百年住宅で家を建てた人の本音の評判・口コミを暴露!坪単価や特徴・注意点まで分かる完全ガイド

<記事の情報は、2021年12月1日時点のものです>

家を建てる際に、一番何を重要視していますか?

予算や家の構造、間取りなど家庭ごとに重要なポイントは異なります。

そのためハウスメーカーや工務店との相性は、家を建てる上で欠かせない条件です。

今回は、百年住宅で建てられる家の特徴をご紹介します。

気になる口コミや坪単価、費用などもお知らせするので、ぜひ参考にしてください。

ここで本題に入る前に、注文住宅を検討しているあなたに一番重要なことをお伝えします。

それは、「マイホーム(注文住宅)を建てるとき、住宅メーカー選びを失敗するとすべて台無しになりかねない」ということです。

なぜなら、それぞれのハウスメーカーによって、特徴や特色、坪単価や実現可能な間取りなどが大きく異なるから。

例えば以下の例を見てみましょう。

  • A社は坪単価も安く、格安で建設が可能。しかし理想的な間取りや高性能な設備を盛り込んだ結果、大きく予算オーバー。住宅ローンの返済もあっぷあっぷに。
  • B社は坪単価や標準設備こそ高いものの、性能はよく、間取りも理想的。結果的に予算内で理想的なマイホームが完成。

つまり、住宅メーカー選びを間違えると、今後の生活にも大きな影響が出てきてしまうのです。

そうならないためにとても重要になってくるのが、多くの住宅メーカーをしっかりと比較検討すること

一番最初の住宅メーカー選びがすべてのカギを握っているんです。

しかし、「いちいち1社1社から情報をもらってくるのは手間がかかるし面倒…」と思ってしまう人も中には多いのではないでしょうか?

そこでぜひ活用してほしいサービスをご紹介します。

それが、住宅メーカーのカタログを一括で取り寄せることができる、カタログ一括請求サービス

特におすすめなのが、東証一部上場企業のリクルートが運営する「SUUMO」のカタログ一括請求サービスです。マイホームをお考えのエリア(都道府県・市区町村など)を入力するだけで、そのエリアでおすすめの住宅メーカーを一瞬でピックアップしてくれます。

このサービスは無料で利用できますし、また1分ほどあれば、数十社の住宅メーカーカタログを取り寄せることができるので便利ですよ。

SUUMOの他にも、同じく東証一部企業のLIFULL HOME’Sが注文住宅のカタログ一括請求サービスを提供しています。

↓ 【おすすめ】カタログ一括請求のSUUMO ↓

一生に一度のマイホーム購入。

失敗して後悔するようなことがないよう、住宅メーカーの比較検討は慎重に行ってみてくださいね!

【注意】カタログを一括請求する際、「大手」「中小」といった会社の規模はや知名度は意識せず、気になる会社はすべてチェックすることをおすすめします!

【当サイトおすすめ】SUUMOでカタログ一括請求してみる【無料】⇒

LIFULL HOME’Sでカタログ一括請求してみる【無料】⇒

それではここから本文に入っていきますよ!

百年住宅で建てられる家はどんな家?特徴3つを紹介

百年住宅は、地震に強い家を建てられることで有名なハウスメーカーです。

静岡県に本社があり、全国各地に住宅展示場や工場を構えています。

また海外だとホーチミンにもグループ会社があり、百年住宅の家は日本を越えて愛されていることがわかります。

では、一体どんな家を建てられるのでしょうか?

特徴を3つご紹介します。

1つ目の特徴は、地震に強いことです。

強いといっても、耐えられるというレベルではなく、無傷を保証しています。

日本は地震大国としても有名です。

阪神・淡路大震災や熊本地震、東日本大震災とここ数十年で日本各地を未曽有の災害が襲っています。

その地震でも、百年住宅の家は窓ガラス1枚も割れずに無傷でした。

もちろん倒壊した家は1軒もありません。

百年経っても安心して暮らせることをモットーに家づくりをしています。

2つ目の特徴は、鉄筋コンクリートの家を建てられることです。

百年住宅で建てられる家は、鉄筋コンクリート住宅着工棟数に関して、7年間連続で1位を獲得しています。

この数字は、多くの家庭からニーズがあることを表しています。

頑丈で暮らしやすい家を建てられることは百年住宅の持つ特徴の1つといえます。

3つ目の特徴は、業界最長35年の地震保証・津波保証・台風保証がついていることです。

大手のハウスメーカーなどでは、長い保証期間がついていたとしても、何年か毎に有償メンテが必要となるケースが多いです。

ですが百年住宅の場合は35年間無償保証なので、有償メンテの必要がありません。

百年住宅で実際に家を建てた人の評判・口コミ

百年住宅で家を建てることを検討している場合、参考にしたいのが口コミや評判です。

実際に家を建てた人の意見は、何よりも参考になります。

良いものから悪いものまでピックアップしますので、ぜひ参考にしてください。

百年住宅の悪い評判・口コミ

  • 地震に強い家を建てたいと思って百年住宅を検討したけれど、営業マンと相性が悪かった。残念だったけれど、家を建てることは諦めました。
  • 家の外観にバリエーションが少ない気がする。デザイン重視で家を建てる場合には向かないかも。

百年住宅の良い評判・口コミ

  • 住宅選びの一番のポイントは、いつくるかわからないといわれている巨大地震に耐えることができる家でした。その点では、百年住宅以外に選択肢はなかったです。安心して住むことができています。
  • はじめは木造住宅を検討していましたが、地震に耐えられるのかが心配でやめました。結果、百年住宅で鉄筋の家を建てることにしましたが、今となっては大正解だったと思います。新しく家族も増えたので、ますます安心です。
  • 土地が狭く「満足のいく家を建てられるのかな」と心配でしたが、杞憂に終わりました!大満足の家を建てることができました。
  • 外観をダークカラーのタイル張りにして、スタイリッシュに見えるような家づくりをしました。おしゃれでとても気に入っています。
  • 頑丈なコンクリートの家を建てることが夢でした。木造住宅にはない重厚感が気に入っています。
  • 35年も無償保証がついているので、安心して住むことができる。万が一のことがあった場合にも、すぐに相談できるので、嬉しい。
  • 担当の営業が親身になって話を聞いてくれた。予算は少しオーバーしたけれど、結果的に納得のいく家づくりができた。妥協しなくてよかったと思う。

【当サイトおすすめ】SUUMOでカタログ一括請求してみる【無料】⇒

LIFULL HOME’Sでカタログ一括請求してみる【無料】⇒

百年住宅で住宅を建てるのがおすすめな人の2つの特徴

百年住宅に関するさまざまな口コミが、ネットやSNSでは見られます。

どんなハウスメーカーにも良い口コミと悪い口コミが見られるのは、各家庭によって家造りで重要視するポイントが異なるからです。

では、百年住宅で住宅を建てるのがおすすめな人には、どんな特徴があるのでしょうか?2つご紹介します。

1つ目は、地震に強い家を建てたいと思っていることです。

百年住宅の売りは、100年間家族が安心して暮らせることです。

日本各地を襲った大地震でも、窓ガラス1枚割れなかったことから、その技術は証明されています。家族が一番長く過ごすのは自宅です。

頑丈で壊れない家に住むことは、家族の命や資産を守ることに繋がります。

2つ目は、遮音性に優れていることから自宅で音楽を奏でたり、周囲の騒音が気になったりする人におすすめです。

百年住宅には7つの日本一があります。

世界に誇る7つの性能のひとつに、圧倒的遮音性が含まれます。

高密度の重い素材を使うことで、生活音を外に漏らさない事だけでなく、外の騒音をシャットアウトする効果があり、ストレスを感じさせません。

コンクリート造りの百年住宅だからこそ実現した特徴といえるでしょう。

百年住宅で注文住宅を建てる時に注意したいポイント2選

耐震性に優れており、遮音性など7つもの日本一を獲得していることから、百年住宅の住まいには良いことずくめのように感じられます。

では、逆に注意したいポイントは何でしょうか?

ここでは2選ピックアップしてご紹介します。

まず1つ目は、デザイン性についてです。

百年住宅の家は耐震性に特化している分、他のハウスメーカーに比べるとデザイン性に乏しい特徴も。

外観は四角いフォルムが多く、凹凸の多い家を建てたいと望んでいる場合は不向きです。

家を建てる際に、外観やデザイン性の高い住宅であることを重視している場合は、注意が必要です。

2つ目は、担当の営業との相性です。

これは百年住宅だけに当てはまることではなく、営業所を日本各地に構えているハウスメーカー全体の注意ポイントです。

希望の家を建てるには建築士や営業マンとの話し合いが必要になります。

何時間も使ってプランを立てていくので、相性が良くない場合には満足のいく家づくりができない可能性も。

その場合には、営業所に相談をして担当を変えてもらうことも検討しましょう。

【当サイトおすすめ】SUUMOでカタログ一括請求してみる【無料】⇒

LIFULL HOME’Sでカタログ一括請求してみる【無料】⇒

百年住宅で家を建てる際にかかる費用・坪単価

家を建てる上で大切なのが、費用面です。

家は一生に一度の買い物とも言われており、買い替えのきかない高価なものです。

そのため予算に見合った住宅作りをすることが必要不可欠になります。

では、百年住宅の坪単価はどのくらいなのでしょうか?

一般的に木造住宅よりも鉄筋コンクリート造りの家の方が高額です。

そのため通常のハウスメーカーで家を建てる場合は、およそ100万円は覚悟しておいたほうが良いです。

ですが百年住宅の場合、坪単価は50~70万円と比較的安価な傾向があります。

費用もその分抑えることができるので、予算に応じた家づくりをすることができます。

百年住宅の商品ラインナップを特徴別に紹介

百年住宅では、2階建てや3階建てだけでなく平屋の建築も可能です。

外観もシンプルなものからヨーロピアンスタイルまで、さまざまな種類があり、好みをチョイスすることができます。

その中でも注目したいのが、ネットde百年住宅です。

ネットde百年住宅は文字通り、ネットでマイホームの検討ができるシステムのことをいいます。

営業員からの訪問セールスがないため、忙しくて時間が取れない人にもぴったりのプランです。

WEB相談窓口から、家づくりの相談もできるので、わからないことや疑問点があればすぐに解決しましょう。

ネット限定だからこそできる低価格も嬉しいポイントです。

フリープランの場合は本来2400万円だったコストを500万減できるなど、利点も多いのでぜひ利用しましょう。

【当サイトおすすめ】SUUMOでカタログ一括請求してみる【無料】⇒

LIFULL HOME’Sでカタログ一括請求してみる【無料】⇒

百年住宅で注文住宅を建てる際の流れ

家づくりには時間がかかります。

特にこだわりが多い場合は、担当の営業や建築士との話し合いの場も多くなるので、長期戦を見越しましょう。

ここでは、家が建つまでの流れをご紹介します。

まずネットや資料請求を行い、百年住宅に関する情報を集めましょう。

いきなり営業所や展示場へ足を運ぶよりも、事前に知識を頭に入れてから向かう方が効率的です。

情報を得た後は、実際に百年住宅の家を見に行きます。

展示場や営業所に足を運び、家の見学会や説明会に参加しましょう。

来場の際には予約が必要な場合があります。

あらかじめネットから予約を済ませましょう。

家の見学が終わり、百年住宅で家を建てることを決めたらいよいよ契約に進みます。

契約前に、質問や疑問点はすべて解消しておきましょう。

契約が済んだら、家づくりのプランを練っていきます。

担当の営業と話し合いを重ねながら、建てたい家について希望や要望を伝えましょう。

内装などの細かな詳細もここで決定します。

プランが決定したら、いよいよ着工に移ります。

地鎮祭を行ったら、職人さんの出番です。

土地に資材を運び込み、家造りが開始されます。

時々、見学に訪れて工事の様子を観察しましょう。

家の内装までが完成したら、工事は完了です。

ですが、すぐに住むことはできません。

家の最終チェックを行い、施工に問題がないかを確認します。

不都合や不満な点がなければ、いよいよ家の引き渡しです。

引っ越しを済ませて、新しい住まいでの暮らしをスタートさせましょう。

【番外編】百年住宅の建売住宅の特徴を紹介

百年住宅では分譲地販売を行っています。

また建売住宅もあります。

百年住宅の建売住宅に見られる特徴は、注文住宅に比べると比較的低価格で購入することができる点です。

土地付きのため、家づくりの手間を減らせます。

また外観はさまざまなライフスタイルに合わせて、シンプルなものが多い傾向があります。

家の建っている場所や間取りが気に入った場合は、建売住宅も視野に入れてはいかがでしょうか。

【当サイトおすすめ】SUUMOでカタログ一括請求してみる【無料】⇒

LIFULL HOME’Sでカタログ一括請求してみる【無料】⇒

百年住宅の全国のモデルハウス・住宅展示場情報

静岡県・愛知県・宮城県・山口県・熊本県・福岡県・広島県・岡山県の8県に、百年住宅のモデルハウスがあります。

住宅展示場は百年住宅の家を見学する最大のチャンスです。

かならず訪れましょう。

百年住宅の会社情報

百年住宅の創業は昭和50年です。

約半世紀に近い実績があり、地域の人々から長く支持されている老舗のハウスメーカーです。

今や日本を越えてホーチミンにもグループ会社を構えるなど、さらなる成長が期待できます。

百年住宅の会社概要

商号:百年住宅株式会社

代表者:代表取締役社長 中嶋雄

本社:〒422-8017 静岡市駿河区大谷二丁目20-23

設立:平成16年6月30日

百年住宅の施工エリア

静岡県・愛知県・宮城県・山口県・熊本県・福岡県・広島県・岡山県の一部が施工エリアです。

【当サイトおすすめ】SUUMOでカタログ一括請求してみる【無料】⇒

LIFULL HOME’Sでカタログ一括請求してみる【無料】⇒

まとめ

地震に強い家を建てることができる百年住宅について、ご紹介しました。

家は一生モノの高価な買い物です。

各ハウスメーカーの情報を集めて、比較検討することが重要になります。

悔いが残らないように、希望や要望をすべて担当の営業マンに伝えましょう。

百年住宅なら、きっと理想の住まいづくりができるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

\大切な家づくりで後悔しない為に!/