東京でおすすめの住宅展示場ランキング5選!メリット&デメリットを把握して家を建てるヒントに!

<記事の情報は、2022年1月1日時点のものです>

東京都には、さすがかなり多くの数の住宅展示場があります。

東京と言っても都心部はマンションなどが主流ですが、やはり持ち家もそれなりの数があります。

住宅展示場も豊富で、一つ一つの展示場の内容も濃いものになっています。

今回の記事では、住宅展示場とはどんなところなのか、東京の住宅展示場はどこにあるのかというものを紹介していきます。

ここで本題に入る前に、注文住宅を検討しているあなたに一番重要なことをお伝えします。

それは、「マイホーム(注文住宅)を建てるとき、住宅メーカー選びを失敗するとすべて台無しになりかねない」ということです。

なぜなら、それぞれのハウスメーカーによって、特徴や特色、坪単価や実現可能な間取りなどが大きく異なるから。

例えば以下の例を見てみましょう。

  • A社は坪単価も安く、格安で建設が可能。しかし理想的な間取りや高性能な設備を盛り込んだ結果、大きく予算オーバー。住宅ローンの返済もあっぷあっぷに。
  • B社は坪単価や標準設備こそ高いものの、性能はよく、間取りも理想的。結果的に予算内で理想的なマイホームが完成。

つまり、住宅メーカー選びを間違えると、今後の生活にも大きな影響が出てきてしまうのです。

そうならないためにとても重要になってくるのが、多くの住宅メーカーをしっかりと比較検討すること

一番最初の住宅メーカー選びがすべてのカギを握っているんです。

しかし、「いちいち1社1社から情報をもらってくるのは手間がかかるし面倒…」と思ってしまう人も中には多いのではないでしょうか?

そこでぜひ活用してほしいサービスをご紹介します。

それが、住宅メーカーのカタログを一括で取り寄せることができる、カタログ一括請求サービス

特におすすめなのが、東証一部上場企業のリクルートが運営する「SUUMO」のカタログ一括請求サービスです。マイホームをお考えのエリア(都道府県・市区町村など)を入力するだけで、そのエリアでおすすめの住宅メーカーを一瞬でピックアップしてくれます。

このサービスは無料で利用できますし、また1分ほどあれば、数十社の住宅メーカーカタログを取り寄せることができるので便利ですよ。

SUUMOの他にも、同じく東証一部企業のLIFULL HOME’Sが注文住宅のカタログ一括請求サービスを提供しています。

↓ 【おすすめ】カタログ一括請求のSUUMO ↓

一生に一度のマイホーム購入。

失敗して後悔するようなことがないよう、住宅メーカーの比較検討は慎重に行ってみてくださいね!

【注意】カタログを一括請求する際、「大手」「中小」といった会社の規模はや知名度は意識せず、気になる会社はすべてチェックすることをおすすめします!

【当サイトおすすめ】SUUMOでカタログ一括請求してみる【無料】⇒

LIFULL HOME’Sでカタログ一括請求してみる【無料】⇒

それではここから本文に入っていきますよ!

もくじ

住宅展示場は家を建てるためのヒントの宝庫

住宅展示場には、建てる家の雰囲気を見るだけでなく、実際に住んだらどんな感じかをリアルに味わうことができるようになっています。

家自体の様子、見た目、性能、材質を体感できるので、想像だけとは違い、住んだ状態をイメージできるのが最も有益です。

それ以外にも、予算のこと、家を建てるスケジュールなど総合的なことも教えてくれるので、ヒントの宝庫になっています。

まだ建てるかどうかを悩んでいる人にも有益になってくる場所です。

住宅展示場ってこんな場所

住宅展示場とは、各ハウスメーカーが提案しているモデルハウスが一ヶ所に集合している場所ということなのです。

広い敷地内に、たくさんのメーカーから提案された家が建ち並んでいます。

一見、住宅街のようなひとつの街並みになっている感じで、そのひとつひとつはメーカーが違うので、見た目も違えば、性能や品質、材質なども全然違うのです。

それをこの住宅展示場では、比較ができるのです。

住宅展示場とモデルハウスってどう違う?

メーカーのおうちというと、『モデルハウス』。

住宅展示場に並んでいるおうちも、各メーカーのモデルハウスなのです。

住宅展示場ではそのモデルハウスが一挙に集まっている集合モデルハウス住宅地みたいな感じですね。

一方、モデルハウスというのは、メーカーの作るもので展示場とも同じものにはなりますが、建売というもので、購入することができるのです。

そのため一般的なモデルハウスは、すでに住宅街の中に建てられているのです。

モデルハウスなので、今まで何人かが足を踏み入れてはいますが、新築には変わりありません。

土地も付いてきて、すぐ住める状態になっていて、さらに少し安価になります。

一方住宅展示場のモデルハウスは、本当のモデルハウスであって購入はできず、サンプルとしてみるものになっているので、見学専用です。

メーカーが始めから絞られているのであれば、モデルハウス見学ということでも充分なのです。

が、メーカー選びからであれば、間違いなく住宅展示場がおすすめです。

家を建てる前に住宅展示場にいくメリット・デメリット

家を建てる前に住宅展示場へ行くことのメリットデメリットを紹介します。

メリット

  • 材質や家の使い方まで体感できるので、生活感がリアルになること。
  • メーカーによる違いが一目瞭然でわかり比較までできること。
  • 無料であること。
  • 一ヶ所に行くだけで情報が多く得られること。
  • 予算やスケジュールなどの情報も得る事ができること。
  • 効率的に家づくりを進められるスタートを切れること。

メリットは主に効率や比較、情報の多さにあります。

デメリット

  • 見学に時間がかかり、一日休みをつぶす。
  • 見学後の営業がある。
  • 理想が高くなる可能性がある。

この中でもおそらく経験者が一般的にデメリットと感じるのは、営業の部分が主です。

東京都でおすすめの住宅展示場ベスト5

東京の住宅展示場は、一つの敷地はそう大きくないのですが、数多くの展示場が散らばっています。

その中から、数の多めな展示場を5つチョイスしました。

駒澤公園ハウジングギャラリー

都区内最大級の38棟たっています。

同じメーカーがいくつかのモデル違いを立てているものもあります。

ハウスメーカー

  • 一条工務店
  • 三井ホーム
  • パナソニックホームズ
  • 住友林業
  • 積水ハウス
  • パルクハウス
  • 住友不動産
  • ミサワホーム
  • 谷川建設
  • 三菱地所
  • ダイワハウス
  • 大成建設ハウジング
  • ヘーベルハウス
  • ウィズハウス
  • トヨタホームズ
  • スウェーデンハウス
  • メルディアウイズワン

住所

154-0012
東京都世田谷区駒沢5-10
TEL 03-5758-6170

ハウジングワールド立川

首都圏最大級50棟の立ち並ぶ展示場です。

メーカーは限られていますが、メーカーからの提案モデルハウスが非常に多い展示場になっています。

ハウスメーカー

  • 積水ハウス
  • 一条工務店
  • セキスイハイム
  • スウェーデンハウス
  • ミサワホーム
  • 三井ホーム
  • 旭化成ヘーベルハウス
  • パナソニックホームズ

住所

190-0015
東京都立川市泉町935-1
TEL 045-527-1321

八王子住宅公園

こちらは27棟です。

ハウスメーカー

  • 一条工務店
  • ミサワホーム
  • スウェーデンハウス
  • パナソニックホームズ
  • 積水ハウス
  • セキスイハイム
  • 住友不動産
  • ウェルホーム
  • ダイワハウス

住所

192-0034
東京都八王子市大谷町234
TEL 042-644-1657

朝日新聞総合住宅展示場瀬田

14棟の展示場です。

ハウスメーカー

  • 一条工務店
  • 住友不動産
  • ミサワホーム
  • 三井ホーム
  • アキュラホーム
  • アイ工務店
  • 住友林業
  • 日本ハウスHD
  • 三栄建設設計
  • 三菱地所
  • アーキテクツ
  • 桧家住宅
  • 旭化成ホームズ
  • AQレジデンス

住所

158-0095
東京都世田谷区三瀬田5-20
TEL 03-3707-3352

石神井住宅公園

こちらはコンパクトな展示場です。

ハウスメーカー

  • 一条工務店
  • 住友林業
  • 住友不動産
  • セキスイハイム
  • 積水ハウス
  • ダイワハウス
  • パナソニックホームズ
  • ミサワホーム
  • 古河林業
  • スウェーデンハウス
  • 三菱地所
  • 木下工務店
  • 旭化成ヘーベルハウス

住所

177-0042
東京都練馬区下石神井1-8-4
TEL 03-5393-5507

【当サイトおすすめ】SUUMOでカタログ一括請求してみる【無料】⇒

LIFULL HOME’Sでカタログ一括請求してみる【無料】⇒

住宅展示場を賢く見学するための5ヶ条

住宅展示場を賢く見学をするにはいくつかポイントがあります。

ここで5ヶ条を紹介していきます。

1.住宅展示場を予約する

住宅展示場は、基本的に見学する分には予約は不要と書いてあることが多いのですが、実際は予約したほうが良いのです。

予約をしたほうが良い理由を記します。

①見学したいメーカーが絞られている場合

絞られている場合は、より内容を詳しく聞いたほうがいいので、予約して担当者の説明を受けながらの見学を勧めます!

②人気な住宅メーカーとわかっていて必ずそのメーカーをみたい

人気な住宅メーカーは、必然的に人がたくさん来ます。

展示場に行ったはいいものの、いっぱいで見学できないなどが可能性があります。

人気なメーカーを絶対に見たいなら、事前予約をお勧めします。

③聞きたいこと、比べたいことが明確である

聞きたいことなどが明確である場合は、担当者にその部分の説明をしてもらって、時間を限ってすべてのモデルハウスを見る!

併せて、今コロナ渦中なので、予約必須というところも増えてきています。

事前にHPチェックをしておきましょう。

2.住宅展示場へ行く時の持ち物

住宅展示場へ行く時は、基本的に身軽がお勧めです。

家に出たり入ったりするので、動きやすいスタイルで、着脱しやすい靴がおすすめ!

それと、メモ、ノート、デジカメはあると良いです。

いくつか比較したものを忘れないためにも、後で考えるためにも、記録があるとあとで助かります。

3.上手に住宅展示場を回るための作戦をたてる

住宅展示場を見学する場合は、事前に作戦を立てていきましょう。

  • できれば、メーカーを絞ってどこを見に行くか決めておく。

数多くのメーカーを見たいのであれば、2日にわけて、見るだけの日と話を聞く日を作ったほうが良いです。

  • スムーズな見学にするため、1メーカーの滞在時間をだいたい決めておいて予約時に伝えておく。

各メーカーの担当者の話を聞くことが有益なのですが、すべてに話しを聞いていると、時間がかかりますし、頭も混乱してしまいます。

メーカーを絞っておくか、二日間にまたぐかなどを考えておくとよいでしょう。

4.標準仕様とオプション仕様を確認する

これはとても気を付けたほうがいいポイントです。

ショールームの展示は、基本的に良いものが展示されていますので、標準仕様ではなく、オプションのものかもしれません。

これを確認しておかないと、あとで予算オーバーに繋がるのです。

それにメーカーによっても標準にしているものの基準が違いますので、そこも注意しておきましょう。

5.インテリアやデザインは家づくりの参考に

展示場で置いてあるインテリアや、デザインなどは、今後の家づくりの参考にしましょう!

もう家が建ちあがってからのお話ですが、インテリアは自分たちで選択することになります。

家電製品もそうです。

そういう時に色合いやデザインなどのセンスが問われます。

この展示場ではプロがセッティングしていますので、あとあとかなり参考になります。

写真を撮っておくなどしておくと便利でしょう。

住宅展示場は親子で行けるレジャー空間

住宅展示場へ行くと、滞在も長くなるので、気がかりなのがお子様の存在です。

数十分は一緒に回れそうですが、その後はぐずる心配が多いにあります。

しかし住宅展示場はそういうところへの配慮もしてあるので、家族で行くことができるレジャーランド的な要素が含まれています。

詳細を以下に記していきます。

住宅展示場でよくあるイベント

子供のレンジャーショーや、工作体験、手作り体験、お祭りの屋台みたいなものが用意されています。

このレンジャーショーはクオリティが高くて評判です。

アンパンマンなどのキャラクターが来ることもしばしば!

子供たちは大興奮です。

大人のためのイベントとしては、ローン相談や、予算の相談会などが行われています。

住宅展示場でもらえるプレゼント

おうちを販売しているメーカーの集まりなので、日用品などをもらえる事が多いのです。

一度HPをチェックしてからいくとプレゼントがどのようにもらえるか確認できます。

予約をしていただけでプレゼントというところもありますので、ぜひチェックを!

クオカードや商品券など、実用的なものをもらえる時もありますので、行くタイミングも選んでみたりできます!

【当サイトおすすめ】SUUMOでカタログ一括請求してみる【無料】⇒

LIFULL HOME’Sでカタログ一括請求してみる【無料】⇒

住宅展示場を見学するときの注意点

住宅展示場を見学する際に注意することをお伝えします。

住宅展示場のアンケートはむやみに記入しない

住宅展示場のアンケートをむやみに記入しないほうが良い理由は、営業対策です。

電話番号や住所をきにゅうすることで、あとあとの営業に繋がります。

アンケートに個人情報を書いたということは、連絡してOKのサインになるので、注意しておきましょう。

その場ですぐ申込は行わない

住宅展示場へ行って、テンションが上がってしまい、ここのメーカーにしようかなと決めそうになります。

心で決まるのは全く問題がありませんが、たとえ気に入ってそこのメーカーになるとしても、その場では申し込まずに必ず持ち帰りましょう。

即決するような買い物ではないと言うことです。

値段もさることながら、生活する毎日の場所になるところを決めるわけです。

こうしておけばよかったという点がいくつも出るのですが、致命傷な後悔はしたくないので、その場での申し込みはリスクが大きいです。

そして営業さんから当日申し込みを提案されても断ってください。

【当サイトおすすめ】SUUMOでカタログ一括請求してみる【無料】⇒

LIFULL HOME’Sでカタログ一括請求してみる【無料】⇒

まとめ

東京の住宅展示場を紹介してきました。

コロナ渦中なので、その展示場もコロナ対策をしっかりとっているようです。

安心して見学できると思います。

ほとんどの人が一生に一度の買い物になってくるおうち。

慎重かつ楽しみながら家づくりを進めるためにも、なるべく多くのものを体感し触れる事が大切になってきます。

それを効率的に叶えてくれる展示場へ、ぜひ足を運んでみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

\大切な家づくりで後悔しない為に!/