オープンハウス・アーキテクトで家を建てた人の本音の評判・口コミを暴露!坪単価や特徴・注意点まで分かる完全ガイド

<記事の情報は、2022年1月1日時点のものです>

関東、特に都心部で人気があり、東海・九州まで展開しているオープンハウス・アーキテクト。

コストパフォーマンスに優れており、対応も早く顧客満足度も高い住宅メーカーです。

対応エリアではCMも目にすることができるので「マイホームならオープンハウス・アーキテクト」と検討している人もいるでしょう。

この記事では、オープンハウス・アーキテクトの住宅の特徴や費用など、注文前に抑えておきたいポイントをご紹介します。

オープンハウス・アーキテクトで注文住宅を購入する際の参考にしてみてください。

ここで本題に入る前に、注文住宅を検討しているあなたに一番重要なことをお伝えします。

それは、「マイホーム(注文住宅)を建てるとき、住宅メーカー選びを失敗するとすべて台無しになりかねない」ということです。

なぜなら、それぞれのハウスメーカーによって、特徴や特色、坪単価や実現可能な間取りなどが大きく異なるから。

例えば以下の例を見てみましょう。

  • A社は坪単価も安く、格安で建設が可能。しかし理想的な間取りや高性能な設備を盛り込んだ結果、大きく予算オーバー。住宅ローンの返済もあっぷあっぷに。
  • B社は坪単価や標準設備こそ高いものの、性能はよく、間取りも理想的。結果的に予算内で理想的なマイホームが完成。

つまり、住宅メーカー選びを間違えると、今後の生活にも大きな影響が出てきてしまうのです。

そうならないためにとても重要になってくるのが、多くの住宅メーカーをしっかりと比較検討すること

一番最初の住宅メーカー選びがすべてのカギを握っているんです。

しかし、「いちいち1社1社から情報をもらってくるのは手間がかかるし面倒…」と思ってしまう人も中には多いのではないでしょうか?

そこでぜひ活用してほしいサービスをご紹介します。

それが、住宅メーカーのカタログを一括で取り寄せることができる、カタログ一括請求サービス

特におすすめなのが、東証一部上場企業のリクルートが運営する「SUUMO」のカタログ一括請求サービスです。マイホームをお考えのエリア(都道府県・市区町村など)を入力するだけで、そのエリアでおすすめの住宅メーカーを一瞬でピックアップしてくれます。

このサービスは無料で利用できますし、また1分ほどあれば、数十社の住宅メーカーカタログを取り寄せることができるので便利ですよ。

SUUMOの他にも、同じく東証一部企業のLIFULL HOME’Sが注文住宅のカタログ一括請求サービスを提供しています。

↓ 【おすすめ】カタログ一括請求のSUUMO ↓

一生に一度のマイホーム購入。

失敗して後悔するようなことがないよう、住宅メーカーの比較検討は慎重に行ってみてくださいね!

【注意】カタログを一括請求する際、「大手」「中小」といった会社の規模はや知名度は意識せず、気になる会社はすべてチェックすることをおすすめします!

【当サイトおすすめ】SUUMOでカタログ一括請求してみる【無料】⇒

LIFULL HOME’Sでカタログ一括請求してみる【無料】⇒

それではここから本文に入っていきますよ!

もくじ

オープンハウス・アーキテクトで建てられる家はどんな家?特徴4つを紹介

都心部に住宅を希望する人に人気のオープンハウス・アーキテクトですが、他の住宅メーカーとは何が違うのか?その特徴について解説します。

  1. 高品質な住宅がリーズナブルな価格
  2. 充実した機能を持った住宅
  3. 都心の土地情報収集に優れている
  4. スペースを活かした住宅作り

高品質な住宅がリーズナブルな価格

オープンハウス・アーキテクトは、フルオーダーで自分が住みたい家を0から作り上げます。

自分達が住みたい家を自由に設計できるので、担当者と相談しながらクオリティの高いマイホームを実現させられます。

自由な分、デザインなどをしっかりイメージしておかないと大変ですが満足度も高い家をつくることができるでしょう。

充実した機能を持った住宅

オープンハウス・アーキテクトでは、独自の断熱パネル組み合わせた「木造軸組パネル工法」やボルトレスの「ピン工法」を採用し、高い性能技術に工期の短縮を実現しています。

都心部に心配な「耐震性」も備えており、断熱性能の高い住宅で冬は暖かく夏は快適に過ごせます。

都心の土地情報収集に優れている

オープンハウス・アーキテクトは、都心部をメインに不動産売買を行っています。

そのために、オープンハウス・アーキテクトでのみ扱う物件なども多いのも特徴です。

広く高額な土地を分け売りすることで、土地の値段を抑えリーズナブルな価格での注目住宅を提供しています。

オープンハウス・アーキテクトが提供している住宅や土地の多くは、狭小地ですので「広い家よりも住みやすさ」などで住宅を検討している人にぴったりです。

スペースを活かした住宅作り

オープンハウス・アーキテクトは、都心部での狭小土地を得意とした住宅メーカーです。

ほとんどが、狭小住宅の提供ですので、いかに住みやすく満足してもらえるかを考えた設計力・デザイン力のノウハウを持っています。

特に3階建て住宅を得意としており、狭い面積を有効に使った家づくりを提供します。

オープンハウス・アーキテクトで実際に家を建てた人の評判・口コミ

オープンハウス・アーキテクトはコンパクトながら、住みやすい住宅を提供するメーカーであることが分かりました。

では、実際に住宅を注文した人の満足度はどうなのでしょうか?口コミを紹介します。

オープンハウス・アーキテクトの悪い評判・口コミ

予算もありましたし、贅沢はいえないかなとオープンハウス・アーキテクトに決めました。よく言えばシンプルですが、おしゃれ…とは言えません。友人を招いてホームパーティーとかも無理ですし、オプションをつけると高額に…。妥協したくないなら、他の住宅メーカーをおすすめします。

住宅のグレードは正直いって低いです。まあ、都心部にどうしても、戸建てが欲しいなら、妥協するしかないのですが。見た目もチープなので、あまり期待はしない方がいいですよ。

他のハウスメーカーと比較すると、「豪華さがない」「シンプルすぎる」などの声がありました。やはり、都心部で価格を抑えた住宅となると、ある程度の妥協は必要なのでしょう。

オープンハウス・アーキテクトの良い評判・口コミ

「どうしても都心部で一軒家が欲しかったので、オープンハウス・アーキテクトに決めました。セミオーダーシステムなので、どんな住宅ができるのか分かりやすかったのも良かったです。耐震に不安もありましたが、地盤調査もしっかりされていますし地震に強い施行がされているので安心できました。シンプルですが、縦に住宅を作ることができますし不便は感じません。」

「都心で平屋なんて贅沢は無理なので、狭小地で住みやすい家をと考えて決めました。アクセスもいい場所でしたし、オープンハウスですが満足できる内容です。日当たりのよい3階は子供部屋にしましたが、すごく好評です。事前に、建築事例を見せてくれるので内装のイメージもしやすかったのも良かったです。」

「憧れのマイハウスを都心で持てるのですから、そこまでクオリティは求めていませんでした。ですが、親子で住むにはもったいないくらいしっかりしていますよ。チープだという人もいますが、現代で戸建てってかなり贅沢ですし通勤しやすい場所なので、ストレスもなくなり快適です。なにより営業の手厚いサポートに満足しています。」

「ローコストで自分の家が持てるなんて思いませんでした。妻からも「そこまで贅沢しまくていい」とアドバイスされオープンハウス・アーキテクトに決めました。外観はチープと言う人もいますが、十分すぎるくらいですよ、この価格で都心は!住み心地とコスパのバランスも良いですし、まったく問題ありません。」

「オンラインで住宅のイメージを話し合いました。建築事例なども見せていただけるので、納得いく家を作ることができました。勾配天井でリビングが2階にあるので、カフェな雰囲気で気に入っています。自由なデザインでも、セミオーダーでもクオリティは変わらず、素晴らしいです!」

価格が安いことで、他の住宅と比較する口コミもありましたが、良い口コミでは営業の対応に高い満足度を感じているようです。建築事例からイメージを作りやすい、解放感がある、通勤や通学に便利など、利便性を重視した人が多いようです。

資料請求もできますし、気になる人は気軽に展示場に足を運ぶといいでしょう。

【当サイトおすすめ】SUUMOでカタログ一括請求してみる【無料】⇒

LIFULL HOME’Sでカタログ一括請求してみる【無料】⇒

オープンハウス・アーキテクトで住宅を建てるのがおすすめな人の5つの特徴

  1. コストパフォーマンスに優れた家を建てたい
  2. 都心部に家を持ちたい
  3. 短い工期で高品質な家を建てたい
  4. 建売住宅か注文住宅か迷っている
  5. オリジナルプランで0から家を作りたい

コストパフォーマンスとクオリティのバランスがよく、自由設計できるのが一番の魅力のオープンハウス・アーキテクト。

都心部でマイホームが欲しいのであれば、迷わずオープンハウス・アーキテクトをおすすめします。

また、オリジナルプランで高品質な家が短期間で建てられるのもオープンハウス・アーキテクトの魅力です。

オープンハウス・アーキテクトで注文住宅を建てる時に注意したいポイント3選

コストと満足度の高いオープンハウス・アーキテクトですが、注文住宅を建てる時には、注意すべきポイントがあります。

それでは、注意したい3つのポイントを見ていきましょう。

  1. 自由設計なので自分達で考えることが多い
  2. 耐震性は自分で考える必要がある
  3. 料金体系がわかりにくい

自由設計なので自分達で考えることが多い

元々は「アサカワホーム」という会社だったオープンハウス・アーキテクトは、注文住宅など建築請負がメインの会社です。

住宅はすべて自由設計ですので、自分達の好みの内装や間取りにできますが、素人が0から間取りを考えるのは中々大変です。

ただ、最初からイメージ作りができている・参考になる住宅を見てすぐに図面に反映できるのであれば、施行も早くなるのでおすすめします。

耐震性は自分で考える必要がある

自由設計のために、耐震性や住宅の品質は自分達で考えて選ばなくてはいけません。

施行方法は、木造軸組工法・耐力面材を使用したパネル工法、ベタ基礎から選べますので品質が劣る心配はありません。

土地の広さや間取りを考えながら耐震性を考えた設計を考えますが、耐震等級アップすると予算をオーバーする可能性もありますので、事前に担当者としっかり話しあっておきましょう。

料金体系がわかりにくい

オープンハウス・アーキテクトは自由設計のために、ある程度の設計図を引かないと予算内に収まるのか分からない一面があります。

土地代は安くなっても、建築費用で予算オーバーすることもあるので注意しましょう。

ある程度、設計計画をしてから引き算での建築となりますので、設計段階に時間がかかります。

【当サイトおすすめ】SUUMOでカタログ一括請求してみる【無料】⇒

LIFULL HOME’Sでカタログ一括請求してみる【無料】⇒

オープンハウス・アーキテクトで家を建てる際にかかる費用・坪単価

オープンハウス・アーキテクトは自由設計のために、坪単価の定義が曖昧です。

ただ、実際にオープンハウス・アーキテクトで注文住宅を建てた人の口コミから計算すると坪単価60万が平均です。

オプションや耐震性を含む価格なので、一般的に考えても30~60万と考えていいでしょう。

MEMO

ちなみに坪単価の計算方法は、

建物の本体価格÷延床面積

です。

ただし、各住宅メーカーによって計算方法が異なることが言われています。

またほとんどの場合、外交工事やクーラー設置費用などの追加費用が含まれません。

事前に契約する住宅メーカーに問い合わせるようにしてくださいね。

建築デザインはあらかじめ担当者と連絡を

オープンハウス・アーキテクトでは、イメージするデザインを外部の建築家に依頼します。

そのために、自分が伝えたイメージ通りにならない可能性もあります。

設計図を細かくチェックするか、自分のテイストにマッチした建築家を最初に紹介してもらうなどしたほうがいいでしょう。

オープンハウス・アーキテクトの商品ラインナップを特徴別に紹介

デザイン名称 特徴 坪単価
リベックス ローコストの内断熱の住宅 30万~
リべネル 標準的な内断熱の住宅 35万~

オープンハウス・アーキテクトは自由設計で建築しますので、坪単価をメインに2つのプランが用意されています。

リべネルは、オープンハウス・アーキテクトの標準的な建築住宅で、次世代エネルギー対応住宅です。

リベックスはリべネルとは、構造上に仕様の差はありませんが太陽光システムを使わずにコストを抑えた住宅を作れます。

【当サイトおすすめ】SUUMOでカタログ一括請求してみる【無料】⇒

LIFULL HOME’Sでカタログ一括請求してみる【無料】⇒

オープンハウス・アーキテクトで注文住宅を建てる際の流れ

基本の流れは、以下の順に進みます。

STEP.1
相談
STEP.2
土地探し
STEP.3
見積もりから資金計画
STEP.4
契約から施工

相談

オープンハウス・アーキテクトは自由設計が基本ですの、予算に応じた住宅の設計図などを見ながら相談に乗ってくれます。

土地探し

実際に住宅を建てる現場の周囲環境などを調査し、希望する住宅が建築できるのかの情報を収集します。

見積もりから資金計画

土地情報を基礎にして、どのような住まいにしたいのかを具体的に考えてみます。

どんな建築デザイナーに頼むかなども話し合い、見積りを出してくれます。

契約から施工

見積りに問題がない、満足できたのであれば契約成立、施工の準備にかかります。

契約から施行まで、担当者が変わることなく責任をもって準備しますので、疑問点や気になることはどんどん質問しましょう。

オープンハウス・アーキテクトの全国のモデルハウス・住宅展示場情報

東京都 練馬展示場、三鷹展示場、立川展示場
神奈川県 プラザ横浜展示場、藤沢展示場、相模原展示場
千葉県、埼玉県 幕張展示場、所沢展示場

オープンハウス・アーキテクトの会社情報

オープンハウス・アーキテクトの会社概要

会社名 株式会社オープンハウス・アーキテクト
本社 東京都立川市曙町1-22-17
問い合わせ先 042-548-9009(代表)
店舗数 全国12店舗
展示場 8ヶ所
公式サイト https://oha.openhouse-group.com/
主な事業内容 建築工事業
宅地建物取引業 国土交通大臣
許可(般-30) 第20358号宅地建物取引業 建設業大臣許可番号 [国土交通大臣(特-2)第21505号] 宅地建物取引業番号 [国土交通大臣(3)第7376号] 一級建築士事務所登録 [東京都知事登録 第49957号]

オープンハウス・アーキテクトの施工場所

関東 東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県
中部 静岡県、愛知県
九州 福岡県

【当サイトおすすめ】SUUMOでカタログ一括請求してみる【無料】⇒

LIFULL HOME’Sでカタログ一括請求してみる【無料】⇒

まとめ

オープンハウス・アーキテクトの評判・口コミ、住宅の特徴などをご紹介しました。

自由設計の住宅がリーズナブルな価格で実現するオープンハウス・アーキテクトは都心部に家を持ちたいのであればおすすめのハウスメーカーです。

図面検索システム「PLAN+」では、3万通り以上の建築事例から間取りについて考えることができますので、自由設計に不安があっても安心です

また、24時間365日住宅相談を受け付けていますので、気になることは即解決できるのも強みです。

オープンハウス・アーキテクトの注文住宅なら、かならずや満足度が高い住宅を完成させられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

\大切な家づくりで後悔しない為に!/