奈良県でおすすめの住宅展示場ランキング3選!メリット&デメリットを把握して家を建てるヒントに!

奈良県でオススメできる住宅展示場はどこか?

住宅展示場の魅力や活用方法などを大公開します。

皆さんの家を考えるタイミングはいつでしょうか?

  • 結婚したから
  • 子供が生まれたから
  • 仕事で転勤が無くなりその地域に定住できるから
  • 老後のセカンドハウスを考えたいから

様々な場面があると思います。

近年では家を持たずマンションを所持したり、一生賃貸住宅という選択肢を持つ人も増えております。

それでも一度はマイホームを考える人が大多数です。

住む場所を考えることは生活の豊さを考えることにかなり近いです。

それほど家づくりは人生のウェイトを占めるものだと思います。

家を検討する際に住宅展示場を訪れる人は多いです。

今回は住宅展示場を最大限に活用する方法についてお伝えしていきます。

家づくりを始めるにあたり決めることはどのぐらいあるでしょうか?

「建てる場所」

  • 実家との距離感
  • 通勤のしやすさ

「住宅メーカーの決定」

  • 有名ハウスメーカー(注文住宅)
  • ローコスト住宅メーカー(規格住宅)
  • 地域密着型の住宅工務店

「間取りや外観」

  • 水回りの導線
  • 住宅設備(トイレ、キッチン、お風呂など)
  • 部屋の数や大きさ(家族構成によって異なる)

「ローン返済計画」

  • 毎月の返済額や借入期間
  • どこの銀行で借りれば金利が安いか(お得に借りられるか)

このようなことが思い当たるかと思います。

そこで大事になってくることは、まず完成した家のイメージを明確にすることです。

実物を見ることはカタログやCMで見るのと大きく印象が変わってきます。

そこで最初に活用したいのが「住宅展示場」です。

住宅展示場とはその名の通り、実物の住宅が展示されている場所です。

どんな説明を言葉で言われるよりも、実物を見るという行動は一番近道だと感じます。

住宅展示場ではそんな悩みを解決してくれるかもしれません。

この記事では住宅展示場にまつわる以下のことについて触れていきます。

  • 住宅展示場とはどんな場所か?
  • 住宅展示場の魅力や活用方法
  • 奈良県で是非行ってほしい住宅展示場3選

住宅展示場に行くメリット、デメリットまで詳しく解説していきます!

ここで本題に入る前に、注文住宅を検討しているあなたに一番重要なことをお伝えします。

それは、「マイホーム(注文住宅)を建てるとき、住宅メーカー選びを失敗するとすべて台無しになりかねない」ということです。

なぜなら、それぞれのハウスメーカーによって、特徴や特色、坪単価や実現可能な間取りなどが大きく異なるから。

例えば以下の例を見てみましょう。

  • A社は坪単価も安く、格安で建設が可能。しかし理想的な間取りや高性能な設備を盛り込んだ結果、大きく予算オーバー。住宅ローンの返済もあっぷあっぷに。
  • B社は坪単価や標準設備こそ高いものの、性能はよく、間取りも理想的。結果的に予算内で理想的なマイホームが完成。

つまり、住宅メーカー選びを間違えると、今後の生活にも大きな影響が出てきてしまうのです。

そうならないためにとても重要になってくるのが、多くの住宅メーカーをしっかりと比較検討すること

一番最初の住宅メーカー選びがすべてのカギを握っているんです。

しかし、「いちいち1社1社から情報をもらってくるのは手間がかかるし面倒…」と思ってしまう人も中には多いのではないでしょうか?

そこでぜひ活用してほしいサービスをご紹介します。

それが、住宅メーカーのカタログを一括で取り寄せることができる、カタログ一括請求サービス

特におすすめなのが、東証一部上場企業のリクルートが運営する「SUUMO」のカタログ一括請求サービスです。マイホームをお考えのエリア(都道府県・市区町村など)を入力するだけで、そのエリアでおすすめの住宅メーカーを一瞬でピックアップしてくれます。

このサービスは無料で利用できますし、また1分ほどあれば、数十社の住宅メーカーカタログを取り寄せることができるので便利ですよ。

SUUMOの他にも、同じく東証一部企業のLIFULL HOME’Sが注文住宅のカタログ一括請求サービスを提供しています。

↓ 【おすすめ】カタログ一括請求のSUUMO ↓

一生に一度のマイホーム購入。

失敗して後悔するようなことがないよう、住宅メーカーの比較検討は慎重に行ってみてくださいね!

【注意】カタログを一括請求する際、「大手」「中小」といった会社の規模はや知名度は意識せず、気になる会社はすべてチェックすることをおすすめします!

【当サイトおすすめ】SUUMOでカタログ一括請求してみる【無料】⇒

LIFULL HOME’Sでカタログ一括請求してみる【無料】⇒

それではここから本文に入っていきますよ!

もくじ

住宅知識の宝庫!!それが住宅展示場です。

普段の買い物で「ウィンドウショッピング」という言葉があります。

ウィンドウショッピンとは店舗のショーウィンドウを見て回ることです。

女性の方が良く経験しているかもしれませんね。

購入者にとってウィンドウショッピンとは「買うための準備をする行動」です。

住宅展示場はまさに家を購入するためのウィンドウショッピンとなります。

「自分の生活と合いそうな間取りは?」
「建物の大きさと土地のバランスは?」
「金額は予算に当てはまるか?」

洋服の場合店員さんに声をかけて聞きますが、住宅展示場では説明してくれる担当者が付きます。

住宅展示場で担当者をつける場合は予約する必要があります。

気になる住宅があれば実際中に入って見学することができます。

洋服の試着コーナーに似ていますね。

住宅展示場には家づくりのヒントが詰まっています!!

住宅展示場の特徴を紹介します!

住宅展示場には大きく2つの特徴があります。

一つの場所で複数の住宅メーカーを比較できる

一般的には各住宅メーカーが1棟のモデルハウスを公開しています。
(大規模になると1社が2棟出している場合もある)

それが隣合わせで密集しているため、外観から中の間取りまで短時間で比較することが可能になります。

小規模な住宅展示場でも10棟前後、大規模になれば20棟以上が一か所に建ち並びます。

駅の近くや高速ICの近くなど、立地的にも人が集まりやすい場所で開催していることが多いです。

隣県から来場するお客さんもいます。

家族みんなが楽しめる豊富なイベントが準備されている

家に対する基礎知識を勉強できるイベントから子供が喜ぶイベントまで日替わりで実施しています。

土日やゴールデンウィークになると期間限定で大きなイベントを実施することもあります。

「住宅関連のイベントや勉強会」

家づくりの流れを説明してくれる勉強会から住宅ローン相談、税金関連セミナーと内容は豊富です。

「その他家族参加型イベント」

ヒーローショーやお菓子作り体験、スタンプラリーなど男の子も女の子も両親も楽しむことができます。

家族連れでも気軽に行ける雰囲気が住宅展示場最大の特徴とも言えます。

モデルハウスと住宅展示場の違い

モデルハウスと住宅展示場はニュアンスが少し変わります。

ここでは違いをおさえていきましょう。

モデルハウスは各ハウスメーカーが出店している家の事を指します。

住宅展示場はそのモデルハウスが集合している場所を指します。

モデルハウスは住宅展示場だけではなく個別で住宅メーカーが見学会を開催している場合もあります。

既に入居者が決まっていて入居するまでの一定期間をモデルハウスとしてお客さんに公開している場合もあります。

個別のモデルハウスではより生活感を体感できるようになっております。

大まかなイメージを掴む目的な住宅展示場のモデルハウス、より現実的な生活をイメージしたい場合は単独開催のモデルハウスがオススメです。

行ってから違いを知ると時間を無駄にしてしまうので、事前にどのような内容で開催しているのか、確認すると間違えありません。

住宅展示場に行くメリットとデメリットを解説

住宅展示場にはとりあえず必ず行った方が良さそうと思った方もいるかもしれません。

ここからは住宅展示場のメリットとデメリットを解説するのでこの内容をふまえて行くか行かないかの判断をしてください。

メリットの方が多いと感じた方は行く価値ありとなります。

逆にデメリットの方が多いと感じた方はよく検討してから足を運ぶようにしてください。

住宅展示場にいくメリット

3つのメリットがあります。

①家づくりに使う時間を短縮できる可能性がある

各メーカーの単独モデルハウスに見学に行くと膨大な時間がかかります。

住宅メーカーは小さい工務店まで合わせると100社以上あります。

どれだけ時間が合っても足りません。

家づくりに時間を使いすぎて結局買わなかった人もたくさんいるようです。

住宅展示場では規模にもよりますが、一か所で20社近くを一気に見ることが可能です。

②各ハウスメーカーの比較がとても楽

横並びで各メーカーが並んでいるため、一目で比較することができます。

気に入ったメーカーを印象に残しやすくなります。

③強い営業がないことが多い

住宅展示場の案内担当者は中立の立場の人です。

案内を優先してくれるため、特定のメーカーを勧めてくるようなことはありません。

各住宅メーカーの営業マンもそれを分かっているため、強い営業はないことが多いです。

住宅展示場にいくデメリット

4つのデメリットがあります。

①判断の優先順位が分からなくなる

家づくりの判断基準として、

  • 建てる場所
  • 金額
  • 家族構成(ライフスタイル)

などがあります。

あなたが一番優先したい項目はなんでしょうか?

金額の優先順位が高い人の場合、建物全体の予算は非常に重要な要素となります。

建てる場所を優先したい人は家のデザインより先に決めるべきことは条件に合う土地探しです。

住宅展示場ではお客さんの目を引く必要があるため、実際の生活とはかけ離れた造りやインテリアになっている場合が多々あります。

お客さんのテンションを上げたいため、これは仕方のないことです。

しかし選ぶ側からすると現実的ではないものを見てしまうことで自分自身がイメージしていた家とかけ離れてしまう可能性があります。

みんな良い家に住みたいのは当然ですよね。

常に優先事項を考える冷静な判断が必要になります。

②来場以降の日で営業の電話がある

住宅展示場ではアンケートを記入することが多くあります。

その場での強い営業が無かったとしても、後日営業電話やDMが届くことがあります。

急に知らない番号からかかってくるためストレスに感じる人もいるかしれません。

③増えすぎた選択肢が決定を遅らせる

人間は選択肢が多すぎると決断できなくなります。

よほど運命的な住宅メーカーが見つかれば良いですが、そうでなかった場合は大変です。

1社1社の良いと思っていた印象が薄くなってしまい、最終的な一番の決め手を失ってしまう可能性があります。

多すぎる候補から絞っていく作業はとてもストレスがかかります。

④単純に疲れる

「せっかくだから全部のメーカーを回ろう」この気持ちは良く分かりますが、現実的にはとてもハードスケジュールになります。

仮に1軒15分で見て回ったとして20軒回ると300分(5時間)です。

途中休憩を入れたりすると1日全て使うことになります。

最後の方に見るメーカーに至っては見学することだけが目的になってしまい、良い悪いの判断ができなくなってしまいます。

消去法で絶対に選ぶ可能性がないメーカーは省くなど、工夫が必要です。

奈良県で人気のある住宅展示場3選

住宅展示場の魅力を理解したもらった上で、ここからは奈良県で是非行って欲しい展示場を紹介していきます!!

1.毎日ハウジング奈良住宅展示場

毎日ハウジング奈良住宅展示場は奈良県最大級の総合展示場です。

和風な家から洋風の家まで幅広い年齢に対応するモデルハウスを展開しております。

一流で名の知れたハウスメーカーを網羅しており、豊富なイベントで大人気の住宅展示場となっております。

毎日ハウジング奈良展示場の特徴

最大の特徴は豊富なイベント数です。

住宅に直結する関連知識セミナーから子供を飽きさせない日替わりのイベントが盛りだくさんです。

大型連休になると隣県からもたくさんの来場者がつめかけます。

出店メーカー

一流メーカーである住友林業、積水ハウスをはじめ、18社のモデルハウスが準備されています。

有名どころを一度抑えておきたいと考える人にはオススメできる展示場と言えます。

毎日ハウジング奈良住宅展示場へのアクセス

  • 住所 :奈良市柏木町548-1
  • 連絡先:0742-30-3662

2.MBSハウジング香芝住宅展示場

MBSハウジングのコンセプトは「TSUNAGU(つなぐ)」です。

奈良県と和歌山県で展示場を展開しており、大阪など都市圏まで行きにくいと感じている人に対して家づくりの場を提供しています。

MBSハウジングの特徴

MBSハウジングではコンセプト通りの活動をしております。

たくさんの人を集客するより地域との繋がりを大事にしている印象です。

イベント内容からもよりアットホームに楽しんでほしいという想いが表れています。

じっくり相談に乗って欲しい人にはオススメできる展示場と言えます。

出店メーカー

積水ハウスや一条工務店をはじめ、大手から中堅工務店まで22棟のモデルハウスが出店中です。

最新のモデルハウスを体感することが可能となっております。

MBSハウジング香芝住宅展示場へのアクセス

  • 住所 :香芝市西真美3-5-1
  • 連絡先:0745-78-7221

3.ABCハウジング奈良・登美ヶ丘住宅公園

奈良・登美ヶ丘住宅公園では「200年続く住宅を考える」をテーマに自然に溢れた住宅展示場を展開しています。

登美ヶ丘住宅公園の特徴

こちらでは4つの強みをテーマに運営しています。

  • 実際に触れて感じる
  • 疑問を解決する充実セミナー
  • 家族みんなで気軽に立ち寄れるスポット
  • 誰もが寄りやすいアクセス

住宅展示場のメリットである基本ポイントにしっかり沿った内容を重視しています。

基本に忠実な運営しつつも、収納に特化した住宅フェアなどお客さんが気になるツボをおさえた期間限定フェアなども積極的に実施しています。

出店メーカー

大和ハウスや住友林業をはじめ、大手から中堅工務店まで14社が出店中です。

ABCハウジング奈良・登美ヶ丘住宅公園へのアクセス

  • 住所 :奈良市中登美ヶ丘5-14-1
  • 連絡先:0742-47-5450

【当サイトおすすめ】SUUMOでカタログ一括請求してみる【無料】⇒

LIFULL HOME’Sでカタログ一括請求してみる【無料】⇒

住宅展示場を1~100まで活用するコツをご紹介

「何をしに住宅展示場へ行くのか?」

これをハッキリした上で出向くことがとても大事です。

  • 持ち帰りたい情報
  • 担当者に聞きたいこと
  • モデルハウスのどんな部分を特に見学したいか

などなど。

目的意識が薄れてしまうと歩き回るだけの作業となってしまい、体力も気力も消耗するだけになってしまいます。

直近での家づくりを考えていない人は「将来どんな暮らしをしたいか想像するため」「今住んでいるアパートと住宅の違いを知りたい」具体的に家を建てる計画がある人は、「選択肢に入れたい住宅メーカーを絞る」「間取りやインテリアを勉強する」などでも良いですね。

目的が有るか無いかでその日1日の濃さが変わってきます。

展示場に行くならここだけは抑えて欲しいという、ポイントを絞ってお伝えしていきます。

1.予約はした方が無難

予約するかしないかは自由ですが、結論からお伝えすると予約はした方がスムーズです。

イベントを一番の目的にして立ち寄るだけなら予約はいらないかもしれません。

見たいものが決まっている場合は予約をオススメします。

土日や大型連休など人が集中するタイミングは必ず予約するようにしましょう。

予約しなくても断られることはまずありませんが、繁忙期と被ると待ち時間がでる可能性があります。

予約自体は電話やwebで簡単にできます。

そのひと手間で待ち時間が劇的に変わるかもしれません。

2.服装と持ち物

服装と持ち物には気を付けてましょう。

適した服装とは?

特に決まりは無いですが動きやすいということが絶対条件です。

極端に体を動かすことはありませんが、大規模な住宅展示場ではかなりの歩数を移動することになります。

暑い時期は暑さ対策ができる涼しい服装が好ましいですね。

春、秋でも着たり羽織ったりできるような自由の効く格好を意識してください。

モデルハウスの玄関で何度も靴を脱いだり履いたりするのでスニーカーのような手軽な靴がオススメです。

女性はヒールのある靴、男性は革靴のような歩き回るのに適していない履物は避けましょう。

脱いだり履いたりするのに時間を要するものも避けた方が無難です。

必要な持ち物は?

  • 筆記用具
  • メジャー(巻き尺)
  • エコバック

この3つは絶対に持参してほしいです。

「筆記用具」

何か気になったことをメモしたり、事前に質問したいことをまとめておくために使います。

「メジャー(巻き尺)」

間取りの寸法を測るのに使います。

ある程度具体的な住宅イメージがある方になると、

「現在使っている家具が置けるか?」「冷蔵庫やソファーはどのサイズを買えば対応できるか?」などを気にすることになります。

「エコバック」

各住宅メーカーからの資料やカタログをもらった時に力を発揮します。

展示場からの来場特典も用意されている場合が多く、たくさん回ると意外と荷物がかさばっていきます。

いちいち車に置きに戻るのは面倒ですので、そのまま持ち歩くつもりで準備してください。

3.事前計画を大事にする

効率良く回るかつ、住宅展示場を楽しむためにはコツがあります。

まずは全体の流れを把握しましょう。

全体の流れ

  • 受付で情報の記入(個人情報など)
  • 担当者からのヒヤリング(建てる時期や希望の間取りなど)
  • 流れの説明
  • 見学スタート

このような流れが一番多いです。

住宅展示場によって多少の違いはありますし、その日のイベント有無によっても変動があるため事前に問い合わせしてみると確実な流れが分かります。

流れが分かれば何時に来場するかの計画も立てやすいですね。

回る効率を最大限に高めるには?

効率良く回るためには担当者へ明確な要望を伝えることが大切です。

「見る必要の無いメーカーを先に伝える」

検討するつもりのないメーカーや見たことのあるメーカーがあれば事前に伝えましょう。

不必要な見学時間を省くことで効率は劇的に上がります。

「好みの間取りやデザインを先に伝える」

好みを伝えることで明らかにマッチしないメーカーを担当者が除外してくれます。

興味のない所で時間を費やすより、自分の好みに近いメーカーで時間を多く使った方が満足感を得ることができます。

4.気になる部分が標準仕様かオプション仕様か確認する

いざモデルハウスに入った際に、今目の前で見ているものが標準仕様かオプション仕様か、都度確認していきましょう。

全て確認する必要は無いので、自分が気になった間取りや設備に関しては聞いてください。

全て標準だと思い込んで契約してしまうと、いざ打ち合わせが始まった時に予算が合わなくなってしまう可能性があります。

一度良いと思ってしまった部分を実際の家づくりで削っていく作業は精神的に辛いですよね。

見学の時点で予算内で自分が求める間取りが実現可能か、冷静に判断しながら見ていきましょう。

5.デザインやインテリアを徹底的に参考にする

住宅展示場でのインテリアやデザインはとてもオシャレで魅力的です!

そして配置なども完璧です。

モデルハウスは魅せる家ですので当然と言えば当然ですね。

普段生活している中で、外観や雰囲気がオシャレだと感じる家を見かけることはあるかと思います。

しかし他人の家の中を簡単に見ることは困難です。

住宅展示場は見放題、聞き放題です!

思う存分参考にしていきましょう。

話しやすい担当者であればインテリアのオススメや選び方なんかも聞いてみましょう。

さらに家づくりが楽しくなるかと思います!

住宅展示場は親子で行けるレジャー空間

住宅展示場の魅力の一つとして「家族で楽しめる」というところがあります。

住宅展示場にくる世帯の大半は子育て世代やファミリー世帯です。

子供が喜ぶイベントに注力している展示場が多いです。

まさにレジャー空間ですね!

予約が必要なイベントもありますので、事前に問い合わせてみましょう。

人気の高い住宅展示場イベント

数あるイベントの中から特に人気の高いイベントを紹介します。

  • 住宅に関連する補助金の勉強会
  • 親子参加型のマネーセミナー
  • 人気キャラクターショー
  • モノづくり体験関連

子供たちが遊びとして楽しめるものから、学校では教えてくれない楽しく学べるものまで準備されています。

豪華特典もゲットしましょう

住宅展示場では様々な特典(プレゼント)をもらうことができます。

  • 図書カード、クオカード
  • 商品券(アマゾンギフトカードなど)
  • 人気キャラクターグッズ
  • 家族の似顔絵プレゼント
  • 家族写真サービス

住宅展示場として準備しているものもあれば、各住宅メーカーが準備しているものもあります。

家族全員がもらって嬉しい特典盛りだくさんですね!

【当サイトおすすめ】SUUMOでカタログ一括請求してみる【無料】⇒

LIFULL HOME’Sでカタログ一括請求してみる【無料】⇒

住宅展示場で気を付けるべきこと

楽しい住宅展示場ですが、気を付けることも頭に入れておきましょう。

出店メーカーの事前チェック

住宅展示場のWEBサイトなどには必ず出店メーカーの記載があります。

  • どんなモデルハウスか?
  • 何社が出店しているか?

必ず確認するようにしてください。

お目当てのメーカーが出店していないと残念な一日になってしまいます。

小さなお子様がいる場合、ぐずったりして時間通りに進めない可能性もあります。

余裕を持った時間配分でのぞんでください。

来場目的を明確にする

最大の目的はただの見学でもイベントでもありませんよね。

「家づくりのヒントや知識を得る」ことです。

素敵なモデルハウスや楽しいイベントに参加すると、つい本来の目的を見失いがちになります。

「今日は楽しかった!でも必要な情報が取れなかった・・」これではまた改めて行く羽目になってしまいます。

もちろん中にはイベントを最大の目的として来場する人もいます。

そんな人はイベントに集中して最大限楽しみましょう!!

一人の営業マンと喋り過ぎない

各メーカーの営業担当者とのトークには注意してください。

自分のところで決めて欲しいに決まってますから一生懸命お話してくれます。

話が長くなりそうだったら途中でそれを遮る勇気を持ってください。

1社ずつ丁寧に聞きすぎると時間がいくらあっても足りません。

自社のPRや営業に対しては適度な距離を保つことを常に意識しておきましょう。

気に入った住宅メーカーで、尚且つ信頼できそうな営業マンの話だけは少し時間を取って聞いてみても良いかもしれません。

アンケート記入は本当に気に入ったメーカーだけで

住宅展示場には必ずと言っていいほどアンケートの記入を求められます。

このアンケートは後日届くDMや営業での情報に使われます。

全てに答えてしまうと後日とんでもない量のDMが届きます。

よほど興味がなかったメーカーでのアンケートは書かないようにしてください。

何度も電話がかかってくる場合もあるため、断りたい場合は最初の電話で丁重にお断りしましょう。

即決は絶対やめる

例えば車を買い替えたかったとして、ディーラーに車を見にいき、その場で契約しますか?

一度持ち帰る人がほとんどですね。

家の決断は更に重たいです。

運命を感じる程気に入ったメーカーがあったとしてもその場で契約することはやめてください。

たくさんの家を見て気持ちが高ぶっているのは分かります。

でもそれは豪華な家を目の当たりにした一時的な高ぶりかもしれません。

しっかり家族と話し合って冷静に判断しましょう。

注文住宅はその場で契約しなくても無くなるものではありません。

よほど気に入ったメーカーが見つかった場合は後日個別のモデルハウスや内見会を見に行って、ほんとに自分の生活スタイルにマッチしそうなメーカーか判断してください。

あくまでも住宅展示場は「情報収集の場」です。

まとめ

いかがだったでしょうか?

住宅展示場の使い方が少しでも参考になれば嬉しいです。

「家族とのコミュニケーション」これを第一に考えて楽しい家づくりを進めていってほしいです。

これから一緒に暮らしていく家族の想いを全て取り入れた家づくりができれば最高ですね!

一生に一度の家づくりです。

素敵な家が完成することを心から願っております!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

\大切な家づくりで後悔しない為に!/