東急Re・デザイン(旧東急ホームズ)で家を建てた人の本音の評判・口コミを暴露!坪単価や特徴・注意点まで分かる完全ガイド

海外にある住宅のデザインが好きで、いつか自分もマイホームを建築するときには、あんな家を建ててみたいと夢に見ていた人も多くいらっしゃいます。

ただ、輸入住宅というと、ハイコストのイメージがあり、なかなか手が出せないように感じてしまいます。

日本には輸入住宅を中心に建築しているハウスメーカーが多々あり、中には大手のハウスメーカーにおいて北欧風などデザインを真似た注文住宅の建築をおこなっている会社もあります。

自分の理想と照らし合わせながらのハウスメーカー探しとなると、時間も労力もかかり大変ですね。

そこで、ネットでまずは特徴や口コミなどをリサーチしてみましょう。

「ハウスメーカーや工務店が多すぎてどこに依頼すればよいのか分からない。」

「北米風スタイルのアメリカン住宅を建てたいのですが、おすすめのハウスメーカーはありますか?」

「東急ホームズで建築したいのですが、実際に建てたことがある人の口コミを聞きたい。」

など、ネット上では疑問や不安の声があがっています。

現在、東急ホームズの新築住宅のページを検索すると、東急Re・デザインに移動するようになっています。

東急Re・デザインは、総合不動産管理会社である東急コミュニティーと建築請負会社の東急ホームズが、それぞれおこなってきたリフォーム事業を統合して2017年に誕生した会社です。

さらに、2020年には東急ホームズから新築工事請負事業を移管し、リフォームやリノベーションにとどまらず『空間を生まれ変わらせたい』というお客様の声により幅広いソリューションで応えることができるようになりました。

ということで、また新しい形として、新築住宅の設計や施工を行っていく体制となっています。

施工可能なエリアとしては、現在店舗がある東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県、兵庫県、大阪府、奈良県となっていますが、今後の動向が不明なのでこまめにホームページにてご確認ください。

どこのハウスメーカーに依頼しようか迷っているかた、輸入住宅を建築したい人、ローコストで高品質の海外風住宅を建てたい人などの参考になれば幸いです。

ここから本文に入る前に、1点質問です。

「後悔しないマイホームを建てるために、最も大切なことは何だと思いますか?」

資金計画?土地探し?それとも見学会に参加すること?

いずれももちろん重要ではありますが、答えはNOです。

後悔しない注文住宅を建てるために最も大切なことは、パートナーとなる「住宅メーカー選び」です。

全国的に展開していて比較的規模が大きい「ハウスメーカー」、地場に根付いて地域のことを知り尽くしている「工務店」、より柔軟なデザインで対応してくれる「設計事務所」。

一口に住宅メーカーと言っても幅広く、企業数も膨大でどの会社を選ぶべきか迷ってしまう人も多いでしょう。

しかし比較検討の手間を惜しんで、安易に名前の聞いたことのある大手のハウスメーカーに絞り込んでしまうのは危険です。

手間暇は極力減らしながらも、しっかりと比較・検討した上で依頼先を決めることが、後悔しない注文住宅を建てる上で最も重要になります。

「でも、山ほどある住宅メーカーから、どうやって条件に合う会社を見つければいいの?」

とあなたも感じるはず。そこでぜひ活用して欲しいのが、東証一部上場企業の「LIFULL」と、うちハピが運営する「うちハピ注文住宅」のカタログ一括請求サービスです。

↓ ハウスメーカーの一括請求はLIFULL ↓

↓ 工務店のカタログ一括請求はうちハピ ↓

このカタログ一括請求サービスを利用すれば、「エリア」と「こだわり条件」を入力するだけで、条件にマッチするハウスメーカーや工務店のカタログを一括で取り寄せることができます。

圧倒的に時間も節約でき、そして簡単にメーカーの比較が可能になりますね。

また、この一括サービスは無料で利用できますよ!

LIFULLは『ハウスメーカー』が中心、うちハピ注文住宅は『工務店』を中心にカタログを取り寄せられるので、どちらも利用することで理想に近い住宅メーカーに出会える可能性が高まりますよ。

また、カタログを請求の際は、有名かどうかで判断せず、条件に合うメーカーのカタログを一応全て取り寄せることを意識しましょう。

全く知らなかった会社の中に、あなたの希望を実現してくれる会社があるということも珍しくありません。

お金や時間をかけずに、カタログ一括請求サービスで様々なハウスメーカーを比較してみてくださいね!

LIFULL HOME’Sでカタログ一括請求をしてみる【無料】⇒

うちハピ注文住宅でカタログ一括請求してみる【無料】⇒

それではいよいよ本文に入っていきましょう。

もくじ

東急Re・デザイン(旧東急ホームズ)で建てられる家はどんな家?特徴7つを紹介

東急ホームズで建築している家は、どのような特徴をもっているのでしょうか。

具体的に掘り下げてご説明します。

2020年から東急リデザインに移行

東急ホームズの公式ホームページや主要商品であったミルクリークのサイトを検索してみると分かるのですが、どちらも東急リデザインに移行されたことからホームページを移動するように変更されています。

最近のことなので、東急リデザインのページには、具体的な工法や保証、施工例や商品ラインナップなどの掲載がまだされていません。

そのため、今回は東急ホームズの時代に建設された人の意見や家の特徴などをご紹介していきます。

そのまま引き継がれているので、東急ホームズの過去の実例を参考にされると把握しやすいです。

耐震性を高めるための構造

東急ホームズでは、輸入住宅を主に建築していました。

北欧や北米など、世界のデザインを中心にしたデザインでそれぞれの商品に合わせた構造をとっているのが特徴です。

たとえば、家を壁4面体と床と天井の6面体のボックス状の構造にすることで、地震や台風などの外部からの力を1点に集中せず6面でバランスよく受け止めて分散する構造となっています。

他にもツーバイシックス工法といって、近年多く採用されているツーバイフォー工法に比べると2.56倍圧縮強度は1.6倍向上している工法です。

断熱性が高い

ツーバイシックス工法の場合には、耐震性が高いだけではなく、断熱材をいれる量が通常の1.6倍多く入れることができ、より高い断熱性を保つことができます。

さらに建物全体をペーパーバリアで覆うことで、熱の損失を最小限に抑えて快適で過ごしやすい温度を保つことができます。

床部分は、木材を腐敗から守るために湿気対策として、土間と基礎の間に基礎パッキンを挟み込んでいます。

ベタ基礎となっており耐震性も高くなっています。

ベタ基礎工法は、現在の住宅建築において最も普及している基礎工法です。

基礎の立ち上がりと建物全体の荷重を支える床スラブで構成される基礎構造のことで、その両方が鉄筋コンクリートで構成されています。

そのため、特徴としては、不同沈下が発生しにくい、荷重が基礎全体へと分散されるので多少軟弱な地盤でも問題はない、床面も鉄筋コンクリートでおおわれているので地面からの湿気やシロアリなどの侵入を防ぐことができるというメリットがあります。

全館空調システムグリーンエアを採用

という商品は、高気密で高断熱性能の家なので、全館の空調をすることが可能になりグリーンエアというシステムを採用しています。

すべての部屋の空気循環や快適温度を24時間365日ずっと続けることができます。

お風呂やトイレなど温度差がないので、ヒートショック対策にも繋がります。

24時間稼働していても低コストなので安心です。

全館浄水システム良水工房

ミルクリークの良水工房というのは、全館浄水のシステムです。

最近は、浄水器を付けている家が多いのですが、このシステムは最初の段階からすべての水が浄水されているのです。

お風呂の水や洗濯の水もすべて浄水されているので、贅沢な気分になりますね。

赤ちゃんやペットがいるご家庭でも、安心して水を使用することができます。

無垢材をふんだんに使用している

東急ホームズの輸入住宅は、材料にもこだわっています。

国産だけでなく、輸入の無垢材を使用しているので、他のハウスメーカーに比べるとより海外らしい雰囲気をもっています。

構造躯体だけではなく、内部の装飾にも無垢材を使用しており、家のなかは木のやさしい香りが感じられます。

充実したアフターサービス

東急ホームズでは、構造躯体において30年保証するというシステムをとっています

定期点検の結果、メンテンナンス工事が必要で、有償で行った場合には、基礎・構造躯体・防水について最長で30年間保証してくれます。

また、定期的に無料で定期診断という形で点検を行うサービスもあります。

建物の引き渡し後に3ヶ月、13ヶ月、23ヶ月、7年、10年経過後に定期点検を実施しています。

現在、東急リデザインに移行された後のアフターサービス内容は、現在不明なので、変更がないのかなど合わせて担当者に相談してみましょう。

LIFULL HOME’Sでカタログ一括請求をしてみる【無料】⇒

うちハピ注文住宅でカタログ一括請求してみる【無料】⇒

東急Re・デザイン(旧東急ホームズ)で実際に家を建てた人の評判・口コミ

建築事務所や工務店・ハウスメーカー探しの際には、実際に建てたことがある人や相談したことがある人の口コミはとても参考になり、検討材料のひとつとなります。

実際に東急ホームズに建築を依頼した人や相談した人などの口コミをまとめました(2020年に東急Re・デザインに新築住宅が移行されましたので、以前までの東急ホームズで建築した際の口コミを参考にしています。)。

公式ホームページでは、お客様の声として写真付きで口コミを掲載しています。

良いも悪いもどちらも参考になるものなので、ピックアップしてご紹介していきます。

東急Re・デザイン(旧東急ホームズ)の良い評判・口コミ

  • 「昔の話なのですが、友人の実家が東急ホームズで建てた家でした
    学生時代に、その友だちの家に遊びにいき、素敵な家に惚れてしまいました。
    それからずっと将来マイホームを建てるのであれば、絶対に東急ホームズの家がよいと思っていました。
    10年以上もずっと東急ホームズの家に片思いをしていて、やっと念願叶って最高に可愛い家を建てることができたのです。
    夢が実現したので、人生でも嬉しい出来事でした。
    まだまだ建てたばかりということもあり30年以上のローンが残っていますが、この家に住めるのなら夫と二人で仕事も頑張ることができます。
    夫も私のわがままに付き合ってくれたので、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
    友人にも可愛いと言ってもらうことができ、友人を家に招待するのが楽しみで仕方がありません。
    大切にこの家と一緒に過ごしていこうと思っています。」
  • 「東急ホームズさんでマイホームを建築しました。
    ここに我が家の写真をのせることができないのが残念なくらいです(泣)。
    外観はもちろんのこと可愛いのですが、室内ほんとうに超絶かわいいのです。
    担当者の人と相談しながら、真っ白で明るい室内を基調として、大きなシャンデリアに家具もすべてヨーロピアンを意識して揃えました。
    夢のような部屋です。
    また、真っ白な枠の木製サッシもとてもかわいく私のお気に入りとなっています。
    新築のお祝いの際には、主人の会社の人たちが家にきてくださりました。
    その時、部長さんが『この家、1億円くらいするんじゃないのか!?』と驚かれたのが印象的で最高の誉め言葉でした。
    東急ホームズさんで建てて本当によかったです。
    他のハウスメーカーで建てたとしても、ここまで我が家に愛着をもつことはできなかったと思います。
    たくさんの人に、おうちに遊びに来てほしいなと思います。」
  • 「たまたま都内に家族で遊びに行ったときに立ち寄った住宅展示場で、東急ホームズさんの家をみました。
    そればでは、日本にこんな素敵な家があるなんて思いもしませんでした。
    これだけ素敵な家を建てることができるのは、外国だけだと本気で思っていましたから。
    個人的な考えですが、最近の日本の家は、基本的にほとんど似通っているように思えます。
    せめて和風か洋風かの違いくらいではないでしょうか。
    でも、東急ホームズさんの家は、私が知っている日本の家とはまったく別物です。
    展示場に行った際に説明してくれた担当のかたは、欧米風の家と説明してくださったのですが、細部にはヨーロッパ風のデザインも取り入れているようで、その点も含めて気に入りました。
    これからマイホームを建築する予定ですが、今のところ東急ホームズが推しです!」
  • 「私の家族では、家を建てるならアメリカンスタイルの家にしたいという漠然とした希望がありました。
    いくつか展示場を見て、これだと思ったのは、東急ホームズさんのミルクリークというプランでした。
    外観は明るい白を基調にしてもらい、キッチンはアメリカの雰囲気でつくってもらいました。
    映画に出てくようなアメリカンスタイルです。
    アイランドキッチンにしたいという希望も叶えて頂けて、キッチン部分もとても気に入っています。
    お料理など好きな方ではないのですが、毎日のお料理が今はとても楽しいです。
    東急ホームズで建築する際には、週末ごとに打ち合わせをして詳細を決めていきました。
    仕事もあったので、こちらの予定に打ち合わせの日程を合わせて頂けたのでとても助かりました。
    東急ホームズさんの担当者はよく話を聞いてくださり、アドバイスも出してくださったおかげで理想の家が完成しました。
    ありがとうございました。」
  • 「新築を建てるにおいて、自分の希望通りのデザインと間取りで建てたいと常々考えていました。
    そこで、家を建てるにあたり複数の展示場にいきました。
    自由設計がよかったのですが、すべてを自由に考えるというのは難しいことも知りました。
    展示場をめぐり、その中で一番気に入ったのが東急ホームズさんのミルクリークでした。
    プロバンス風の外見がとても可愛くて魅力的でした。
    理想に近いデザインでもありました。
    相談に行き見積もりを出してほしいと伝えたところ、当初予定していた予算より金額が少しだけ高くなってしまいました。
    もうひとつデザインが似ている他のハウスメーカーさんとも迷ったのですが、間取りの提案は東急ホームズさんのほうが良かったので、東急ホームズさんに決めました。
    家族のみんなが見えるところに私のパソコンを置くパーソナルスペースを作ってほしいとおねがいしたところ、リビングの近くで家事動線にも良い場所にと提案してもらいました。
    小さなスペースなのですが、自分の空間ができ読書やレシピのまとめなどができるので、気に入っています。
    自分がやりたいようにできるのが自由設計注文住宅のよいところです。
    現在はどうやらミルクリークはやっていないようですね。
    過去の事例にはミルクリークの家がたくさん紹介されており参考になりました。
    自由に設計できる今は時期的にもちょうど良かったと思っています。」
  • 「私は10年くらい前に住宅を購入しました。
    当時、地元で展示場として使われていた5棟が売りに出されており興味もあったので見学しました。
    寒い時期で雨が降っていたのですが、全く結露のない窓やゆとりのある間取り、細かなところまで行き届いたデザイン性に惚れてしまい、いつかは東急ホームズさんで建てたいと思いました。
    いざ、マイホームを建築することがきまり、頭の中には東急ホームズさんがあったのですが、念のため他のハウスメーカーも見て回りました。
    しかし、結果としてはいまいちでした。
    そこで、思い切って東急ホームズさんにメールをして相談し、その後購入することになりました。
    営業担当の人はとても誠意のあるかたで良い人にあたったのかなと嬉しかったです。
    ガツガツした感じもなく、とても丁重に接客してくれます。実際に完成した家に住んでみると家自体の性能もかなりよく、四季を問わず毎日が快適です。
    1階も2階も設定温度が保たれているのが分かります。
    また、アフターサービスもしっかりされており、メンテナンスも定期的にきてくださります。
    わたしたちも家を守るために定期的にお手入れをしてくださいと引き渡し時に説明があったのですが、その必要なお手入れがされているかチェックをしてくれるので助かります。」

東急Re・デザイン(旧東急ホームズ)のネガティブな評判・口コミ

  • 「憧れだった輸入住宅を建築しようと、スウェーデンハウスさんと東急ホームズさんのどちらかにマイホームづくりの相談をしていました。
    スウェーデンハウスさんの住宅の印象は豪華で、東急ホームズさんの住宅の印象は可愛いなと思いました。
    どちらのハウスメーカーも好きなデザインだったのですが、同じ輸入住宅でもこんなに違いがあるのかと驚きも隠せませんでした。
    外観のデザインや内装、全体的な価格においては東急ホームズさんが良かったのですが、最終まで悩んでいました。
    決め手となったのは、担当してくれた営業の人柄でした。
    東急ホームズさんの担当者もとても良い方だったのですが、スウェーデンハウスさんの担当のかたの圧倒的な知識量に安心感を覚えてしまい、今回はスウェーデンハウスさんに依頼することになりました。
    東急ホームズとで悩んでいるかたも多いと聞いたのですが、どちらも良い点がたくさんあり、選べる地域に住んでいることに嬉しさを覚えています。」

ハウスメーカー選びでは、仕様やデザインなどももちろん重要なのですが、営業担当者のかたの人柄が決め手となる場合も耳にします。

予算やアフターフォローなどもありますが、建築後も人と人のつながりが大切になってくるので、各ハウスメーカーの担当の人もしっかりと観察しておくとよいですね。

LIFULL HOME’Sでカタログ一括請求をしてみる【無料】⇒

うちハピ注文住宅でカタログ一括請求してみる【無料】⇒

東急Re・デザイン(旧東急ホームズ)で住宅を建てるのがおすすめな人の特徴

さまざまハウスメーカーや工務店があり、どこが自分の理想に近い家を建ててくれるだろうと悩んでしまいます。

そこで、東急ホームズで家を建てるという人のぴったりな特徴を簡単にまとめました。

  • オリジナル性あふれる家を建築したい方
  • 北米や北欧スタイルなど本格的な輸入住宅に魅力を感じる方
  • 営業担当者と細かく打ち合わせして進めていきたい人
  • 断熱性や気密性の高い家を建築したい方
  • 東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県、兵庫県、大阪府、奈良県で建築予定の人

などが挙げられます。

これ以外にも、店舗が近くにあり相談しやすいかたもまずは相談で足を運んでみてください。

実際に東急ホームズで建築依頼をするか分からないかたでも、相談する価値はあるので理想と希望、予算額などを決めてお店に伺ってみてくださいね。

東急Re・デザイン(旧東急ホームズ)で注文住宅を建てる時に注意したいポイント

東急ホームズで注文住宅の建築を依頼しようと考えているかたは、次の事に注意しておきましょう。

東急ホームズは、口コミを見ていると営業担当者の対応や知識にばらつきがあるようです

どこのハウスメーカーでも同じことが言えますが、人と人の付き合いなので合う合わないということがでてきます。

相談や打ち合わせの段階で、担当者をよく見ておく必要があります。

建築後も付き合いが続いていくので、信頼でき任せられる人かどうかが大切です。

東急ホームズでは、商談・契約・引き渡しまで3段階に分けて分業されています。

窓口は営業マン、契約時にはインテリアコーディネーター、工事が始まる頃には工務担当者と人が入れ替わることもあるそうなので、その点も含めて事前に確認しておくと安心です。

また、東急ホームは施工を下請けの工務店に依頼するケースがあります。

下請けの工務店は、それぞれの店舗で違うため、技術にも差が出てくるようです。

口コミでは内装工事が雑に感じたという内容もあれば、とても細かな部分まで丁寧なデザインが施されているという内容もありました。

施工中の工事現場に何度も足を運ぶことで、工事の進捗状況や気になる点などを見つけることができるので、定期的に見に行くとよいでしょう。

最後のひとつとして、大手のハウスメーカーでありながら施工エリアが全国区ではないということです。

東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県、兵庫県、大阪府、奈良県での施工が可能となっておりますが、都府県内のすべての地域が対応というわけではないようなので、念のため確認することをおすすめします。

LIFULL HOME’Sでカタログ一括請求をしてみる【無料】⇒

うちハピ注文住宅でカタログ一括請求してみる【無料】⇒

東急Re・デザイン(旧東急ホームズ)で家を建てる際にかかる費用・坪単価

東急ホームズで家を建てる際にはどのくらいのコストがかかるのでしょうか。

それぞれの予算と比べながら参考にしてみてください。

東急ホームズの坪単価は55万円~65万円

東急ホームズは自由設計の木造住宅である輸入住宅を建築しています。

主な工法としてはツーバイフォー工法となっています。

輸入住宅や耐震性の高いツーバイフォー工法の住宅というと、坪単価が高いイメージがありますが、東急ホームズでの過去の施工例や建築したかたの口コミ、本体価格などから中間層である55万円~65万円となっています。

他社の輸入住宅を取り扱うハウスメーカーよりも、比較的安いコストなので相談しやすいハウスメーカーとなっています。

実際に使用されている木材の半分近くは、輸入によって海外の資材で建築されています。

そのこともあり、国産材を使用した他のハウスメーカーと比べ、より海外に近い違った雰囲気の住宅を建築することができます。

設備のグレードアップやオプションの追加によって坪単価は上がる可能性もあるので、あくまでも参考までにしていただければ幸いです。

坪単価とは?坪単価はどう決まるのか?

「坪単価とは?」と実際に聞かれると「なんだっけ?」となる前に、簡単に坪単価についてご説明します。

坪単価とは、家を建てる時の1坪分あたりの建築費のことです。

1坪というのは昔の畳の2枚分の広さを表しており、3.3㎡です。

計算式としては、「建物の本体価格÷延床面積(坪)」で表されています。

ただし注意点として、坪単価には別途工事費や諸経費が含まれていません。

水道の引き込みや空調設備費、外構工事費、地盤改良費などが含まれていないことがほとんどなので、合わせて確認しておくようにしましょう。

また、ローンの手数料や地鎮祭、上棟式などの諸経費も含まれていません。

坪単価はよく数値化して表示されていますが、そのまま鵜呑みにせずに、坪単価以外にかかる費用についてもしっかりと意識してきましょう。

LIFULL HOME’Sでカタログ一括請求をしてみる【無料】⇒

うちハピ注文住宅でカタログ一括請求してみる【無料】⇒

東急Re・デザイン(旧東急ホームズ)の商品ラインナップを特長別に紹介

東急ホームズは2020年に東急リデザインに新築事業を移行したので、現段階においてはどちらのホームページにも商品ラインナップの紹介が無い状態となっています。

そのため、今までに東急ホームズで建築してきた商品についてご紹介します。

東急ホームズでどのような家を建築しているのか把握しやすいので、ご参考にお願いします。

ローコスト住宅「ミルクリーク・ノーブル」「ミルクリーク・ベーシック」

東急ホームズでは、自由設計の注文住宅として『ミルクリーク』という商品があります。

その中でも、スタンダードな商品であるミルクリーク・ノーブル。

ニューイングランドの仕様をベースとして作られており、イギリス本国の建築公式をもとに発展した典型的なアメリカの外観洋式が特徴です。

アメリカの映画などに出てくるような家です。

大空間を実現するために、間仕切りや仕切が少ないのが特徴です。

工法はツーバイシックスパワーフレーム工法を採用しており、全館空調システムやベタ基礎などを採用しています。

また企画住宅ではミルクリーク・ベーシックという商品もあり、こちらは坪単価40万円台で建築することができたという声もありました。

その他のミルクリーク商品

ピアロッソ

スペインの南部にあるアンダルシア地方をルーツに持つスパニッシュ・コロニアル様式のデザインを取り入れた商品です。
外壁には漆喰を、屋根には赤茶色の瓦屋根が美しさを醸し出しています。
中庭との相性もよいので、中心部分に屋外空間を設けて家族や友人と楽しめるスペースを作っています。
リビングやダイニング、キッチンからフラットに繋がっているので行き来もしやすい間取りとなっています。
天然木をふんだんに採用しており、断熱性や防露性を高める木製二重サッシを使用しています。

コレクト

オランダの人が生み出したニューネザーランド様式が特徴のデザインとなっています。
フレアード屋根やナチュラルトーンの配色で自然体をイメージしており、ナチュラルな魅力ある商品です。
構造は、北米式6面体ボックス構造となっています。

ヴィンテージ

アメリカの伝統的な住宅の高級感と格の高さを感じるジョージアン様式の外観となっています。
重厚感があり、年々存在感が増すようなつくりが特徴の商品です。
リビングは、ゲスト用と家族のために2カ所を設けているのが特徴です。

ヘリテージ

ギリシャ神殿を受け継いだ様式とアメリカのフェデラル様式を組み合わせた外観デザインとなっています。
隅々までに美を追求しており、圧倒的な存在感をもっています。
まるで博物館のようなデザインで、天然の無垢材や洗練されたインテリアなどから、坪単価は高く85万円以上は見ておいた方がよいでしょう。

グランド

グランドは、フロリダにあるような華やかな邸宅を思わせるようなデザインが特徴です。
また、イタリアネート様式を再現した輸入部材が引き立ちます。
上記以外にも数種類の商品ラインナップがありました。
海外を意識したデザインが特徴で、全館空調システムや高断熱・高気密、それぞれの商品にあった構造など、デザインに合わせてそれぞれ違う点があります。
現段階で、東急リデザインでは商品の紹介はないのですが、東急ホームズのデザインや過去の施工例などを参考に検討してみてください。

LIFULL HOME’Sでカタログ一括請求をしてみる【無料】⇒

うちハピ注文住宅でカタログ一括請求してみる【無料】⇒

東急Re・デザイン(旧東急ホームズ)で注文住宅を建てる際の流れ

家を建てたいと決めたら、まずは家族で話し合いから始めていきますね。

そこでは、具体的なイメージをそれぞれ話しておきましょう。

外観や庭、子ども部屋の数やデザインなど、たくさん考えることがあります。

情報収集も兼ねて、あちこちのモデルハウスや展示場に足を運んでイメージを膨らませてもよいですね。

イメージもでき、依頼するハウスメーカーが決まれば早速お願いしにいきます。

急ホームズでは注文住宅を建てる流れが掲載されていないのですが、一般的にハウスメーカーで注文住宅を建てる場合には、以下のような流れで進めていきます。

  1. 来場・相談
  2. 現地調査(建築予定の土地の大きさや形状、法律上の条件などを調べる。)
  3. プランづくり(要望に合わせて、仮計画を立ててプランを提案する。概算見積書。)
  4. 契約(プランの内容に納得の上、着工日や金額、打ち合わせ内容を盛り込んだ契約書により契約。)
  5. 融資事前申し込み
  6. 地盤調査(地盤調査会社が調査。)
  7. 最終図面確認(見積書、設計図の確認をおこない、工事面積や設備の決定を行う。)
  8. 着工(工事の中間で建築確認申請に伴う、完了検査を検査機関にておこない、検査済証の発行を受ける。)
  9. 完成・引き渡し(完成した家を施主と一緒に検査する。直し工事が完了後に鍵の引き渡し。)
  10. 保証・定期点検(長きにわたってアフターサポート。)

となっています。

入居したいタイミングに合わせて、家づくりのスケジュールを逆算していくことで、建築予定計画が組みやすくなります。

LIFULL HOME’Sでカタログ一括請求をしてみる【無料】⇒

うちハピ注文住宅でカタログ一括請求してみる【無料】⇒

【番外編】東急Re・デザイン(旧東急ホームズ)の建売住宅の特徴を紹介

東急ホームズでは、建売住宅と宅地を探している人へ、東急ホームズが分譲する情報を届けるための友の会として『リフレストクラブ』を発足しています。

会員になることで、メールや郵送のお手紙で建売住宅の分譲情報は企画限定の特典などの案内を受け取ることが可能となります。

建売住宅において、どのような家を販売していたのかというのは、公式ホームページの『施工実績のご紹介(戸建建売施工)』のページにて確認することができます。

一棟だけではなく、何棟もまとめて建売に出すこともあるので、建売住宅の購入を検討されておらず自由設計の注文住宅を考えている人も、内覧して東急ホームズの家づくりについて学ぶことができます。

東急Re・デザイン(旧東急ホームズ)の全国のモデルハウス・住宅展示場情報

2020年に東急ホームズの新築事業が東急リデザインに移行されたのもあり、モデルハウスや展示場情報がないという声も上がっています。

現在、東急リデザインのサイトにて、一カ所紹介されているのがこちらです。

「ハウスクエア横浜ショールーム」となっています。

こちらは、東急ホームズのときからあった展示場となっています。

その他、展示場においては各地域の店舗の担当者にご相談ください。

横浜の展示場を内覧したい場合には、問合せ先が0120-784-109となっております。

水曜日が定休日となっていますので、その他の曜日にてご連絡ください。

東急Re・デザイン(旧東急ホームズ)の会社情報

東急ホームズは、個人と法人向けに新築住宅や賃貸住宅、店舗、医療などの施設の設計・施工を行っています。

創業以来、注文住宅事業を通じて社会に貢献し、長きにわたって住宅事業で培ってきたノウハウを活かした家づくりを行っています。

ツーバイフォー工法や在来工法をはじめ、軽量鉄骨造、RC造など幅広い工法をおこなっており、施主の要求や期待に応えることができるよう日々考えている会社です。

東急不動産ホールディングスグループの一員として、会社の枠を越えた協力や連携体制で取り組んでくれます。

沿革としては1966年に東急不動産(株)において木造注文住宅「東急ホーム」の販売を開始しました。

その後、住宅アフターサービス業や施工担当としての(株)東急ホームビルダー設立。

1982年に東急不動産(株)から注文住宅販売部門として独立し、ツーバイフォー工法を中心とする東急ホーム(株)を設立しました。

1985年には、第1回住まいのリフォームコンクールにて「住宅金融公庫総裁賞」を受賞。

その後も商品の開発・販売やさまざまな賞の受賞などを経て2008年に(株)東急ホームズとして事業展開しています。

会社自体の設立は最近ですが、東急不動産(株)の時代から注文住宅のノウハウを重ねてきています。

2017年には東急ホームズのリフォーム事業においては『東急Re・デザイン』として独立して事業展開をしています。

さらに、2020年は新築工事請負事業も移管されたので、今後の住宅新築やリフォームなどは基本的に東急Re・デザインに依頼することとなります。

東急Re・デザイン(旧東急ホームズ)の会社概要

会社名:株式会社東急ホームズ

本社事務所:東京都世田谷区用賀4-10-1世田谷ビジネススクエアタワー3階

本社電話番号:03-5491-8200

本店登記所在地:東京都渋谷区南平台町2番17号

資本金:4億円(東急不動産株式会社の全額出資)

創業:1969年12月12日

設立:1991年4月1日

代表者:代表取締役社長 細田 正典

関連会社:THハウジング(株)

許認可登録:建設業 国土交通大臣許可(特-28)第23992号、宅地建物取引業 免許番号 国土交通大臣(2)第8156号、一級建築士事務所 東京都知事登録第57160号

所属団体:(一社)日本ツーバイフォー建築協会、(一社)住宅生産団体連合会、(一社)輸入住宅産業協会、(一社)不動産流通経営協会、(一社)日本木造耐火建築協会
※株式会社東急Re・デザインの会社概要(上記と相違がある点のみ下記に記載します。)

商号:株式会社東急Re・デザイン

事業内容:戸建住宅及びマンション専有部リフォーム工事、新築建築事業工事の企画・設計・施工・監理、オフィス・商業施設・ホテル等における工事を対象として請負・企画・設計・施工・監理、マンション・事務所棟のインテリアおび家具の販売ならびにリースに関する業務

設立:2017年4月3日

事業開始:2017年10月1日

許認可登録:建設業 国土交通大臣許可(特-29)第26764号、一級建築士事務所東京知事登録第62089号、神奈川県知事登録第17817号、大阪府知事登録(イ)第25664号

東急Re・デザインは、総合不動産管理会社である東急コミュニティーと建築請負会社の東急ホームズが、それぞれおこなってきたリフォーム事業を統合して2017年に誕生した会社です。

さらに、2020年には東急ホームズから新築工事請負事業を移管し、リフォームやリノベーションにとどまらず『空間を生まれ変わらせたい』というお客様の声により幅広いソリューションで応えることができるようになりました。

東急Re・デザイン(旧東急ホームズ)の施工エリア

東急ホームズの公式ホームページには、具体的な施工エリアについての記載がありません。

東急Re・デザインの戸建リフォームの営業所でも統合により対応できると思いますので、下記を参考にされてください。

施工可能なエリアとしては、東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県、兵庫県、大阪府、奈良県となっています。

急ホームズで対応していた際には、茨城県も対応エリアでしたので、建築希望のかたは一度ご相談してください。

上記エリアの中でも対応できない市町村区があるので、事前に問合せの上相談するとよいでしょう。

お問合せ先は0120-935-109で、24時間受け付けています。

LIFULL HOME’Sでカタログ一括請求をしてみる【無料】⇒

うちハピ注文住宅でカタログ一括請求してみる【無料】⇒

まとめ

東急ホームズの新築事業は、2020年に東急リデザインに移行されたため、詳細な情報としては東急ホームズの過去の施工例や商品、構造などを参考にしてご紹介しました。

今後、東急リデザインでもさまざまな新しい情報が発信されると思いますので、そちらも参考に検討してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

\大切な家づくりで後悔しない為に!/