富山県のおすすめローコスト住宅メーカーランキング3選!1,000万円台で夢のマイホームを!【令和最新】

<記事の情報は、2021年7月1日時点のものです>

ローコスト住宅で夢のマイホームを実現!!

富山県でローコスト住宅を建てるなら必ずチェックしてほしいメーカーを厳選して紹介します。

年々ローコスト住宅の需要が高まっています。

少し前までは「子供が増えてアパートが手狭になったので・・」。

こんなタイミングでのマイホーム検討が多かったです。

しかしながら最近では結婚と同時にマイホームを検討する人が増えています。

この一番の理由がローコスト住宅の進出とも言われております。

今回は富山県でローコスト住宅が選ばれる理由や魅力についてとことん解説していきます。

オススメ住宅メーカーについても徹底比較していきますので、是非最後まで読んでみてください!

さっそくいきましょう。

ここから本文に入る前に、1点質問です。

「後悔しないマイホームを建てるために、最も大切なことは何だと思いますか?」

資金計画?土地探し?それとも見学会に参加すること?

いずれももちろん重要ではありますが、答えはNOです。

後悔しない注文住宅を建てるために最も大切なことは、パートナーとなる「住宅メーカー選び」です。

全国的に展開していて比較的規模が大きい「ハウスメーカー」、地場に根付いて地域のことを知り尽くしている「工務店」、より柔軟なデザインで対応してくれる「設計事務所」。

一口に住宅メーカーと言っても幅広く、企業数も膨大でどの会社を選ぶべきか迷ってしまう人も多いでしょう。

しかし比較検討の手間を惜しんで、安易に名前の聞いたことのある大手のハウスメーカーに絞り込んでしまうのは危険です。

手間暇は極力減らしながらも、しっかりと比較・検討した上で依頼先を決めることが、後悔しない注文住宅を建てる上で最も重要になります。

「でも、山ほどある住宅メーカーから、どうやって条件に合う会社を見つければいいの?」

とあなたも感じるはず。そこでぜひ活用して欲しいのが、東証一部上場企業「LIFULL」が運営する「カタログ一括請求サービス」です。

あなたが住んでいるエリアと、希望の条件などを選択するだけで、あなたにあった住宅メーカーが複数ピックアップされます。

ピックアップされた住宅メーカーは、知名度の有無などで選り好みせず、まずカタログを取り寄せてみましょう。

条件にあった複数の会社を比較・検討することで、より条件にマッチした会社に出会える確率がグッと高まります。

完全無料で利用できますし、東証一部上場のLIFULLが運営しているのでしつこい営業連絡が来ることもありません。

入力は数分もあれば完了するので、これから住宅メーカー選びをしたい人はぜひ活用してみてください。

LIFULL HOME'Sで無料&1分で簡単カタログ一括請求⇒

それではここから本文に入っていきましょう。

もくじ

富山のローコスト住宅事情

まず始めに富山県民の住宅全体の事情についてお話していきます。

富山県の特徴としては家を建てる年齢が他の県より早いということです。

家を建てた年齢の平均を見てきましょう。

全国平均が43.1歳に対して富山県は37.8歳です。

初婚年齢が全国平均より若いことから「家庭を持ったら家を建てる」といった風習が根付いている地域と言えます。

それに加えて富山県では昔から薬売りで発展した地域でもあり、商売人気質の方が多いです。

損をすることを嫌い、アパート賃貸でお金を捨てるよりも資産となる家を買った方が得と考える人が多い印象ですね。

だからといって平均年収が著しく高い地域でもありませんので、おのずとローコスト住宅の需要が増えている地域と言えます。

そもそもローコスト住宅って何?

ローコスト住宅の概要を知らないと他との違いが分かりません。

簡単にローコスト住宅とは?についてお話させてもらいます。

家を建てる際に下記3つがあります。

  • ローコスト住宅
  • 注文住宅
  • 建売

ローコスト住宅建物価格を安くするために、ありとあらゆる工夫がされた結果となります。

ローコスト住宅が実践する工夫の代表的な3つがこちらです。

  • 材料費をとことん詰める
  • 広告費を使わない
  • 最低限の人員

詳しく解説します。

材料費をとことん詰める

安くて悪いものを使っているわけではありません。

大量に同じものをまとめて業者から仕入れることで、最大限の値引き率で材料を仕入れています。

広告費を使わない

住宅業界での主な広告は住宅展示場です。

ローコストメーカーではムダな展示場をあえて作っていなかったり、展示場と事務所を兼用にして使っているメーカーもあったりします。

最低限の人員

こちらに関しても人員を減らすことでお客様へのサービスの質が落ちないための工夫がこらされています。

人件費のメインは

  • 打ち合わせ
  • 住宅設計費
  • 現場の管理

この3つと言われております。

なぜ人件費を削減できるのか?

ここまでの話で材料費や広告費の削減についてはなんとなくイメージできますね。

でも人件費削減はなぜ?こう思った人も多いはずです。

解説していきます。

人件費削減を実現する大きな理由が、「商品ラインナップの標準化」パッケージ化とも言われます。

ローコスト住宅メーカーでは家づくりを進めていく際に決める必要がある項目をあらかじめ選択式にしている場合が多いです。

「キッチンはこの3種類から選べます」
「壁紙はこの10種類から選べます」
「色はこの5種類か選べます」

このような方式を採用することで、打ち合わせや設計にかかる人件費を圧倒的に減らすことが可能です。

1,000万円台のローコスト住宅の特徴

1,000万円で建てることのできるローコスト住宅には特徴があります。

  • 凹凸がない箱型
  • 空間を細か区切らない
  • 1階と2階が同じ面積

凹凸がない箱型

複雑な形状にすることで制作工数が増加します。

箱型にすることで無駄に増える可能性のある工数を削減しています。

空間を区切らない

空間を区切ることでその分の柱や扉が増えてしまうため、広々としたメインフロアが基本設計となります。

1階と2階が同じ面積

シンプルな箱型を実現するためには1階と2階の面積を同等にする必要があります。

上記ルールを守っていくとどうしても外観が似た作りになってきます。

生活するには問題ありませんが、自分たちの個性を出していきたいと考えている方には1,000万円台のローコスト住宅は不向きと言えるでしょう。

もちろんシンプルな構造の中でもそのメーカーならではの特色がありますので比較検討する時にはよく調べる必要があります。

富山県で家を建てるときの建築費・坪単価相場

富山県で家を建てるときの価格相場です。

建築費用(建物に使う金額)

  • 全国平均:3,101万円
  • 富山県 :2,794万円

坪単価(一坪当たりの金額)

  • 全国平均:78.4万円
  • 富山県 :68.2万円

建てる年齢が若い分、建物に使える金額が全国平均より低い結果となっております。

富山県特有の住宅事情についても見ていきましょう。

  • 建てる年齢が若い
  • 大雪への対策

が挙げられます。

先ほどもお伝えした通り建てだす年齢が若いことから、お金を貯めてじっくり検討するより早く建てて資産を持つという考えの人が多い傾向です。

豪雪地帯であることから、自然災害に備えた設備(建物以外)にお金を使う家も多いようです。

富山県でローコスト住宅を建てるならおすすめのハウスメーカー・工務店ランキング3選

富山県でオススメできるローコスト住宅メーカーがこちらになります!

商品ラインナップ、特徴、評判について触れていきますので、比較してみてください。

1.秀光ビルド

発祥地はお隣石川県ですが、富山県でも非常に多くの着工実績がある会社です。

「900万円から家が建つ」をコンセプトにしており、圧倒的なコストパフォーマンスを誇るため最初にご紹介します!

商品ラインナップがこちら。

SL-J(規格住宅)

規格住宅で金額は900万円~です。

選択肢をパッケージ化することで1,000万円以内での家づくりを実現します。

100種類のプランから選択が可能。

100種類の中から自分の理想プランを見つけることができれば、非常にお得な買い物となります。

使用設備は上位クラス同等のため、機能性としても安心できると言えます。

UL-J(自由設計)

自由設計可能で金額は972万円~です。

規格住宅と比較すると金額は上がりますが、それでもまだ1,000万円を切ったプランで実現できる点は魅力的です。

秀光ビルドのオプションプランで最も人気が高いのは「屋上バルコニー」です。

その他にも書斎のような専用スペースを作ることも可能になります。

Tシリーズ(自由設計+α)

自由設計に加えて更に性能を追求したプランとなり金額は1,240万円~です。

UL-Jシリーズの自由度に加えて、住宅に欠かせない項目で最高ランクを取得しているプランとなります。

  • 耐震等級
  • 省エネルギー性
  • 劣化対策

長く住む上で気になる項目で最高等級をクリアしました。

加えて「長期優良住宅」に認定されていることも安心ですね。

実際に秀光ビルドで家を建てた人のリアルな評価がこちら

良い評価

  • 想定していた予算内に収めてくれた
  • 価格の基準が分かりやすかった
  • 営業マンの質が高く、打ち合わせがスムーズだった

圧倒的に価格に対する満足感が高い印象です。

悪い評価

  • 安いなりと品質だと感じる
  • 完成までが異常に早く、逆に不安になった
  • 自分色を出すのは難しい

安すぎることへの満足感と不安感が両極端に分かれている印象です。

徹底的に金額にこだわるなら良いですが、自分の想いを反映したいのであれば難しい結果となりそうです。

参考記事⇒秀光ビルドの注文住宅について評判・口コミ・坪単価・価格別実例 まとめ | ハウスメーカー比較マイスター

2.インカムハウス

インカムハウスは富山県に本社を構える石友ホームのグループ会社です。

石友ホームは設立から40年以上の歴史がある住宅メーカーですので、富山県での信頼と実績は十分な会社と言えます。

グループ会社には不動産や施工専門業者があり、石友グループのワンストップで全てが完結できる点が強味となります。

その中でローコスト住宅を手がけるのがインカムハウスとなります。

インカムハウスでは商品ラインナップとして商品名などは設けておりません。

特徴としては「4ステップでのシンプルな住宅選び」を売りとしています。

  • 間取りの選択
  • 外観の選択
  • 内装の選択
  • 設備の選択

ステップごとの選択肢を見ていきましょう。

間取り

3LDK、4LDK、平屋が選択可能。

外観

モダン、ナチュラル、サウスヨーロピアンなどお客様のコンセプトに合わせた外観選びが可能。

内装

ソフトミディアム、シンプルナチュラル、ダークモダンなどお客様が過ごしやすいと感じる空間を選択可能。

設備

一流メーカーであるTOTO、パナソニック、トクラスから選択可能。

信頼できるメーカーから設備を選択できるのは嬉しい点ですね。

その他インカムハウスならではの特徴

「制振装置を標準搭載」

昨今の突発的な地震に備えて制振装置Mamoryを標準で搭載しています。

耐震構造を謳っているメーカーは多いですが、制振装置を標準採用するメーカーは珍しいと言えます。

「高気密・高断熱」

北陸の家づくりでは欠かせないものが高気密・高断熱です。

標準装備することで暖房効率を最大限に発揮する仕様となっています。

インカムハウスで家を建てた人のリアルな意見がこちら。

良い評価

  • ローンの借入相談から親身になってくれて助かった
  • 石友でローコストとの違いを比較できたので納得して決定できた
  • 一括払いでも検討できるほどの圧倒的なコストパフォーマンス

グループ会社である石友ホームやウッドライフホームとの比較で、ローコストと一般をグループ内で見れる利便性に高い評価がありました。

営業マンも親身になってくれる人が多い印象でした。

悪い評価

  • メインで一流設備を使う分、その他細かい設備が弱い
  • 担当者によると思うが、アフターフォローが雑だと感じた
  • 設計士ではなく営業マンが図面を提案するため新人だと不安

4ステップで選びやすい反面、細かいところで違和感を抱く人が多い印象です。

細かい設備やアフタフォロー面でしっかり確認して納得できることが重要になります。

3.チューリップハウス

チューリップハウスは富山県のみで事業を展開する、地域密着型住宅工務店です。

会社としては材木の卸売りからスタートしており、今では住宅の設計・施工・増改築・外構工事・リノベーションを全てこなします。

施工実績エリアは、砺波・高岡・南砺・小矢部・氷見・射水・富山と完全に県内に特化しています。

富山県の地域性を一番分かってくれる住宅メーカーと言えそうです。

チューリップハウスの商品ラインナップは下記一択です。

エコ住宅

エコ住宅とは「夏は涼しく、冬は暖かい」といった、風通しの良さと気密性に特化した住宅のことを指します。

通常の住宅と比べると金額が高くなる傾向にあります。

大手ハウスメーカーでは2,500万円以上となりますが、チューリップハウスでは1,800万前後で実現可能となります。

1,000万円台のローコスト住宅といったジャンルでくくった場合には割高ですが、エコ住宅を2,000万円以下で建てられることはとても魅力的です。

エコ住宅とそれ以外の住宅では光熱費が30年で300万円以上変わってきます。

ランニングコストを考慮すると十分元取れる価格帯ではないでしょうか。

チューリップハウスのその他特徴

チューリップハウスではローコストにも関わらず、「自由設計の注文住宅」です。

所属している一級建築士が敷地や予算、家族構成を総合して提案してくれます。

ローコスト住宅の特徴である箱型など、安くできる部分を最大限に活用しつつ、お客様の要望を取り入れてくれます。

外観やお庭のデザインにもこだわってくれる点も特徴の一つです。

豊富な各種イベント

チューリップハウスでは色々なイベントを開催しています。

  • 展示会
  • 現場見学会
  • 家づくり講座
  • オンライン勉強会

イベント情報も是非チェックしてみてください。

チューリップハウスの口コミがこちら。

良い評価

  • 安いわりに明らかなローコスト感はない
  • ローコストの中では自由度が高い
  • 大工さんのレベルが高い

納得の家が作れる割には割安でお得感を感じている人が多い印象でした。

悪い評価

  • アフターフォローが遅い場合がある
  • 屋外工事の内容が見えづらい
  • なんだかんだ2,000万円を超える時がある

繁忙期にアフターフォローが遅れるなど、少人数工務店ゆえの弱点を指摘する声が目立ちました。

参考記事⇒ローコスト住宅のチューリップハウスについて教えて下さい|住まい検討 / e戸建て

LIFULL HOME'Sで無料&1分で簡単カタログ一括請求⇒

富山県で平屋が人気のローコスト住宅メーカー・工務店2選

雪国で高齢者も多い富山県では平屋を選択する人も少なくはありません。

老後の建て替えとしても平屋は人気があり、年々需要を伸ばしてきています。

富山県で注目度が高い平屋住宅メーカーを紹介します。

1.清水工務店

清水工務店は富山市に本社を構える工務店となります。

一般的な住宅やエコ住宅の取り扱いもありますが、平屋住宅にも非常に力を入れている工務店です。

展示会用の平屋を建てていることから力の入れ具合が伺えます。

清水工務店では「arika(ありか)」という商品名で平屋住宅を展開しています。

arikaからコンセプトの違う2つに分かれます。

商品ラインナップ

  • casa amare(カサ・アマーレ)
  • casa basso(カサ・バッソ)

カサ・アマーレでは平屋でも2階建てでもない、日本の伝統を取り入れた作りとなります。

奈良の法隆寺などで採用される「大和比」。

日本古来の伝統美を取り入れ機能性はもちろんのこと、見た目の美しさにも定評があります。

カサ・バッソでは大切な家を長く引き継いでいくことをコンセプトにした家づくりをしています。

家族一代で終わるのではなく、家族の構成やライフスタイルの変化に対応できる作りが特徴です。

広い空間から将来的に部屋を仕切ることなども視野に入れて設計されております。

ある程度決められたベースプランをはじめ、将来を見据えて一から設計するプランも取り揃えているため、ローコストから注文住宅に近いものまで金額も様々な形で選択可能です。

2.フィットホーム

フィットホームも富山県に本社を構える工務店です。

自然素材を住宅に取り入れることに力を入れています。

「人生を楽しむ家」をコンセプトに耐久性や機能性以外の+αの提案で支持される工務店です。

シリーズ別に見てきましょう。

FREEQ HOMES(フリークホームズ)

「自分にちょうど良い」を見つけるために3つのカタチを用意しており、その一つが平屋タイプです。

フリークホームズでは規格製品化に特化することで、コストダウンを実現しています。

BinO(ビーノ)

ビーノでは「スキップフロア」を採用しています。

スキップフロアとは各フロアを半階ずつずらして斜めに結ぶ構造を指します。

家全体をゆるくつなげることで全体に解放感が生まれ、平屋でも広い空間を実現することができます。

AzitO(アジト)

アジトではその名の通り大人のアジトのような楽しむことに特化した空間を作ることができます。

一般的な平屋をさらにコンパクトにした空間を再現します。

まさにアジトと言った感じでしょうか。

メインでの居住スペースというより、趣味や大人の遊び場として高く評価されております。

ローコスト住宅はこんな人におすすめ!

ローコスト住宅のメリット3つ

住宅の種類は大きく3つに分かれます。

  • ローコスト住宅
  • 注文住宅⇒オーダメイド
  • 建売⇒住宅メーカーが建てた家を買う

ローコスト住宅にはメリットはたくさんありますが、一番大きいのは下記3つといえます。

  • コスト(価格)
  • リードタイム(納期)
  • カズタマイズ(自由度)

詳しく解説します。

コスト

注文住宅と比較すると圧倒的にコストメリットがあります。

うまく規格品を活用していけば注文住宅より1,000万円以上安くすることも可能です!

1,000万円はかなり大きい金額です!

銀行へのローン借り入れ金額も安くなるため、若くて年収が立ち上がっていない夫婦でも手が届きます。

リードタイム

あらかじめ決められた規格品を選ぶため、打ち合わせ時間が少ないです。

良くも悪くも細かい指定ができないため、迷わずに済みます。

注文住宅では各フロアのドアノブや形状まで選ぶことになるため、打ち合わせに膨大な時間を要します。

着工後も既に大量生産された規格品を当てはめていくため、圧倒的に納期は短縮されます。

カスタマイズ

言い換えるならば「セミオーダー」に近い形です。

全て一から決めることは難しいですが、メーカーが準備している多数のパッケージオプションの中から選択可能です。

各住宅メーカーが魅力的なオプションで競い合っているため、自分の考えに合ったオプションが見つかる可能性は高いと言えます。

ずばり、ローコスト住宅はこんな人にオススメです!

ローコスト住宅がおすすめな人

少しでも早く家を建てたい理由がある

様々な事情はありますが、特に多いのが妊娠が分かった人です。

アパートで隣人に気を遣いたくないため、広い新築で赤ちゃんを迎えたいと考える人は多いようですね。

その他、国や各自治体で家を建てるために補助金を出しています。

補助金には期間付きのものが多く、「〇〇年〇〇月までに住みだしていること」などの制限もあるため、着工期間の短いローコスト住宅でないと間に合わない場合があります。

金銭面に不安がある

ローコスト住宅は今の賃貸料と変わらない金額でローンを組める可能性が高いです。

月々の返済に不安がある人にはオススメできると言えます。

将来建て替えることを視野に入れている

一生に一度の買い物ではなく、将来的に建て替えを検討している人になります。

このような方は一軒目を安く建てて早く完済しながら、二軒目の計画を立てることになるためオススメです。

LIFULL HOME'Sで無料&1分で簡単カタログ一括請求⇒

必見!ローコスト住宅で失敗しないためのポイントを解説

ここまで記事を読んでもらい、「ローコスト住宅も悪くない!」と考えた方もいるかと思います。

最後にローコスト住宅で失敗しないための注意点について解説していきます。

「税込み」「税抜き」をしっかり確認する

税別100円のジュースは税込み110円ですが、家のオプション税別100万円は税込み110万円です!

この差はかなり大きいですね。

家の打ち合わせをしていると普段の買い物とはケタ数が違います。

細かいと思われても良いので、担当者に一つ一つ確認しながら進めていきましょう。

それは本当に必要な設備ですか?

先ほどの金銭感覚の話の続きになります。

特にローコスト住宅では魅力的なオプションが多数準備されています。

あれもこれも付けたいという気持ちは分かります。

でもちょっと待ってください。

長い目で見て、本当に使い続ける可能性の高いものだけを選びましょう。

この失敗が重なると、結局注文住宅と同じぐらいの金額になった・・という話をよく聞きます。

なぜローコスト住宅を選択したのか。

冷静に立ち戻って話を進めていってください。

アフターサービスの内容を確認する

アフターサービスについても金額同様しっかりとした確認が必要です。

担当者選びは慎重に!

住宅メーカー選びと同じぐらい、担当者選びも慎重におこなってください。

家づくりにおいて担当者とのコミュニケーションは必須です。

コミュニケーション不足があるとどのようなことが起こるでしょうか?

  • 指定した色と違う部分がある
  • 頼んでいない設備がついていた
    (または頼んだ設備がついていない)
  • 完成時期がズレた
    完成時期がズレることによりアパート賃貸料と住宅ローンが重複することもある

こんな話は驚く程よくありますが、原因のほとんどが担当者とのコミュニケーション不足です。

契約してから特に初期の打ち合わせでは、しつこいぐらいに確認を取るようにしてください。

担当者を味方に付けてスムーズに事が進むように心がけてください。

LIFULL HOME'Sで無料&1分で簡単カタログ一括請求⇒

まとめ

いかがだったでしょうか?

ローコスト住宅の魅力を少しでも感じてもらえたでしょうか。

人生で一番高い買い物と言っても過言ではありません。

金銭面や住みだしたい日時など、じっくり考えて納得の家づくりをしていきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

\大切な家づくりで後悔しない為に!/