日本ハウスホールディングスで家を建てた人の本音の評判・口コミを暴露!坪単価や特徴・注意点まで分かる完全ガイド

日本ハウスホールディングスは、2015年に東日本ハウスから現在の社名に変更し、50年の歴史を持っている老舗のハウスメーカーです。

総檜造りの家を強みにしているハウスメーカーで、和風な家が人気でしたが、社名を変更してからはコスパ重視のJステージ・シリーズ、都市型狭小住宅などの販売も手掛けています。

また以前は、東北・北海道エリアのみでの販売でした。しかし現在は全国各地に販売ルートを広げています。

檜というと高級住宅のイメージが強くありますが、一生に一度の高い買い物であるマイホーム。

「絶対妥協したくない!」「一生に一度だから悔いのない良い家にしたい!」という人に向けたハウスメーカー、それが日本ハウスホールディングスです。

本記事では、そんな日本ハウスホールディングスの特徴や口コミ、価格、会社情報などについて詳しく解説します。

日本ハウスホールディングスにしようかな?気になる!という人の参考になれば幸いです。

ここで1つ、本題に入る前に質問です。

「あなたは今、注文住宅の依頼にあたって何社のハウスメーカーを調べていますか?」

もしかして、はじめから1社のみに絞ってしまってはいませんか?

実は、注文住宅を建てる上で最も重要なのは「住宅メーカー選び」です。

住宅メーカーなんてどこも一緒、と思っている人は注意が必要です。なぜなら注文住宅においては「住宅メーカー選び」が命と言っても過言ではないからです。

日本全国には知名度の高い「ハウスメーカー」はもちろん、地域に根付き低価格で住宅を提供する「工務店」、自由度が高い「設計事務所」など様々な住宅メーカーが存在します。

十分な比較をせずに依頼するハウスメーカーを決めてしまうと、「予想よりお金がかかった・・。もっといいハウスメーカーに頼めばよかった・・」と、一生後悔することになりかねません。

そうならないためにぜひ活用して欲しいのが、東証一部上場企業の「LIFULL」と、うちハピが運営する「うちハピ注文住宅」のカタログ一括請求サービスです。

↓ ハウスメーカーの一括請求はLIFULL ↓

↓ 工務店のカタログ一括請求はうちハピ ↓

このカタログ一括請求サービスを利用すれば、「エリア」と「こだわり条件」を入力するだけで、条件にマッチするハウスメーカーや工務店のカタログを一括で取り寄せることができます。

圧倒的に時間も節約でき、そして簡単にメーカーの比較が可能になりますね。

また、この一括サービスは無料で利用できますよ!

LIFULLは『ハウスメーカー』が中心、うちハピ注文住宅は『工務店』を中心にカタログを取り寄せられるので、どちらも利用することで理想に近い住宅メーカーに出会える可能性が高まりますよ。

また、カタログを請求の際は、有名かどうかで判断せず、条件に合うメーカーのカタログを一応全て取り寄せることを意識しましょう。

全く知らなかった会社の中に、あなたの希望を実現してくれる会社があるということも珍しくありません。

お金や時間をかけずに、カタログ一括請求サービスで様々なハウスメーカーを比較してみてくださいね!

LIFULL HOME’Sでカタログ一括請求をしてみる【無料】⇒

うちハピ注文住宅でカタログ一括請求してみる【無料】⇒

それではいよいよ本文に入っていきましょう。

もくじ

日本ハウスホールディングスで建てられる家はどんな家?特徴2つを紹介

1. 高性能な檜の家

日本ハウスホールディングスは、木の家を建てるというイメージが強いハウスメーカー。

柱には高級木材と言われる檜を贅沢に使うことに強いこだわりを持っています。

その理由は、檜というのは昔から寺社仏閣に使われているほど高品質な素材で、伐採後は200~300年は余裕で持ち、年数が経てば経つほど強度が増す、そして千年経って元の強度になるという驚異の性能を持つ最高品質ともいえる木材です。

また檜は匂いも良く、檜の香りが好きという人は多くいますね。

アロマテラピー効果もあるようです。

さらに環境にも優しいですし、抗菌・防虫効果も抜群。

檜はシロアリやムカデ除けの効果があることで知られています。

しかし檜の家が高性能であることは分かっていても、高額になるため建てることを敬遠してしまう方が多いのが現状です。

しかし檜は、値段以上の価値があるため、その点を踏まえて日本ハウスホールディングスでは檜の家に力を入れているのですね。

2. 頑丈で安全に暮らせる家

日本ハウスホールディングスで檜と同じようにこだわりを持っているのが、グッドストロング工法です。

柱の太さが違うという点が魅力の一つ。

日本ハウスホールディングスで扱う木材は、通常の断面積の1.3倍!

そして最大荷重は1.9倍を誇っています。

耐震等級3の強い揺れの地震に耐えることができる家が叶います。

床と壁の強さにとことんこだわり、長い年月が経過しても長持ちする家を建てることができるのです。

またストロング床組として2階の床を強化しており、建物の耐震性を上げていますので、「耐震性能が高い家にしたい」という方に向いています。

そして壁に関しては高倍率耐力壁パネルを採用。

床と一体化することによって強度が増しており、地震に対する備えが万全の体制になっています。

柱・床・壁が全て強化されており、耐震パネルと檜の性能も合わさってより頑丈な家に仕上がるというわけです。

日本ハウスホールディングスで実際に家を建てた人の評判・口コミ

ここでは、日本ハウスホールディングスで家を建てた人の実際の口コミや評判について見ていきましょう。

日本ハウスホールディングスの悪い評判・口コミ

悪い口コミは以下のようになっていました。

「営業マンがとにかく強引な印象でした。元気があって良いなとは思いましたが、少々強引過ぎかも?という印象はぬぐえませんでした。人柄は良いのですが。」

「営業マンの言葉使いをもう少し良くしてほしいと思いました。家は本当に良い素材を使っているのが分かります。」

「営業のレスポンスが悪いかな、と。家の中に不具合が見つかった時に、早めに来てほしかったのですが、対応が少々遅かったです。」

日本ハウスホールディングスの良い評判・口コミ

良い口コミは以下のようになっていました。

「2年前に建てました!アフターフォローがきちんとしていて、迅速な対応で安心です。確かに高額な家ですが、一生住む家なので快適なのが一番ですよね。」

「性能面がとてもしっかりしている。外観も全く安っぽくないし、高級感のあるイメージで気に入っている。」

「日本ハウスで最近建築しました!営業や工事の関係者も良い人ばかりで、檜の家も気持ちが良いですし、健康に暮らせそうです。」

「以前はアパートに住んでいたのですが、最近日本ハウスホールディングスへ引っ越しました。檜の香りもとても落ち着きます。それに空気が澄んでいるようで、本当に心地良い家になりました。」

「鉄筋コンクリートの家に住んでいましたが、窓はいつも結露ができてお手入れが大変でした。
檜の家は程良い湿度と温度が保たれていると思います。檜の家は高級ですが、一生に一度の買い物なので日本ハウスホールディングスにして良かったです。」

日本ハウスホールディングスで住宅を建てるのがおすすめな人の3つの特徴

1. 純和風な檜の家にしたい人

日本ハウスホールディングスでは、若年者というよりは中年以降の方に好まれやすい純和風の家が多いのが特徴でもあります。

「今風の家よりも和風で落ち着いた雰囲気の家が良い」「純和風の暖かい印象の家が良い」という人におすすめできるハウスメーカーです。

2.エコで尚且つ地震に強い家にしたい人

日本ハウスホールディングスでは、ZEH住宅が実現します。

ZEH住宅とは、断熱性や省エネ性能を高める事によって使うエネルギーと消費するエネルギーがプラスマイナスゼロになる家の事です。

日本政府が推進している新築住宅の新基準でもあります。

日本ハウスホールディングスでは、太陽光発電システムはもちろんのこと、このZEH住宅に求められる住宅性能も標準仕様。

ZEHが標準仕様なのは快適住宅「館」「華」「彩」のみですので、その他の住宅商品ではオプション扱いとなっていますので、その点は要注意です。

また耐震性に関しても性能が保証されており、耐震等級3の強い家づくりが叶うようになっています。

3. 建てた後のアフターメンテナンスをしっかりしてほしい人

日本ハウスホールディングスでは、アフターフォロー・アフターサービスも実に充実しています。

一般的な「点検訪問」とは言わずに、「感謝訪問」という名前でホームドクターシステムでの点検をおこなってくれます。

ホームドクターシステムは、訪問する度にチェックシートで点検、そしてコンピューターで管理するシステムです。

イメージとしては家のかかりつけ医という感じですね。

この感謝訪問は、引き渡し~3ヶ月後、6ヶ月におこなわれ、その後1年~5年までの間は年2回の点検、それ以降は年1回と長期にわたって点検をしてくれますので、安心です。

またコールセンターは、24時間体制で運営されていますので、何らかの住まいのトラブルや相談にも迅速に対応してもらえます。

LIFULL HOME’Sでカタログ一括請求をしてみる【無料】⇒

うちハピ注文住宅でカタログ一括請求してみる【無料】⇒

日本ハウスホールディングスで注文住宅を建てる時に注意したいポイント2つ

1.営業マンに対する評判

インターネット検索などで口コミ・評判を見みてみると、日本ハウスホールディングスの営業マンの評判があまり良い物でない印象を受けました。

特に強引な手法であったり、契約を急かすような場面もあるようです。

営業マンのノルマ自体が厳しい、というのが一つの原因なのかもしれません。

しかしながら、地域によって営業マンの対応に違いがあり、「うちの担当だった営業マンは対応が良かったよ!」、「親切な対応だった!」ということも多く、恐らくルート拡大による弊害という可能性もあるようですね。

ただ営業マンに対する悪い口コミばかりというわけではなく、良い口コミがほとんどを占めていますので、それほど心配することはありません。

「この担当さんはちょっと嫌かな」と思ったら、営業マンを変えてもらうようにすると良いでしょう。

長いお付き合いになるため、相性の良い人の方が家づくりもスムーズに進むのではないでしょうか。

2.仮契約金として100万が必要

日本ハウスホールディングスは、現地調査・プラン作成・見積り提出は完全無料ですが、仮契約の段階になると、仮契約金として100万円が必要です。

ハウスメーカーでは、大体その程度の仮契約金が必要になるところは普通にあります。

しかし地元工務店と比較すると、かなり高額ですので、100万円の仮契約金に納得できるか否か、家族で相談し合って決めましょう。

日本ハウスホールディングスで家を建てる際にかかる費用・坪単価

日本ハウスHDの坪単価としては、約55万円~65万円ですので、平均的な価格ですね。

しかし住宅のプランによっては60万円~85万円程度になることもあります。

家に使う素材を高品質なものに変えると自然と単価も高くなりますので、その点は予算オーバーにならないように要注意です。

最上級グレード「館」については、高級注文住宅並みの価格となっており、規格住宅タイプの「J-ステージ」は檜を使用しているにもかかわらず坪単価50万円~と比較的リーズナブルなお値段で提供されています。

日本ハウスホールディングスの商品ラインナップを特徴別に紹介

日本ハウスホールディングスの商品ラインナップは、檜の香りに包まれる和風な家から、近代的な狭小住宅など幅広く用意されています。

快適住宅「館」「華」「彩」

このプランは旧やまとシリーズ。

ZEH標準仕様です。

「館」「華」「彩」の3グレードとなっており、檜無垢柱の太さによりグレードが変わります。

設計自由度が高い、木造軸組工法が使われています。

「館」

4.5寸の骨太檜の柱を備えている耐久性100年の家。

「華」

4寸の檜の柱は、なんと孫の代まで耐久性が続くほど頑丈な柱。

「彩」

3.5寸の檜の柱。

丈夫で長持ちする家。

遊び心、快適さを兼ね備えているこだわりの詰まったデザインも魅力の一つ。

グッドストロング工法で地震にも強く、高断熱で高気密、太陽光発電システムで経済的にも嬉しいシステムを採用しています。

Jステージ・シリーズ(選べる木造提案住宅)

軸組・パネルを合体させている独自のモノコック構造で、箱形の構造となっているため強い耐震性を誇っています。

J-SUNSHINE

太陽光発電を備えた家。

J-CERAMIC

高級タイルを施した家。

J-WARM

高断熱・高気密の快適な家。

また高い性能性を持ちつつも、間取りの融通が利くという点もメリットです。

また檜の家はシロアリの被害に遭いにくいことも分かっています。

NEW URBAN VALUE(都市型狭小住宅)

狭い敷地でも、狭いということに捉われない、自由度に満ちた2階建てと3階建ての家づくりが叶うのが都市型狭小住宅です。

家庭内でいつも使っているエネルギー使用量を可視化しており、「こんなに使っているのか!」「節約しよう」と、自然と家族皆の節約意識が高くなる点もメリットだといえるでしょう。

「Avance~アヴァンス~」

HEMS装備のエコな家。

「Vert~ヴェール~」

屋上ガーデニングで都市の緑化が可能に。

「Secura~セキュラ~」

セキュリティを優先した安全な家。

日本ハウスホールディングスで注文住宅を建てる際の流れ

日本ハウスホールディングスは、自社直営工事にとことんこだわった家づくりをおこなっているのが特徴であり魅力の一つです。

下請けを置かず、ハウスメーカーと棟梁が同じ立場で購入者としっかり向き合ってくれます。

窓口に関しても担当営業のみで相談も気軽にできます。

敷地調査~家が完成するまで、担当営業の変更がありません。

また、後のトラブルを未然に防ぐために言葉の領収書というシステムを採用。

打ち合わせの内容を全て筆談でおこなって、複写便箋にしてハウスメーカーとオーナー側の両方で言葉の領収書を保管しておく、というものです。

日本ハウスホールディングスの主な家づくりの流れとしては、相談→敷地調査→設計→工事→完成というような感じになっています。

引き渡し後は、感謝訪問(ホームドクターシステム)と名付けられた定期点検に来てもらえますので、アフターフォローの面でも安心できるでしょう。

LIFULL HOME’Sでカタログ一括請求をしてみる【無料】⇒

うちハピ注文住宅でカタログ一括請求してみる【無料】⇒

【番外編】日本ハウスホールディングスの建売住宅の特徴を紹介

日本ハウスホールディングスでは、品質の良い分譲住宅も全国で展開しています。

建売物件は、分譲住宅・土地から北海道・東北・関東・北陸・甲信越・東海・近畿・中国・四国・九州・沖縄などエリア別に展開されていますので、気になる方はぜひこの機会にチェックしてくださいね。

日本ハウスホールディングスの全国のモデルハウス・住宅展示場情報

日本ハウスホールディングスは全国各地に住宅展示場があります。

展示場がある地域は下記になります。

<北海道>
道央、道北、道南、道東

<東北>
青森、秋田、岩手、山形、宮城、福島

<甲信越・北陸>
新潟、山梨、長野、富山、石川、福井

<関東>
東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬

<東海>
愛知、岐阜、静岡、三重

<近畿>
大阪、京都、兵庫、滋賀、奈良、和歌山

<中国・四国>
鳥取、島根、岡山、広島、山口、徳島、香川、愛媛、高知

<九州>
福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、沖縄

日本ハウスホールディングスの会社情報

ここでは、日本ハウスホールディングスの会社情報をご紹介します。

日本ハウスホールディングスは昭和44年創業の老舗の会社です。

最初の会社は岩手県の盛岡市に設立され、そこから少しずつ支店を増やしていきました。

現在は、東北や関東、北海道にまで支店があり、九州地方まで幅広く対応しています。

2013年には東証2部に上場。

2014年には東証1部へと上場した経験を持っており、今後の成長が期待できるハウスメーカーです。

下記が会社概要となります。

日本ハウスホールディングスの会社概要

社名:株式会社日本ハウスホールディングス
本社所在地:〒102-0072
千代田区飯田橋四丁目3番8号 日本ハウスHD飯田橋ビル
フリーダイヤル:0120-52-6868
TEL 03-5215-9881(代表)/FAX 03-3239-9833
お客様コールセンター 0120-779-264
設立:昭和44年2月13日
資本金:38億7,337万円
上場取引所:東京証券取引所 市場第1部
建設業:国土交通大臣(特-1)第4959号
宅地建物取引業:国土交通大臣(12)第2167号

日本ハウスホールディングスの施工エリア

日本ハウスホールディングスの施工エリアは下記の通りです。

ご自分のお住いの地域が対応エリアにある場合は、ぜひご検討ください。

<北海道>
道央、道北、道南、道東

<東北>
青森、秋田、岩手、山形、宮城、福島

<甲信越・北陸>
新潟、山梨、長野、富山、石川、福井

<関東>
東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬

<東海>
愛知、岐阜、静岡、三重

<近畿>
大阪、京都、兵庫、滋賀、奈良、和歌山

<中国・四国>
鳥取、島根、岡山、広島、山口、徳島、香川、愛媛、高知

<九州>
福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、沖縄

LIFULL HOME’Sでカタログ一括請求をしてみる【無料】⇒

うちハピ注文住宅でカタログ一括請求してみる【無料】⇒

まとめ

今回は、日本ハウスホールディングスの特徴、口コミ、坪単価などについて解説しました!

日本ハウスホールディングスの取り扱う檜は実に逞しい木材で、お寺にも使われるくらい何百年と持つ素材です。

予算に余裕があり、純和風の日本家屋を建てたいとお考えの方にはぴったりだといえます。

購入してから後悔しないように、購入前にしっかりと家族で相談し、色々な情報を集めて検討しておくことをおすすめします。

あなたの理想の家づくりが叶いますように!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

\大切な家づくりで後悔しない為に!/