日本住建で家を建てた人の本音の評判・口コミを暴露!坪単価や特徴・注意点まで分かる完全ガイド

愛知県で有名な日本住建はどんな住宅メーカー?と気になったことはありませんか?

いい評判をよく聞くけど実際のところはどうなのだろう。

どんな家を建ててくれるのだろう。

と気になっている人に向けて、特徴や口コミをまとめました。

ここで1つ、本題に入る前に質問です。

「あなたは今、注文住宅の依頼にあたって何社のハウスメーカーを調べていますか?」

もしかして、はじめから1社のみに絞ってしまってはいませんか?

実は、注文住宅を建てる上で最も重要なのは「住宅メーカー選び」です。

住宅メーカーなんてどこも一緒、と思っている人は注意が必要です。なぜなら注文住宅においては「住宅メーカー選び」が命と言っても過言ではないからです。

日本全国には知名度の高い「ハウスメーカー」はもちろん、地域に根付き低価格で住宅を提供する「工務店」、自由度が高い「設計事務所」など様々な住宅メーカーが存在します。

十分な比較をせずに依頼するハウスメーカーを決めてしまうと、「予想よりお金がかかった・・。もっといいハウスメーカーに頼めばよかった・・」と、一生後悔することになりかねません。

そうならないためにぜひ活用して欲しいのが、東証一部上場企業の「LIFULL」と、うちハピが運営する「うちハピ注文住宅」のカタログ一括請求サービスです。

↓ ハウスメーカーの一括請求はLIFULL ↓

↓ 工務店のカタログ一括請求はうちハピ ↓

このカタログ一括請求サービスを利用すれば、「エリア」と「こだわり条件」を入力するだけで、条件にマッチするハウスメーカーや工務店のカタログを一括で取り寄せることができます。

圧倒的に時間も節約でき、そして簡単にメーカーの比較が可能になりますね。

また、この一括サービスは無料で利用できますよ!

LIFULLは『ハウスメーカー』が中心、うちハピ注文住宅は『工務店』を中心にカタログを取り寄せられるので、どちらも利用することで理想に近い住宅メーカーに出会える可能性が高まりますよ。

また、カタログを請求の際は、有名かどうかで判断せず、条件に合うメーカーのカタログを一応全て取り寄せることを意識しましょう。

全く知らなかった会社の中に、あなたの希望を実現してくれる会社があるということも珍しくありません。

お金や時間をかけずに、カタログ一括請求サービスで様々なハウスメーカーを比較してみてくださいね!

LIFULL HOME’Sでカタログ一括請求をしてみる【無料】⇒

うちハピ注文住宅でカタログ一括請求してみる【無料】⇒

それではいよいよ本文に入っていきましょう。

日本住建で建てられる家はどんな家?特徴3つを紹介

日本住建の家は、一言で言うと基礎がしっかりしている家です。

丈夫で長持ちする住み心地のいい空間を作ってくれるのですが、詳しく3つの特徴を解説します。

地震や台風に強い家

柱と梁の継ぎ目をストローグと呼ばれる工法で繋いでいます。

ストローグのメリット

  • 震災時に断面欠損しにくいため倒壊しにくい
  • 継ぎ目が見えないので見た目がいい
  • 金属が剥き出しになっていないので結露しにくい(カビも発生しにくい)
  • 火災時に崩落しにくい

耐震だけでなく、制震という考え方から生まれた「MIRAIE(ミライエ)という制震ユニットを採用しています。

MIRAIEの特徴

  • 耐減衰ゴムで90年メンテナンスフリー
  • 繰り返し起こる余震にも対応
  • 基礎から緊結しているので抜ける心配がない

せっかくの制震材もいざというときに劣化していたら意味がありませんが、MIRAIEは90年メンテナンスフリーで余震にも対応しているため安心です。

強度・耐久性能に優れた家

地震や台風の揺れを受け流す強い骨格と面材の「モノコック工法」を採用。

面材にはロックウールと火山性ガラス質材料でできている「ダイライト」を採用。

木質系ではなく無機質系を採用しているので、「水分を含みにくい」「シロアリに強い」「防火性が高い」などの嬉しい特徴があります。

完全注文住宅なので一軒ずつ強度がちがう、という考え方から、建設した全ての家を構造計算しています。

素材や安全性にこだわった断熱材

断熱材は暖かければいいわけではありません。

断熱材が原因でシックハウス症候群になってしまう事例も少なくはありません。

そのため断熱材の素材は重要です。

日本住建の採用している断熱材は「パーフェクトバリア」「セルロースファイバー」の2種類です。

両方とも安全性・透湿性・耐久性・吸音性などが、広く使用されているグラスウールに比べて優れています。

ホルムアルデヒドも検出されず、火災の際にも有毒ガスが発生しません。

またセルロースファイバーは調湿性に優れていて結露・カビ・ダニの発生を抑えます。

日本住建で実際に家を建てた人の評判・口コミ

続いて日本住建で家を建てた人の口コミをご紹介します。

日本住建の悪い評判・口コミ

営業担当と現場監督が意思疎通できていないことがある
頼んだことや質問したことが忘れられることが増えたきた。
完成予定まで2,3ヶ月の間、天候やトラブルで遅れたりするかもしれない。
2,3ヶ月できちんと建つのかが心配です。

営業と現場の意志疎通が出来ていない部分があるので、自分でしっかり工程管理出来る人の方がストレスは感じないと思います。
忙しいのもあるのか、建てている途中に営業と現場監督の息があっていない、という口コミがちらほらみられました。
その一方で「親切だった」「安心して任せられた」という声も多かったので、毎回コミュニケーション不足になる訳ではないようです。

建て売りを購入。
家自体はまあまあ、室内のコーキングなど、細かいところの雑さが目につきます。
メンテナンスで直してくれますが、時間がかかりました
建売での悪い口コミが見られました。
たまたまかもしれませんが注文住宅が得意なのかな、という印象です。

日本住建の良い評判・口コミ

公式ページ外でも長文でいい口コミをする人がたくさんいました。

親身になってれた、日本住建にしてよかった、と実際に建てた人からの満足の声が多かったです。

わやま
@wyrm1979
·
2011年8月8日
返信先:
@isoviso
さん
@isoviso
地元の名が通る中堅メーカーは昔からその地元での信頼を得て運営しているし、作る人達への大手の中抜きも少ないでしょうから、その点は割と安心かと思いますw 西三河であれば日本住建というところが個人的に好きではあるんですが…尾張のメーカーはあんまり知らなくてすみません。
https://twitter.com/wyrm1979/status/100523791716855808?s=20

住宅メーカーに詳しくない人からも地元の人から信頼のあるメーカーとして認識されるほどのようです。

日本住建は、まず「どうしたい?」と聞いてくれるんですよね。
それを聞いたうえで、予算に収めてくれる感じ。
どうしたい?スタイルは?って聞いてくれて、それから提案をしてくれますよね。
ほんとになんでも聞いてくれる。時間がかかっても、好きな家を一緒に作ってくれるところが、日本住建ですよね。
大工さんも日本住建が信頼した方だし、監督さんの持ってる「引き出し」は半端なかったです。
公式ページお客様の声より

家を建てるのに専門的な知識を持っていなくてもイメージやスタイルや一般の客として素人が相談しても理想に近いものを提案してくれるのが評判に繋がっているようです。

イメージを形にするための引き出しの多さも評判の良さの要因です。

他社は営業さんと打ち合わせする感じですが、日本住建は現場監督さんと打ち合わせし、
予算も含め加減しながら進めていける、自由にやれるところが違うと思います。
そして、プロの視点で、変なことは変だと言ってくれます。
公式ページお客様の声より

打ち合わせに現場監督さんが入ってくれるのはレアですね。

営業担当だけでは分からない技術面を現場監督がわかりやすく説明してくれれば話が早いですし、後から「できません」と食い違ってくることもありません。

変なことは変と言ってくれるのは後々を考えるとありがたいですね。

リビングがとても気に入っています。
リビングとウッドデッキの天井を同じにしたので、ウッドデッキがリビングの延長のように感じられます。
リビングに続くステップフロアの書斎スペースも気に入ってます。
同じ場所にいて、家族それぞれが思い思いのことをできるスペースだから気に入っています。
それにキッチンの天井まで届く棚はとっても便利です。
また、庭の方から見たとき、リビングの明かりが漏れるようにしたかったんです。
だから、雨戸もなし、垣根もなしです。
今はまだ背が低いですが、木が茂ってきたら夏の木漏れ日が楽しみです。
もう一つ、現場監督さんがアイディアですが、今回取り壊した親の家にあった障子や上がり框を使った玄関の格子が気に入っています。
公式ページお客様の声より

家族が長い時間を過ごす空間を気に入ったものにできれば、幸せな時間が過ごせますよね。

家でくつろぐたびにお気にいりポイントを眺めるのは至福の時間になるでしょう。

親の家にあったものを新しい家に取り入れるアイデアは粋そのものですね。

打ち合わせに行くのが楽しかったです。
決めるのは大変だったけど、営業さん、監督さん、設計さんが3人で、自分の家のことのように盛り上がってるのを見て、
3人が私たち以上に楽しんでる感じがして、ほんとに楽しかったです。
契約したら、その時点で決まってることで家づくりを進めるものと思ってたので、
契約にためらうところもあったんですよ。
でも、契約後も変えてもいいよと言われて、ちょっとびっくり。
でもほんとによかった。進んでくると、気が変わってくることもあるんですよね。
それから、融資の手続きのこととか、固定資産税、ソーラーの補助金とか、お手伝いしてくれたのも助かりました。
公式ページお客様の声より

打ち合わせが楽しくなるほど親身になって相談に乗ってくれるメーカーなんてなかなかありません。

プランが作業ではなく顧客の夢を叶えるための大切な場として考えているからこそ、担当者が楽しんでプランを立てられるのだと思います。

契約後に変えていいというのも親身になってくれている証ですね。

面倒なことも言っていい、という安心感は顧客にとっては計り知れません。

LIFULL HOME’Sでカタログ一括請求をしてみる【無料】⇒

うちハピ注文住宅でカタログ一括請求してみる【無料】⇒

日本住建で住宅を建てるのがおすすめな人の3つの特徴

日本住建の家は具合的にはどんな人におすすめなのか、3つの特徴を解説します・

間取りにこだわりがある人

日本住建の強みの一つが、要望をしっかり聞いて形にしてくれるところです。

口コミでもこんな声が目立ちました。

  • 他でしっくりこなくて困っていたけど日本住建でピンときた
  • あれこれわがままを言ったけど予算を釣り上げることなく叶えてくれた

打ち合わせの時に営業と現場監督と設計士の3名が同席してくれるため、ぼんやりした要望や、できないことは代替え案を出してくれたり、「こうしたい」という思いが強い人ほど向いているメーカーです。

住んでから生活同線に満足しているという口コミも多く、いい間取りを作ることに定評があります。

災害に強い家が欲しい人

日本住建の家は耐震等級3です。

耐震性能に優れているだけでなく、他にもこんな強みがあります。

  • 耐震だけでなく揺れを逃す「制震」も兼ね備えている
  • 火災に強い柱や梁なので、萌えても倒壊しにくい
  • 基礎部分にはシロアリに強い無機質系素材を採用

いざというときに安心できるのは長く住む上で重要視する人も多いのではないでしょうか。

日本住建はいろんな災害に対応していて安心です。

健康に不安がある人

断熱材には安全性の高いパーフェクトバリアとセルロースファイバーを使用しているため、シックハウス症候群などの不安がある人にもおすすめです。

空気がしっかり循環する構造で、冷暖房効率がいいため、室内の空気が心地いいのも嬉しい特徴です。

日本住建で家を建てる際にかかる費用・坪単価

日本住建で家を建てるなら、坪単価は45万〜60万程度です。

施工事例を挙げると

  • 31.55坪/物件本体価格1,919万円(総工事費2,335万円)
  • 39.44坪/物件本体価格2,307万円(総工事費2,775万円)
  • 43.58坪/物件本体価格2,658万円(総工事費3,128万円)

30坪までなら1,000万円台で建つイメージですね。

日本住建の商品ラインナップを特徴別に紹介

日本住建は注文住宅がメインですが、こんな商品ラインナップもあります。

快適空間の家クリアス

空調にこだわって、光熱費を抑えられる設計のプランです。

  • 全館空調
  • 熱交換換気システム
  • 太陽光パネル
  • 蓄電池
  • 高断熱
  • 耐震性

冷暖房効率がいい上に創エネで自家発電もできるため、大きな節約ができるでしょう。

マイホーム

わかりやすい価格設定で若い家族をターゲットにしたプランです。

  1. 価格設定の決まっている間取りを選択
  2. 設備を選択
  3. 屋根・外観を自由設計
  4. 住宅性能は日本住建の「耐震等級3」の構造のままで

間取りの微調整にも対応可能で、設備も豊富なラインナップから自由に選べて人気のプランです。

【番外編】日本住建の建売住宅の特徴を紹介

日本住建の建売住宅はたくさん見つけることはできませんでしたが、出したものはコンスタントに売れているようです。

「高機能×デザイン」をコンセプトにしていて、スタイリッシュなのに住みやすさも兼ね備えていて人気があります。

一例として46坪の3LDKが3,180万円で売りだされていました。

LIFULL HOME’Sでカタログ一括請求をしてみる【無料】⇒

うちハピ注文住宅でカタログ一括請求してみる【無料】⇒

日本住建の全国のモデルハウス・住宅展示場情報

性能や口コミなど、たくさん説明を読むよりも現物を見るのが1番わかりやすいですよね。

自分に合っているメーカーかもしれない、と気になった人は一度住宅展示場に足を運んでみてはいかがでしょうか。

展示場の情報と、どんな家が見られるかは以下の通りです。

岡崎第一展示場

子供が繋ぐ2世帯住宅をテーマにした家が見られます。
住所 〒444-0938 愛知県岡崎市昭和町木舟25番地(岡崎中日ハウジングセンター内)

岡崎第二展示場

奥さまの好きが詰まった部屋をコンセプトにした、来客を迎えやすくプライベートスペースも両立した家が見られます。
住所 〒444-0938 愛知県岡崎市昭和町木舟25番地(岡崎中日ハウジングセンター内)

西尾第一展示場

リビング中心の家族が仲良く暮らせる家が見られます。
住所 〒445-0803 愛知県西尾市桜町奥新田2番地5(中京テレビハウジング西尾内)

西尾第二展示場

生活同線を確保しつつ、ビンテージデザインが印象的な家が見られます。
住所 〒445-0803 愛知県西尾市桜町奥新田2番地5(中京テレビハウジング西尾内)

ショールーム・住まいなっとく相談館 ウィズ

キッチンやお風呂・住宅建材などの実物が見られる最大級のショールームです。
住所 〒446-0043 愛知県安城市城南町1丁目1番地1

日本住建の会社情報

社名 日本住建株式会社
設立 1975年8月1日
本社所在地 〒446-0043 愛知県安城市城南町1丁目1番地1
TEL (0566)74-1011
公式HP https://www.nipponjuken.co.jp
各種許認可資格 ● 建設業許可 愛知県知事許可(特-28)第57354号
● 一級建築士事務所 愛知県知事登録(い-28)第2691号
● 宅地建物取引業 愛知県知事(11)第9835号
所属業界団体 ● 一般社団法人 日本木造住宅産業協会 正会員
● 一般社団法人 プレハブ建築協会 賛助会員
● 公益社団法人 全国宅地建物取引業保証協会 会員
● 公益社団法人 愛知県宅地建物取引業協会 会員

日本住建の会社概要

『リアル・ドゥエリング=本物の家・生活』…木の良さ活かし、強度・間取りの自由性、温度・湿度に絶妙に対応する快適性を実現。

”真の日本の住まいづくり”地域ナンバーワンの名に恥じないよう、営業信条・経営理念を顧客の立場から考えているメーカーです。

日本住建の施工エリア

三河地域
愛知県岡崎市・豊田市・蒲郡市・額田郡幸田町・西尾市・碧南市・安城市・刈谷市・高浜市・知立市

LIFULL HOME’Sでカタログ一括請求をしてみる【無料】⇒

うちハピ注文住宅でカタログ一括請求してみる【無料】⇒

まとめ

日本住建は間取りの面で満足度が高く、口コミでも納得のいく間取りの家が建てられた、という声が多く見られました。

完全注文住宅で、顧客が納得するまで要望を聞いてくれ、実際に要望を豊富な経験からかなり忠実に再現してくれます。

「憧れの家」のイメージを持っていけば、ワクワクするようなプランを立ててくれることでしょう。

耐震性能や断熱性などの機能性も高く、長く心地よく安心して住めるマイホームの夢を叶えてくれるメーカーです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

\大切な家づくりで後悔しない為に!/