山口県のおすすめローコスト住宅メーカーランキング6選!1,000万円台で夢のマイホームを!【令和最新】

「子供もできたし、今よりも広い家に住みたい」「手頃な価格でマイホームを購入したい」

賃貸のアパートやマンションから、そろそろマイホームを購入したいと考えている人も多いのではないでしょうか。

最近では「ローコスト住宅」という言葉を良く聞きますが、「本当に安いの?」「安い家って耐震とか大丈夫なの?」そうお思いの人も少なくないと思います。

今回の記事では、ローコスト住宅のメリットや、山口県でのおすすめハウスメーカーなど分かりやすく解説していきます。

ぜひ、最後までお読みください。

ここで1つ、本題に入る前に質問です。

「あなたは今、注文住宅の依頼にあたって何社のハウスメーカーを調べていますか?」

もしかして、はじめから1社のみに絞ってしまってはいませんか?

実は、注文住宅を建てる上で最も重要なのは「住宅メーカー選び」です。

住宅メーカーなんてどこも一緒、と思っている人は注意が必要です。なぜなら注文住宅においては「住宅メーカー選び」が命と言っても過言ではないからです。

日本全国には知名度の高い「ハウスメーカー」はもちろん、地域に根付き低価格で住宅を提供する「工務店」、自由度が高い「設計事務所」など様々な住宅メーカーが存在します。

十分な比較をせずに依頼するハウスメーカーを決めてしまうと、「予想よりお金がかかった・・。もっといいハウスメーカーに頼めばよかった・・」と、一生後悔することになりかねません。

そうならないためにぜひ活用して欲しいのが、東証一部上場企業の「LIFULL」と、うちハピが運営する「うちハピ注文住宅」のカタログ一括請求サービスです。

↓ ハウスメーカーの一括請求はLIFULL ↓

↓ 工務店のカタログ一括請求はうちハピ ↓

このカタログ一括請求サービスを利用すれば、「エリア」と「こだわり条件」を入力するだけで、条件にマッチするハウスメーカーや工務店のカタログを一括で取り寄せることができます。

圧倒的に時間も節約でき、そして簡単にメーカーの比較が可能になりますね。

また、この一括サービスは無料で利用できますよ!

LIFULLは『ハウスメーカー』が中心、うちハピ注文住宅は『工務店』を中心にカタログを取り寄せられるので、どちらも利用することで理想に近い住宅メーカーに出会える可能性が高まりますよ。

また、カタログを請求の際は、有名かどうかで判断せず、条件に合うメーカーのカタログを一応全て取り寄せることを意識しましょう。

全く知らなかった会社の中に、あなたの希望を実現してくれる会社があるということも珍しくありません。

お金や時間をかけずに、カタログ一括請求サービスで様々なハウスメーカーを比較してみてくださいね!

LIFULL HOME’Sでカタログ一括請求をしてみる【無料】⇒

うちハピ注文住宅でカタログ一括請求してみる【無料】⇒

それではいよいよ本文に入っていきましょう。

 

山口県のローコスト住宅事情

ローコスト住宅とは

ローコスト住宅の特徴は、通常の注文住宅よりも比較的安く新築を建てられる所です。

住宅を購入する際には「坪単価」という言葉がよく使われますね。

通常の注文住宅では、建築費用は坪単価50万~80万円ほどに対し、ローコスト住宅では20~40万円、総額1,000万円台で新築を建てることができます。

1,000万円台のローコスト住宅の特徴

1,000万円台のローコスト住宅の特徴は主に以下の3つです。

  1. 価格が安い
  2. シンプルな間取り
  3. 建て替えがしやすい

順番に解説していきます。

1つ目の特徴は、なんと言っても価格の安さです。

全国の平均的な新築建築費は2,800~3,000万円ほどの相場となっています。

それに対しローコスト住宅は1,000万円台で建てられるのですから、その安さが一目瞭然ですね。

2つ目の特徴は、ローコスト住宅はシンプルな間取りが多いという事です。

シンプルな間取りや「規格型」の家にすることにより、コストカットが図られています。

3つ目の特徴は、建て替えがしやすいという事。

長い目で見ると、人生何が起こるか分かりません。

「子供が早くから巣立って夫婦だけになった」「祖父や祖母とも暮らすことになった」などといったライフスタイルの変化がいつか起こる可能性もあります。

そんな時に多額のローン返済が残っていると困りますよね。

価格の安いローコスト住宅なら、いざという時に対応できます。

山口県で家を建てるときの建築費・坪単価相場

山口県で新築の価格相場を見ていきましょう。

住宅金融支援機構のフラット35利用者調査によると、山口県での平均床面積は37坪~38坪にて、建築費は3,200〜3,300万円が相場となっています。

全国平均では約3,300万円前後、首都圏では約3,900万円前後なので、首都圏よりは価格は安いものの全国平均レベルとなっています。

山口県の気候の特徴は、日本海側と瀬戸内海側で違いはあるものの比較的温暖です。

日本海側と瀬戸内海側では夏場の降水量は多いのが共通しています。

また、マイホーム率が高く、1住宅あたりの延床面積も他の地域よりも広めなのが山口県の特徴です。

下関市では移住者を積極的に受け入れており、助成金などもあるので県外の人にとっては嬉しいところですね。

山口県でローコスト住宅を建てるならおすすめのハウスメーカー・工務店ランキング3選

ふくろう住宅

株式会社 宮六工務店のローコスト住宅ブランドです。

山口県美祢市に営業所があります。

「誰でも持てる一戸建て」をキーワードに、シンプルで使いやすい設計の家を提供してくれます。

職人さんの協力やムダのないスタッフ体制、広告費のカットにより低価格での家づくりを実現しています。

自由設計のセミオーダー住宅方式になっていて、間取りや外観などある程度自分たちの好みに合わせられるところは嬉しいですね。

こちらでは753万円〜新築を建てることができます。

自分たちに合ったプランを比較検討していきましょう。

ニコニコ住宅

下関市にある株式会社レジデンスのローコスト住宅専門ブランドです。

300プランという豊富なプランから自分たちにあった間取りを選ぶことができます。

人気のプランは2LDK845万円、3LDK1,051万円4LDK1,206万円〜などです。

キッチン周りや収納、外壁などはもちろん、高品質な設備を使用しています。

新婚さんにこそマイホームを購入してほしいという会社の想いが詰まっています。

タナカホームズ

萩市にあるローコスト住宅専門の工務店です。

山口市、宇部市、防府市、下関市、広島西市にも支店があります。

「安いのは当たり前、安くて良い家」をコンセプトに、コストカットを追求し機能性高い家づくりをしています。

また、価格提示もコミコミで分かりやすいところも安心できますね。

以下に商品ラインナップをご紹介します。

  1. COMPACT STYLE(コンパクトスタイル)
  2. ORIGINAL STYLE(オリジナルスタイル)
  3. PREMIUM STYLE(プレミアムスタイル)

コンパクトスタイルは、小さくても開放感のある空間、飽きのこないデザインが特徴の規格住宅です。

大きくなくていいから、心からくつろぐ暮らしを実現したい、おしゃれな家に住みたい、そんな家族におすすめです。

オール電化で本体価格に付帯工事費込で999万円〜となっています。

オリジナルスタイルは、高品質な建物をフリープランで自由に設計できます。

設備機器はリクシルやパナソニックなどの一流メーカー5社より選択していきます。

本体価格は1,140万円〜です。

プレミアムスタイルは、上記よりさらにハイグレードな住宅プランとなっています。

高断熱・高遮熱・耐震性をさらに向上させた2×6工法で、価格は1,260万円〜となっています。

LIFULL HOME’Sでカタログ一括請求をしてみる【無料】⇒

うちハピ注文住宅でカタログ一括請求してみる【無料】⇒

山口県で平屋が人気のローコスト住宅メーカー・工務店3選

きりんハウス

株式会社パスココーポレーションによるローコスト住宅専門ブランドです。

防府市に事務所を構えています。

無駄な経費をカットしつつ、完全自由設計で家を建てることができます。

きりんハウスは平屋の建築実績も豊富です。

大人気の4LDKだけでなく、1LDK〜5LDKまで自由な間取りを選べます。

住宅ローンに縛られない、無理のない家づくりをサポートしてくれます。

平屋の窓口

山口県(下関市・宇部市・山陽小野田市・長門市・美祢市)の平屋住宅専門店です。

「シンプルで無駄なく暮らす」をコンセプトに、100プランから自分たちに合った平屋を建てることができます。

1LDKで建物価格605万円〜4LDK1,392万円など、間取りに合わせて価格も変わってきます。

家族構成に合わせプランニングしていきましょう。

ジョイホーム

山口市と山陽小野田市に事務所を構えるローコスト住宅専門店です。

木のぬくもりにこだわったデザイン住宅を限られた予算内で提供してくれます。

ジョイホームは完全自由設計で、自分たちの好みの間取りにすることができます。

人気の平屋タイプでは、延床面積25,5坪コミコミ価格にて1,532万円など、1,000万円台で高品質な家を建てることができます。

ローコスト住宅はこんな人におすすめ!

ローコスト住宅のメリット3つ

ローコスト住宅のメリット1つ目は、価格の安さにより住宅ローン借り入れの負担を軽くすることです。

例えば、「土地1,000万円+建物2,500万円」の一般的な家だと、35年ローンで毎月の返済額(金利1%、ボーナス払い無し)は約98,000円です。

ローコスト住宅「土地1,000万円+建物1,300万円」では約64,000円となります。

毎月3万円以上の差は大きいですよね。

メリット2つ目は、色々と選ぶ手間が省けることです。

通常の注文住宅では設計から内装デザイン、キッチン周りやオプションの検討など、たくさん打ち合わせをする必要があります。

それに比べローコスト住宅では、規格型やあらかじめ決められたタイプの中から選ぶ事が多いため、選択の手間を省くことができるのです。

メリット3つ目は、ローコスト住宅は工期が短いため、3ヶ月ほどで入居できるということです。

前述のように規格や間取り、デザインなどがあらかじめ決まっていることにより、大工さんの工程や施工手順の期間を短くすることが可能になります。

ローコスト住宅がおすすめな人

ローコスト住宅がおすすめな人は

  • 早いうちから新築を購入したい若い夫婦
  • 少ない予算の中でも色々選択肢を持ちたい
  • 子供も巣立って夫婦2人で必要最低限に暮らしたい

このような人におすすめです。

最近ではミニマムな暮らしや物を持ちすぎない生活スタイルが流行していることもあり、ローコスト住宅のようなシンプルなデザインで手頃な価格の住宅を好む人が増えてきています。

LIFULL HOME’Sでカタログ一括請求をしてみる【無料】⇒

うちハピ注文住宅でカタログ一括請求してみる【無料】⇒

ローコスト住宅で失敗しないために必ずココに注意!

全てコミコミでいくらかを確認する

コストカットが成されたローコスト住宅では1,000万円で新築を手に入れることができます。

しかし、広告に提示されてある金額には注意が必要です。

新築住宅にかかる費用には、「住宅本体価格」+「付帯工事価格」+「オプション費用」+「諸経費」などが合わさって最終的に決まります。

大手メーカーや工務店示されている広告は「住宅本体価格」のみが表示されている事も多いため、実際は上記のような費用がかかってくることを念頭においておきましょう。

アフターサービスの内容を確認する

ローコスト住宅を建てるハウスメーカーや工務店選びの際には、アフターサービスの有無や内容は必ずチェックしましょう。

住宅の寿命は一般的に30~50年ほどです。

家は住めば住むほど味が出て愛着が湧いてきますが、必ず劣化していきます。

特に外壁の塗り替えや屋根のメンテナンスは必須ですね。

その他水回りや建具など、機能的な面で修繕が必要になる事もよくあります。

家を建てたらお終いではなく、建てた後の家族の暮らしまで安心してサポートしてくれるお店を選ぶようにしましょう。

担当者とのコミュニケーションは密に

住宅を建てる際には必ず担当者さんがついてくれますが、しっかりと密にコミュニケーションを取るようにしましょう。

工務店やメーカーにもよりますが、一般的には「家のデザインを考える人」「設計を担当する人」「費用の相談をしてくれる人」「現場監督」「大工さん」など色々な部門に分かれて家を建てていきます。

自分たちの思いがしっかり反映されるように、意思疎通を図るようにしましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。

ここまで山口県のローコスト住宅について解説をしてきました。

ローコスト住宅には魅力がたくさんありますね。

何より手頃な価格で品質のよい住宅を手に入れられる事は最大の魅力ではないでしょうか。

住宅の購入は一生に何度もできる買い物ではありません。

しっかり自分たちで調査して、パートナーと納得のいくまで話し合う必要があります。

これまでに挙げたメリットを参考にしながら、複数の工務店などで見積もりをとってみることをおすすめします。

安さばかりではなく、耐震性や好みのデザインなども考慮した上で、それぞれ比較検討しながら自分たちの目指す素敵な家を選んでいきましょう。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

\大切な家づくりで後悔しない為に!/