厳しいので安心です。
    基礎、構造なども同じで社内審査を徹底しています。ヤマサハウスはある意味大手以上に信頼できるハウスメーカーであると思います。

 

  • 同僚の評判がよく、モデルハウスの雰囲気の良さが決め手です。

 

  • 緑豊かな自然に囲まれた環境に白い壁が映える平屋の住まいがお気に入りです。
    モデルハウス見学の際、室内の空気が気持ちよく快適に感じて、好感が持てました。静かな寝室、ロフトの設置、便利な家事動線が絶対ゆずれない所でした。
    寝室を生活音が気にならない場所に配置する工夫をアドバイスしてくれてお気に入りの空間に仕上げてくれました。

 

口コミを見ると、対応力、検査の厳しさに満足しているという声が多いように感じられました。
もしヤマサハウスで家を建てるなら、人にも自然にも優しい健康的な生活ができそうですね。

LIFULL HOME’Sでカタログ一括請求してみる【無料】⇒

SUUMOでカタログ一括請求してみる【無料】⇒

ヤマサハウスで住宅を建てるのがおすすめな人の3つの特徴

では、ヤマサハウスで家を建てるのに向いている人はどんなひとでしょうか。

①木にこだわりたい方

ヤマサハウスが大切にしていることは、「木へのこだわり」なので、長い時間いる家には安心した建材を使用してほしい。そんな人におすすめのヤマサハウス。
70年鹿児島県の風土にあった家作りをし、一つ一つの部材の品質にこだわっているので安心です。「シラス壁や無垢材などの自然素材にこだわっています。
建年変化を楽しめるのもいいですね。

②地震に強い家

先ほども説明したように、ヤマサハウスは対審制度が基準の1.25倍の強度です。
ひび割れを抑えて長持ちする「基礎コンクリート」を使用し、粘り強くより強い基礎を作ります。

床を変形しにくくする「剛床構造」は、横からの力にも非常に強い構造なので、横揺れの地震(ゆがみなど)にも安心です。

③安心サポート制度を利用したい人

ヤマサハウスでは住宅性能表示制度(第三者が評価)を取り入れています。
ヤマサハウスでは、住まいの安全・安心の判断指針として検査を行います。

10分野でしっかりチェックしているので安心ですね。

  1. 構造の安定
  2. 火災時の安全
  3. 劣化の軽減
  4. 維持管理更新への配慮
  5. 温熱環境
  6. 音環境
  7. 高齢者等の配慮
  8. 防犯
  9. 空気環境
  10. 光・視環境

震保険料が割引になったり、住宅ローンが下がったり、将来家を売るときに家が高くなったり、住宅の評価に有利に働くメリットがあります。

作り手の技術力を高めるための勉強会を定期的に実施しています。

ヤマサハウスでは、新しい大工さんにはしっかり技術を伝え、熟練の大工さんには復習のため、勉強会を実施しています。

現場に抜き打ちテストにいったり、常に一定の品質を保つために勉強会と検査を怠りません。

ヤマサハウスで注文住宅を建てる時に注意したいポイント

次に注文住宅を建てるときに気を付けるポイントをご紹介します。

家を建てるのにはこんなにいろいろなお金がかかると知っておこう。

家は本体だけの値段では買えません。

以下のようなものもかかるので確認しましょう。

  • 税金・・印紙税など不動産評価額による。
  • 登記費用(家を登録するお金)・・10~15万円前後。
  • 建築確認申請費用・・約10~20万円
  • 水道負担金・・10~20万円前後。
  • 地鎮祭や上棟式の費用・・5~10万円前後。
  • 住宅ローン手数料、火災保険料・・ローン額、家の大きさによる。
  • 家具・家電

LIFULL HOME’Sでカタログ一括請求してみる【無料】⇒

SUUMOでカタログ一括請求してみる【無料】⇒

ヤマサハウスで家を建てる際にかかる費用・坪単価

ヤマサハウスの坪単価はホームページには記載されていません。

ヤマサハウスの商品ラインナップを特徴別に紹介

ヤマサハウスの商品のラインナップは完全フルオーダー・セミオーダー・MOOK HOUSE・ZENの4つです。

詳しくは見学会で営業担当に確認くださいね。

ヤマサハウスで注文住宅を建てる際の流れ

では、ヤマサハウスで注文住宅を依頼する際の手順を紹介します。

STEP①住宅展示場へ行く
後ほど紹介する住宅展示場に足を運んでください。しかし、あらかじめ資料請求をして好みのメーカーや家の雰囲気を決めて見学会に行きましょう。
いろいろな視点で家を見ます。日当たり、雨の日の動線、収納、空調などを確認しください。

STEP②資金計画
ヤマサハウスではお金に関する相談を丁寧にしてくれます。ライフスタイルを考慮して、ローンの支払い月額などを考えます。
注文住宅の盲点が、家の値段以外にも色々準備すべ費用があるので、担当者に確認しましょう。

STEP③土地探し~契約
土地探しを行います。ヤマサハウスでも土地探しをサポートしているので相談しましょう。
土地が決まったら、ローン額を決定し、希望のデザイン・間取りを設計します。
理想の設計が完成したら見積もりを確認します。値段やデザインに納得をしたら契約です。

STEP④着工~完成
いよいよ着工し、上棟や検査を経て完成です。アフターケアもしっかりしているので初めて家を購入する人でも安心ですね。

ヤマサハウスの全国のモデルハウス・住宅展示場情報

ヤマサハウスのモデルハウスは鹿児島県に3カ所あります。
さまざまな自然の家を見学できるので是非足を運んでみてください。

KTS住宅フェア

所在地: 〒890-0062 鹿児島市与次郎2-4-43
電話番号:099-297-6111

家族の故郷となる住まいがコンセプト
鹿児島の自然環境になじむ家。暮らしのシーンを大切にしたデザインと、匠の技が織りなす解放感のある上質な暮らしを目指します。

AI TOWN天辰Ⅱ期モデルハウス 平屋 4LDK+ロフト

所在地:薩摩川内市天辰町字田麦858-6、字古原1456-8、1468-1
電話番号:0996-23-3111

暮らしやすいシンプルな間取りで、動きやすい家事動線。
リビングに広々としたウッドデッキスペースがあり、家族の憩いの場になります。
太陽光パネル、蓄電池を搭載した省エネ・ZEHの住まいとなります。

野口西モデルハウス 平屋 4LDK+多目的ポーチ(宿泊体験館)

所在地:霧島市国分野口西
電話番号:0995-47-3111

自然に囲まれ憩いや安らぎを感じる家です。
「home+ture」平屋の住まいを見学できます。

LIFULL HOME’Sでカタログ一括請求してみる【無料】⇒

SUUMOでカタログ一括請求してみる【無料】⇒

ヤマサハウスの会社概要

会社名 ヤマサハウス株式会社
住所 〒892-0836 鹿児島市錦江町1-4(鹿児島本店ビル3F)
代表者 森 勇清
会社設立年 1948年6月23日

ヤマサハウスの施工エリア

対応しているエリアは鹿児島県です。

まとめ

ヤマサハウスはヤマサハウスでは土地探し~設計~アフターサービスまでサポートしてくれる鹿児島の地域密着型のハウスメーカーです。

長期優良住宅やZEH住宅に対応し、木のぬくもりや家族の絆を大切にする住まいを提供します。

鹿児島県で家の購入を考えている方は、ヤマサハウスも検討してみてはいかがでしょうか。

気になる方は、資料請求、休みの日にモデルハウスに足を運んでみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

\大切な家づくりで後悔しない為に!/