スウェーデンハウスで家を建てた人の本音の評判・口コミを暴露!坪単価や特徴・注意点まで分かる完全ガイド

<記事の情報は、2021年7月1日時点のものです>

スウェーデンハウスは輸入住宅を扱い、性能・品質が変動しない「ワングレード」を掲げて住まいづくりを提供しています。

2015年から2020年まで6年連続オリコン顧客満足度調査でハウスメーカー注文住宅第1位を受賞。

評価項目別ランキングでも全14項目中11項目で第1位を獲得する優秀な会社です。

そこで今回はスウェーデンハウスの特徴をご紹介しましょう。

ここから本文に入る前に、1点質問です。

「後悔しないマイホームを建てるために、最も大切なことは何だと思いますか?」

資金計画?土地探し?それとも見学会に参加すること?

いずれももちろん重要ではありますが、答えはNOです。

後悔しない注文住宅を建てるために最も大切なことは、パートナーとなる「住宅メーカー選び」です。

全国的に展開していて比較的規模が大きい「ハウスメーカー」、地場に根付いて地域のことを知り尽くしている「工務店」、より柔軟なデザインで対応してくれる「設計事務所」。

一口に住宅メーカーと言っても幅広く、企業数も膨大でどの会社を選ぶべきか迷ってしまう人も多いでしょう。

しかし比較検討の手間を惜しんで、安易に名前の聞いたことのある大手のハウスメーカーに絞り込んでしまうのは危険です。

手間暇は極力減らしながらも、しっかりと比較・検討した上で依頼先を決めることが、後悔しない注文住宅を建てる上で最も重要になります。

「でも、山ほどある住宅メーカーから、どうやって条件に合う会社を見つければいいの?」

とあなたも感じるはず。そこでぜひ活用して欲しいのが、東証一部上場企業「LIFULL」が運営する「カタログ一括請求サービス」です。

あなたが住んでいるエリアと、希望の条件などを選択するだけで、あなたにあった住宅メーカーが複数ピックアップされます。

ピックアップされた住宅メーカーは、知名度の有無などで選り好みせず、まずカタログを取り寄せてみましょう。

条件にあった複数の会社を比較・検討することで、より条件にマッチした会社に出会える確率がグッと高まります。

完全無料で利用できますし、東証一部上場のLIFULLが運営しているのでしつこい営業連絡が来ることもありません。

入力は数分もあれば完了するので、これから住宅メーカー選びをしたい人はぜひ活用してみてください。

LIFULL HOME'Sで無料&1分で簡単カタログ一括請求⇒

それではここから本文に入っていきましょう。

スウェーデンハウスで建てられる家はどんな家?特徴3つを紹介

スウェーデンハウスは良質の輸入住宅や、豊富なパターンの中からカスタマイズできるフリープランを提供。

外観・内装共にオリジナルの北欧風・モダン・和モダン・カントリーなど思いのままに実現できます。

ここではスウェーデンハウスで建てられる家の特徴をご紹介しましょう。

1)耐震性

スウェーデンハウスの住宅は強固な「モノボックス構造」を採用。

モノボックス構造とは従来の軸組構造に木質壁パネルを接合し、地震の揺れを面で吸収し分散する住宅を実現します。

また高強度な体力壁と基礎を強固につなげる「ポールダウン金物」、土台と基礎をより強く連結する「アンカーボルト」、地震時の開口脇の浮き上がりを防ぐ「フレームコーナー」などを採用して、より強固な住宅へと仕上げます。

スウェーデンハウスは耐震性に優れた住宅を提供するため、実物大建物による実験を実施。

一般の住宅は地震の揺れに対して対応倍率が約2倍ですが、スウェーデンハウスは約1.29倍。揺れが少ないことで地震や台風などの荷重に強く、建物の損壊を防ぎます。

阪神・淡路大震災の揺れに対して壁の傾きは一般住宅22.5mm、スウェーデンハウス4.6㎜で、変形を約1/5に抑えることが可能。

2)断熱性・気密性

スウェーデンハウスでは基本性能をワングレード・ハイスペックで統一。

「全棟高性能保証表示システム CQ+24」を1999年からスタートして、全住宅の断熱性・気密性を数値化。

住宅性能表示制度の基準をクリアした設計を提供、また標準仕様でZEH基準を満たしています。

家全体を断熱材で包み込み魔法瓶のような断熱構造を実現。

天井には300mm、外壁には120mm、床には200mmのグラスウールを隙間なく充填。

壁パネルのつなぎ目にグラスウールを採用し、断熱が途切れないように施工しています。

さらに防湿機密フィルムでカバーすることで高い気密性を実現。

壁と床の間には機密パッキンとガイドレールを施工し、防水性・防湿性にも優れています。

スウェーデンハウスの住宅開口部には、木製サッシ3層窓ガラスを採用。

ガラスに挟まれた空気層に乾燥空気を注入し、3層のガラスとセットにすることで断熱性をより高くします。

木製サッシはアルミサッシと比較すると約1,700倍の断熱性を発揮。

開口部をオシャレに飾りつつ、快適な室内温度を保ちます。

24時間熱交換型換気システムを採用し、室内の空気を2時間に1回入れ替えます。

断熱性・気密性が高い住宅の温度を保ちながら、部屋の空気をいつもクリーンに保つことが可能。

また屋外のホコリや花粉、PM2.5の侵入も防ぎ、家族の健康を守ります。

寒冷地などでは「ダクト式セントラル換気システム」を採用し、より効果的な換気を行います。

3)省エネ・創エネ・エコ

スウェーデンハウスの住宅は断熱材・木製サッシ3層ガラス窓・高気密施工を行い、一般住宅よりもエネルギー消費量を約40%も削減できます。

年間の電気代に換算すると約11.5万円もコストを削減可能。

太陽光発電システム+エネファームを採用して創エネ設備を採用した設計も可能。

ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エレクトリック大賞を受賞した省エネ性能の高いプランを提供しています。

LIFULL HOME'Sで無料&1分で簡単カタログ一括請求⇒

スウェーデンハウスで実際に家を建てた人の評判・口コミ

スウェーデンハウスは一般的な木造住宅と比べ防火性にも優れた住宅。

標準仕様で省令準耐火構造に適合しており、火災保険料が軽減されるメリットもあります。

また木製サッシ3層ガラスや外壁パネルは遮音性能も高く音のストレスから解放。

ここではスウェーデンハウスで実際に家を建てた人の評判をご紹介しましょう。

スウェーデンハウスの良い評判・口コミ

  • 子供がのびのび暮らせる空間を作りたいと思い、マイホーム作りをスタート。

間取りは家族の様子を見られるプランにしたいと思っていました。

スウェーデンハウスに依頼すると、子供の成長に合わせてリフォームしやすい設計が完成。

玄関からリビングまでつながる動線は開放感たっぷり。

無垢材をメインに建てたので、深呼吸ができる部屋がお気に入りです。

  • 展示場やモデルハウスはかなりの数を見学しましたが、スウェーデンハウスがダントツでした。

顧客度満足度が高いのが納得できるデザインと機能性で、依頼することに決定。

リビングにこだわったプランや、開放感を味わえる内装をお願いしました。

気密性や断熱性が素晴らしいので、エアコンを使う頻度が減りましたね。

家事動線がよいのでストレスなく仕事がこなせます。

  • スウェーデンハウスのデザインは好みなのですが、機能性が不安でした。

宿泊体験をすることで不安や疑問を一気に解決。

住み心地の良さを実感したので、プランをお願いすることにしました。

ずっと憧れていたヨーロピアンテイストの家を建てられて大満足。

無垢材を使った部屋なので裸足で歩ける心地よさがいいですね。

家族で家にいる時間が増え、コミュニケーションも増えました。

  • スウェーデンハウスの展示場で、ショックを受けるほど気に入りました。

冷やかしのつもりで行ったのに、その場で詳しい話を聞くことに。

ナチュラルな内装でデザイン性も抜群、省エネ性にも優れているので光熱費をカットできるのがいいですね。

念願だった薪ストーブをリビングに置いて、冬の夜は炎を見ながらお茶を飲むのが楽しみです。

  • 妻が寒がりで私が暑がりなので、温度や湿度が快適な住環境が希望でした。

スウェーデンハウスの展示場の居心地のよさが気に入り、そのままプランなどを聞くことに。

機能性を体験したいと宿泊体験も行い、ますます建てたいと思いました。

以前の家よりも光熱費が安くなり、返済の負担が減るので助かります。

夫婦でこだわり抜いたデザインを実現してマイホームが完成しました。

  • 輸入住宅への憧れが捨てきれず、たくさんの資料を集めました。

その中でも予算内で理想の家ができそうだったのがスウェーデンハウス。

モデルハウスも見学して、どの部屋に入っても快適な温度に感動しました。

その日のうちに具体的なプランを依頼することに。

細部までこだわったデザインと、家族が集まりやすい間取り、日差しがたっぷり入る室内で、居心地最高の家になりました。

  • 映画に出てきそうな可愛い三角屋根と個性的な木製窓を実現したいと思っていました。

スウェーデンハウスの施工例を見て、希望に近いデザインができそうだと相談。

オーダーメイドできる範囲が広く、また省エネ性にも優れていたので注文しました。

子供たちが走り回れるほど開放的な内装、大容量の収納など使い勝手が抜群。

以前よりも家にいる時間が増えるほど快適な住まいです。

  • 知人や友人がよく遊びに来るので、大勢でも楽しめる家を建てたいと思っていました。

スウェーデンハウスのホームページで施工例をチェックして希望のスタイルを発見。

たくさんリクエストしましたが、いつも期待以上の設計を提案してくれるところが嬉しかったですね。

アイランドキッチン、開放的なリビング、内とつながるウッドデッキなど使い勝手の良い家になりました。

  • 賃貸マンションの更新の時期を迎える前に、マイホームを手に入れようと計画。

モデルハウスで担当してくれたスタッフが素晴らしく、詳しい話を聞くことにしました。

デザイン性が高い上に、省エネ性も素晴らしいのがメリットだと感じて注文。

子供の成長とともに間取りを変えられる設計、老後を考えた内装など、未来を見据えた住宅が完成しました。

スウェーデンハウスのネガティブな評判・口コミ

  • スウェーデンハウスのデザインが気に入って、こだわりをたくさんリクエストしました。

かなりの予算オーバーとなってやり直すことに。

ヒアリングの時点でコストを抑える所と、お金をかけるところをアドバイスしてくれれば、もっとスムーズだったかな?というのが感想です。

さらに細かくプランを練り直して、予算内で収まるマイホームが立ちました。

  • 最初の営業担当者との意思の疎通が図れず、何度も設計をやり直すことがありました。

担当を変えるようにお願いして、やっと思い通りのプランが完成し施工まで進むことになり一安心。

時間のロスがあり住まいの完成が遅れたのが気になりましたね。

スウェーデンハウスで注文住宅を建てるのがおすすめな人の特徴

デザイン性の高い輸入住宅を建てたい人、省エネ性に優れた住まいを手に入れたい人はスウェーデンハウスがおすすめです。

また理想の住まいをカスタマイズできるローコスト住宅も提供。

最長50年の長期ローン、50年間無料定期検診システムを用意し、若い世代のマイホーム実現をサポートしています。

LIFULL HOME'Sで無料&1分で簡単カタログ一括請求⇒

スウェーデンハウスで注文住宅を建てる時に注意したいポイント

スウェーデンハウスでは木製パネルを採用しているため、60cm単位の調整が基本となり、間取りに制約があると言えるでしょう。

自由な設計を反映したい場合は、打ち合わせの際に実現可能な範囲を確認することをおすすめします。

また個性的なデザインの住宅に合わせて、家具やファブリックなどを新たにそろえる場合は、その分の予算を考えておくとよいでしょう。

スウェーデンハウスで家を建てる際にかかる費用・坪単価

スウェーデンハウスの注文住宅は自由に設計できるためこだわった家づくりが可能。

だからこそ気になるのはその費用です。

ここではスウェーデンハウスで家を建てる際にかかる費用や坪単価についてご紹介しましょう。

スウェーデンハウスの坪単価は66万円~200万円

スウェーデンハウスの坪単価は66.6万円 ~ 200.0万円/坪、幅広くプランを提供するハイクラスのハウスメーカーです。

ローコスト住宅「SAKITATE(サキタテ)」では1,900万円台のプランもご用意し、若い世代からのマイホーム実現をサポート。

さらに30の間取りから選べるプランなどを提供し、理想を叶える住宅づくりをバックアップします。

坪単価とは?坪単価はどう決まるのか?

住まいづくりを始めるとよく目にする「坪単価」。

この坪単価とは住宅を建てる際の1坪(約3.3m2)あたりの建築費を表します。

坪単価=住宅本体価格÷延べ床面積

ただハウスメーカーにより本体価格の設定が異なるので要注意です。

本体価格に照明器具やエアコン、電気やガスの屋外配管の費用を含めている場合、含まれていない場合などさまざま。

同じ仕様・同じ規格でも価格が違ってくるため、事前に含まれる項目をチェックしておきましょう。

LIFULL HOME'Sで無料&1分で簡単カタログ一括請求⇒

スウェーデンハウスの商品ラインナップを特徴別に紹介

スウェーデンハウスは輸入住宅、完全自由設計などお客さまの好みに合わせたプランが可能。

デザイン性の豊かさもさることながら耐震性・断熱性・気密性にも優れています。

ここではスウェーデンハウスの商品ラインナップを特徴別に紹介しましょう。

ローコスト住宅「SAKITATE」

スウェーデンハウスのローコスト住宅「SAKITATE(サキタテ)」は1,900万円台からの住まいづくりを提案。

20プランから選択することが可能で20代の夫婦や子育て中の世代や、第二の人生を始めるご夫婦にも選びやすい設計です。

最長50年の長期ローン、50年間無料定期検診システムをご用意し家づくりをバックアップ。

最小限のリフォームで間取りを変更できるプランです。

平屋住宅「悠の住処(ゆうのすみか)」「LATTNAD」

スウェーデンハウスの平屋プランは「悠の住処」「LATTNAD」をご用意。

一般的なハウスメーカーは1,000mmモジュールですが、スウェーデンハウスの「悠の住処」は1,200mmモジュールを採用してゆとりある間取りを実現。

リビングとデッキをつないで開放感のある空間を演出。

勾配天井を利用してロフトや大容量の収納として使えて便利。

高気密・高断熱でエネルギーを最小限に抑え、家計にも優しいプランです。

「LATTNAD」は「ルフトデッキ」を採用し、屋根付きのアウトドアリビングを楽しめる設計。

デザインは12プランから選択でき、自然素材を豊富に使った北欧デザインが魅力的。

2,700mmの天井高を実現でき開放感ある室内を演出。

高い断熱性・気密性を発揮するため、エアコン1台で快適に過ごせるのがメリットです。

3階建て住宅

スウェーデンハウスの3階建て住宅はオール電化システムを採用し、健康で快適に暮らせる工夫が満載。

都市型の密集地や狭小土地でも理想の家を実現可能。

デザインは北欧スタイル・ブリティッシュスタイル・和風スタイルなどから選べます。

開口部には木製サッシ3層ガラス窓を設置し、高い気密性・断熱性・遮音性を実現。

耐震性を損なうことなくビルトインガレージも実現できます。

二世帯住宅

スウェーデンハウスの二世帯住宅は、好みに合わせて共有型・独立型など自由な設計が可能。

1階にLDKを配置して家族が集まりやすい動線と、勾配天井と吹き抜けを利用して開放感のある空間。

家族の適度な距離感を保った間取りと、遮音性に優れた室内でプライベートな時間を演出。

ルーフバルコニーやコンバーテイブルガーデンを設置して、くつろぎの時間が楽しめるプランなども豊富に提供します。

ZEH住宅

スウェーデンハウスでは標準仕様のままでZEH性能をクリアする住宅を提供。

「HUS ECO ZERO(ヒュース エコ ゼロ)」を提案し、健康で快適な環境と光熱費の大幅なコストダウンが可能。わずかな太陽光発電を作り出すことで、エネルギー収支0を実現。

また屋根の形状の制限を必要としないため、こだわりの外観デザインを選べるメリットもあります。

スウェーデンハウスで注文住宅を建てる際の流れ

理想のマイホームを建てようと計画した場合、どのような手順で進めてよいか迷います。

ここではスウェーデンハウスで注文住宅を建てる際の流れをご紹介しましょう。

1)予算の決定

第一に予算の決定からスタートしましょう。

予算額によって選べる設計や、購入できる土地が決まります。

世帯年収、貯蓄額、住宅ローン借入額を合計し予算を算出。ライフプランに合わせて諸経費を差し引いた数字が予算となります。

無理の無い返済額を決め、家計の収支とのバランスを考えましょう。

スウェーデンハウスでは資金計画、住宅ローンの提案が可能です。

2)土地の決定

次に土地の決定を行いましょう。

住宅ローンを利用する場合は、土地の決定がマストなため早めに行うことが大切。

住み慣れた地域や通勤・通学の利便性なども含めて考慮しましょう。

スウェーデンハウスでは全国規模のネットワークを活用し、お客さまに取って最適な土地情報を提案。

また周辺環境の充実度や将来性を含め、土地の調査を徹底的に行います。

3)理想の家のイメージ&設計

家族で理想のイメージを話し合いましょう。

間取りや内装に使用したい素材など、こだわりをピックアップします。

スウェーデンハウスでは豊富なモデルハウスをご用意。

また宿泊体験可能なため、機能性や住み心地を体験するとよいでしょう。

スウェーデンハウスのスタッフとともに建物プラン・インテリア内装・住宅設備・エクステリアなど具体的な設計を決定します。

4)建築計画、請負契約

プランまで決定したら施工から引渡しまでのスケジュール、見積もり概算などを依頼しましょう。

契約書に関しての説明があり、細部にわたってチェックします。

また諸経費の支払い期日、現金払いの必要性などを確認。

住宅完成後の保証内容・リフォーム・点検内容についても確認が大切です。

一生のお付き合いとなるため、売却などに関しての情報も入手しておきましょう。

LIFULL HOME'Sで無料&1分で簡単カタログ一括請求⇒

【番外編】スウェーデンハウスの建売住宅の特徴を紹介

注文住宅の方が分譲住宅より品質が優れているイメージがあります。

スウェーデンハウスでは注文住宅と同等の高品質なプランを提供。

全国のネットワークを駆使して、より良い住み心地の住まいづくりを追求しています。

住環境に合わせた設計、子育てを応援するアイディア、住むほどに充実度を実感する間取りなど、ワンランク上の快適さを提供。

スウェーデンハウスの会社情報

スウェーデンハウスは6年連続オリコン顧客満足度調査でハウスメーカー注文住宅第1位を受賞する人気のハウスメーカー。

省エネ性・気密性・耐震性に優れ、また個性的なデザインでお客さまの理想の住宅を提案。

またヒュースドクトルの「50年間の無料定期健診システム」を提供。

家を建ててからがお客さまとの本当の付き合いと考える会社です。

スウェーデンハウスの会社概要

会社名 スウェーデンハウス株式会社
所在地 東京都世田谷区太子堂4-1-1 キャロットタワー23階
TEL 03-5430-7620

スウェーデンハウスの施工エリア

北海道

東北:宮城県

関東:東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、茨城県、栃木県、群馬県

中部:新潟県、石川県、富山県、福井県、長野県、静岡県、愛知県

関西:兵庫県、滋賀県、大阪府

中国:広島県

九州:福岡県、大分県、長崎県

(一部地域を除きます。エリアは営業所・ショールームなどを参考に記載)

LIFULL HOME'Sで無料&1分で簡単カタログ一括請求⇒

まとめ

スウェーデンハウスは100年、親子3世代で住み継ぐ上質な住宅を提供。

オリジナル住宅ローン「ファミリエ50」は50年ローンを可能にしました。

若い世代からの持ち家を応援するとともに、50年間無料定期検診システムで安心のサポートも完備。

夢のマイホームを実現するために、スウェーデンハウスを候補に入れてみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

\大切な家づくりで後悔しない為に!/