大阪府のおすすめローコスト住宅メーカーランキング15選!1,000万円台で夢のマイホームを!【令和最新】

大阪府を始めとする関西圏にも、ローコストプランを展開する住宅メーカーが豊富にあります。

中でも大阪府のローコスト住宅メーカーの特徴は、大幅に本体価格を抑えた住宅プランを扱っているメーカーが多いこと。

低予算でも検討しやすいメーカーが揃っています。

特に大阪のローコスト住宅メーカーの魅力的なポイントは以下の3つ。

  1. 比較的安い本体価格を実現
  2. デザインの自由度が高いメーカーが多い
  3. 老舗メーカーが多いので技術力が高い

しかし検討段階では、しっかりとしたビジョンが掴みにくいもの。

「大阪府で評判のローコスト住宅メーカーは?」
「大阪府のローコスト住宅の具体的な予算は?」

そんな疑問を抱く方も多いのではないでしょうか。

そこで本記事では大阪府のローコスト住宅に対する疑問や不安を解消する、おすすめのメーカーや工務店をランキングでご紹介。

メーカーを選ぶ際の注意点やローコスト住宅についても詳しく解説しているので、是非参考にしてみてください。

ここで1つ、本題に入る前に質問です。

「あなたは今、注文住宅の依頼にあたって何社のハウスメーカーを調べていますか?」

もしかして、はじめから1社のみに絞ってしまってはいませんか?

実は、注文住宅を建てる上で最も重要なのは「住宅メーカー選び」です。

住宅メーカーなんてどこも一緒、と思っている人は注意が必要です。なぜなら注文住宅においては「住宅メーカー選び」が命と言っても過言ではないからです。

日本全国には知名度の高い「ハウスメーカー」はもちろん、地域に根付き低価格で住宅を提供する「工務店」、自由度が高い「設計事務所」など様々な住宅メーカーが存在します。

十分な比較をせずに依頼するハウスメーカーを決めてしまうと、「予想よりお金がかかった・・。もっといいハウスメーカーに頼めばよかった・・」と、一生後悔することになりかねません。

そうならないためにぜひ活用して欲しいのが、東証一部上場企業の「LIFULL」と、うちハピが運営する「うちハピ注文住宅」のカタログ一括請求サービスです。

↓ ハウスメーカーの一括請求はLIFULL ↓

↓ 工務店のカタログ一括請求はうちハピ ↓

このカタログ一括請求サービスを利用すれば、「エリア」と「こだわり条件」を入力するだけで、条件にマッチするハウスメーカーや工務店のカタログを一括で取り寄せることができます。

圧倒的に時間も節約でき、そして簡単にメーカーの比較が可能になりますね。

また、この一括サービスは無料で利用できますよ!

LIFULLは『ハウスメーカー』が中心、うちハピ注文住宅は『工務店』を中心にカタログを取り寄せられるので、どちらも利用することで理想に近い住宅メーカーに出会える可能性が高まりますよ。

また、カタログを請求の際は、有名かどうかで判断せず、条件に合うメーカーのカタログを一応全て取り寄せることを意識しましょう。

全く知らなかった会社の中に、あなたの希望を実現してくれる会社があるということも珍しくありません。

お金や時間をかけずに、カタログ一括請求サービスで様々なハウスメーカーを比較してみてくださいね!

LIFULL HOME’Sでカタログ一括請求をしてみる【無料】⇒

うちハピ注文住宅でカタログ一括請求してみる【無料】⇒

それではいよいよ本文に入っていきましょう。

もくじ

大阪府のローコスト住宅事情

「大阪府ではどれくらいの金額でローコスト住宅が建てられるのか?」

具体的な数字や相場が分からないと、なかなか住居の建築は検討しにくいですよね。

そこでローコスト住宅の特徴や、大阪府の建築費の相場を挙げながらローコスト住宅の事情を解説していきます。

詳しい情報や、具体的な数字を知ることでイメージが湧きやすくなるかもしれません。

ローコスト住宅とは

ローコスト住宅は、一般的な注文住宅よりも安価で建てられる住宅です。

大手ハウスメーカーや工務店などが展開しており、低予算で新築を建てられるため幅広い年代の客層から注目されています。

坪単価も一般的な注文住宅が約80万から90万円なのに対し、ローコスト住宅は約40万から60万円。

割安な価格設定となっています。

安全性も国の基準に合わせられているので、低価格でも家の耐久性は問題ありません。

ローコスト住宅の低価格は、品質をそのままに5つのポイントを抑えることで実現しています。

1:広告費カット

コマーシャルをローカル放送のみで放送し、高額な広告費を大幅に削減。

営業やその他の宣伝も地元のみの限られた範囲で行うため、人件費も一緒に削減できます。

2:人件費を削減

建築資材の加工を提携の工場や自社工場で一手に行うため、多くの施工員や職人は不要。

さらに規格の決まった資材を多く作成する形態なので、施工時間や手間も抑えます。

3:建築資材の一括管理

大量の建築資材を一度に仕入れて一括管理をすることで、低価格の供給を保っています。

安価でも、天然木などの質の高い資材を取り扱うメーカーが多いです。

4:間取りの規格化

正方形や長方形の簡素な間取りを規格化することで、必要となる資材の種類や建築費を抑えています。

入り組んだ複雑な間取りよりも、低価格で且つ短期間で建てられるのが魅力です。

5:低グレードな標準設備の採用

ドアや水回りなどの標準設備は低グレードで設定。

最低限の設備費用を採用することで建築費を抑えます。

もちろん好みの設備がある場合には、追加料金で設置することも可能。

以上の条件を徹底して守り、諸経費のカット行うことでローコストを実現しています。

1,000万円台のローコスト住宅の特徴

1,000万円台の予算で建てられるローコスト住宅には、3つの大きな特徴があります。

1:シンプルな構造

シンプルな間取りや外観で建築費を大幅に削減。

吹き抜けの内装や梁の天井を採用するのが主流で、壁を節約しています。

規格された間取りから外れる複雑な形の土地に建てる際には、追加料金がかかる場合も。

2:水回りを一ヶ所に集約

キッチンや洗面台やバスルームなどの水回りを、近い配置に集約。

給排水管を節約することができるので、施工費の削減に繋がります。

3:月々のローンを軽減

低予算で購入できるため、月々の住宅ローンも少なくすることが可能。

貯金や子育てに資金を回しやすいので、幅広い世代のライフスタイルにマッチします。

大阪府で家を建てるときの建築費・坪単価相場

大阪府建築費相場:約3,533万円
大阪府坪単価相場:約71万円

以上が大阪府の建築費と坪単価の相場です。

また大阪府は比較的温暖で、夏場は非常に暑くなるのが特徴。

寒い冬に合わせた高気密・高断熱な住宅よりも、暑い夏を快適に過ごせる遮熱構造に特化した住宅が主流です。

主に窓に遮熱構造を取り入れたり、遮熱塗料を屋根や壁に塗っている住宅が多く、暑い夏場でも冷房の効きやすい涼しい空間を実現しています。

大阪府でローコスト住宅を建てるならおすすめのハウスメーカー・工務店ランキング12選

いくつかの大阪府のローコスト住宅メーカーと工務店を、解説付きのランキング形式でご紹介します。

建築費や坪単価の相場も一緒にご紹介しているので、具体的なイメージが掴みやすいですよ。

1.アーキホーム

建築費:約723万円〜 坪単価:約34万円〜

ローコスト住宅とは思えない圧倒的なデザイン力や、高い性能が特徴。

品質にしっかりこだわりたい方におすすめのメーカーです。

そんなアーキホームの最大の魅力は以下の3つ。

コンパクトでハイクオリティーなプランを展開

無駄のないキューブ型やシンプルな三角屋根など、コンパクトな外観デザインのプランが豊富です。

完全自由設計仕様なので、思い通りの住宅をハイクオリティーで実現します。

吹付断熱で暮らしいやすい空間を実現

しっかり断熱ができて環境にも優しい吹付断熱を採用。

防音効果にも優れているのでのびのびと音楽や映画を楽しむことができます。

狭い土地でも作れる開放的な間取り

広く見せ、広くられる間取りにこだわっているので、狭めの土地にコンパクトな住宅を建てる場合にも安心。

採光や風通しを確保する大きな窓は、開放感を取り入れつつ外部から見えにくいガラスでプライバシーも守ります。

https://homelife.jp

2.Vintage Homes

建築費:約1,506万円〜 坪単価:約50万円〜

3回にわたる無料相談でしっかりとプランニングを進められる安心のメーカーです。

立体パースや手書きパースを使った提案はデザインや雰囲気のイメージが掴みやすく、イメージの擦り合わせが効率的に行えます。

そんなVintage Homesの最大の魅力は以下の3つ。

ラフからラグジュアリーなテイストまで対応できるプラン展開

ラフでカジュアルなサーファースタイルから、おしゃれなフレンチスタイル、ラグジュアリーなインポートハウスのプランまで展開。

それぞれのコンセプトが明確なので、好みに合わせたプランをしっかり選ぶことができます。

耐震性に優れたツーバイフォー工法を採用

地震や台風に強い6面体ボックスで作られるツーバイフォー工法を採用しています。

外部からかかる力を面全体で分散し吸収するので、耐震性・耐久性が抜群です。

アフターメンテナンスも充実していて安心

住宅の引き渡し時から10年にわたる建物保証や地盤保証、無料点検とアフターメンテナンスが付帯しています。

不具合などがあった場合も修繕が行われるので末長く安心です。

https://www.vintage-homes.co.jp

3. キャンディハウス

建築費:約768万円〜 坪単価:約39万円〜

中古物件よりも安い超ローコスト住宅を実現しているメーカーです。

家賃程度の月々の支払いで、理想の新築を手に入れられます。

そんなキャンディハウスの最大の魅力は以下の3つ。

ファミリー向けの広い間取りのプランが充実

3人から6人家族が暮らしやすい、2LDK以上の住宅プランが充実しています。

複数の子供部屋や、ゆったりと一家団欒できる広めのリビングが設けられる間取りが豊富です。

スタイリッシュな標準設備を採用

標準設備もシステムキッチン・バス、追い焚き機能付きガス給湯器など、低価格でも嬉しい充実の内容。

その他のドアやフローリングなどもスタイリッシュなデザインで、内装にこだわりたい方も満足できます。

毎月の支払いを大幅に抑えられる

徹底的な打ち合わせによって、ローンに関する疑問や不安も解決。

月々4万円から7万円の家賃程度の支払いで、無理なく新築を購入できます。

https://www.ichibe.co.jp/candy-house/

4. ゼロホーム

建築費:約1,200万円〜 坪単価:約31万円〜

100年暮らせる家作りにこだわったメーカーです。

ローコストでも高品質で暮らしやすい住宅を実現します。

そんなゼロホームの最大の魅力は以下の3つ。

長期優良住宅にこだわった設計

100年安心して暮らせる住宅を実現するために、長期継続使用できる構造部分(スケルトン)と容易に交換できる構造以外の部分(インフィル)をしっかり区別したスケルトンインフィル工法を採用。さらにローコストでも嬉しい長期優良住宅仕様なので、高い耐震性・耐久性を誇ります。

豊富なメーカーから選べる標準設備

ローコスト住宅とは思えない、豊富なメーカーから選べる標準設備も大きな魅力。

システムキッチン・バス、洗面台などがTOTOやLIXILを始めとする4〜6つの優良メーカーから選べます。

充実した保証や定期点検

定期点検を伴う構造50年保証を設けており、引き渡し時より長期にわたって手厚いアフターサービスが継続。

さらにアフターサービス専門のカスタマー事業部があるので、不具合などのも迅速に対応できる体制を整えています。

https://zerohome.jp

5.  サンヨーホームズ

建築費:約1,650万円〜 坪単価:約40万円〜

環境に配慮した高性能な家作りにこだわっています。

住宅プランも快適で居住者の暮らしに合わせたものが豊富です。

そんなサンヨーホームズの最大の魅力は以下の3つ。

幅広いライフスタイルに合わせたプランを展開

子育てや家事のしやすい住宅や、ペットと暮らせる住宅、収納を重視した住宅など、全9種類のプランを展開しています。

各プランの間取りにはそれぞれのコンセプトに合わせたこだわりがあるので、自分の希望にそったものを選びやすいですよ。

和洋両方に対応できるデザイン

外観や内観のテイストは、シック、カジュアル、ジャパニーズモダン、モダン、ユーロ、トラディショナルの6種類がメイン。

どの種類もシンプルなので、和風と洋風どちらのインテリアにも対応可能です。

その他にも在宅勤務に合う間取りや、ゆとりや自然素材を楽しむことに特化した間取りなど、確立したコンセプトの住宅デザインも展開しています。

エコにこだわった省エネ設計を実現

エコで安全な住宅作りにこだわり、自然エネルギーを生かしたシステムや高断熱で空調が効きやすい構造などの省エネ設計を取り入れています。

特に太陽光発電システムは、サンヨーホームズ独自の高付加価値でリーズナブルな種類を扱っています。

https://www.sanyohomes.co.jp

6. アイ工務店

建築費:約1,350万円〜 坪単価:約45万円〜

自由設計で理想の暮らしを実現する家作りにこだわっています。

省エネで快適で安全設計、そんな理想の住宅もローコストで建てることが可能です。

そんなアイ工務店の最大の魅力は以下の3つ。

長期優良住宅仕様が基本なので安心

提供されているプランは最高ランクの耐力壁や強固な剛床構造や金物併用工法などを採用し、長期優良住宅仕様を基本としています。

ローコストでも安全性が抜群なので、長く暮らせる住宅にこだわる方も安心です。

プランが細分化されているので好みの住宅を見つけやすい

基本のプランは耐久性と自由設計にこだわったEesと、シンプルで経年変化の楽しめるWis、都市型3階建のAILITH、そしてコンパクトなPraieの4種類。

それぞれのプランは選択後にフロアの構造やテイストなどをさらに選べるように細分化しているため、細かい希望を叶えた好みの住宅が見つかります。

ローコストとは思えない高品質の設備

LIXILを始めとする一流メーカーの設備を標準設備として採用。

低価格でも暮らしやすさをしっかりサポートする家作りにこだわっています。

さらにエコキュートやIHなどを採用したオール電化仕様が選べるプランも展開しており、最新の設備にこだわる方も満足できますよ。

https://www.ai-koumuten.co.jp

7. イシンホーム

建築費:約1,050万円〜 坪単価:約35万円〜

資金計画を細かくサポートする安心の家作りを徹底。

ローコストでも充実した装備やデザインを楽しめる住宅を実現します。

そんなイシンホームの最大の魅力は以下の3つ。

様々なコンセプトのプランを展開

ウイルス対策にこだわったプランや防災にこだわったプラン、天然木を楽しめるプランなど全6種類のプランを展開しています。

それぞれのプランは各コンセプトに特化した住宅デザインや間取りの提案をしているので、好みの1軒を見つけられるはずです。

実質0円で設置できる太陽光発電

初期費用0円、標準装備として太陽光発電システムを搭載。

世界最高水準の太陽光発電パネルを実質0円で手に入れることができます。

ソーラーパネルによる収入は相場で月々2〜3万円程度になるので、自家発電以上の利益を得ることが可能です。

オプションが不要なほどの標準設備

世界最高クラスのエコアイ換気システムや全室LED照明やエコキュートなどの、省エネ設備が驚くほど充実。

低価格な上に光熱費まで抑えることができます。

https://www.ishinhome.co.jp/reason/05/

8. BE ALL

建築費:約1700万円〜 坪単価:約58万円〜

土地と資金と建物のトータルプロデュースにこだわったメーカーです。

ヒアリングを徹底して居住者それぞれの暮らしや好みに合った住宅を実現します。

そんなBE ALLの最大の魅力は以下の3つ。

土地と住宅をまとめて選べるプランを展開

土地と住宅の一体提案を行っており、土地から設計を練ることで具体的なイメージを掴みやすくしています。

さらに土地の購入から始まるサポートなので、資金計画も一緒に行うことが可能。

保証や点検が充実していて安心

最低10年、最高30円の保証期間が設けられているので、住宅完成後も安心。

第三者機関により無償点検も充実しているので、住宅の劣化状況なども細かくチェックできます。

耐久性と快適性に優れた工法を採用

耐震等級3、断熱等性等級4のなどの豊富な分野の最高等級をクリアした住宅にこだわっています。

工法も住宅の種類や予算に応じて、木造軸組構法を始めとする耐久性の高いものを提案。

低価格でも安心して暮らせる設計です。

https://www.beall-r.com

9. アーデンホーム

建築費:約1000万円〜 坪単価:約30万円〜

若い世代でも安心して建てられる住宅にこだわったメーカーです。

家賃以下のローンに抑え、誰でも手が届く新築プランを展開しています。

そんなアーデンホームの最大の魅力は以下の3つ。

レトロで可愛いデザインのプランが豊富

リゾートなテイストやアメリカンレトロなテイストなどを取り入れた、可愛らしいデザインプランが豊富です。

海外の邸宅を再現したようなデザインが多いので、おしゃれでラグジュアリーな住宅を好む方には特におすすめですよ。

シングルからファミリー向けの間取りを展開

コンパクトなコンテナハウスや平屋の間取りから、狭い土地にも広い居住空間を実現できる間取りまで豊富に展開。

夫婦2人暮らしや大家族まで、快適に暮らせる住宅が見つかります。

耐震性に優れたツーバイフォー工法を採用

6面体ボックス構造のツーバイフォー工法を採用することで、台風や地震の衝撃にも耐えられる強固な住宅を実現。

その他にも水分含有量の少ない乾燥剤や補強金具などを採用し、より耐久性に優れた住宅を追求します。

https://arden.co.jp

10. メープルホームズ

建築費:約1,950万円〜 坪単価:約50万円〜

海外の美しく華やかなデザインを取り入れた住宅を展開。

海外の邸宅のようなマイホームを購入したい方におすすめのメーカーです。

そんなメープルホームズの最大の魅力は以下の3つ。

海外テイストのロマンチックなデザイン

デザインは自由設計から、ニューヨークスタイルやフレンチスタイルや北欧スタイルを始めとする豊富な種類を展開しています。

幅広い種類を有していますが、それぞれが分かりやすくデザイン性に優れたコンセプトを持っているので設計時には選ぶ楽しみが増えますよ。

自然素材をメインに使用

無垢材や漆喰や良質な粘土など、上質で長持ちする自然素材をメインにした家作りを行います。

経年変化が楽しめる、細部の素材にまでこだわった住宅を実現します。

また、無垢材は高品質で環境に優しいカナダ産。

長期的に暮らせる家とエコな家の両立を目指します。

耐久性に優れた住宅

耐久性に優れたツーバイフォー工法を採用しており、地震や台風に強い住宅を実現。

さらに太い柱や梁を組み上げるティンバーフレーム工法も併用し、自然災害に負けない構造になっています。

https://www.maplehomes.co.jp

11. フェニックスホーム

建築費:約1,580万円〜 坪単価:約53万円〜

自由設計が基本なので、細かな打ち合わせで理想の住宅プランを作成。

ニーズや理想をしっかり反映した住宅を実現します。

そんなフェニックスホームの最大の魅力は以下の3つ。

木材を存分に活かしたプランが豊富

選べる基本プランはフィンランド風ログハウスや、自然素材の性能を活かした住宅、無垢材を使用したスカンジナビアンスタイルの3種類。

木による自然な心地良さや性能を豊富に取り入れた住宅を実現しています。

分かりやすい基本価格と自由設計

基本プランを選択した後は、理想の間取りや内装を実現できる嬉しい自由設計。

家を建てたい土地のサイズや形状、予算に合わせてプランニングを進めていきます。

さらに価格は㎡ごとに設定された分かりやすい設定。

予算のイメージが掴みやすいですよ。

充実したアフターサービス

住宅保証や地盤保証が付帯しているので、住宅建築後も末長く安心です。

点検やメンテナンスなども無料で実施しており、快適な生活をサポートします。

https://www.kinoie.co.jp

12. 株式会社すずらん工務店

建築費:約1,300万円〜 坪単価:約32万円〜

ローンや土地探しから徹底的にサポート。

居住者のライフスタイルや予算に合わせた住宅を安心して建築できる体制を整えます。

そんな株式会社すずらん工務店の最大の魅力は以下の3つ。

追加や変更などに柔軟に対応するプランを展開

洋風なデザインに特化したプランや、最新設備や耐久性に特化したプランなど豊富な基本プランを展開。

どのプランも好みに合わせたデザインや間取りの追加・変更に柔軟に対応します。

最新の標準設備を採用

最新のシステムキッチンやユニットバス、無垢製のフローリングやドアなど、ハイクオリティーな標準設備を採用。

ローコストでも暮らしやすい設備が揃っており、デザイン性も暮らしやすさもサポートします。

外装や内装のカスタマイズも細かく行える

基本プランの選択では、各プランが展開する細かいコーディネートが楽しめます。

外装や窓や屋根などの色や質感を豊富なラインナップから選び、自分だけのデザインに住宅をカスタマイズできますよ。

https://www.lilys-home.net

LIFULL HOME’Sでカタログ一括請求をしてみる【無料】⇒

うちハピ注文住宅でカタログ一括請求してみる【無料】⇒

大阪府で平屋が人気のローコスト住宅メーカー・工務店3選

平屋の建築に特化したローコスト住宅メーカーと工務店を、いくつかランキング形式でご紹介。

大阪府で平屋の家を建てようと考えている方は、是非チェックしてみてください。

1.アドヴァンスアーキテクツ株式会社

建築費:約1,200万円〜 坪単価:約48万円〜

快適で暮らしやすく好みのデザインの家を、建築家と一緒にプランニング。

自分にぴったりのオンリーワンな住宅を実現します。

そんなアドヴァンスアーキテクツ株式会社の最大の魅力は以下の3つ。

自由度の高いカスタムオーダーのプランを展開

1,000万円代から建てられるカスタムオーダーの住宅や、セミオーダーの住宅プランを展開。

低価格でも自由度の高く、デザイン性に優れた平屋を実現します。

価格設定が分かりやすく新築のイメージを掴みやすい

それぞれのプランはカスタムオーダー、セミオーダー、フルオーダーに分かれており、それぞれの坪単価が明瞭。

具体的な予算が分かりやすいので、好みの間取りやデザインと予算の擦り合わせが簡単に行えます。

高級感のある標準設備やデザインを採用

基本構造や設備は、シンプルでスタイリッシュ。

暮らしやすさと飽きのこない洗練された美しさが楽しめるデザインを両立しています。

特に標準設備はメーカーとコラボしたオリジナルテイストのものも扱っており、住宅デザインとの相性も抜群です。

https://www.advance-architect.co.jp

2.泉州ホーム株式会社

建築費:約1,590万円〜 坪単価:約53万円〜

洗練された住宅デザインと、暮らしやすさに特化した標準設備が揃った住宅を実現。

理想を取り入れたとっておきの平屋を建てられます。

そんな泉州ホーム株式会社の最大の魅力は以下の3つ。

シンプルでデザイン性の高い平屋プランを展開

無駄な装飾を削ぎ落とした、モダンでシンプルなデザインが特徴。

平屋でしか楽しめない開放的なデザインや暮らしやすさに特化しています。

また高級感のあるプランとカジュアルなプランが展開されているので、好みのテイストに合わせて選ぶことも可能です。

庭やテラスを取り入れた開放的な間取り

平屋ならではの大開口の窓や、庭に続く広々としたテラスなどを採用。

開放的で明るい居住空間を実現しています。

コンパクトでも広く感じられると贅沢な間取りです。

体に優しい木材や断熱材を使用

柱には最高級国産の無垢の檜を使用し、断熱材には植物由来のセルロース繊維を使用。

有害物質を抑えた体に優しい家作りにこだわっています。

https://sensyuhome.co.jp

3. エイワングループ

建築費:約1,000万円〜 坪単価:約40万円〜

無垢材を使用したログハウス風の平屋に特化したメーカーです。

無駄がなくコンパクトな平屋ならではのデザインと、ローコストを実現しています。

そんなエイワングループの最大の魅力は以下の3つ。

無垢材を使用した平屋を低価格で実現

内装には天然無垢材をふんだんに使用するので、夏はさらっと涼しく冬は保温で暖かい環境を実現。

体にも心にも優しいナチュラルなテイストに囲まれれば、まるで家にいながら森林浴をしているかのよう。

開放感と明るさが魅力的な間取りを展開

平屋ならではの開放的で明るい間取りを展開し、快適な暮らしを提案。

採光や風の通りを考慮しているので、四季の移り変わりや自然を室内で心地良く感じることができます。

軽量の屋根と耐震性に強い構造を採用

一般的な瓦の9分の1程度の重量のガルバリウム鋼板の屋根を採用し、地震の衝撃を小さく抑えます。

さらに構造には軸組金物や剛床などを採用し、耐震性をより強固に。建築基準法で定められた耐震性以上の強さを誇ります。

https://www.a-1group.net

ローコスト住宅はこんな人におすすめ!

ローコスト住宅には、低価格を実現するための工夫が盛り沢山。

加えて工夫によるメリットもたくさんあるので、一定の条件を望む方には最適な物件でもあります。

ローコスト住宅のメリット3つ

ローコスト住宅は、一般の注文住宅では難しい希望も実現することが可能。

低価格でも大きなメリットをたくさん持っています。

今回は特に注目すべき3つのメリットをご紹介。

安定した品質

ローコスト住宅の建築資材は、主にメーカーが大量に仕入れた木材を同一の工場で加工しています。

工場で同じ種類の資材を大量に作成するため、資材1つ1つの品質が安定。職人や大工も扱いやすいので、住宅の品質安定にも繋がります。

「安価な資材は質が悪い」と思う方も一定数いますが、木材は大量仕入れによってコストを抑えているので品質が低いわけではありません。

資材コストの削減体勢を知ると、見解も変わるはずですよ。

オプションでカスタマイズが楽しめる

ローコスト住宅は、基本の価格にオプションを加えることでアレンジが可能。

本体価格が安い分、予算に余裕ができた場合は追加料金で内装や設備を自由に変えられます。

具体的には標準設備をグレードアップしたり、壁や天井のデザインを自由に考案できますよ。

元の設計がシンプルな分、オリジナリティのあるアレンジを楽しめるでしょう。

建て替えが簡単

「早く建てたいけど予算が少ない」という場合にも、ローコスト住宅ならまずは新築を建てることが可能。

後々貯金ができてから、グレードアップしていくという選択ができるのが嬉しいポイントです。

ローコスト住宅は、標準設備を低いグレードで設定してコストを抑えるのが主流。

高価で複雑な造りになっていない分、簡単にカスタマイズが可能なのです。

ローコスト住宅がおすすめな人

低グレードの設備や規格化された間取りの採用で、経費をカットするのがローコスト住宅の特徴。

建築費を抑えられた分でこだわりの部分にお金をかけたい方や、ミニマムな設計や内装を好む方におすすめですよ。

特に以下の方が該当します。

  • 設備にこだわりのない方
  • 無駄のない外装や間取りを好む方
  • こだわりの部分が決まっている方

シンプルで1室の面積が広めの間取りは、様々なレイアウトが楽しむことが可能。

好んでローコスト住宅を選ぶ方も増加傾向にあります。

特にハイスペックな設備を求めていない方は、最低限の設備を採用することでより予算を抑えられます。

建築費を抑えれば、こだわりの家具やインテリアにお金をかけて理想の部屋作りも楽しめますよ。

LIFULL HOME’Sでカタログ一括請求をしてみる【無料】⇒

うちハピ注文住宅でカタログ一括請求してみる【無料】⇒

ローコスト住宅で失敗しないために必ずココに注意!

ローコスト住宅は安価な分、契約をよく確認したり交渉しないと通らない希望もあります。

新居に希望を正確に反映させるには、契約前に下調べが必要です。

全てコミコミでいくらかを確認する

ローコスト住宅メーカーのサイトには、本体価格のみや架空の土地に合わせた格安のプランを掲示されていることがあります。

実際の価格は、必ず見積もりやプランニングを進めなければ分かりません。

本体価格に目を引かれて契約しても、施工費や諸経費を含めると最終的な価格が提示価格よりも高くなるのは当然。

まずは自分の要望を反映させた時の最終的な価格を見積もり、コミコミの概算を確認してみましょう。

特に気になった住宅メーカーには、細かいプランニングを進めてもらうのがおすすめです。

アフターサービスの内容を確認する

アフターサービスは、住宅メーカーごとにプラン展開されているもの。

保証は何年続くのか、ホットラインや定期的なメンテナンスはあるのかなどを事前に確認しておくと安心ですよ。

ローコスト住宅メーカーの保証期間は、20年から30年が一般的。

シロアリや防水の定期点検や、トラブル時の臨時工事に対応しているメーカーも豊富にあります。

アフターサービスやメンテナンスが充実しているほど、家が完成した後も安心。

なるべくサービスが豊富で細かいメーカーを選ぶのがおすすめですよ。

担当者とのコミュニケーションは密に

担当者とのコミュニケーションを密にとることで、細かい要望もしっかり伝えることが可能。

建築期間中に生じた要望や疑問も、現場や担当者に伝えられる環境が重要になってきます。

逆に最初の打ち合わせや連絡を疎かにしてしまうと、現場への確認漏れやミスが多くなる恐れも。

適度な連絡を心がけ、細やかな意思疎通を意識してみてください。

また、現場を定期的に訪ねて職人や大工と直接コミュニケーションを取るのもおすすめです。

最終確認ができる上に、現場に緊張感や一体感を与えられますよ。

まとめ

今回は大阪府の風土に対応できる、ハウスメーカーや工務店をご紹介しました。

どのメーカーや工務店もこだわりの資材や工法を採用することで、台風や地震に強く、暑い夏を快適に過ごせる大阪府向きの住宅を実現しています。

また地域密着型のメーカーや工務店も多いので、大阪府の土地探しから始めるという方も安心。

土地代もプランによっては安価になるため、余裕を持って新築を検討できます。

今から大阪府にローコスト住宅を建てようと考えている方は、是非本記事のメーカーと工務店のランキングや選び方のポイントなどを参考にしてみてください。

少ない予算でもきっと理想の新築を建てられるはずです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

\大切な家づくりで後悔しない為に!/