宮城県のおすすめローコスト住宅メーカーランキング3選!1,000万円台で夢のマイホームを!【令和最新】

<記事の情報は、2021年7月1日時点のものです>

夢のマイホームをローコストで実現!!
今流行りのローコスト住宅について徹底解説します!!

この記事では
東北地方で家づくりをする人に必ず読んでほしい情報を集めました。

その中でも今回は宮城県で注目されている
「ローコスト住宅」についてです。

近年、若い世帯にローコスト住宅の人気が集中しています。

それに伴いローコスト住宅メーカーがどんどん増えています。

ローコスト住宅専門で展開するメーカーもあれば、
一般住宅メーカーがローコストに特化した部門を作ったり、
ローコスト商品のラインナップを追加したりしています。

それだけローコスト住宅の関心が高いということですね。

この記事を読むことで

ローコスト住宅の魅力やデメリット、
宮城県でオススメするローコスト住宅メーカーなど、
家づくりの全てが分かります。

最後まで読んでみてください。

それではさっそくいきましょう!

ここから本文に入る前に、1点質問です。

「後悔しないマイホームを建てるために、最も大切なことは何だと思いますか?」

資金計画?土地探し?それとも見学会に参加すること?

いずれももちろん重要ではありますが、答えはNOです。

後悔しない注文住宅を建てるために最も大切なことは、パートナーとなる「住宅メーカー選び」です。

全国的に展開していて比較的規模が大きい「ハウスメーカー」、地場に根付いて地域のことを知り尽くしている「工務店」、より柔軟なデザインで対応してくれる「設計事務所」。

一口に住宅メーカーと言っても幅広く、企業数も膨大でどの会社を選ぶべきか迷ってしまう人も多いでしょう。

しかし比較検討の手間を惜しんで、安易に名前の聞いたことのある大手のハウスメーカーに絞り込んでしまうのは危険です。

手間暇は極力減らしながらも、しっかりと比較・検討した上で依頼先を決めることが、後悔しない注文住宅を建てる上で最も重要になります。

「でも、山ほどある住宅メーカーから、どうやって条件に合う会社を見つければいいの?」

とあなたも感じるはず。そこでぜひ活用して欲しいのが、東証一部上場企業「LIFULL」が運営する「カタログ一括請求サービス」です。

あなたが住んでいるエリアと、希望の条件などを選択するだけで、あなたにあった住宅メーカーが複数ピックアップされます。

ピックアップされた住宅メーカーは、知名度の有無などで選り好みせず、まずカタログを取り寄せてみましょう。

条件にあった複数の会社を比較・検討することで、より条件にマッチした会社に出会える確率がグッと高まります。

完全無料で利用できますし、東証一部上場のLIFULLが運営しているのでしつこい営業連絡が来ることもありません。

入力は数分もあれば完了するので、これから住宅メーカー選びをしたい人はぜひ活用してみてください。

LIFULL HOME'Sで無料&1分で簡単カタログ一括請求⇒

それではここから本文に入っていきましょう。

宮城県のローコスト住宅事情

宮城県は2011年の東日本大震災の影響を
大きく受けた地域です。

住宅に関する被害状況としては、

・全壊⇒8万棟以上
・半壊⇒15万棟以上

かなり多くの家屋に被害がでました。

津波と地震の恐ろしさを物語っていますね。

復興は進んできましたが、
まだまだ元の安心した生活に戻っていない人が多数いるのが現実です。

家の立て直しに関して、
国や県の補助金、助成金があるとしても当然自己負担する分は
ゼロではありません。

このような状況での家づくりですので、
建物に多くの金額を使えない方はたくさんいます。

おのずとローコスト住宅の需要が増えている地域であると言えるでしょう。

そもそもローコスト住宅とは??

そもそもローコスト住宅とはなんでしょうか。
いくらの家がローコスト住宅?

色々な疑問があると思いますので
まず最初にローコスト住宅の概要についておさえていきましょう。

ローコスト住宅は別名「規格住宅」とも言われます。

メーカーがあらかじめ準備した各項目の仕様の中から、
好きな仕様を選択しながら決めていきます。

セミオーダーといったところでしょうか。

家を決定するにあたり下記3つに分類されます。

・規格住宅(セミオーダー)
・注文住宅(フルオーダー)
・建売住宅(既に建っているものを購入)

それぞれに特徴がありますが、
今回は規格住宅(セミオーダー)の特徴について詳しく解説します。

規格住宅=ローコスト住宅となりますが、
規格住宅はなぜ安くなるのでしょうか?

大きな理由は3つです。

・大量発注による原価削減
・人件費削減
・宣伝、広告費削減

「削減」というキーワードだけ聞くと、
手抜きと捉えてしまう人もいますが、決してそのようなことはありません。

詳しく解説していきます。

・大量発注による原価削減
住宅の標準仕様をメーカーが決めてしまうことにより、
仕入れ先に発注する材料を固定することができます。

仕入れ先側からすると多品種の材料を少ない量で注文されるより、
同品種の材料を多く注文される方が金額を落とすことができます。

ここでの原価削減とは安くて悪いものを使うわけではなく、
良い材料を少しでも安く仕入れる工夫となります。

・人件費削減
ここでの人件費削減は単に人数を減らして対応するわけではありません。

標準仕様を統一することでメーカーとお客さんの打ち合わせ時間が
圧倒的に圧縮されます。

選択肢が少ない分、お客さんはいちいち迷わなくて済みます。

家の金額には当然打ち合わせなどの人件費が含まれます。

打ち合わせが少なくなることで全体的な金額を抑えることに直結します。

人数を減らすのではなく、効率をあげて削減を行っていることが
分かってもらえたかと思います。

・宣伝、広告費の削減
ローコスト住宅メーカーのCMなどはあまりテレビで見かけません。
よほどの大手住宅メーカーは別ですが。

テレビでの宣伝は芸能人やタレントを使うため、とても費用がかかります。

この費用もお客さんの住宅費用に見えないところでかかっています。

ローコスト住宅メーカーではインターネットやSNSなどの広告を活用して、
宣伝費にお金をかけない企業努力をしています。

1,000万円台のローコスト住宅の特徴

ローコスト住宅の建物価格相場は「1,000万円代」が大半です。

特に安いメーカーであれば1,000万円を切ってくるようなところもあります。

ここでは大多数を占める1,000万円代のローコスト住宅の
特徴を紹介してきます。

大きな特徴は以下3つ。

・凹凸がない箱型
・空間を細かく区切らない
・1階と2階が同じ面積

「凹凸がない箱型」
シンプルな構造にすることで制作工数を削減します。

「空間を区切らない」
空間を区切ることでその分の柱や扉が増えてしまうため、
広々としたリビングをベースとした設計となります。

「1階と2階の面積が同じ」
シンプルな箱型を実現するためには
1階と2階の面積を同等にする必要があります。

ここルールに沿うとどうしても外観が似た作りになってきます。

生活するには問題ありませんが、

自分たちの個性を出していきたいと考えている方ですと
1,000万円台のローコスト住宅はハッキリ言って不向きです。
このルールの中で+α部分や外観の色、デザインで
各メーカーが切磋琢磨していると言えます。

宮城県で家を建てる時の土地相場を知る

土地価格の相場を知ることは非常に重要です。

土地の価格は常に変動しており、周辺の環境に左右されますので、
家を建てる際は常に情報収集していきましょう。

例えばその土地の周辺の情報として、

・大型ショッピングセンターができる
・新たな駅ができる

このようなことが決定すると
利便性が上がる分人気が出ます。

人気が出れば当然土地の価格は上がります。

宮城県の現状を見ていきましょう。

宮城県の土地相場

・若林区:37.1万/坪
・刈田郡:1.1万/坪

平均すると20万/坪前後といったところになります。

どの県にも共通して言えることですが、
利便性の良い都市に近づくにつれて高くなると言えます。

宮城県の特徴としては、
震災復興に注力している県であるため、再建計画がでたりすると
その周辺土地の価格が高騰するなど変動がある県となります。

参考記事⇒宮城県の土地価格相場

土地を決める際は価格と合わせて下記ポイントに注意して
決定してください。

・夫婦の職場事情⇒転勤の有無
・子育ての考え方⇒特に高校進学を中心に
・老後のライフプラン
・家族、親戚との距離感

そこに家を建てるということは、
決定した周辺環境が一生の生活基盤となる場所になります。

家族とよく話合って慎重に考えていきましょう。

LIFULL HOME'Sで無料&1分で簡単カタログ一括請求⇒

宮城県でローコスト住宅を建てるならおすすめのハウスメーカー・工務店ランキング3選

お待たせしました!
ここからは楽しい住宅メーカー選びとなります!

期待とイメージを膨らませながら見てくださいね。

宮城県でオススメするローコスト住宅メーカーを紹介していきます。

1.パズルハウス

宮城県全域を中心に展開する住宅メーカーです。

幅広い商品ラインナップを用意していることから、
独身世帯、子育て世帯、シニア世帯と年齢層に限らず支持されている会社です。

パズルハウスのローコストプラン

パズルハウスでは「826HOUSE」という名前で
ローコストプランを展開しております。

826HOUSEの特徴

「全て自由に設計できます!」
もしこのように言われたらどうでしょうか?

何をどう決めていけばよいか分からないことも
多いかと思います。

こういったストレスを解消してくれるのが
「826HOUSE」です。

826HOUSEでは各決定する項目をパッケージにすることで、
その中から一つずつ好きな仕様を選択していくことができます。

「A、B、Cどれが好きですか?」

選択肢があることでイメージしやすくストレスが減りますね。

注文住宅と比べると自分自身でアレンジできる範囲は
少し狭くなりますが、選択できる各設備については高性能ですので安心です。

あらかじめ用意されたプランから選ぶことで、
メーカー側も特殊な設計、材料を削減できるため1,000万円台での家づくりを
実現することができるプランとなります。

その他パズルハウスの特徴

パズルハウスでは強引な営業が一切ないことで評判です。

会社の方針で強引な営業を禁止しているようです。

気軽に相談できる環境作りを徹底している会社と言えるでしょう。

2.ロゴスホーム

ロゴスホームは北海道に本社を構える住宅メーカーです。

東北地方での実績も数多くあり、
宮城県でも3つのショールームを準備している会社です。

「エコ」をテーマとした住宅が人気です。

ロゴスホームのローコストプラン

ロゴスホームのローコストプランは1,100万円からとなり、
1,000万円代での家づくりが可能となっております。

注目ポイントは2点。

・北海道十勝で高性能を実証
北海道の厳しい気候を想定した家づくりをしています。
夏は涼しく、冬は暖かくなるための工夫を特に意識しています。

・太陽光パネルを標準装備
近年オプションとして人気の高い太陽光パネルを標準搭載しています。
電気代を削減する暮らしを実現可能にしてくれます。

寒い地方では特に電気代は気になります。

この大きな悩みを改善するための仕様と言えるでしょう。

その他ロゴスホームの特徴

ロゴスホームは北海道から始まったメーカーであることから、
厳しい環境から暮らしを守ることに特化しています。

北海道は夏35℃、冬-30℃と日本一寒暖差のある地域です。

この地域で長く安心して暮らせる家を実現するために、
ローコストの中でも品質にこだわっているメーカーと言えます。

3.アイムの家

株式会社三和が運営するのがアイムの家です。

グループとしての規模も大きく、
住宅施工以外の外構工事、造園、アフターフォローまでグループ内で
完結することが可能なメーカーです。

アイムの家のローコストプラン

アイムの家では
・完全自由設計プラン
・セミオーダープラン

を用意しています。

セミオーダープランがローコストプランに近い形となります。

セミオーダープランは「SMART SELECTION50」という名前で展開しており、
規格の決まった50種類のプランからカスタマイズしていくことになります。

50個のプランには夫婦二人世帯に対応した平屋から、
一般的な2階建て、二世帯と幅広く準備されているため希望のプランが見つからないと
いうことはほぼありません。

その他アイムの家の特徴

・「ベタ基礎」と「引き抜け防止ホールダウン金物」を採用
強度と防湿の側面から日本特有の震災や四季の変化に対応した
つくりとなります。

・引き渡し後20年の耐震保証付き
震災の多い地域で長期保証がついているのは嬉しい限りですね。

安さだけでなく、アフターフォローにも力を入れているメーカーと言えます。

LIFULL HOME'Sで無料&1分で簡単カタログ一括請求⇒

宮城県で平屋が人気のローコスト住宅メーカー・工務店2選

宮城県は平屋の需要も多い地域です。

ひと昔前は老後の夫婦世帯に人気だった平屋ですが、
最近では子育て世帯をはじめあらゆる世帯で人気があります。

ここでは宮城県で平屋を検討する際に
オススメできるメーカーを紹介してきます。

1.かえで建築工房

かえで建築工房は宮城県に事務所を構える工務店です。

日本らしい和風の家を得意としていることで
若者からシニア世帯まで幅広く支持を集める会社となります。

かえで建築工房の平屋ラインナップ

平屋規格住宅として3パターンとなります。

・777万円
・888万円
・999万円
※全て税別

金額で何が異なるか解説していきます。

①777万円プラン
一人暮らしに最適なコンパクトプランです。
間取りは一人暮らしに対応した2LDKとなります。

②888万円プラン
二人暮らしに人気のプランです。

間取りは2DLKと777万円プラン同様ですが、
ゆったりした出入り口やバリアフリートイレ対応などが魅力となります。

老後をゆっくり過ごしたいシニア世帯に人気のプランと言えます。

③999万円プラン
888万円プランに+αを加えたプレミアムプランです。

間取りは同じく2LDKですが、
より充実したオプションを加えることができます。

いずれのプランも1,000万円以内で実現できることは
とても魅力的ですね。

各地で平屋の内見会も実施していますので、
情報をチェックしてみてください。

2.ミラクルホーム

ミラクルホームは平屋専門の住宅メーカーです。

専門でやっている住宅メーカーはとても珍しいです。

平屋を検討するのであれば、
必ず一度は足を運んでほしい会社と言えます。

ミラクルホームの商品ラインナップ

・一般平屋住宅
・バリアフリー対応
・ZEH対応

上記3つのニーズで対応しています。

ミラクルホームの価格帯

1,000万以内で収まる規格住宅タイプと
希望に応じてくれるフリープランがあります。

平屋には耐震性や暖かさを逃がしにくいなど
たくさんのメリットがあります。

ミラクルホームではこのようなメリットを
120%盛り込んだ提案をしてくれます。

ローコスト住宅はこんな人におすすめ!

ローコスト住宅はこんなニーズを持つ人に
オススメできると言えます。

まずはローコスト住宅とそれ以外のジャンルを
知っていきましょう。

・ローコスト住宅(規格住宅)
・注文住宅(オーダーメイド)
・建売住宅(メーカーが建てたもの)

注文住宅は1から自分で決めていくのに対して、
建売住宅は既に完成したものを購入するため、
ローコスト住宅はその中間の位置づけとなります。

ローコスト住宅のメリット3つ

ローコスト住宅のメリットを知ることで、
自分自身の考え方に合いそうか検証していきます。

ローコスト住宅の魅力は大きく3つあります。

・金額面
・納期面
・自由度

それぞれ解説していきます。

・金額面
ローコスト住宅は今回の記事で説明した通り、
安さが魅力です。

若い夫婦や転職したての人になると、
銀行で希望通りの金額の借入ができない場合があります。

ローコスト住宅は借入金額を抑えることができるため、
その分審査に通りやすいと言えます。

現在の収入面に不安のある方にはオススメできます。

・納期面
次に納期面です。

「子供が生まれるまでに完成したい」
「期限付きの補助金を活用したい」
「アパートの更新時期が決まっている」

このように期限が決まっている事情を持つ人にオススメです。

通常、注文住宅では着工~完成までに4~5か月要しますが、
ローコスト住宅は2~3か月と短納期の場合が多いためです。

・自由度
最後に自由度です。
自由度とは言い換えるとカスタマイズのしやすさとなります。

金額の安さを求める場合、
建売住宅に魅力があることが多いです。

しかしながら建売住宅は既に完成したものを購入するため、
自分の希望に合わない部分があっても変更することができません。

その点ローコスト住宅ではコストを抑えつつ
自分の希望にあった間取りや設備が選択可能となります。

建売で100%自分に合った家が見つかればそれが一番お買い得ですが、
なかなか難しい話となります。

安い金額の中で自分の要望も叶えたいと考える人には
オススメと言えます。

ローコスト住宅を検討する時の注意点を解説!!

安くて自由の効くローコスト住宅。
ここまで魅力をお伝えしてきた中で良いと思った方も多いと思います。

最後にローコスト住宅で失敗しないための
注意点について解説していきます。

コミコミ価格の範囲をしっかり確認する

ローコスト住宅の広告では

「コミコミで〇〇円」
「〇〇〇万円~」

このように安い金額を前面に押し出している場合が多いです。

・どこまでの範囲がコミコミなのか?
・〇〇〇万円~最大はいくらぐらいになるのか?

冷静に判断していきましょう。

安いと思って打ち合わせを進めていった結果、
オプションをどんどん付けて予算を大幅に超えた・・

こんな話をよく聞きます。

これでは何のためにローコスト住宅を採用したのか
分からなくなってしまいますね。

税込みか税抜きかもしっかり確認してください。

ベースの金額が大きい分、税金の有無で
大きく金額が変動します。

都度担当者に聞きながら進めてください。

LIFULL HOME'Sで無料&1分で簡単カタログ一括請求⇒

必要な設備の見極めは重要

若い世帯であれば30年以上住むことになります。

必要設備だけを吟味してください。

ポイントは10年後、20年後もその設備を使うイメージができているかです。

例えばの話をします。

憧れのウッドデッキ、ここでバーベキューがしたい!

バーベキューが一番の趣味で数十年後もウッドデッキを
使っている姿が明確に想像できますか?

想像できる人に取っては必要な設備と言えます。

ただし、想像できない人にとっては考える必要がある設備です。

このようにオプション設備に関しては、
一時の感情に任せて付けることのないよう、注意してください。

オプションの有無で数百万の違いがでる場合もあります。

その不要だったオプション分で車が一台買えるかもしれません。

冷静な金銭感覚で打ち合わせを進めましょう。

アフターサービスもメーカー最終決定の材料にする

アフターサービスも建物価格同様です。

「20年間無償対応!」

このような書き方をしているメーカーもありますが、
対応期間と対応内容については契約前に必ず聞きましょう。

大手メーカーではマニュアル通りの対応だったり、
地域密着工務店ではお金がかかるところをサービスでやってくれたりと
対応は異なります。

大手メーカーは人数が多く対応が早かったり、
地域密着工務店は対応が遅かったり色々あります。

上記はあくまでも例えです。

メーカーによって特色もありますが、
契約前では見えにくいところだからこそしっかり向き合ってください。

LIFULL HOME'Sで無料&1分で簡単カタログ一括請求⇒

まとめ

ローコスト住宅の魅力は伝わったでしょうか?

最後にお伝えしたいことは
家を建てることが目的ではないということです。

毎日を豊かな気持ちでハッピーに過ごす手段として
「家」があります。

納得のいく家づくりをして
楽しい毎日を迎えられることを願っております!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

\大切な家づくりで後悔しない為に!/