マツシタホームで家を建てた人の本音の評判・口コミを暴露!坪単価や特徴、注意点までわかる完全ガイド

<記事の情報は、2021年7月1日時点のものです>

マイホームを持とうと決めると、自然と周囲の家に目が行くようになります。

「あの家はあのハウスメーカーで建てた家だろう」とか、「高価な外壁材の家だな」など、だんだんわかるようになってくるものです。

そんな家づくりの目線で、茨城県の鹿行地区の街並みを見たことはありますか?

このエリアに立ち並ぶ家は、思わず見とれてしまうほど美しく機能的な家ばかり。

それに、素晴らしいのは外観だけではなく、性能も価格も工夫を凝らした内容充実の家なのです。

そこで今回は、鹿行地区の美しい街並みをつくっているハウスメーカー「マツシタホーム」について解説します。

マツシタホームが目指すのは未来を見据えた確かな家づくり。

マツシタホームが提案する「最高の家」を建ててもらうため、家の設備や構造はもとより、価格を抑えるための工夫も盛りだくさんの家です。

ここでは、マツシタホームの家の特徴や価格を抑えるための独自システム、マツシタホームで家を建てた人の感想などを詳しくご紹介しています。

この記事を読み終えれば、家づくりで大切なものはなにかを再度考えるきっかけとなり、よいハウスメーカー選びの材料となるはずです。

さらに、「マツシタホームで建てるマイホームってこんな感じ」とイメージが湧きますよ。

では、じっくりとお読みください。

ここで1つ、本題に入る前に質問です。

「あなたは今、注文住宅の依頼にあたって何社のハウスメーカーを調べていますか?」

もしかして、はじめから1社のみに絞ってしまってはいませんか?

実は、注文住宅を建てる上で最も重要なのは「住宅メーカー選び」です。

住宅メーカーなんてどこも一緒、と思っている人は注意が必要です。なぜなら注文住宅においては「住宅メーカー選び」が命と言っても過言ではないからです。

日本全国には知名度の高い「ハウスメーカー」はもちろん、地域に根付き低価格で住宅を提供する「工務店」、自由度が高い「設計事務所」など様々な住宅メーカーが存在します。

十分な比較をせずに依頼するハウスメーカーを決めてしまうと、「予想よりお金がかかった・・。もっといいハウスメーカーに頼めばよかった・・」と、一生後悔することになりかねません。

そうならないためにぜひ活用して欲しいのが、東証一部上場企業の「LIFULL」と、「SUUMO」のカタログ一括請求サービスです。

↓ ハウスメーカーの一括請求はLIFULL ↓

↓ 工務店のカタログ一括請求はSUUMO ↓

このカタログ一括請求サービスを利用すれば、「エリア」と「こだわり条件」を入力するだけで、条件にマッチするハウスメーカーや工務店のカタログを一括で取り寄せることができます。

圧倒的に時間も節約でき、そして簡単にメーカーの比較が可能になりますね。

また、この一括サービスは無料で利用できますよ!

LIFULLは『ハウスメーカー』が中心、SUUMOは『工務店』を中心にカタログを取り寄せられるので、どちらも利用することで理想に近い住宅メーカーに出会える可能性が高まりますよ。

また、カタログを請求の際は、有名かどうかで判断せず、条件に合うメーカーのカタログを一応全て取り寄せることを意識しましょう。

全く知らなかった会社の中に、あなたの希望を実現してくれる会社があるということも珍しくありません。

お金や時間をかけずに、カタログ一括請求サービスで様々なハウスメーカーを比較してみてくださいね!

LIFULL HOME’Sでカタログ一括請求してみる【無料】⇒

SUUMOでカタログ一括請求してみる【無料】⇒

それではいよいよ本文に入っていきましょう。

マツシタホームで建てられる家はどんな家?3つの特徴を紹介

マツシタホームの家の特徴をまとめるとこのようになります。

  • 地震に強い家
  • 建てたあとも安心の家
  • 経済的でデザイン性の高い家

ひとつずつご説明しますね。

地震に強い家

マツシタホームの家は、地震に強い家です。

マツシタホームでは、耐震性で重要な耐壁力は建築基準法で定められている1.5倍以上、床倍率は3倍以上を最低基準として設計をしています。

ここまで高い耐震性を実現できるのは、マツシタホームの家で採用している「ハイブリット工法」のおかげ。

ハイブリット工法とは、柱と梁で建てる木造軸組工法と、壁で外力を分散させるツーバイフォー工法をミックスした工法です。

また、使用する木材はEW(エンジニアリングウッド)を使用。

EWとは、木材の強い部分のみを取り出し、接着させて作る高強度で十分に乾燥した構造材です。

無垢材で家を建てるよりも高額になりますが、杢目や節による品質のばらつきがなく、設計強度も1.5倍となることから、マツシタホームの家では主要構造体すべてでこのEWを採用しています。

基礎にはベタ基礎を採用し、鉄筋も一般的な住宅に用いられるよりも一回り太いものを使用。

しっかりした基礎に、強い木材で建てるハイブリット工法の家なので、地震に圧倒的な強さを誇っているというわけです。

住宅の耐震性をさらに高めたい方には、ハイブリット制震工法も用意されています。

ハイブリット制震工法とは、柔軟性に優れたガムのような粘弾性体を柱や梁などの軸と構造面体の間に挟み込むことで、地震の揺れによるビスのゆるみや建物への揺れの伝わりを半減する工法。

マツシタホームは、このハイブリット制震工法を業界でいち早く採用しました。

いつでも最高の性能を保とうとするマツシタホームの家づくりへの姿勢が表れています。

建てたあとも安心の家

マツシタホームでは、住む人がいつまでも安心して、快適で健康的に暮らすことを目指した家づくりをしています。

その実現のため、マツシタホームの家には住む人への配慮が盛りだくさんです。

  • 火事への備え
  • 防犯への備え
  • 家庭内事故への備え
  • 換気への備え
  • 光熱費への備え

どのような内容なのか、確認していきましょう。

火事への備え

実は、大地震よりも火事に合う確率の方が高いことをご存じでしょうか。

マツシタホームではその事実を重要視し、火災にも強い家づくりをしています。

準耐火建築物または省令準耐火構造に対応する商品を開発して使用することで、マツシタホームの家は木造住宅でありながら、法令を遵守する耐火性を実現しているのです。

ちなみに、準耐火建築物は建築基準法で定められたもので、防火ガラスの使用や、室内建材の耐火性レベルが高いことが特徴です。

省令準耐火構造とは、住宅金融公庫が定めている仕様。

建築基準法ではないため、防火地域での建築はできませんが、火災保険の割引適応は準耐火建築物同様に適応されます。

また、各室に火災報知器の配置と、初期消火に必要な消火器も標準装備。

さらに、燃えにくいEWが火の回りを抑制するため、家族が避難する時間をつくってくれるのです。

防犯への備え

マツシタホームでは、住む人の安全のため、すべての引違窓に電動シャッターを標準装備しています。

電動シャッターは開け閉めが楽で、風害への備えにもなるすぐれものです。

また、その他の侵入の可能性のある窓には防犯フィルムと編み入Low-Eガラスを標準装備。

浴室の窓にはセキュリティ面格子を採用しています。

玄関はディンプルキーとセキュリティサムターン鍵のダブルロックが付いているほか、トステムのホームセキュリティーや持ち運びできるどこでもドアホン、玄関ポーチなどの人感ライトセンサーなどが標準になっているため、家を建てたあとに追加で防犯アイテムを揃える必要がありません。

家庭内事故への備え

マツシタホームの家は、住宅性能表示制度の基準のひとつであるバリアフリー等級が4等級以上。

一般的な住宅が3等級であることから、どの世代の人でも、障害があってもなくても快適に過ごせる設計がなされていることがわかります。

また、浴室でのヒートショックによる事故を防ぐため、マツシタホームの家では浴室に乾燥暖房システムが標準装備され、いざというとき助けやすくするために浴室のドアは引き戸で統一されています。

住む人への考え抜かれた配慮がうれしいですね。

換気への備え

マツシタホームの家は高気密・高断熱の家です。

そのため、室内の空気が外に逃げにくく、換気を十分に行う必要があります。

そこで、マツシタホームでは高性能フィルター付熱交換型セントラル気調システムを導入。

排気から熱を取り、新たに取り込んだ給気に加える熱交換システムなので、換気による冬の冷えを防ぎながら、花粉やダニ、カビ、ウィルスの抑制もできます。

メンテナンスは、半年ごとの定期訪問でお声がけ。

適切なメンテナンスを行うことでいつまでも性能を保ち、心地よい空間で生活できるようお手伝いしてくれます。

光熱費への備え

マツシタホームの家は、高い断熱性を誇る次世代省エネの家です。

北海道仕様である次世代省エネ基準Ⅰでは、外張断熱と内断熱を組み合わせ、構造面材の外側には高性能断熱パネルネオマフォームを、内側には高性能グラスウールと防湿気密フィルムを用いります。

青森等の仕様である次世代省エネ基準Ⅱでは外張断熱、福島等の次世代省エネ基準Ⅲでは内断熱と、予算とお好みに応じて使い分けることができます。

窓にはLow-Eサッシが標準装備となっており、熱交換換気システムとの効果で光熱費を抑えることが可能です。

また、オプションでオール電化や床下蓄熱全館暖房「ecot」が選択可能。

「ecot」とは、電気代の安い深夜帯に蓄えた熱を徐々に放熱することで、電気代を抑えつつ家中を暖める仕組みです。

ほかにも、節電や節水機能のある設備を選択することで、マイホーム建設予算とこれからかかる光熱費のバランスを取ることができます。

太陽光発電システムを併用したZEH仕様も可能。

マツシタホームなら、地球にもお財布にも優しい未来を見据えた家づくりをすることができます。

経済的でデザイン性の高い家

マツシタホームでは「住宅デザインも性能のひとつである」と考え、家に必要な性能は保ったまま、合理的で美しい家づくりをしています。

もちろん間取りは完全自由設計。

ジャパニーズとヨーロピアン、モダンテイストの3つのテイストから選べる外観や内装は、どれも普遍的な美しさがあります。

住む人の好みを反映させたオリジナリティあふれる家づくりには、家の性能だけでなくデザイン性も欠かせません。

マツシタホームでは、設計士やインテリアコーディネーターが内装や設計に将来の人生設計までも組み込み、広さや畳数にとらわれることなく自由な発想でプラスαの提案をしてくれます。

また、いつまでも美しさが維持できるような工夫がされていることも特徴です。

外壁にはメンテナンスフリーのナノ親水タイルを用いた総タイルを標準とすることで、汚れを付きにくくし、外壁にかかるランニングコストを低減。

加えて、耐久に優れ、再塗装不要の陶器瓦の屋根にすることで、屋根の葺き替え不要となり、さらに経済性を高めることができるのです。

しかも、確かな建材を使用したマツシタホームの家は、耐用年数100年を想定。

あえて標準仕様のレベルを上げて内容を充実させることにより、仕入れ値を抑え、性能の高い家をお得に建てられるような工夫もなされています。

家の性能もさることながら、マイホームを建てるときも建てた後も、経済的で美しさを保つ家であることもマツシタホームの家の特徴です。

マツシタホームで実際に家を建てた人の評判・口コミ

では、マツシタホームで実際に家を建てた人はどう思っているのでしょうか。

口コミをまとめてみたので、ご覧ください。

マツシタホームの悪い評判・口コミ

まずは、あまり良くない評判から。

  • よい図面をつくってもらったが、申込金5万がかかる
  • これだけの仕様なので、それなりに費用はかかる
  • 家は大満足だが、アフターが遅いのが気になる
  • 現場監督も設計士ということだったが、影が薄い印象だった

色々調べてみましたが、あまりわるい口コミは見当たりませんでした。

実績あるハウスメーカーで、これだけネガティブな意見が露出しないのは珍しいことです。

マツシタホームの良い評判・口コミ

良い評判も確認してみましょう。

  • 一年半住んでいるが、冬暖かくて夏涼しくてとても快適。防音もおどろくほど良い
  • それなりに金額はかかったが、住み心地は想像以上
  • 安くはないが、有名大手ハウスメーカーで同等の家を建てるよりは安い
  • 太陽光発電システムで電気代は実質なし。今後を考えると太陽光発電を入れて正解
  • 営業、設計はベテランで安心だった
  • 前評判通り、ライフサイクルコストの良い家。建築費用はかさんだが、外装のメンテナンス費用がかからないので満足
  • 社長に対応してもらったが、熱い人柄で影響を受けた

住み心地についての意見が多く見受けられました。

全体的に高評価が目立ち、マツシタホームのコスト意識や仕様へのこだわりに共感を覚えるという口コミが多いことが印象的です。

LIFULL HOME’Sでカタログ一括請求してみる【無料】⇒

SUUMOでカタログ一括請求してみる【無料】⇒

マツシタホームで住宅を建てるのがおすすめな人の3つの特徴

マツシタホームの家がぴったりなのはこんな人です。

  • 将来を見据えた家づくりをしたい人
  • 大手有名ハウスメーカー同等の家を安く建てたい人
  • 洋風の家を建てたい人

詳しくお話させてください。

将来を見据えた家づくりをしたい人

これから数十年後の未来を考えたときに、地球温暖化や空き家問題を無視はできません。

地球温暖化は世界規模で進行を続けており、日本も二酸化炭素排出量の低減への取り組みを本格的に始動しています。

実際、電気料金には再生可能エネルギー発電促進割賦金が加算され、その割合は上昇しているのをご存じでしょうか。

また、日本では空き家増加の問題も深刻化していますよね。

各世代が家を持てる日本は恵まれているのかもしれませんが、欧米では3世代に渡ってひとつの家に住むことにより、日本よりもはるかに住宅にかかるコストが軽減され、その分豊かに暮らすことができていることも忘れがちです。

世代を超えて住める家を建てることは、空き家問題対策だけではなく住宅費用の削減となり、孫の世代まで生活水準を向上させることにつながる賢い選択でもあるのです。

こうして考えると、マツシタホームの家は標準仕様でも省エネ性能が高く、ZEH仕様の住宅も建てることができる上、100年耐久の家。

地球温暖化防止と高額になってくることが予想される電気代を抑制でき、子供や孫世代に価値のある家を残すことができます。

マツシタホームの家は、将来を見据え、よりよい選択をしたい人にぴったりです。

大手有名ハウスメーカー同等の家を安く建てたい人

マツシタホームの口コミの中では、「マツシタホームの家同等の内容で大手ハウスメーカーの見積りを取ると、マツシタホームはかなり格安である」というものがいくつか出てきました。

また、マツシタホームの公式ホームページには、マツシタホームが取り組んでいる「標準仕様のレベルを上げ、オプションを極力減らすこと」で得られる経済効果について書かれているページもあります。

それによると、例えば標準仕様が1,350万円、オプション150万円の合計建材費1,500万円に使用される建材には、定価で3,562万円程度の価値があるといいます。

同じ1,500万円の建材費でも、900万円が標準、600万円がオプションの合計1,500万円の場合では、建材は実質3,000万円分の価値となり、標準仕様が多い建材費とは562万円もの差が出るという結果でした。

マツシタホームでは、多くのハイレベルな仕様を標準仕様にして一括仕入れすることで仕入れ値を下げ、建築費用に還元しているというわけです。

このような費用や仕様の見直しをマツシタホームでは年に1件は必ず行い、いつも最新の設備をできるだけ費用を抑えて組み込めるように工夫をしています。

同じ性能の家なら、安い方がいいに決まっていますよね。

マツシタホームの家なら、性能のよい家を適正価格よりも安く建てることができます。

性能に妥協せず、費用を抑えたいという方に、マツシタホームの家はおすすめです。

洋風の家を建てたい人

マツシタホームの家は、施工事例などを見るとモダンのイメージが強いと感じている方が多いかもしれません。

でも、実はマツシタホームは洋風デザインも得意なのです。

外観と内装はアメリカンスタイル、英国風、南仏、北欧と、海外風住宅で人気のラインナップが揃っています。

海外住宅の伝統を感じさせてくれる重厚さや、特徴ある装飾などを反映した美しいデザインで建てた施工実例を見れば、マツシタホームの家のデザイン性の幅広さに驚かされることでしょう。

また、洋風デザインのまま平屋の建設も可能です。

マツシタホームなら、間取り自由自在の本格洋風の家が建てられますよ。

マツシタホームで注文住宅を建てるときに注意したいポイント3選

マツシタホームで家を建てる際に失敗しないためのポイントをお伝えします。

  • 施工エリアが限られている
  • 商品ラインナップが1種類しかない
  • 設計図を依頼するには申込金が必要

詳しくご説明します。

施工エリアが限られている

マツシタホームの本社は茨城県神栖市、支店は一店舗で千葉県にあります。

マツシタホームほどの家なら、「ぜひ家を建てたい」という気持ちになりますが、現在残念ながら施工エリアは茨城県と千葉県のみ。

エリア外の方には残念なお知らせです。

しかし、これほどの性能と理念を持つマツシタホームなら、今後まだまだ発展し、施工エリアが拡大するかもしれません。

近郊エリアの方は相談だけ行っておき、少し様子をみるのも手です。

商品ラインナップが1種類しかない

マツシタホームでは、コスト削減のため商品ラインナップは「MAMORIE」(マモリエ)の一択です。

とはいえ、洋風、和風、モダンの3種のテイストが選べるほか、平屋や二世帯住宅にも対応する完全自由設計の家のため、家づくりに不便はあまり感じないかもしれません。

しかし、価格を抑えるための規格住宅は用意がないため、「少し予算が合わない」という場合は妥協案がないのが残念なところ。

そもそも標準仕様が充実していることもあり、建築にかかる費用を抑える方法が少ないのも事実です。

マツシタホームで家を建てたあとは生涯のコスト削減はできますが、まずは建築費用の捻出をがんばらなくてはいけませんね。

設計図を依頼するには申込金が必要

マツシタホームの社員は少数先鋭。

相談担当者や現場監督が建築士ということもあり、設計や家づくりへの専門性が高く、安心して依頼できる体制が整っています。

しかし、その分多くの仕事は受けられないのが実情のようです。

ためしの設計のみで終了する依頼ばかりでは、本当にマツシタホームで家を建てたい人へ時間を割きにくくなり、仕事の質が落ちる懸念も。

そのため、マツシタホームでは契約に至るまでの道のりを独自システム化し、無駄をなくすことでお客様に充てる時間を十分確保する方法を取っています。

一般的なハウスメーカーでは初回設計を無料で行うところが多くありますが、マツシタホームでは初回設計に申込金5万円が必要です。

その後の打ち合わせも回数が決まっており、10回以上の打ち合わせには追加料金がかかるようになっています。

打ち合わせ回数が少ない場合や、土地が決まらず建設ができなかった場合には返金する制度もありますが、「どんな設計なのか一度見てみたい」というだけで5万円を払うかどうかは、お客様次第です。

ある意味、マツシタホームの家づくりへの自信の表れともとれる独自システム。

マツシタホームの家づくりへの姿勢がわかれば、申込金5万円は決して高くないと感じるかもしれません。

LIFULL HOME’Sでカタログ一括請求してみる【無料】⇒

SUUMOでカタログ一括請求してみる【無料】⇒

マツシタホームで家を建てる際にかかる費用・坪単価

マツシタホームの坪単価は50万円~60万円ということです。

標準仕様が充実していることから、オプションで大幅な値上げとなる心配は少ないでしょう。

また、諸経費等は含まない金額ですが、マツシタホームの資金相談では建築にかかる費用、や暮らし始めるまでにかかる費用、将来かかるコストまでも明確に説明をしてくれます。

夢のマイホーム建設を現実的に考える際にお役立てくださいね。

マツシタホームの商品ラインナップを特徴別に紹介

マツシタホームでは、建設コストを削減するために商品ラインナップは「MAMORIE」(マモリエ)のみとなっています。

マモリエは、マツシタホームの家の特徴をすべて生かした最高の性能と安心を住む人にもたらす家です。

また、高い性能を活かした次世代省エネ住宅でもあり、ZEH仕様にも対応できるため、家計と地球に優しい家でもあります。

デザイン性も申し分なく、和風、モダン、ヨーロピアンから選べるテイストはどれもハイクオリティ。

オプションで選べる外装の総タイルなら、オーセンティックでありながら外壁にかかる維持費を大幅に削減することも可能です。

マツシタホームの「MAMORIE」(マモリエ)は、家の安全性、耐久性、快適性、デザイン性、経済性を網羅したまさに最強の家であるといえます。

LIFULL HOME’Sでカタログ一括請求してみる【無料】⇒

SUUMOでカタログ一括請求してみる【無料】⇒

マツシタホームで家を建てる際の流れ

マツシタホームでは、相談受付からアフターサービスまで、すべてのプロセスで建築家、資金計画担当、インテリアコーディネーターなど経験豊かなスタッフが対応します。

①相談受付

家づくりや資金、土地の相談などと共に、マツシタホーム独自のシステムの説明をうけます。

  • TELやメールでの問い合わせ
  • 資料請求
  • 展示会訪問
  • 展示会リモート案内(リアルタイムで映像を流しながら案内します)
  • おうちで家づくり相談(要ラインアカウント)

②マツシタホーム建築申込制度への申し込み

申込み金5万円を支払い、マツシタホームでの家づくりがスタートです。

建物の本契約まで、10回の打ち合わせが用意されています。

打ち合わせが9回以下で本契約に至った場合、建築費用から使用しなかった回数×2万円が減額され、打ち合わせ回数が10回を超えた場合は追加打ち合わせ回数×2万円が増額されます。

③プラン要望聞き取り

土地が決まっている方は⑧敷地調査と地盤調査からスタートとなります。

④ファーストプラン及び見積提出

修正点などの打ち合わせをします。

⑤仮プラン確定

建物の大枠を決定していきます。

⑥建物仮契約

プランに問題なければ仮の契約となります。

土地決定後、見直しをします。

⑦土地選定及び決定、土地契約

ご希望の土地が決まったら再度打ち合わせを行います。

⑧敷地調査、地盤調査

土地の状況を詳しく調べます。

⑨プラン要望聞き取り

土地に合わせた家づくりの内容を確認していきます。

⑩プランと見積の提出、修正

修正点について問題なければプラン確定となります。

⑪プラン確定、工期等詳細打ち合わせ

ここまでで土地未取得の方は7回の打ち合わせ予定です。

⑫最終調整、契約

8回目の打ち合わせで契約となる流れとなっています。

⑬基本設計、実施設計確定

設計確定後、各種申請を行います。

⑭使用打ち合わせ、着工仕様確定

コーディネーターと何度も打ち合わせをして使用をすべて確定後、着工します。

⑮着工、施工

建築士の資格を持つ現場監督が工事の進行を管理します。

⑯完成検査、引き渡し

JHI検査と自社検査終了後、施主様の検査を行ってから引き渡しとなります。

⑰アフターサービス

マツシタホーム独自のアフターサービスで、引き渡しから何十年たっても10年ごとに無償で建物点検を行います。

また、指定された有償メンテナンス工事を行うことで、永続保証されるシステムもあります。

ほかに、「ずっと6か月ごと定期訪問」というサービスがあり、忘れがちになる換気システムのメンテナンスを促してくれるのも安心ですね。

マツシタホームの全国のモデルハウス・住宅展示場情報

マツシタホームには、茨城県と千葉県に5カ所の展示場があります。

  • マツシタホームショールーム 家知館
    住所:茨城県神栖市平泉527-11
    TEL:0299-93-9311
    フリーダイヤル:0120-46-2960

 

  • 本社新展示場
    住所:茨城県神栖市平泉527-11
    TEL:0299-93-9311
    フリーダイヤル:0120-46-2960

 

  • 鹿島住宅公園展示場
    住所:茨城県神栖市割堀1-2-32 鹿島住宅公園内
    TEL:0299-91-0111

 

  • 千葉展示場
    住所:千葉県千葉市若葉区源町86-1
    TEL:043-290-0311

 

  • エスティエ神栖体感モデル
    住所:茨城県割堀1-4-22
    TEL:0299-95-6711

LIFULL HOME’Sでカタログ一括請求してみる【無料】⇒

SUUMOでカタログ一括請求してみる【無料】⇒

マツシタホームの会社情報

マツシタホームは1997年に設立された茨城県のハウスメーカー。

地域に密着し、茨城県鹿行地区ではナンバー1の施工実績のある会社です。

先進的なシステムと、日本と地球の未来、家を建てる人の未来を見つめ、誠実な家づくりをしています。

現在本社と千葉県の支社の2店舗を運営。

社員には設計士が多く在籍し、完全自由設計の家を専門に設計・建築しています。

最新技術のハイブリッド制震工法をいち早く取り入れたり、NHKにて自社商品「MAMORIE」(マモリエ)の地震対策が紹介されたりと、注目を集めている会社です。

マツシタホームの会社概要

社名:株式会社マツシタホーム
本社:〒314-0146 茨城県神栖市平泉527-11
TEL:0299-93-9311
千葉支店:〒264-0037 千葉県千葉市若葉区源町86-1
TEL:043-290-0311
設立:1997年12月12日
資本金:1,000万円
事業内容:木造住宅の企画・開発・販売・設計・施工・監理、不動産事業など
関連企業:マツシタホームサービス株式会社

マツシタホームの施工エリア

茨城県、千葉県内。

詳細は要相談となります。

まとめ

マツシタホームの家の特徴をまとめるとこのようになります。

  • 地震に強く、気密・高断熱が高い
  • 確かな建材と換気のよさで100年耐久する家
  • メンテナンス不要な外壁と屋根、光熱費を抑えるエコ仕様でライフサイクルコストが削減できる
  • 住む人のことを考え抜いた完全自由設計の家で、デザイン性も高い
  • アフターフォローが万全で、長く安心できる
  • 標準仕様のレベルが高く、オプション不要のため価格が抑えられる

これから建てるマイホームが地球環境に適応し、今も未来も胸を張って住める家でありたいとお考えの方は、一度マツシタホームへ問い合わせすることをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

\大切な家づくりで後悔しない為に!/