佐賀県のおすすめローコスト住宅メーカーランキング6選!1,000万円台で夢のマイホームを!【令和最新】

<記事の情報は、2021年7月1日時点のものです>

ローコスト住宅という言葉を聞いたことはありますか?

持ち家には憧れるけど、家を建てるなんていったいいくらするの?と不安になりますよね。

佐賀県で家を建てたいけど、予算が心配で迷っている人に向けて、ローコスト住宅についてまとめました。

ローコスト住宅は一般的な価格のメーカーで家を建てるのと何が違うのかや、佐賀県でおすすめのメーカーについて一度研究してみませんか?

ここから本文に入る前に、1点質問です。

「後悔しないマイホームを建てるために、最も大切なことは何だと思いますか?」

資金計画?土地探し?それとも見学会に参加すること?

いずれももちろん重要ではありますが、答えはNOです。

後悔しない注文住宅を建てるために最も大切なことは、パートナーとなる「住宅メーカー選び」です。

全国的に展開していて比較的規模が大きい「ハウスメーカー」、地場に根付いて地域のことを知り尽くしている「工務店」、より柔軟なデザインで対応してくれる「設計事務所」。

一口に住宅メーカーと言っても幅広く、企業数も膨大でどの会社を選ぶべきか迷ってしまう人も多いでしょう。

しかし比較検討の手間を惜しんで、安易に名前の聞いたことのある大手のハウスメーカーに絞り込んでしまうのは危険です。

手間暇は極力減らしながらも、しっかりと比較・検討した上で依頼先を決めることが、後悔しない注文住宅を建てる上で最も重要になります。

「でも、山ほどある住宅メーカーから、どうやって条件に合う会社を見つければいいの?」

とあなたも感じるはず。そこでぜひ活用して欲しいのが、東証一部上場企業「LIFULL」が運営する「カタログ一括請求サービス」です。

あなたが住んでいるエリアと、希望の条件などを選択するだけで、あなたにあった住宅メーカーが複数ピックアップされます。

ピックアップされた住宅メーカーは、知名度の有無などで選り好みせず、まずカタログを取り寄せてみましょう。

条件にあった複数の会社を比較・検討することで、より条件にマッチした会社に出会える確率がグッと高まります。

完全無料で利用できますし、東証一部上場のLIFULLが運営しているのでしつこい営業連絡が来ることもありません。

入力は数分もあれば完了するので、これから住宅メーカー選びをしたい人はぜひ活用してみてください。

LIFULL HOME'Sで無料&1分で簡単カタログ一括請求⇒

それではここから本文に入っていきましょう。

 

佐賀県のローコスト住宅事情

農業や水産業が盛んな県で、人口約80万人です。

陶磁器や温泉、お祭りなど歴史的な伝統があふれた街で、自然も豊富なので食べ物も美味しい地域です。

気候は一年を通じて比較的温暖で、東京と比べると夏はほんの少し暑くて、冬は同じくらいの気温です。

ローコスト住宅とは

狭いけど狭さを感じさせない工夫や、高機能設備を兼ね備えつつ価格が安い住宅も探せばたくさんあります。

ローコスト住宅だから品質が劣るというのは、もはや思い込みでしょう。

一般的な価格のプランと同じ建材や設備を採用しているメーカーも少なくはありません。

とはいえ質を下げて価格を落としているメーカーもあるので、ローコスト住宅を契約するなら、メーカーがどんなふうにコストカットをしているのかをしっかり把握する必要があります。

1,000万円台のローコスト住宅の特徴

1000万円台の住宅を提案するためにメーカー側がよく提案するプランは以下のような特徴が見られがちです。

  • 2階建て…坪数が増える
  • 廊下が少なめ…スペースの有効活用
  • 20坪台が中心…コンパクトな土地に効率のいい間取り
  • 規格住宅が中心…打ち合わせ時間を削減できる

見られがちというだけで、ローコスト住宅でも平家や完全注文住宅はあります。

こういった地道なコストカットにより良質な家を少しでも安く提供しているようです。

佐賀県で家を建てるときの建築費・坪単価相場

佐賀県の坪単価平均は4万0,267円です。

住みたい街として人気なのは以下の通りです。

  • 佐賀市/坪単価平均19万9,564円
  • 鳥栖市/坪単価平均15万4,437円
  • 武雄市/坪単価平均11万9,228円

佐賀市は県庁所在地で交通の便や医療機関も充実しています。

鳥栖市は久光製薬やキューピーなど大手企業の工場が点在しており、武雄市は武雄温泉で有名です。

全体的に自分の住んでる地域に愛着を持っている人が多く、ランキングに入っていない地域も人気です。

佐賀県には海も山もあって、他にも歴史のある街やショッピングモールがある街など、街の特徴はさまざまです。

自分たちの生活にあった街選びが、住みやすさを大きく左右するでしょう。

佐賀県でローコスト住宅を建てるならおすすめのハウスメーカー・工務店ランキング3選

佐賀には地元密着型の良質なローコスト住宅メーカーがたくさんあります。

地元の気候や地域の事情を熟知しているので安心して任せられます。

デザインハウス佐賀

いくら借りられるかではなくいくらなら返せるか、という考え方で、住む人の負担を減らすべく様々な工夫でコストカットをしているメーカーです。

Mini Mal

22坪/2LDK/1,116万円〜

月3万円台の返済から建てられる家で、シングルマザーや単身者など小世帯用の商品です。

安いといえど開口部に強力なサッシを使用したり、断熱材に世界最高水準のグラウウールを使用したり、熱を逃さず省エネで快適な空間を作る工夫が詰まっています。

フルハウス

32坪/1,427万円

附帯工事の費用を含めた価格を明示した、オール電化・自由設計の商品です。

安くても設備は先進のものばかりで、外壁や水回りなど、高品質高性能のものの中から選べます。

クレセントホーム

モアハウス

21坪〜/1,309万円〜

家賃や建売よりもお得で、住宅ローンの相談にも乗ってくれるので、「頭金がない」「将来が不安」といった人が「家を建てられてよかった」といった口コミを寄せています。

  • 食洗機
  • エコキュート
  • 浴室乾燥機

など、標準装備が充実しているので、オプションで価格がつり上がる心配もありません。

ラクスミ

27坪〜/1,903万円〜

標準設備に太陽光発電も含まれていてオール電化なので、月々のガス代がかからないだけでなく創エネで毎月の光熱費が抑えられます。

一般的な住宅と比べても、長く住めば住むほどに実際に支払う金額が違ってきます。

定額自由設計なので予算オーバーしにくいのもメリットです。

住まいのかたち

注文住宅が1,400万円〜で建てられる唐津市のメーカーです。

建物代とは別に外部給排水や地盤調査代などが加算されるのが一般的ですが、そういった附帯工事費もコミでの値段提示なので安心です。

自社職人・広告削減・利益還元などの工夫により高品質なのに低価格で住宅を提供しています。

LIFULL HOME'Sで無料&1分で簡単カタログ一括請求⇒

佐賀県で平屋が人気のローコスト住宅メーカー・工務店2選

平家は階段がない分生活がしやすくて人気です。

ローコスト住宅では平家より2階建ての方が多く見られますが、1,000万円台で建てられる平家も探せばあります。

ニコニコ住宅

一人でも多く賃貸から持ち家に住んでほしいという思いから、九州エリアで40年の創業以来ずっとローコスト住宅にこだわってきたメーカーです。

品質は下げずに、広告費や一括仕入れなど、様々な工夫で価格を抑えながらも他者に負けない品質を目指しています。

例えば平家だとこんなプランがあります。

  • 2DK/12.02坪/500万円
  • 3LDK/20.28坪/1,022万円
  • 4LDK/27.55坪/1,242万円

WEBからの見学予約でQUOカード2,000円分がもらえるキャンペーンもやっているので、気になったらぜひ現物を見に行って見ましょう。

アイダ設計

【オープンテラスのある平家】3LDK/27坪プラン/1,210万円

一部勾配天井になっているので開放感がありコンパクトなのに広々暮らせます。

高さがある分シーリングファンやペンダントライトが似合う、インテリア性の高い空間には「満足した」という口コミも。

さらにフルオープンサッシテラスを採用し、名前の通りオープンテラスを楽しめる間取りです。

リビングを中心に設計されており、自然と家族が集まるので距離感が縮まります。

ローコスト住宅はこんな人におすすめ!

ローコスト住宅に誇りを持っているメーカーは会社理念として「お金をかけすぎずにいい家に済んで欲しい」と掲げているところが多いです。

そのためローンの相談に乗ってくれるメーカーも少なくはありません。

例えば住宅ローンを組めるか心配な人や、収入面でローンを払い続けるのに不安がある人にはローコスト住宅はおすすめです。

ローコスト住宅のメリット

ローコスト住宅は価格が安いのが1番のメリットです。

  • 月4万円〜で家が建つ
  • 家賃より安い
  • 年収300万でも大丈夫

など、具体的にどんな人が家を建てられるのかを売りにしているメーカーもたくさんあります。

安さには理由がありますが、住む側にとってデメリットにならない理由が多く、必ずしも安かろう悪かろうというわけではありません。

ローコスト住宅がおすすめ人

ローコスト住宅がおすすめなのはこんな人です。

  • 子供の将来のためにお金を貯めたい
  • 若くてまだ頭金が満足に出せない
  • 老後なのでそこまでお金はかけられない

ローコスト住宅を実際に建てた人の口コミにはこんな声が上がっていました。

「建てられてよかった」
「ローン組めるか分からなかったけどなんとかなった」
「心配だったけど思い切ってよかった」

ローコスト住宅は家を建てたいけど金銭面で迷っている人にとって、強い味方になってくれます。

LIFULL HOME'Sで無料&1分で簡単カタログ一括請求⇒

ローコスト住宅で失敗しないために必ずココに注意!

ローコスト住宅は安い分標準仕様が少なめだったり、思っていないところにお金がかかってしまったり、予算で失敗する事例がよくあります。

気がつけば思ったよりもお金がかかった、という失敗のないようするには、以下の3つのことに気をつけましょう。

全てコミコミでいくらかを確認する

家を建てるに当たって[〇〇坪/〇〇〇〇万円〜]といった価格の表記はほとんどが建物本体の価格です。

この価格以外にも電気配線やインテリアなどの付帯工場費がかかります。

付帯工事費込みの値段提示をしているメーカーもあれば、300万前後の別料金が必要なメーカーもあります。

他にも登記やローンの手数料などの諸経費など、建物以外の費用もかかります。

オプションでオーバーすることにももちろん注意が必要ですが、家が建つまでにかかる費用を全て合わせていくらかを確認しておく必要があります。

アフターサービスの内容を確認する

アフターサービスはメーカーによって対応年数や対応条件などが違います。

各メーカーが独自のルールを設けているため、住んでみたらアフターサービスが有料だったという失敗も起こりがちです。

家を建てるということに捉えわれすぎてつい忘れがちですが、住んだ後のトラブルにちゃんと対応してもらえるように、アフターサービスについては納得いくまで確認しておきましょう。

担当者とのコミュニケーションは密に

価格以外の失敗といえば「思い描いたものと違った」というものです。

この失敗の原因は、プランを立てる際に納得ができていないことによるもの。

ローコスト住宅なら特に家づくりにある程度の妥協は必要ですが、妥協も納得できていないと後悔するのは目に見えています。

担当者としっかり話をして、疑問に感じた部分はちゃんと確認して一つずつ納得できればスッキリしますよね。

また自分たちの理想を心ゆくまで伝えれば、担当者もそれに沿うようにと努力してくれます。

理想と違う部分に関してはしっかり説明もしてくれます。

担当者とはしっかり打ち合わせや相談をして、すり合わせ不足による理想とのギャップを埋めておきましょう。

LIFULL HOME'Sで無料&1分で簡単カタログ一括請求⇒

まとめ

ローコスト住宅と聞くと安っぽいイメージをしがちですが、安っぽくならないようにメーカー側がいろんな工夫を重ねてコストカットをしています。

メーカーによって理念は様々なので、顧客のことを考えてくれる良質なメーカーを選べば安く家を建てる人の強い味方になってくれます。

ローンを払い続ける不安から持ち家を諦めている人は、一度ローンの相談を兼ねて資料請求をしてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

\大切な家づくりで後悔しない為に!/