長崎県のおすすめローコスト住宅メーカーランキング6選!1,000万円台で夢のマイホームを!【令和最新】

長崎県で家を建てたいけど、予算があまりかけられない。

そんな人に向けて長崎県のローコスト住宅事情やローコスト住宅の安さの理由についてまとめました。

長崎県のいろんな地域の特徴や、長崎県のおすすめのローコスト住宅メーカーなど、家をこれから建てようという人の第一歩になるように、一からわかりやすく解説します。

ここで1つ、本題に入る前に質問です。

「あなたは今、注文住宅の依頼にあたって何社のハウスメーカーを調べていますか?」

もしかして、はじめから1社のみに絞ってしまってはいませんか?

実は、注文住宅を建てる上で最も重要なのは「住宅メーカー選び」です。

住宅メーカーなんてどこも一緒、と思っている人は注意が必要です。なぜなら注文住宅においては「住宅メーカー選び」が命と言っても過言ではないからです。

日本全国には知名度の高い「ハウスメーカー」はもちろん、地域に根付き低価格で住宅を提供する「工務店」、自由度が高い「設計事務所」など様々な住宅メーカーが存在します。

十分な比較をせずに依頼するハウスメーカーを決めてしまうと、「予想よりお金がかかった・・。もっといいハウスメーカーに頼めばよかった・・」と、一生後悔することになりかねません。

そうならないためにぜひ活用して欲しいのが、東証一部上場企業の「LIFULL」と、うちハピが運営する「うちハピ注文住宅」のカタログ一括請求サービスです。

↓ ハウスメーカーの一括請求はLIFULL ↓

↓ 工務店のカタログ一括請求はうちハピ ↓

このカタログ一括請求サービスを利用すれば、「エリア」と「こだわり条件」を入力するだけで、条件にマッチするハウスメーカーや工務店のカタログを一括で取り寄せることができます。

圧倒的に時間も節約でき、そして簡単にメーカーの比較が可能になりますね。

また、この一括サービスは無料で利用できますよ!

LIFULLは『ハウスメーカー』が中心、うちハピ注文住宅は『工務店』を中心にカタログを取り寄せられるので、どちらも利用することで理想に近い住宅メーカーに出会える可能性が高まりますよ。

また、カタログを請求の際は、有名かどうかで判断せず、条件に合うメーカーのカタログを一応全て取り寄せることを意識しましょう。

全く知らなかった会社の中に、あなたの希望を実現してくれる会社があるということも珍しくありません。

お金や時間をかけずに、カタログ一括請求サービスで様々なハウスメーカーを比較してみてくださいね!

LIFULL HOME’Sでカタログ一括請求をしてみる【無料】⇒

うちハピ注文住宅でカタログ一括請求してみる【無料】⇒

それではいよいよ本文に入っていきましょう。

長崎県のローコスト住宅事情

長崎県は軍艦島や平和公園など、歴史的な名所が残る街です。

街並みは異国情緒に溢れていて、オランダ坂やグラバー園などの観光地があります。

長崎県は坂が多い県で平地が少なく、他県に比べると狭いけど賃料は高い物件が多い傾向にあります。

そんな長崎県のローコスト住宅事情について解説します。

ローコスト住宅とは

ローコスト住宅とは、安い価格で建てられる家を指します。

一般的な住宅が3,000万円台〜なのに対して、ローコスト住宅は1,000万円台の価格帯のものが多く、中には1,000万円以下のものもあります。

安いからといって必ずしも安っぽい家が建つわけではありません。

価格の違いは各メーカーがいろんな工夫でコストカットを図っていることによるものです。

特徴やおすすめのメーカーのやすさの理由などについては順を追って説明します。

1,000万円台のローコスト住宅の特徴

ローコスト住宅を提供しているメーカーはたくさんあって、メーカーによりコストカットの方法は違います。

ですがある程度特徴が似通ってくる傾向があります。

  •  20坪台が多い
  • 2階建てが多い
  • リビング中心の間取りが多い
  • 四角い土地が多い

建材を最小限に抑えるため、効率的に四角い土地にできるだけ壁の少ない間取りを考えているメーカーが多いです。

リビングが真ん中にあり、廊下がわりにしている無駄のない間取りがよく見られます。

この特徴を逆手にとって、生活同線を効率化した造りの家が多く、安いからといって悪い特徴ではありません。

長崎県で家を建てるときの建築費・坪単価相場

長崎県の坪単価平均は6万9,225円です。

エリア別に紹介します。

長崎市

坪単価平均37万3,406円

長崎市は坂が多い街です。

中心地なのでJRや路面電車・バスなどの交通機関が発達していて交通の便は申し分ないでしょう。

異国情緒あふれる街並みには洋風建築も多く、和洋がミックスした景色には個性的なデザインの住宅が似合います。

北側には大学や小学校などの教育機関が点在しています。

佐世保市

坪単価平均22万2,317円

長崎県で2番目に人口が多い街です。

商業施設が充実している一方で、自然環境も兼ね備えています。

さらに役所や病院など生活に必要な施設が凝縮されている街なので、住みやすくファミリー層に人気がある街です。

大村市

坪単価平均14万5,454円

長崎県のほぼ中心に位置する街で、長崎市や佐世保市からも近い割に坪単価も安く、人気があります。

国道34号線沿いに商業施設が集まっているため、車があれば便利に住めます。

諫早市(いさはやし)

坪単価平均13万5,695円

市内には図書館が4つ、大学や私立・公立高校なども充実していて、高校から地元企業への就職率も高いのが特徴です。

JRと島原鉄道があるため交通の便もよく、豊かな海も魅力の一つです。

長崎県でローコスト住宅を建てるならおすすめのハウスメーカー・工務店ランキング3選

高性能な住宅を独自の工夫で安く提供しているメーカーがたくさんありました。

その中でもおすすめしたいメーカーは以下の通りです。

1.FIT HOUSE

高耐震性・高断熱性・ガス使用可能なオール電化の完全自由設計の住宅がメインのメーカーです。

大手のいーデザインホームがプロデュースしているので品質も安心できます。

EXY

30.78坪/1,700万円

子育て世代に人気の3LDKのプランです。

IZU

34坪/1,927万円

開放感のあるハイドア、LDKは和室と繋げて使える間取り、ウォークインクローゼットなど、住みやすいデザインのプランです。

2.スムホーム

999万円の家作りをコンセプトに掲げたメーカーです。

4LDKを無理なく建てられる100㎡の施工面積を仮定しての価格です。

キッチンやバスだけでなくカーテンなどのインテリアまで標準仕様にしているため、後から予算オーバーになるリスクが低くてすみます。

高性能外壁材ALCを採用し、天災にも強い家が建てられます。

3.信和建設

ローコスト住宅を探している人が共通して心配なのがお金の問題なのではないでしょうか。

信和建設ではローンの審査をしてからプランの打ち合わせに入るので、総予算が分かった上で話が進み、合理的です。

プランはこんなものがあります。

  • 木造企画住宅「麗raka(ウララカ)」36坪プラン
    3LDK/2066万円
  • 木造企画住宅「優wa(ユウワ)」32坪プラン
    4LDK/1,691万円
  • 木造企画住宅「樹moti(キモチ)」27坪プラン
    3LDK/1,078万円

LIFULL HOME’Sでカタログ一括請求をしてみる【無料】⇒

うちハピ注文住宅でカタログ一括請求してみる【無料】⇒

長崎県で平屋が人気のローコスト住宅メーカー・工務店3選

ローコスト住宅で平家はあまり扱っていない、という認識が覆される低価格高品質なプランを打ち出しているメーカーがたくさんありました。

特におすすめしたいメーカーを3つ選びました。

パパHOME

600万円から平家が建てられるメーカーです。

施工事例としては以下の通りです。

  • 1LDK/10坪/600万円
  • 2LDK/18坪/890万円
  • 3LDK/22坪/950万円

価格には不耐工事も含まれているためかなりお安く家が建てられます。

土地の紹介や融資なども手伝ってくれるので、初めての家づくりで不安をかかえている人にとって強い味方になってくれます。

グッドホーム

  • 平家プラン1
    3LDK/26.5坪/999万円
    ※付帯工事費180万円・土地代600万円・合計価格1,779万円
  • 平家プラン2
    2LDK/18坪/768万円
    ※付帯工事費180万円・土地代500万円・合計価格1,448万円

共同仕入れ・スタッフの効率化・広告費カットなど、住宅の質は下げずにコストカットを図っている優良メーカーです。

誠実に値段を告知することによって冷やかしにくる顧客が減るため、無駄な接客時間を減らすこともコストカットに一役買っています。

住宅展示場には出店せず、モデルハウスは役目を終えた後に売り出しています。

お得に購入を狙うならチェックしておいて損はないですね。

ニコニコ住宅

  • 2LDK/12.2坪/500万円
    ※付帯工場費268万円・土地代600万円・合計1,368万円
  • 3LDK/20.28坪/1,022万円
    ※付帯工事費268万円・土地代600万円・合計価格1,890万円
  • 4LDK/27.55坪/1,242万円
    ※付帯工事費268万円・土地代600万円・合計価格2,110万円

安くても品質はそのままに、今風のデザインの住み心地のいい家が建てられます。

火災から家族を守ってくれる省令準耐火仕様や制震性能も高く、20年保証もついているので安心です。

標準使用で高断熱窓やオール電化もついているので、光熱費の削減も期待できます。

ローコスト住宅はこんな人におすすめ!

ローコスト住宅は安いから機能性やクオリティを我慢しなければいけない、と思われがちですが、賢く買えば妥協することなく恩恵を受けることもできます。

ローコスト住宅のメリット3つ

家族が近い間取り

ローコスト住宅の特徴の一つが、リビングを真ん中に据えた廊下や壁の少ない間取りです。

リビングを通って各自が移動をすることになるので、家族が自然と顔を合わせる生活環境が出来上がります。

生活同線が効率的

狭い土地にできるだけ効率よく家を建てる工夫をしているメーカーが多く、結果的に家事がしやすい生活同線を確保している間取りが多いのもメリットの一つです。

ローンの悩みが軽減される

価格が安いということはその分ローンの負担も少ないということです。

無理をして借りられるだけ借りるのではなく、余裕を持って生活できる程度を借りれば、その分繰上げ返済などで早く完済できるので利子の負担も少なくて済みます。

「賃貸で住むよりも安い」とうたっているメーカーも多く、お金の心配が軽くなるのはローコスト住宅の最大のメリットと言えます。

ローコスト住宅がおすすめな人

ローコスト住宅がおすすめな人は、自分の希望が明確にできる人です。

なんとなく家が欲しいのではなく、設備や生活設計など、具体的に理想がある人におすすめです。

理想のためにいる設備・いらない設備を取捨選択したり、理想に近い住宅をかなえてくれるメーカーを根気強く探せる人なら、ローコスト住宅のメーカーでも十分に満足のいく家を建てられます。

LIFULL HOME’Sでカタログ一括請求をしてみる【無料】⇒

うちハピ注文住宅でカタログ一括請求してみる【無料】⇒

ローコスト住宅で失敗しないために必ずココに注意!

ローコスト住宅のいい面ばかりを開設してきましたが「失敗した」という口コミももちろんあります。

失敗する代表的な要因を挙げると予算・アフターサービス・コミュニケーション不足の3つです。

一つずつ解説します。

全てコミコミでいくらかを確認する

建物の価格以外にも付帯工事費と呼ばれる配線やインテリアなどの建物以外の工事にお金がかかります。

メーカーによっては建物のみの価格を表示していたり、付帯工事費込みの価格表示だったりと様々です。

さらに税金などの諸費用もかかりますので、予算は最初にコミコミ価格を確認しておくことを忘れてはいけません。

あらかじめ予算の総額を伝えておくのも一つの方法です。

アフターサービスの内容を確認する

アフターサービスは建物に関係ないからと侮ってはいけません。

万が一住んでから不具合が出てしまったら、保証が手薄だと後から思いもしていない修理費や修繕費がかかってしまうこともあるからです。

アフターサービスの内容も定期検診の期間もメーカーによって独自のルールがあるため、、面倒でも最初にきちんと確認して納得したメーカーと契約をしましょう。

担当者とのコミュニケーションは密に

担当者とコミュニケーションを怠ると、いつの間にか自分の理想からかけ離れた家が建つ失敗も起こりかねません。

例えば間取り面で妥協するにしても、納得いくまで担当者に相談して妥協するのと、適当に妥協するのでは、その後提案してくれるであろう代替え案も違って来ます。

家は作ってもらうのではなく、メーカーと一緒になって作るものです。

後から「こうしておけばよかった」という後悔のないように、確認しておきたいことや伝えておきたい理想についてはしっかり話しておきましょう。

まとめ

ローコスト住宅は価格が安いぶん品質の劣るもの、という常識は捨てましょう。

賢く買えば場合によっては1,000万円単位で家は安くなります。

面倒なことが多いですが、適当に妥協せずに自分の納得のいくまで下調べやメーカー選びにこだわりましょう。

メーカーは各社売りにしている部分がさまざまなので、まずは資料を取り寄せたり現物を見たりして、しっかり比較検討をするのが近道です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

\大切な家づくりで後悔しない為に!/