新潟県のおすすめローコスト住宅メーカーランキング3選!1,000万円台で夢のマイホームを!【令和最新】

<記事の情報は、2021年7月1日時点のものです>

家づくりで絶対に失敗したくない人へ!!

新潟県で家を建てるなら必ずチェックしてほしいことを解説します!!

近年、「家づくりに失敗した・・」こんな人が増加しています。

失敗の一番の原因、それは「情報収集不足」です。

今回は新潟県で家を検討している方には絶対に見てほしい内容を解説してきます!

現在日本には数百社の住宅メーカーが存在します。

誰もが名前を知っているメーカーから、その地域に密着している工務店など様々です。

「名前が有名なメーカーだから・・」
「今住んでいるところから近いから・・」

決してこんな安易な気持ちでの決定をしないでください。

各社にそれぞれの強み、弱みがあり、自分たちのこれからの生活にマッチしたメーカーを選ぶことがとても重要です。

新潟県にもたくさんの住宅メーカーがありますが、今回はその中から特に若者に人気の「ローコスト住宅メーカー」から厳選して紹介してきます!

この記事を読み終わる頃にはローコスト住宅の魅力について理解することができます。

さらにローコスト住宅以外との違いを把握することで、自分たちに合った家づくりが進めやすくなります。

是非最後までチェックしてみてください。

ここから本文に入る前に、1点質問です。

「後悔しないマイホームを建てるために、最も大切なことは何だと思いますか?」

資金計画?土地探し?それとも見学会に参加すること?

いずれももちろん重要ではありますが、答えはNOです。

後悔しない注文住宅を建てるために最も大切なことは、パートナーとなる「住宅メーカー選び」です。

全国的に展開していて比較的規模が大きい「ハウスメーカー」、地場に根付いて地域のことを知り尽くしている「工務店」、より柔軟なデザインで対応してくれる「設計事務所」。

一口に住宅メーカーと言っても幅広く、企業数も膨大でどの会社を選ぶべきか迷ってしまう人も多いでしょう。

しかし比較検討の手間を惜しんで、安易に名前の聞いたことのある大手のハウスメーカーに絞り込んでしまうのは危険です。

手間暇は極力減らしながらも、しっかりと比較・検討した上で依頼先を決めることが、後悔しない注文住宅を建てる上で最も重要になります。

「でも、山ほどある住宅メーカーから、どうやって条件に合う会社を見つければいいの?」

とあなたも感じるはず。そこでぜひ活用して欲しいのが、東証一部上場企業「LIFULL」が運営する「カタログ一括請求サービス」です。

あなたが住んでいるエリアと、希望の条件などを選択するだけで、あなたにあった住宅メーカーが複数ピックアップされます。

ピックアップされた住宅メーカーは、知名度の有無などで選り好みせず、まずカタログを取り寄せてみましょう。

条件にあった複数の会社を比較・検討することで、より条件にマッチした会社に出会える確率がグッと高まります。

完全無料で利用できますし、東証一部上場のLIFULLが運営しているのでしつこい営業連絡が来ることもありません。

入力は数分もあれば完了するので、これから住宅メーカー選びをしたい人はぜひ活用してみてください。

LIFULL HOME'Sで無料&1分で簡単カタログ一括請求⇒

それではここから本文に入っていきましょう。

もくじ

新潟県のローコスト住宅事情

まず始めに新潟県の住宅事情全般についてです。

大きく分けて2つあります。

高齢化

全国的な課題でもありますが、新潟県もその限りではありません。

若い世代が中枢都市へ集中していることと、県外への流出が進んでおります。

空き家の増加

高齢化と比例して空き家が増加傾向です。

空き家の有効活用が県全体での大きな課題となっています。

この課題に対しての取り組みが2点あります。

  • 住宅建設に対する貸付や減税措置
  • 優良田園住宅の促進

優良田園住宅とは農山村地域や都市近郊の良好な自然的環境に建てる家を指します。

いくつかの要件を満たす必要はあります。

この地域に建てた場合、固定資産税が減税されるなど様々なメリットがあります。

県全体で地域を活性化するための施策に取り組んでいると言えます。

このような状況もふまえて、新潟県でのローコスト需要は年々増加しております。

地域の後押しもあり、世帯年収が低い方でも住宅購入に踏み切る人が多いようです。

ローコスト住宅とは

そもそもローコスト住宅とはどのような住宅でしょうか?

名前の通りローコスト(安い金額)で一戸建てを建てることが可能な住宅です。

ローコスト住宅:坪単価相場

30万円~60万円

一般的な住宅:坪単価相場

80万円~90万円

建てる場所によっても前後しますが、ローコスト住宅が一般的な住宅と比べていかに安いかイメージできると思います。

ローコスト住宅実現の要素は3つあります。

①材料費
②人件費・広告費
③建設管理費・諸経費

この3つを徹底的に省略しています。

家づくりに重要な3つを省いているからといって、決して手を抜いているわけではありません。

詳しく解説していきます。

①材料費

安い材料を使っているわけではありません。

同じ材料を大量一括発注しています。

大量発注することで仕入れ金額を徹底的に下げる工夫をしています。

②人件費・広告費

住宅の金額には打ち合わせ費用が含まれます。

この打ち合わせには膨大な時間を要するため、大きな人件費が取られます。

広告費についてもテレビを使ったCMでは莫大な広告費が発生しますが、そのお金はお客様の建築費用からまかなわれます。

ローコスト住宅では口コミやインターネットを使った集客で広告費をかけない仕組み作りをしています。

③建設管理費・諸経費

一般的な注文住宅では一品一様のため、営業担当者と施工業者が綿密な打ち合わせをします。

ローコスト住宅では仕様を標準化することで毎回細かい打ち合わせが不要になる仕組みを作っています。

1,000万円台のローコスト住宅の特徴

ローコスト住宅の建物価格の相場は800円万~1,800万円と言われています。

ちょうど中間にあたる1,200万円~1,300万円ぐらいの家はどのようなものになるでしょうか。

特徴と一般的なパターンについて解説していきます。

間取り

1階には部屋全体を見渡せる大きなリビング、2階には3~4部屋という間取りが一般的です。

下手に間仕切りをたくさん作ってしまうと柱の本数や間仕切りに使用する材料が増加します。

2階に関しては日本で一番多い家族構成である夫婦と子供二人の計4人で暮らすことを想定した間取りが多いです。

シンプルでできるだけ変更がないことを想定したつくりにすることで、ムダ省いた家づくりが可能となります。

外観・構造

外観に関しては凹凸の少ない箱型が一般的です。

凹凸を少なくする理由としては、屋根や部屋を特殊な形状にするとそれにともない変更点が増えます。
(設計費用・施工費用共に増加する傾向)

性能

耐震性や耐久性は一般的な注文住宅と比較すると劣る部分がありますが、国が定める基準は当然クリアしています。

快適な生活に欠かせない水回りについては一流メーカーを採用している場合が多いですがグレードによって金額は変動します。

新潟県で家を建てるときの建築費・坪単価相場

新潟県で家を建てるときの価格相場を見ていきましょう。

土地についてはこちら。

  • 価格相場:9.7万円/坪
  • 平均面積:100坪

中心街付近で30万円/坪を超えるところもあれば、0.8万円/坪という超過疎化地域もあります。

全国平均が約23万円/坪であることから県全体で見ると価格相場は安い県となります。

建物についてはこちら。

建築費

(全国平均)2,663万円
(新潟県) 2,554万円

日本屈指の豪雪地帯であることから建物にかける費用を抑えて、その分カーポートのなどの外構費にお金を使う傾向にあります。

注文住宅購入年齢

(全国平均)37.1歳
(新潟県) 35.3歳

比較的若い年齢で購入に踏み切る人が多いです。

年収が立ち上がる前に購入するため、ローコスト住宅の需要が高まっていると言えます。

新潟県でローコスト住宅を建てるならおすすめのハウスメーカー・工務店ランキング3選

おまたせしました!

ここからは新潟県でオススメできるローコスト住宅メーカーを徹底解説していきます!

1.HERBAR HOUSE(ハーバーハウス)

ハーバーハウスは新潟県の中心地に本社を構える住宅メーカーです。

ローコスト住宅、注文住宅、二世帯住宅と幅広いラインナップがあります。

ここではその中でも評価の高いローコストプランを紹介していきます。

ZEPTO(都市型コンパクト住宅)

ZEPTOを選ばれる方のほとんどが20代です。

人気の秘密は2点です。

  • アパート家賃同等の返済額
  • 完全自由設計

ZEPTOの中から選ぶ一番グレードの低いプランになると、「頭金なし+月々返済30,000万以下」も可能になります。

完全自由設計で建物価格1,000万前後を実現できるプランとなります。

非常に魅力的ですね!

最安プランの間取りはローコスト住宅で一番多いパターンである、

  • 3LDK
  • 広いリビング
  • シンプルな箱型外観

となります。

他社と比較して自由設計度が高いとはいえ、ベースはローコスト住宅ですので細かい自分色を取り入れたい人は注意が必要です。

どこまでが自由設計となるのか、担当者に詳しく問い合わせみてください。

今回紹介したZEPTO以外にも

  • IZU(スタイリッシュデザイン住宅)
    1,538万円~
  • ECOLOGIA(グラン・フラッグシップモデル)
    1,732万円~

といった1,000万円代で建てるプランもありますので、チェックしてみてください。

ハーバーハウスの評判

  • ベースの金額が安い分、空調などオプション品が他社より高い
  • 明瞭会計で価格が分かりやすい
  • 外観のデザインがとてもオシャレ

Z空調という良い空気の流れを作る設備が高いとの声が多かったです。

オプションを何も求めていない人にはコストメリットがありますが、オプション設備を検討する際には他社比較をオススメします。

同じローコスト住宅でも外観デザインが高い会社です。

見た目にもこだわりたい人にはオススメできると言えます。

2.ニコニコ住宅

ニコニコ住宅の本社は新潟県にあります。

新潟県長岡市で40年以上続く建設会社ダイエープロビスが立ち上げた会社であることから、信頼・実績十分と言えます。

若い夫婦にも良い家に住んでほしいという想いから誕生した会社です。

ニコニコ住宅の特徴

ニコニコ住宅がローコスト住宅を実現するにあたり注目したのは、ダイエープロビスから続く200社以上の協力企業の存在です。

施工方法の統一と協力企業の連携により効率の良い施工、着工期間の短縮をおこなってきました。

単に材料費や人件費を下げるだけではない企業努力が垣間見える会社です。

ニコニコ住宅のローコスト商品ラインナップ

ラインナップは3つです。

  • スタンダードプラン:約1,000万円~
  • QVE(スタンダード+α):1,300万円~
  • 狭小地対応2階建てプラン:1,000万円~

違いを解説していきます。

「スタンダードプラン」

130種類用意されたラインナップから選択していくプランです。

標準品から選択することで

  • 打ち合わせ時間短縮
  • 特殊な施工の大幅カット

を実現します。

一番人気のパターンは30坪家族3~4人向け4LDKのプランです。

「QVE(スタンダード+α)」

+αの部分は内装・外観のデザインがメインです。

価格をおさえつつ、かっこよく暮らすをコンセプトに掲げたプランです。

内装の雰囲気を

  • モダン
  • ナチュラル
  • エレガント
  • ノルディック

から選択可能になります。

スタンダードプランに比べて内装が選べることができるため、設計自由度は高くなります。

価格とデザインをちょうど良い価格で実現したオススメプランと言えます。

「狭小地対応2階建てプラン」

中心街に近づくとどうしても土地価格が上昇し、満足のいく広さを確保できない場合があります。

そんな方に提案するのが、狭小地対応2階建プランです。

「少しでも便利な場所に住みたい」
「でも生活水準は落としたくない」
こんな要望に応えてくれるプランとなります。

家は大きければ大きい方が良いというわけではありません。

大きい家は掃除や維持が大変ですし、そもそも金額が高くなってしまいます。

家をコンパクトにすることで、一般的な核家族以外での選択肢も増えます。

「シングルマザー世帯」
「老後の夫婦世帯」
「単身世帯」

家=子育て世代というイメージが強いですが、そんなイメージを払拭してくれるプランとなっております。

家をもっと身近に感じてほしいという、ニコニコ住宅の想いが入ったプランと言えそうです。

ニコニコハウスの評判

  • 別途費用となる項目が多くあるため、事前確認が必要
  • ローコストの範囲で選択肢が多い
  • 担当者に熱心な人が多い

協力企業体制の充実からアフターフォローも含めて信頼できる会社と言えそうですね。

3.パパまるハウス

パパまるハウスは新潟を拠点として全国に事業を展開する住宅メーカーです。

主に北信越から関東にかけて支店を増やしており、2015年以降需要を急拡大している成長企業です。

パパまるハウスでは家族構成に合わせて

  • 一般
  • 二世帯
  • 平屋

とありますが、その全てのラインナップで1,000万円台のローコストを実現しています。

共通標準仕様

  • Z空調システム採用
    Z空調システムでは、
    空気の流れを最適化して快適で均等な温度の調整を可能にします。

お財布にも優しい面から今注目度が高いシステムですが、パパまるハウスでは全てのラインナップで対応可能です。

  • 断熱材アクアファーム
    新築、リフォームで断熱効果が高く
    次世代断熱材として評価の高いアクアファームを採用。

商品ラインナップ

坪数に応じて金額が変動します。

パパまる(21坪:847万円~)
最もコンパクトでシンプルな最安プラン

 

パパまるはぴママ(33坪:1,210万円~)
がんばるママのためにちょっとしたアイデアをプラスできるプラン

 

パパまるアーバン(30坪:1,078万円~)
無駄がなく飽きがこないニューアバンスタイル

 

パパまるユーロ(30坪:1,078万円~)
ユーロ風に仕上げ、暖かみと落ち着きを演出します

 

パパまるハイクラス(40坪:1,331万円~)
専用書斎など自由なこだわりを入れたい方はこちら

 

パパまるカラフル(40坪:1,386万円~)
お子様が多い方やペットとの生活も考える方はこちら

その他に二世帯、平屋のラインナップもあり、この種類の多さがパパまるハウスの魅力と言えます。

パパまるの評価

  • 標準で選べる設備のグレードが高い
  • ラインナップが多いため、1社で比較検討できる
  • Z空調は坪数で金額がかなり違うため注意が必要

ローコスト住宅全般に言えることですが、気に入った設備が込み価格なのか、オプション扱いなのか正確に把握することが重要と言えます。

LIFULL HOME'Sで無料&1分で簡単カタログ一括請求⇒

新潟県で平屋が人気のローコスト住宅メーカー・工務店3選

豪雪地帯である新潟では平屋も人気です。

数ある平屋住宅メーカーから、ローコスト平屋住宅メーカーを厳選して紹介します!

1.平屋王国

平屋王国では多種多様なライフスタイルに対応した提案をしています。

商品ラインナップ

  • 1LDK
  • 2LDK
  • 3LDK

あえてコンパクトにすることで家族の距離感を縮める設計をはじめ、吹き抜けやロフトのあるオシャレな平屋で他社との差別化を演出。

価格帯

最安プラン1,650万円~
ロフト付きプラン2,140万円~

ローコストのくくりでいくと少し高めの値段設定ですが、価格以上の価値と満足を感じるお客さんが多いです。

安さだけでなく自分なりのこだわり平屋を検討したい方にはオススメできます。

2.かなえるハウス

かなえるハウスは新潟県の中でも施工範囲がかなり限定されている地域密着型の住宅メーカーとなります。

会社の約束事としてお客様に対するマナーに徹底的にこだわることを重視している印象のとても良い会社と言えます。

かなえるハウスの平屋に商品名はなく坪数で価格が異なります。

価格帯

  • 18坪810万円~
  • 20坪900万円~
  • 22.5坪999万円~

かなえるハウスの平屋コンセプトはライフスタイルに合わせた家づくりです。

将来的な掃除や移動の大変さを考慮して老後まで住み続けることができるプランから

若い夫婦世帯が子供に成長に合わせて将来的な増築を可能にするプランまでの準備があります。

その時々のライフスタイルにピッタリの家づくりができるのは魅力的です。

3.ハウスヴィレッジ

ハウスビレッジは木の品質にとことんこだわった住宅工務店です。

元々材木店から始まった会社であり、自社環境を最大限に活かした家づくりが強みとなります。

社内に木材のストックヤードがあり、材料となる木を自社加工することによってコストダウンをおこなっています。

二階建て住宅から県内の保育園施工まで幅広くやっておりますが、その中でも個人住宅の平屋の評価が高い工務店です。

平屋のこだわりポイント

間仕切りをうまく使うことにより、コンパクトなのに機能性の高い平屋を実現します。

シンプルでスタイリッシュなプランからモダンで落ち着いた雰囲気の空間まで手がけているため、

施工ジャンルは一軒屋にとどまらず住宅兼店舗として使えるような空間としても人気が高いです。

定期点検をはじめ、何か問題があった時の迅速対応も地域密着型工務店の良い点でしょう。

ローコスト住宅はこんな人におすすめ!

ローコスト住宅はこんな人におすすめできると言えます。

大きくわけて3つとなります。

すぐに建てたい!

着工から完成が注文住宅と比べると早いです。

金銭面が不安

月々の返済は現在のアパート同等、頭金なしでも手が届く価格設定が魅力的です。

細かい打ち合わせは嫌!

標準仕様とオプションから選択する形が多いため、悩んだり、打ち合わせに長時間を要することがありません。

LIFULL HOME'Sで無料&1分で簡単カタログ一括請求⇒

ローコスト住宅で失敗しないために注意すべきポイント

この3つは特に注意が必要です。

税別?税込み?しっかり確認する!

家づくりはオプション選択する一つ一つの価格が高いです。

当然税別、税込みの違いだけでかなり変動します。

税込みで考えていなかったため、結果的に予算オーバー・・こんなこともよくありますのでしっかり金額には目を通しましょう。

どこまでがコミコミプランに含まれているか?

全部でコミで〇〇円!と謳ってある所は要注意!

ひどい会社になると空調などのメイン設備がコミコミプランに入っていないこともあります。

打ち合わせを進める際の注意点は仕様が変わるたびに細かく金額を担当者に確認するようにしてください。

アフターフォローはどこまでが無償?

ローコスト住宅は注文住宅と比べて修繕サイクルが早いです。

アフターフォローの無償期間をしっかり把握しておきましょう。

保証期間内でも無償範囲に含まれない作業もありますので、しっかり確認してください。

決して建てる時の価格だけで判断しないようにしましょう。

LIFULL HOME'Sで無料&1分で簡単カタログ一括請求⇒

まとめ

今回はローコスト住宅メーカーの魅力について紹介してきました。

いかがだったでしょうか?

安いメーカーには魅力がある反面、安いなりの理由があります。

長い目で見たときに、安く建てる方が良いのか、最初に少し頑張った金額を出すのか、家族とよく話し合いをして決定してください。

家は車や家電などとは異なり簡単に買い替えることのできない買い物です。

たくさんの情報を取って、納得のいく家づくりができることを願っております!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

\大切な家づくりで後悔しない為に!/