kobori建築工房(小堀建築工房)で家を建てた人の本音の評判・口コミを暴露!坪単価や特徴・注意点まで分かる完全ガイド

kobori建築工房(小堀建築工房)は、洗練された上質な家づくりができる建築工房です。

設計がフルオーダーでお客様の意見を大切にしたワンランク上の家づくりができます。

kobori建築工房(小堀建築工房)は現在株式会社ヤマダホームズが提供している住宅シリーズ。

kobori建築工房(小堀建築工房)についてとっておきの情報をあなたにお伝えします!
ぜひ参考にしてみてくださいね。

ここで1つ、本題に入る前に質問です。

「あなたは今、注文住宅の依頼にあたって何社のハウスメーカーを調べていますか?」

もしかして、はじめから1社のみに絞ってしまってはいませんか?

実は、注文住宅を建てる上で最も重要なのは「住宅メーカー選び」です。

住宅メーカーなんてどこも一緒、と思っている人は注意が必要です。なぜなら注文住宅においては「住宅メーカー選び」が命と言っても過言ではないからです。

日本全国には知名度の高い「ハウスメーカー」はもちろん、地域に根付き低価格で住宅を提供する「工務店」、自由度が高い「設計事務所」など様々な住宅メーカーが存在します。

十分な比較をせずに依頼するハウスメーカーを決めてしまうと、「予想よりお金がかかった・・。もっといいハウスメーカーに頼めばよかった・・」と、一生後悔することになりかねません。

そうならないためにぜひ活用して欲しいのが、東証一部上場企業の「LIFULL」と、うちハピが運営する「うちハピ注文住宅」のカタログ一括請求サービスです。

↓ ハウスメーカーの一括請求はLIFULL ↓

↓ 工務店のカタログ一括請求はうちハピ ↓

このカタログ一括請求サービスを利用すれば、「エリア」と「こだわり条件」を入力するだけで、条件にマッチするハウスメーカーや工務店のカタログを一括で取り寄せることができます。

圧倒的に時間も節約でき、そして簡単にメーカーの比較が可能になりますね。

また、この一括サービスは無料で利用できますよ!

LIFULLは『ハウスメーカー』が中心、うちハピ注文住宅は『工務店』を中心にカタログを取り寄せられるので、どちらも利用することで理想に近い住宅メーカーに出会える可能性が高まりますよ。

また、カタログを請求の際は、有名かどうかで判断せず、条件に合うメーカーのカタログを一応全て取り寄せることを意識しましょう。

全く知らなかった会社の中に、あなたの希望を実現してくれる会社があるということも珍しくありません。

お金や時間をかけずに、カタログ一括請求サービスで様々なハウスメーカーを比較してみてくださいね!

LIFULL HOME’Sでカタログ一括請求をしてみる【無料】⇒

うちハピ注文住宅でカタログ一括請求してみる【無料】⇒

それではいよいよ本文に入っていきましょう。

kobori建築工房(小堀建築工房)で建てられる家はどんな家?特徴4つを紹介

kobori建築工房(小堀建築工房)で建てられる家はどんな家か4つの特徴について紹介しますね。

まず1つ目の特徴ですが日本の伝統と現代の調和、素材へのこだわりを兼ね備えた注文住宅です。

2つ目の特徴は、kobori建築工房(小堀建築工房)の注文住宅はフルオーダーで、オンリーワンの家づくりが可能。

3つ目の特徴は設計士である企業建築家が、施主であるお客様の趣味や、好みを取り入れた美しい注文住宅。

4つ目の特徴は高気密、高断熱などの品質の高い特別な家づくりができます。

kobori建築工房(小堀建築工房)で実際に家を建てた人の評判・口コミ

kobori建築工房(小堀建築工房)で実際に家を建てた人の評判や口コミですが悪い評判や口コミが22%、良い評判や口コミが78%でした。

kobori建築工房(小堀建築工房)の評判や口コミについてまとめてみました。

kobori建築工房(小堀建築工房)の悪い評判・口コミ

  • kobori建築工房(小堀建築工房)で家作りをしました。住み心地が最高!メンテナンスにもちゃんと来てくれます。ですが、担当してくれた営業、設計士さんが退社されてもういないです。とても残念。
  • kobori建築工房(小堀建築工房)は、デザインが気に入り注文住宅を建てました。しかし、大手のハウスメーカーと比較すると、大工さんに差がある気が。

kobori建築工房(小堀建築工房)の良い評判・口コミ

  • kobori建築工房(小堀建築工房)で注文住宅を建てました♪大工さんは技術が高く、丁寧な仕事をしてくれました。
  • kobori建築工房(小堀建築工房)の注文住宅はかなり丈夫。暑い日でも快適に過ごせています!
  • kobori建築工房(小堀建築工房)は、ヤマダホームズの邸宅で気に入りました。
  • kobori建築工房(小堀建築工房)はすてきなデザインが良く、家づくりをしました。
  • kobori建築工房(小堀建築工房)は、打ち合わせ回数に制限がないため納得のいく家づくりができました!
  • kobori建築工房(小堀建築工房)で最終的には、注文住宅を建てました。大手ハウスメーカーとで比較して一番良かった!決め手は担当者や設計士さんの熱意と人柄。建てたかった家の設計で満足して住んでいます。

LIFULL HOME’Sでカタログ一括請求をしてみる【無料】⇒

うちハピ注文住宅でカタログ一括請求してみる【無料】⇒

kobori建築工房(小堀建築工房)で住宅を建てるのがおすすめな人の4つの特徴

kobori建築工房(小堀建築工房)で注文住宅を建てるのがおすすめな人ですが、フルオーダーのこだわった家づくりをしたい人。

また、快適な室内温度で1年中過ごしたい人にkobori建築工房(小堀建築工房)がおすすめです。

さらに、実績のある建築士さんに注文住宅を建てて欲しい人にkobori建築工房(小堀建築工房)が良いですね。

ある程度予算に余裕がある人にkobori建築工房(小堀建築工房)の家づくりができます。

kobori建築工房(小堀建築工房)で注文住宅を建てる時に注意したいポイント5選

kobori建築工房(小堀建築工房)で注文住宅を建てるときに注意したいポイントについてお伝えしますね。

kobori建築工房(小堀建築工房)注文住宅を建てるときに注意したいポイントが5つあります。

1つ目のポイントですが、プランや仕様、設計、などをしっかり確認してみてください。

kobori建築工房(小堀建築工房)は、こだわった家づくりができるのが特徴。

わからない点などがあれば、担当者や設計士に遠慮なく聞いてみてください。

2つ目のポイントは、kobori建築工房(小堀建築工房)の注文住宅を建てる際に、土地の地盤状態の確認が必要。

地盤改良がいるのか、追加でいくらかかるかなど詳細な金額をkobori建築工房(小堀建築工房)の担当に詳細を聞いてみてください。

3つ目のポイントは、間取りの確認を徹底して行うこと。

間取り確認の時は、図面をしっかり見ながら、自分の好みや希望を伝えるのが良いです。

4つ目のポイントは、外構の金額を担当者に聞いてみてください。

kobori建築工房(小堀建築工房)の契約時に、外構の金額が含まれているのか、含まれていないのか確認が必要。

外構が含まれている場合では、どのような中身なのかチェック。

5つ目のポイントは、水まわりの確認をしてみましょう。

LIFULL HOME’Sでカタログ一括請求をしてみる【無料】⇒

うちハピ注文住宅でカタログ一括請求してみる【無料】⇒

kobori建築工房(小堀建築工房)で家を建てる際にかかる費用・坪単価

kobori建築工房(小堀建築工房)で家を建てる際にかかる費用、坪単価について紹介しますね。

kobori建築工房(小堀建築工房)の坪単価を80万円〜です。

平均的な単価は木造ですと坪単価100万円〜。

鉄筋コンクリートですと坪単価150万円〜です。

kobori建築工房(小堀建築工房)でかかる費用は、木造ですと7,000万円程度。

鉄筋コンクリートですと9,000万円位です。

ただしオプションや設備などを追加すると坪単価費用とともに上がる傾向。

kobori建築工房(小堀建築工房)の商品ラインナップを特徴別に紹介

kobori建築工房(小堀建築工房)の商品ラインナップですが、フル設計の木造か鉄筋コンクリートの2つに分かれます。

これら2つのパターンから設計士である企業建築家によるフルオーダーの建築が可能。

LIFULL HOME’Sでカタログ一括請求をしてみる【無料】⇒

うちハピ注文住宅でカタログ一括請求してみる【無料】⇒

kobori建築工房(小堀建築工房)で注文住宅を建てる際の流れ

kobori建築工房(小堀建築工房)で注文住宅を建てる際の流れですが、詳細が載っていなかったです。

一般的な注文住宅を建てる流れを紹介しますね。

まず、ご相談を承ります。

次に細かいヒアリング。

現場やモデルハウスを案内します。

打ち合わせ。

見積もりを提出。

全て確認の上で契約になります。

測量を行います。

スケジュールの説明。

仕様や色決め打ち合わせを行います。

着工前の最終チェック。

近隣に挨拶を行います。

必要に応じて地鎮祭。

地盤改良工事が必要であれば行います。

着工、上棟、立ち会いを行います。

竣工検査をしてkobori建築工房(小堀建築工房)の注文住宅の引き渡し。

アフターサービス。

以上のような流れになります。

【番外編】kobori建築工房(小堀建築工房)の建売住宅の特徴を紹介

kobori建築工房(小堀建築工房)の建売住宅ですが、建売住宅の情報はありませんでした。

ですが、中古のkobori建築工房(小堀建築工房)は手に入る可能性があり。

kobori建築工房(小堀建築工房)は、1950年代の発足当初は分譲住宅から始まったハウスメーカー。

途中で注文住宅がメインになっています。

全国の中古情報をチェックしてみると、kobori建築工房(小堀建築工房)の家が見つかる可能性あり。

気になる方はぜひチェックしてみてくださいね。

LIFULL HOME’Sでカタログ一括請求をしてみる【無料】⇒

うちハピ注文住宅でカタログ一括請求してみる【無料】⇒

kobori建築工房(小堀建築工房)の全国のモデルハウス・住宅展示場情報

kobori建築工房(小堀建築工房)のモデルハウスですが何カ所かありますが、代表的なモデルハウスを紹介しますね。

大阪にある千里ギャラリー「GATES」というモデルハウスがあります。

3階建てで吹き抜けがあり中庭がある洗練されたモデルハウス。

所在地は、大阪府吹田市千里万博公園1-7 ABCハウジング千里住宅公園内55 営業時間は10:00~18:00です。

ただし定休日は、水曜日。年始1月1日はお休みなのでこの点は注意が必要。

電話番号は、06-4864-4801です。

また、春日部展示場にある「小堀の住まい」のモデルハウスがあります。

所在地は、埼玉県春日部市小渕259-3 家電住まいる館YAMADA春日部本店駐車場内。

営業時間は、10:00~20:00です。

定休日は、水曜日および年始1月1日。

電話番号は、0120-517-180です。

Google地図などで外観が分かるのでぜひ参考にしてみてくださいね。

kobori建築工房(小堀建築工房)の会社情報

kobori建築工房(小堀建築工房)の会社情報ですが、提供している株式会社ヤマダホームズの会社情報です。

ヤマダホームズは、1951年6月14日の創業のハウスメーカー。

株主は、株式会社ヤマダホールディングスが100%取得しています。

事業内容は、建設、土木工事一切の設計や施工、請負、監理を行なっています。

また、不動産の売買、賃貸、管理、監定仲介など。

家具、内装品、電化製品、住宅設備機器、医療機器、自動車や日用品雑貨などの売買など多岐に渡ります。

フランチャイズ加盟店に対する経営指導も行っています。

許可は、建築工事業、内装仕上工事業、屋根工事業、タイル、れんが、ブロック工事業、土木工事業、とび、土木工事業(大工工事業)桃造物工事業など国土交通大臣許可(般 -2)第4645号です。

また、宅地建物取引業者 国土交通大臣(15)第382号、二級建築士事務所登録群馬県知事登録第4935号などです。

kobori建築工房(小堀建築工房)の会社概要

kobori建築工房(小堀建築工房)を提供している会社は、株式会社ヤマダホームズ。

株式会社ヤマダホームズの会社概要をまとめてみました。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

会社名 株式会社ヤマダホームズ
住所 群馬県高崎市栄町1番1号
電話番号 027-310-2244
受付時間 10時〜18時
ホームページ https://yamadahomes.jp
代表者 松本英樹
全従業員数 単体2,316名、連結2,456名
工場 つくば工場、山口工場

kobori建築工房(小堀建築工房)の施工エリア

kobori建築工房(小堀建築工房)の施工エリアですが、関西を中心とした施工エリア。

関西ですと、神戸西から奈良市内のエリアが施工可能です。

また、京都市内及び大阪岸和田の南エリアがkobori建築工房(小堀建築工房)の注文住宅が建築できるエリア。

関東エリア、その他のエリアについては応相談。

kobori建築工房(小堀建築工房)の営業担当に相談すると良いです。

LIFULL HOME’Sでカタログ一括請求をしてみる【無料】⇒

うちハピ注文住宅でカタログ一括請求してみる【無料】⇒

まとめ

kobori建築工房(小堀建築工房)について建てた人の本音の評判、口コミ、坪単価や特徴、注意点などをあなたにお伝えしました。

kobori建築工房(小堀建築工房)はワンランク上の新築の邸宅が建てられます。

kobori建築工房(小堀建築工房)について気になった人は、ヤマダホームズに問い合わせしてみると良いですね。

また、ヤマダホームズのアプリあり。

ヤマダホームズのアプリからもkobori建築工房(小堀建築工房)の細かい情報を得ることができます。

アプリを登録してみるのもおすすめ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

\大切な家づくりで後悔しない為に!/