京都府のおすすめローコスト住宅メーカーランキング15選!1,000万円台で夢のマイホームを!【令和最新】

京都には京都の風土や地形に合わせた家を建てる、優秀なローコスト住宅メーカーが揃っています。そしてメーカーの持つ魅力は大きく分けて以下の3つ。

  1. 自由度の高いプランを展開しているメーカーが多い
  2. 京都ならではの雰囲気に対応している
  3. 耐久性も高く自然災害が怒っても安心

しかし、具体的なイメージはなかなか掴みにくいもの。

「京都のローコスト住宅は本当に良いの?」
「京都のおすすめのローコスト住宅メーカーは?」

京都でコストパフォーマンスに優れた新築を建てたいと思っても、このような疑問が浮かぶ方も少なくはないでしょう。

本記事ではそんな不安や疑問を解消する、京都府のローコスト住宅メーカーのおすすめランキングや、ローコスト住宅事情などをご紹介。

それぞれのポイントを具体的な数字を挙げた詳しい解説もしているので、是非参考にしてみてください。

ここで1つ、本題に入る前に質問です。

「あなたは今、注文住宅の依頼にあたって何社のハウスメーカーを調べていますか?」

もしかして、はじめから1社のみに絞ってしまってはいませんか?

実は、注文住宅を建てる上で最も重要なのは「住宅メーカー選び」です。

住宅メーカーなんてどこも一緒、と思っている人は注意が必要です。なぜなら注文住宅においては「住宅メーカー選び」が命と言っても過言ではないからです。

日本全国には知名度の高い「ハウスメーカー」はもちろん、地域に根付き低価格で住宅を提供する「工務店」、自由度が高い「設計事務所」など様々な住宅メーカーが存在します。

十分な比較をせずに依頼するハウスメーカーを決めてしまうと、「予想よりお金がかかった・・。もっといいハウスメーカーに頼めばよかった・・」と、一生後悔することになりかねません。

そうならないためにぜひ活用して欲しいのが、東証一部上場企業の「LIFULL」と、うちハピが運営する「うちハピ注文住宅」のカタログ一括請求サービスです。

↓ ハウスメーカーの一括請求はLIFULL ↓

↓ 工務店のカタログ一括請求はうちハピ ↓

このカタログ一括請求サービスを利用すれば、「エリア」と「こだわり条件」を入力するだけで、条件にマッチするハウスメーカーや工務店のカタログを一括で取り寄せることができます。

圧倒的に時間も節約でき、そして簡単にメーカーの比較が可能になりますね。

また、この一括サービスは無料で利用できますよ!

LIFULLは『ハウスメーカー』が中心、うちハピ注文住宅は『工務店』を中心にカタログを取り寄せられるので、どちらも利用することで理想に近い住宅メーカーに出会える可能性が高まりますよ。

また、カタログを請求の際は、有名かどうかで判断せず、条件に合うメーカーのカタログを一応全て取り寄せることを意識しましょう。

全く知らなかった会社の中に、あなたの希望を実現してくれる会社があるということも珍しくありません。

お金や時間をかけずに、カタログ一括請求サービスで様々なハウスメーカーを比較してみてくださいね!

LIFULL HOME’Sでカタログ一括請求をしてみる【無料】⇒

うちハピ注文住宅でカタログ一括請求してみる【無料】⇒

それではいよいよ本文に入っていきましょう。

もくじ

京都府のローコスト住宅事情

京都府でローコスト住宅を建てる際には、まず京都府のローコスト住宅事情を抑えておきましょう。

建設費の相場を具体的に知ることで、新築設計のイメージが掴みやすくなりますよ。

ローコスト住宅とは

ローコスト住宅は、通常の注文住宅より低価格で建築できる住宅のこと。

主に大手のハウスメーカーや、工務店などが展開しています。

予算を抑えて新築を建てられるため、幅広い年代の客層から注目を集めていますよ。

坪単価も一般的な注文住宅が約80万から90万円なのに対し、ローコスト住宅は約40万から60万円。

さらに耐久性も国の基準をしっかり満たしているため、低価格でも安全面の心配はありません。

ローコスト住宅は品質を保ったまま、5つの工夫することで低価格を実現しています。

1:広告費の削減

CMをローカル放送のみで放送し、広告はインターネットをメインに展開。

広告費を大幅に削減しています。

さらに営業なども地元の限られた範囲に対して少人数で行うため、人件費も一緒に削減。

2:建築資材の管理

建築資材は大量に仕入れて一括管理をすることで、低価格を実現。

安くても豊富な量の供給を安定させています。

また原材料には、天然木などを採用するメーカーが多いので品質は悪くありません。

3:人件費の削減

資材の主な加工は提携工場や自社工場で行うため、現場での本格的な加工は不要。

手作業で資材を加工する要員を大幅に削減しています。

さらに現場での加工の手間を省くことで少ない大工や職人のみで建築作業ができ、工期の短縮にも繋がります。

4:間取りの規格化

間取りをシンプルな正方形や長方形で規格化し、必要な資材や部品の種類を限定しています。

決まった資材や部品を大量発注して使うため建築費の削減ができ、シンプルで建てやすいので工期や人員の削減も可能です。

5:標準設備のグレードを下げる

ドアや壁や水回りなどの標準設備は、低いグレードで統一。

最低限の設備を採用することで、建築費を削減しています。

もちろん取り入れたい設備がある場合は、追加料金で設置することも可能です。

以上のポイントを工夫し、全体の経費を抑えることでローコストを実現しています。

1,000万円台のローコスト住宅の特徴

1,000万円台の予算で建てられるローコスト住宅には、3つの大きな特徴があります。

1:簡素な間取り

簡素で単純な形の間取りや内装を採用し、壁や金具を節約。

構造的にも吹き抜けや梁の天井を取り入れ、壁の面積も節約しています。

規格された間取りで建築するのが主流のため、複雑な形の土地に建てる際には追加料金がかかる場合も。

2:水回りを一ヶ所に集約

キッチンやバスルームなどの水回りは、それぞれを近い場所に集約して施工。

配管する給排水管の距離を節約できるので、施工費と排水管購入費の削減に繋がります。

3:総2階建て構造

1階と同じ面積の2階を作ったシンプルな構造は、建てやすい上に、狭めの土地でも居住空間を広げられます。

さらに横よりも縦に広がる住宅なので、床と屋根の面積も削減。平屋よりも建築費が控えめですよ。

京都府で家を建てるときの建築費・坪単価相場

京都府建築費相場:約3,496万円
京都府坪単価相場:約45万円

以上が京都府の建築費と坪単価の相場です。

そんな京都は四季ごとの天候や気温の変化がかなりある地域で、春夏秋冬の特徴を色濃く感じることができます。

台風シーズンには打撃を受けやすい地域でもあるので、住宅はしっかりと自然災害対策を行ったものが望ましいでしょう。

大幅な気温の変化も見られるので、空調システムや気密性・断熱性に優れた住宅も、京都で快適に過ごすには必要と言えます。

京都府でローコスト住宅を建てるならおすすめのハウスメーカー・工務店ランキング12選

京都府に理想のローコスト住宅建てたいなら、まずは実績のある住宅メーカーや工務店を抑えることが重要。

ここでは、お勧めのハウスメーカーと工務店を解説付きでご紹介していくので、ハウスメーカーと工務店選びの参考として活用してみてください。

1.マエダホーム

建築費:約638万円〜 坪単価:約36万円〜

地域密着型で土地から住宅の建設まで万全のサポート。

こだわりを反映しながらも安心の規格プランにしっかりおまかせできます。

そんなマエダホームの最大の魅力は以下の3つ。

価格が分かりやすいプランを展開

シンプルで機能性を重視した各プランは、分かりやすい価格設定で展開。

予算と好みのデザインに合わせてプランニングを進められますよ。

さらにプランはそれぞれのデザインや外観・内装に特化しているので、バリエーション豊なラインナップとなっています。

シングルからファミリーまで暮らしやすい豊富な間取り

設計までに基本プランを選び、それぞれのプランから展開されている間取りプランを選択するのが主な流れです。

コンパクトでシングルや少人数暮らしに向いている間取りから、ファミリー向けのオープンで広めのLDKの間取りまで揃っているので、様々な居住者のライフスタイルにマッチします。

万全のアフターサービスで末長く安心

マエダホームの住宅には、構造や地盤に対する20年の保証と10年の瑕疵保証が付帯しています。

定期点検やアフターサービスも充実しているので、住宅完成後も長期にわたって安心です。

http://www.md-home.jp

2.株式会社 ホームライフ

建築費:約1,045万円〜 坪単価:約34万円〜

ローコストでも品質が高く孫まで引き継げる長期優良住宅を展開。

さらに自由度の高いデザインも楽しめるので、自分らしく長持ちな家を実現します。

そんな株式会社 ホームライフの最大の魅力は以下の3つ。

自由度の高い低価格プランが豊富

キューブ型のコンパクトな外観や、アンティーク風の外観など取り入れた各プランは自由度が高いのが特徴。

ほとんどが自由設計や間取自由なプランになっています。

低価格でも間取りや内装を思い通りにデザインできるので、新築デザインに強いこだわりのある方に最適です。

安くても安心な長期優良住宅仕様

耐震等級3を誇るベタ基礎工法や精神システムを取り入れた構造を採用。

ホームライフの家はローコストでも安心な長期優良住宅仕様になっています。

価格設定が分かりやすいので検討しやすい

各プランの価格はフル装備がコミコミになった価格なので、最終的に大幅に変わることがありません。

資金計画が立てやすいので、予算が少なめの方でも安心です。

https://homelife.jp

3. アイリーフラボ

建築費:約1,650万円〜 坪単価:約54万円〜

様々なコンセプトに特化したプランを展開。

気に入ったデザインで暮らしやすい新築を建てられます。

そんなアイリーフラボの最大の魅力は以下の3つ。

ナチュラルでデザイン性に優れた住宅プラン

ナチュラルな色合いやデザインをベースにしているプランが多く、優しく温もりのある雰囲気の住宅を好む方に最適です。

さらに内部と外部の壁には漆喰を使用したり、無垢材の床を採用したり、自然素材を積極的に取り入れた住宅になっています。

内装を華やかにするおしゃれな標準設備

木製のオープンキッチンや美しいタイル造りの洗面台など、可愛らしく内装を華やかにする標準設備を採用。

ナチュラルな内装に合うよう、温もりのある木やタイルなどで統一しています。

人にも環境にも優しい羊毛断熱材の使用

高い断熱性と安全性をもつ羊毛断熱材のサーモウールを使用。

人体にも環境にも優しく、子供と一緒に暮らす住宅の断熱材としても最適です。

さらにサーモウールの断熱性は高く、夏は涼しく冬は暖かい居住環境を確保します。

https://www.housesupport.net

4. 株式会社ゼロ・コーポレーション

建築費:約1,200万円〜 坪単価:約45万円〜

100年安心して住み続けられるローコスト住宅を追求しているメーカーです。

ローコストでも高品質で劣化しにくい住宅は、デザイン性にも優れておりお値打ちと言えます。

そんな株式会社ゼロ・コーポレーションの最大の魅力は以下の3つ。

低価格でも安心な長期優良住宅

強固で安定した基礎と躯体構造で、高い耐震性と耐久性を実現。

住宅性能評価7項目で最高等級をクリアした長期優良住宅使用となっています。

ローコストだからと品質に不安を持っている方には安心で嬉しいポイントと言えます。

充実の標準設備から選べる

豊富なメーカーから選べるシステムキッチンやシステムバスなどの、ハイグレードで充実した標準設備を採用しています。

設備の使い勝手や新しさを重視する方には魅力的なポイントです。

高い断熱性でオールシーズン快適な家作り

屋根から木曽まで住宅全体を覆うグラスウールの断熱材は、暑い夏も冷え込む真冬も快適な居住空間を実現します。

空調の効きも良くなるので、省エネ効果も抜群です。

https://zerohome.jp

5. 有限会社 秀建

建築費:約1,500万円〜 坪単価:約40万円〜

ローコストでも長く暮らせる安心の住宅作りにこだわるメーカーです。

資金計画からトータルサポートで新築をプランニングできます。

そんな有限会社 秀建の最大の魅力は以下の3つ。

希望を低価格で実現するための細かいプランニング

希望の予算で理想を最大限反映した新築プランを提案。

こだわりたいポイントをしっかり押さえつつ、ローコストな住宅を実現します。

予算が少なくて依頼先に困っている方などにおすすめのメーカーです。

居住者の健康を配慮した抗酸化工法を採用

化学薬品などの有害物質で生じる体調不良を改善する、抗酸化工法を採用しているのも大きな特徴です。

化学物質の分解や害虫予防などの効果を持つ抗酸化用法は、居住空間をクリーンで安全な空間へ改善します。

京都ならではの狭い土地に合った家作り

京都によく見られる隣家が近い極小地や、狭い道の先にある入り組んだ土地などにも秀建なら建築が可能です。

京都の土地や事情を熟知した職人やスタッフによる様々な条件の土地に合ったプランの提案を受けられます。

https://shuuken-lp.jp

6. 株式会社 清栄コーポレーション

建築費:約1,200万円〜 坪単価:約50万円〜

京都の地域に密着したメーカーだからこそ提案できる豊富なプランを展開。

京都の街並みに合う美しいデザインと、暮らしやすい高性能を兼ね備えた住宅を実現します。

そんな株式会社 清栄コーポレーションの最大の魅力は以下の3つ。

京都に寄り添ったデザインや構造の住宅プラン

京都ならではの極小地や合った性能とデザイン性の高い住宅プランを展開。

外装・内装はモダンで美しく、住み心地やメンテナンス性、耐久性や防犯性にもこだわったプランの提案が受けられますよ。

さらに間取りも、狭い空間を広く感じられる工夫も取り入れて考えられています。

耐震性に優れた制震システムを採用

強力な耐震システムのジーバを採用した構造は、振動を熱に変えて吸収。

ダイヤモンドフレームとして構造に組み込むことで、大きな地震にも耐えうる住宅を実現しています。

土地探しから手厚くサポート

京都の土地や土地探しのコツを知り尽くしたプロによるサポートが受けられるのも嬉しいポイント。

独自の不動産流通ネットワークを駆使して見つける、自分のライフスタイルや好みの住宅や立地条件にあった土地の提案を受けられます。

http://www.seiei-1997.co.jp

7. 株式会社 穂高住販

建築費:約1,600万円〜 坪単価:約55万円〜

天然木にこだわったローコスト住宅を展開。

様々な部分に天然木をあしらった自分好みの住宅を建てられます。

そんな株式会社 穂高住販の最大の魅力は以下の3つ。

天然木材を使用した安心の住宅作り

一枚板で自社仕入れした天然木を使用した、こだわりの住宅を展開。

好みの住宅デザインに心地良い天然木を取り入れた自分だけの新築が実現しますよ。

さらに天然木を使った家具のプレゼントもあるので、インテリアとしても天然木を楽しむことができます。

経験豊富な一級建築士によるプランニング

住宅デザインは、ベテランの一級建築士や住宅の専門家と一緒にプランニングを行って設計します。

自分のライフスタイルやこだわりたいポイントを伝えることで、プロによる多方面から考慮された住宅デザインの提案を受けることができます。

高い気密性と断熱性でオールシーズン快適

吹き付け断熱工法を採用しているので、高気密・高断熱を実現。

夏は涼しく冬は暖かい快適な居住空間を保ちます。

また、使用している断熱材は有害物質が含まれていないので環境と人体に優しいのも特徴です。

https://h-diy-home.com

8. 有限会社 KEIJI

建築費:約1,500万円〜 坪単価:約55万円〜

自然の恵みを活用する家作りにこだわったメーカーです。

太陽光や自然の風を取り入れる心地良い住宅を実現します。

そんな有限会社 KEIJの最大の魅力は以下の3つ。

採光や風の通りを考えた住宅デザイン

大きな吹き抜けや、風通しの良い窓の配置を採用した住宅デザインを展開。

自然の暖かさや涼しさを心地よく感じられる素晴らしいデザインです。

日の当たりにくい空間にも太陽光を入れたり、風の通りを利用して室内を効率良く換気することができます。

入り組んだ極小地にも建築できる間取り

京都ならではの極小地や変形地にも最適な住宅を建てることが可能。

なるべくコストを抑えながら、極小または入り組んだ土地の形状を生かした住宅をプランニングします。

耐震性に優れた工法を採用

木造軸組工法とピン工法を組み合わせることで高耐久性の構造を実現。

加えて強固な集成材の柱や、耐震性と結露防止に優れた耐力壁などを採用することで、耐震性・耐久性ともに優れた安心の住宅を提供しています。

https://keiji-go.jp

9. ヤマダホームズ

建築費:約1,500万円〜 坪単価:約48万円〜

そんなヤマダホームズの最大の魅力は以下の3つ。

  • 低価格高品質なプランを展開
  • 体に優しいアレルギー対策構造
  • 耐震性や耐火性に優れた家作り

https://yamadahomes.jp/index.html

10. スタイルハウス

建築費:約1,600万円〜 坪単価:約40万円〜

強度と耐熱性に優れたローコスト住宅を展開しているメーカーです。

地震に強く快適な空間を実現する住宅を提案しています。

そんなスタイルハウスの最大の魅力は以下の3つ。

自由設計がメインのプランを展開

ベーシックの規格住宅プランから、自由設計を取り入れたプレミアムからハイクラスまでのプランを展開。

規格住宅でも54のプランから選べる十分に自由度の高いプランがベーシックで最安値となっています。

さらにプレミアムからハイクラスのプランは、ハイグレードな住宅プランにさらにこだわりの自由設計を盛り込める嬉しいプランです。

安心の長期保証で末長く安心

スタイルハウスの住宅には、10年間の住宅設備無料サポートと20年間の躯体保証が付帯しています。

さらに躯体保証は定期点検とメンテナンスをしっかりと行うことで、最長60年の保証を続けて受けることができます。

コミコミの価格で資金計画を立てやすい

プランで提案される価格には住宅の本体価格以外にも、設計費や施工費やその他の諸経費などが含まれています。

コミコミの価格で必要な予算が分かりやすいので、資金計画が立てやすいのが大きな魅力です。

https://www.senbokuhome.co.jp

11. ステーツ

建築費:約1,240万円〜 坪単価:約43万円〜

リーズナブルな自由設計と規格住宅のプランを展開しています。

低価格で自由度の高い住宅を建てられるので、デザインや間取りにこだわりのある方に特におすすめのメーカーです。

そんなステーツの最大の魅力は以下の3つ。

定額で建てられる規格住宅プランがお得

定額の規格住宅プランなら、決まった金額で様々なデザインや間取りから選べるローコストな新築を建てることが可能。

プランニングも玄関の向きや外観、間取りなどを提案されているプランから選ぶだけ。

コストパフォーマンスを重視したシンプルな住宅と言えます。

自由設計では好みの間取りや住宅デザインを実現

1000万円代のお得な自由設計プランは選べる3つの基本スタイルと、ハイグレードな標準設備が魅力。

基本をローコストに抑えることで自由な間取りや内装のプランニングを進められます。

価格も坪数ごとに設定されていて分かりやすく、資金計画が立てやすいですよ。

高断熱でオールシーズン安全快適

ウレタン吹付断熱工法や、アルミ樹脂複合ペアガラスなどの断熱性を高める仕様を構造に取り入れています。

高断熱を実現した居住空間はオールシーズン快適に保たれ、空調の効きも良くなるため省エネ性も抜群です。

https://www.states.co.jp

12. アトリエ・クラッセ

建築費:約1,390万円〜 坪単価:約42万円〜

控えめなおしゃれさや可愛らしさを意識した住宅デザインにこだわったメーカーです。

様々なテイストの住宅も一級建築士と一緒にプランニングすることができます。

そんなアトリエ・クラッセの最大の魅力は以下の3つ。

シンプルで分かりやすいプランを展開

設備プランやインテリアを自分好みにセレクトする低価格のセミオーダープランや、少し高めのベーシックなフルオーダープランなど、シンプルで分かりやすいプランが豊富。

予算や自分のこだわりに合わせて最適なプランを選ぶことができます。

高い耐震性と耐熱性

耐震等級3を誇る地震に強い安心構造を採用しています。

大地震にも負けないほどの強固な造りなので、安心して過ごせますね。

さらに断熱材には最高級のセルロースファイバーを使用し、高断熱を実現。年中快適な気持ちの良い居住空間を保ちます。

長期保証と定期点検で建築終了後も安心

アトリエ・クラッセの住宅には最大20年間の地盤保証と10年間の設備機器保証が付帯しています。

さらに60年間の長期無償点検保証も付いており、住宅の安全性や劣化度合いなどの細かな点検が定期的に受けることが可能。

長期にわたるサポートで住宅トラブルが発生しても安心です。

https://atelier-classe.com

LIFULL HOME’Sでカタログ一括請求をしてみる【無料】⇒

うちハピ注文住宅でカタログ一括請求してみる【無料】⇒

京都府で平屋が人気のローコスト住宅メーカー・工務店3選

平屋は総2階建てなどの一般的なローコスト住宅よりも価格が高くなりがち。

しかし、京都にはそんな平屋を安く、品質良く建てられるおすすめのメーカーがあります。

1. スタイルハウス

建築費:約1,100万円〜 坪単価:約45万円〜

上質な規格プランで建てられる平屋を提案。

都市型の間取りやシンプルでスタイリッシュなデザインにこだわっています。

そんなスタイルハウスの最大の魅力は以下の3つ。

低価格で建てられる平屋プランを提案

コンパクトで上質なデザインをベースに、ハイグレードな標準仕様を採用。

価格を抑えたまま暮らしやすくおしゃれな平屋を実現しています。

スリムでワイドな形状の平屋なので、都市部の分譲地や狭めの土地にも建築可能です。

平屋ならではの明るく開放的な間取り

平屋ならではの勾配天井を採用した開放的な間取りも大きな魅力。

贅沢な高天井とオープンなLDKの間取りプランは、家族で暮らすのにも十分です。

家具付きなので建築完了後もすぐに入居可能

スタイルハウスの住宅には充実した標準設備やコーディネート家具が付いているので、入居日から即快適な空間を実現。

上質なソファやローテーブルなどの家具に加え、システムキッチンやバス、全室LED照明など暮らしやすさをサポートする設備が盛り沢山です。

http://www.stylehouse-nh.jp

2. 有限会社 立石設計

建築費:約555万円〜 坪単価:約43万円〜

平屋の住宅プランに特化した信頼のメーカーです。

様々な坪数やライフスタイルに合わせた平屋を展開しています。

そんな有限会社 立石設計の最大の魅力は以下の3つ。

格安で建てられる豊富な平屋プラン

極小地などにも対応したコンパクトな平屋プランから、ファミリー向けのLDKの平屋プランまで格安で提案。

完全規格化住宅ですが、豊富なプラン展開で自由度も低くありません。

シンプルで開放的な間取りを楽しめる

平屋らしい開放的でシンプルな動線を確保した間取りが豊富に揃っています。

一家が団欒しやすいリビングや、家事のしやすい部屋割りなどにこだわる方に最適です。

月々の支払いを抑えて生活資金に余裕を与える

圧倒的なローコスト平屋を展開しているので、ほとんどのプランの月々の支払いは平均して5万円から6万円ほど。

毎月のローン返済を家賃程度の金額で抑えられるので、生活やレジャーに回す資金に余裕ができます。

https://hirayakikaku.com

3. ポラス

建築費:約1,200万円〜 坪単価:約40万円〜

モダンなテイストから和のテイストまで対応できる柔軟なプランが特徴。

シンプルで美しい平屋の建設に特化したメーカーです。

そんなポラスの最大の魅力は以下の3つ。

デザイン性が高くシンプルな平屋

機能美が際立つシンプルで無駄のないデザインの平屋を展開。

まるで別荘のような高級感のある平屋を、自分のライフスタイルに合わせた間取りで実現できます。

テラスや庭などを取り入れた開放的な間取り

平屋だからこそ設置できる大開口の窓を活かした、テラスや庭を楽しめる開放的な間取りも提案。

夏季には窓を開け放して過ごしたり、庭の自然や景色とリビングを一体化することができます。

5つのブランドから好みや予算い合わせたものを選べる

平屋の建築を依頼する際には、ポラスの紹介する5つのブランドから好みのデザインや予算にあったものを選択。

自由設計に特化したブランドが多いので、理想の間取りやデザインを取り入れた平屋を実現できます。

https://www.polus-ie.jp

ローコスト住宅はこんな人におすすめ!

ローコスト住宅には様々な予算を抑える工夫があり、予算以外の部分でメリットになることも。

ここではそんな予算以外のメリットに合った人の特徴をご紹介します。

ローコスト住宅のメリット3つ

ローコスト住宅は、低価格と実用性の両方を実現させた住宅。

そんなローコスト住宅の特徴的な構造や設備は、魅力的なメリットとしても捉えられます。

月々のローンを軽減する

低予算で購入できるため、月々のローンを抑えることが可能なります。

貯金や子育てやレジにャー代に資金を回しやすくなるので、幅広いライフスタイルにマッチしますよ。

「家の設備より内装や家具にはこだわりたい!」という方にも、月々の予算に余裕のできるローコスト住宅は最適と言えます。

建て替えが簡単

「予算は少なくても新築を建てたい」という場合、ローコスト住宅ならまずは新築を建てることが可能。

予算に余裕ができてからグレードアップしていくという選択ができます。

さらにローコスト住宅は設備を低グレードに設定し、間取りを規格化することで費用を抑えるのが主流なので構造がシンプル。

後から簡単にカスタマイズを行えます。

品質の安定

ローコスト住宅メーカーは、一度に大量の資材を仕入れて工場で加工するのが主流。

工場で同じ種類の資材を大量に製造するので、資材それぞれの品質が安定しています。

さらに品質の良い資材は現場の職人にとっても扱いやすいため、住宅の品質の安定にも繋がっていますよ。

「安い資材は悪い」と認識する方もいますが、大量仕入れでコストを抑えているので品質に問題はありません。

コストの削減体勢を知ると、間違ったイメージを払拭できますよ。

ローコスト住宅がおすすめ人

ローコスト住宅は低予算で建てられることが大きなメリットですが、建築費を抑えた分こだわりたい部分にお金をかけたり、内装にメリハリを付けることもできます。

特に以下の方には好まれる住宅と言えますよ。

  • シンプルな間取りを好む方
  • 最新設備にこだわりのない方
  • こだわりたい部分が決まっている方

シンプルで一部屋が広めの間取りが多いので、様々なレイアウトを楽しむにはもってこい。

ローコスト住宅を好んで選ぶ方も増えている程です。

さらに設備に特段のこだわりがない方は、低グレードの設備を採用することでより予算の削減が可能。

建築費を抑えることで、インテリアや家具などの購入を余裕を持って楽しめます。

LIFULL HOME’Sでカタログ一括請求をしてみる【無料】⇒

うちハピ注文住宅でカタログ一括請求してみる【無料】⇒

ローコスト住宅で失敗しないために必ずココに注意!

ローコスト住宅は価格を安くするための工夫が多い分プランが細分化されていたり、総価格が分かりにくいことも。

ここでは、そんなローコスト住宅のプランを選び、建築するまでの流れで注意すべきポイントをご紹介します。

全てコミコミでいくらかを確認する

住宅メーカーのサイトは本体価格のみや、架空の土地に合わせた格安プランを掲示することも少なくありません。

現実的な価格は見積もりやプランニングを進めなければ分かりにくいと言えます。

住宅の本体価格だけの安さに目を付けて契約しても、施工費や諸経費を含めると最終的な価格は提示価格よりも当然高くなってしまいますよね。

まずは希望の条件を住宅に反映させた見積もりを行い、全てコミコミの金額を確認してみましょう。

特に気になったメーカーには提案なども求めて、しっかりプランニングを進めるのがおすすめです。

アフターサービスの内容を確認する

アフターサービスはそれぞれのメーカーによって独自のプランが展開されています。

保証は何年なのか、相談窓口や定期メンテナンスはあるのかなどを事前に確認しておくと安心です。

また、一般的なローコスト住宅メーカーが設けている保証期間は20年から30年。

加えて害虫や浸水の定期点検、トラブル時の臨時工事に対応しているメーカーもあります。

アフターサービスやメンテナンスが充実しているメーカーを選ぶと、住宅の完成後も長期にわたって安心です。

なるべくサービス数が豊富で保証期間が長めのメーカーに注目してみましょう。

担当者とのコミュニケーションは密に

建築を問題なく進めるには、担当者とのコミュニケーションを密に取ることが大切。

建築期間中にも、要望や疑問を気兼ねなく担当者に伝えられる環境が重要です。

反対に最初の打ち合わせや連絡を疎かにすると、現場への確認漏れが起こったり細かい要望が思い通りにならない恐れもあります。

こまめな連絡や状況確認を意識するのが良いですよ。

また、現場を定期的に訪ねて職人や大工と直接話すのもおすすめです。

最終確認ができる上に、現場に緊張感や一体感を与えられます。

まとめ

今回は京都府の風土に適した、優良なハウスメーカーや工務店をご紹介しました。

どのメーカーや工務店もこだわりの資材や工法を採用することで自然災害に強く、オールシーズンを快適に過ごせる高性能な住宅を実現しています。

また地域密着型のメーカーや工務店が多いので、京都府の土地探しから始めるという方も安心です。

土地代も立地や広さによっては安価になるため、余裕を持って新築を検討できます。

今から京都府にローコスト住宅を建てようと考えている方は、是非本記事のメーカーと工務店のランキングや選び方のポイントなどを参考にしてみてください。

経済的で暮らしやすい理想の新築を建てられるはずです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

\大切な家づくりで後悔しない為に!/