岩手県のおすすめローコスト住宅メーカーランキング3選!1,000万円台で夢のマイホームを!【令和最新】

岩手県で家づくりするなら必ず見てほしい!!
今流行りのローコスト住宅を徹底検証!!

「結婚して子供が生まれる」
「アパートが手狭になってきた」

マイホームを検討するタイミングは人それぞれです。

最近では若くして家を建てる人が増えています。

その一番の理由が
ローコスト住宅メーカーの進出と言われております。

「アパートの賃貸料と同じ金額で家が建つ」

とても魅力的ですね!!

近年ネットでは、
人生100年時代を生きる上で
・一生賃貸派
・マイホーム派

で意見が分かれます。

この討論について正解はありません。

それでもマイホームを持つことは
損得勘定を抜きにしても誰もが一度は憧れるものです。

そんな若い世帯の夢を形にしやすくなったもの、
それが「ローコスト住宅」です。

今回は岩手県でのローコスト住宅事情から
人気のローコスト住宅メーカーまで徹底的に解説していこうと思います!

この記事を読むことで、

・ローコスト住宅の魅力
・ローコスト住宅のメリット/デメリット
・岩手県でオススメの住宅メーカー

まで全てが分かります。

是非最後までお付き合いください。

ここで1つ、本題に入る前に質問です。

「あなたは今、注文住宅の依頼にあたって何社のハウスメーカーを調べていますか?」

もしかして、はじめから1社のみに絞ってしまってはいませんか?

実は、注文住宅を建てる上で最も重要なのは「住宅メーカー選び」です。

住宅メーカーなんてどこも一緒、と思っている人は注意が必要です。なぜなら注文住宅においては「住宅メーカー選び」が命と言っても過言ではないからです。

日本全国には知名度の高い「ハウスメーカー」はもちろん、地域に根付き低価格で住宅を提供する「工務店」、自由度が高い「設計事務所」など様々な住宅メーカーが存在します。

十分な比較をせずに依頼するハウスメーカーを決めてしまうと、「予想よりお金がかかった・・。もっといいハウスメーカーに頼めばよかった・・」と、一生後悔することになりかねません。

そうならないためにぜひ活用して欲しいのが、東証一部上場企業の「LIFULL」と、うちハピが運営する「うちハピ注文住宅」のカタログ一括請求サービスです。

↓ ハウスメーカーの一括請求はLIFULL ↓

↓ 工務店のカタログ一括請求はうちハピ ↓

このカタログ一括請求サービスを利用すれば、「エリア」と「こだわり条件」を入力するだけで、条件にマッチするハウスメーカーや工務店のカタログを一括で取り寄せることができます。

圧倒的に時間も節約でき、そして簡単にメーカーの比較が可能になりますね。

また、この一括サービスは無料で利用できますよ!

LIFULLは『ハウスメーカー』が中心、うちハピ注文住宅は『工務店』を中心にカタログを取り寄せられるので、どちらも利用することで理想に近い住宅メーカーに出会える可能性が高まりますよ。

また、カタログを請求の際は、有名かどうかで判断せず、条件に合うメーカーのカタログを一応全て取り寄せることを意識しましょう。

全く知らなかった会社の中に、あなたの希望を実現してくれる会社があるということも珍しくありません。

お金や時間をかけずに、カタログ一括請求サービスで様々なハウスメーカーを比較してみてくださいね!

LIFULL HOME’Sでカタログ一括請求をしてみる【無料】⇒

うちハピ注文住宅でカタログ一括請求してみる【無料】⇒

それではいよいよ本文に入っていきましょう。

岩手県のローコスト住宅事情

最初に全国的なローコスト住宅事情について
触れていきます。

価格が魅力のローコスト住宅は年々需要を伸ばしています。

ローコスト住宅専門のメーカーもあれば、
オーダーメイドの注文住宅メーカーが商品ラインナップの一つとして
ローコスト住宅を手がけるケースも増加しました。

全国展開している会社もあれば
地域密着で展開する工務店もあり、
2000年代に入って多様化していると言えます。

岩手県の住宅事情にデータで見ていきましょう。

・一般世帯数:49万世帯
・核家族の割合:51.29%(全国45位)
・高齢夫婦のみの世帯割合:10.93%(全国38位)

上記データより
若い世帯で一軒屋を建てる一方では
二世帯住宅など生活の変化に合わせてリフォームや建て替えなどの
需要も他県と比べた時に多い地域と言えそうです。

参考記事⇒
【ホームメイト】岩手県の市場調査データ

二世帯住宅への建て替えとなった場合、

金額が跳ね上がることや、
親世帯が支払える期間などを考慮すると

建物に対して使えるお金には慎重になります。

金額を抑えるための手段として、
ローコスト住宅の需要が増えています。

県としても住宅促進には力を入れており、

「住みたい岩手県の家づくり促進事業」という名目で

補助金、助成金を準備してくれます。
(詳細内容は都度変わりますので、別途確認が必要)

その他、東日本大震災からの復興を目指すための、
生活再建住宅支援事業にも注力している地域です。

ローコスト住宅とは

最近人気のローコスト住宅とはどんなものでしょうか?

その特徴について解説していきます。

ローコスト住宅の特徴は大きく3つ

①基本仕様が決まっている
②材料費を安くする企業努力
③人件費の最適化

それぞれ掘り下げていきます。

①基本仕様が決まっている
家の仕様を決めていく際
決める箇所は多数存在します。
・外観の形状
・部屋の間取り
・住宅設備

メインになるのは上記のようなところですが、
それに加えて色や各形状、使用メーカーなどが選択肢に入ってくると
とても時間がかかります。

住宅メーカー側もお客さんの要望全てに応える準備をすると
ラインアップが膨大になり、その分コストが増えます。

このようなデメリットを解消するため、
ローコスト住宅では全てにおいて「基本仕様」を準備しています。

あらかじめ準備した選択肢から選ぶことにより、
余分なコストがかからない工夫をしています。

この選択肢を決めてしまうことでお客さんも一つ一つの事に対して
選ぶ労力が削減されますのでメリットはあると言えます。

②材料費を安くする企業努力
こちらは①の話と繋がってきます。
あらかじめ基本仕様を決めてしまうことで、
必要な材料のラインナップを絞ることができます。

住宅メーカー側は一度に同じ材料を大量発注することが可能になるため、
一つ当たりの材料単価を抑えることができます。

材料の仕入れ先からしても1個より100個買ってもらった方が嬉しいですし、
当然価格協力してくれます。

このような仕組みを木材から住宅設備まで実施することにより、
全体の金額を抑えています。

③人件費の最適化
人件費についても住宅の基本仕様化が大きく繋がってきます。

標準規格からの選択制にすることで、
打ち合わせの時間がかなり短縮されます。

一般的なフルオーダーの注文住宅では、
カーテンの開閉方法から各ドアノブの色までお客さんが決めることが可能です。

そのためどうしても全体的な打ち合わせ時間が長くなります。

住宅メーカー側との打ち合わせ時間は人件費に入っており、
建物価格に含まれていきます。

建設費用につきましても、
特殊な間取りを採用することで工事費用や管理費用が高くなり、
その金額は建物価格に含まれます。

ローコスト住宅ではこのような目に見えない費用を少しでも下げるため、
仕組化してコストカットしていると言えます。

ローコスト住宅のまとめとしては、
ただ単に手抜きで安くしているわけでは決してありません。

各住宅メーカーの企業努力と工夫がローコスト住宅を
実現していると言えます。

1,000万円台のローコスト住宅の特徴

ここまでの話でローコスト住宅の特徴は分かりました。

ここからは具体的に1,000万円代で実現できる
ローコスト住宅の特徴について触れていきます。

1,000万円代のローコスト住宅とは、
住宅ローンを組んだ際に毎月の返済が
50,000円前後になると想定される価格帯です。
(あくまでも目安であり、土地価格によって前後する。)

1,000万円台のローコスト住宅に多い特徴は3つとなります。

・外観がシンプル
凹凸の少ない箱型が基本となります。
この形状にすることで特殊な加工費用をカットしています。

ベースとなる箱型の中で色使いや+αの提案については
各住宅メーカーの特色が出てくる点となります。

・リビングが広い
メインフロアとなるリビングを複雑な形にすると
設計工数+材料費が増加します。

広い一体型のリビングは使用する材料が少なく、
一つの箱として制作もできることからコストカットを実現できます。

・2階に3部屋
2階に3部屋を標準化することで、
日本で一番多い家族構成への対応を考えております。
(夫婦+子供二人)

子供部屋各1部屋+夫婦の寝室が一般的な使い方となります。

ここまで1,000万円代のローコスト住宅について紹介してきましたが、
外観や内装の雰囲気などは各メーカーによってコンセプトが異なります。

また、「この部分には力入れてます!」といった注力ポイントもありますので、
住宅展示場などで雰囲気を感じてみるのも良いですね!

岩手県で家を建てるときの建築費・坪単価相場

岩手県で家を建てるときの価格相場がこちらです。

分かりやすく全国平均と比較して見ていきましょう。

「建築費」
・全国平均:2,663万円
・岩手県 :2,549万円

「坪単価」
・全国平均:77.7万円
・岩手県 :73.2万円

「土地価格」
・全国平均:1,291万円
・岩手県 :703万円

全国平均と比較してみると、

広大な面積を有している県ということもあり、
土地価格が圧倒的に安いことが分かります。

土地価格が安いからといって建築費用に特別高いお金を出しているわけでも
ありません。

雪の多い地域であるため、建物以外の外構費にお金を使っていると言えます。

建物価格を抑えている要因の一つに
ローコスト住宅メーカーが進出しているためと分かります。

参考記事⇒
岩手県の注文住宅の費用相場が知りたい!予算や坪単価、年収は?

LIFULL HOME’Sでカタログ一括請求をしてみる【無料】⇒

うちハピ注文住宅でカタログ一括請求してみる【無料】⇒

岩手県でローコスト住宅を建てるならおすすめのハウスメーカー・工務店ランキング3選

ローコスト住宅の特徴が分かったところで、
岩手県でオススメできるローコスト住宅メーカーを厳選して紹介します!

各住宅メーカーのローコスト商品ラインナップを中心にお伝えしていきます。

1.アルトホーム

圧倒的なコストパフォーマンスで人気が高いのが
アルトホームです。

「全ての人にマイホームを」というコンセプトの元
680万円~のマイホームを展開中です。

アルトホームでは「クラムボム」という商品名で
ローコスト住宅を販売しています。

最安価格でも標準仕様で全く問題ものを採用しています。
・バリアフリー対応の扉
・階段のすべり止め加工
・断熱玄関ドア(寒冷地対策)

気になる水回りの住宅設備にも各一流メーカーを採用しており安心です。

その他玄関先や外壁でも寒冷地に適した仕様を採用しております。

とにかく価格にこだわりたい方は見る価値ありのメーカーです。

アルトホームの会社情報

・住所 :岩手県盛岡市津志田南3-1-28 2F
・連絡先:050-5850-3294

2.ハウスM21

ハウスM21は岩手県で各種住宅を展開する
地域密着型住宅メーカーです。

フルオーダーの注文住宅からローコスト住宅までを
幅広く取り扱っています。

1,500棟以上の実績の中から特に近年人気のあるプランが
ローコストで展開する「HouseM21+fast」です。

「HouseM21+fast」とはどのようなプランか?

本プラン最大の特徴は「分譲建売」です。

大きな土地をまとめて住宅メーカーが購入します。

そこを区切って家を建てるため、土地代が単体で購入より安く手に入ります。

HouseM21+fastでは分譲住宅に建てた完成建築を販売しています。

そこの場所や家が気に入れば即購入を決めることができるため、
非常にスピーディです。

さらに打ち合わせなどの工数がない分金額を抑えることができます。

HouseM21+fastでは洗練され既に建っている住宅に対して、
自分の好みやセンスに合った家具選びを重視することを
コンセプトにあげています。

HouseM21+fastの価格帯は?

本プランの価格は1,700万円~となります。

注文住宅より安いとされる建売のジャンルで、
1,000万円を切るローコスト住宅市場の中では金額は高めの位置づけです。

しかしながら本来なら2,000万円を超えてくる間取りやデザインを
1,700万円から実現しているとも言えます。

注文住宅ではないため、自ら間取りなどを選択することはできませんが、
自分にピタッと合う場所とデザインで見つけることができた場合は

とてもお買い得なプランになります。

会社情報

・住所 :岩手県盛岡市盛岡駅前通3番53 第6基ビル2F
・連絡先:0120-52-8621

3.北斗建設

最後に紹介するのは
北斗建設が展開する「ソラノの家」です。

北斗建設は昭和51年創業のとても歴史の長い会社です。

注文住宅からリフォーム、店舗設計を中心に
盛岡市で多くの実績があります。

ソラノの家とは?

ソラノの家とは北斗建設が若い世代にもマイホームを提供すること
目指して作られたローコストプランになります。

ソラノの家の魅力は5つあります。

・安心のコストパフォーマンス

・価格が明瞭
本体工事、電気工事、暖房工事などあとから金額が積みあがる
心配はありません。

明確な価格提示のため安心して打ち合わせにのぞめます。

・充実した住宅設備
エコキュートや食洗機などママに嬉しい設備が標準搭載です。

・安心の2×4工法
高耐震で実績の高い2×4工法を採用。
高気密、高断熱で岩手県特有の寒冷地対策にもこだわっています。

・認定低炭素住宅対応
北斗建設の住宅は全て認定低炭素住宅です。

環境への配慮にも力を入れていると言えます。

岩手県で平屋が人気のローコスト住宅メーカー・工務店2選

近年平屋の需要も増えてきました。

魅力的な平屋が多くなったことと、
家族の形の変化が大きな理由になっております。

平屋のメリット

・バリアフリー対策
2階建てでは老後の階段登り下りが困難になりますが、
平屋であればそういった心配がありません。

・家族のコミュニケーション
同じフロアで生活することになるため、
家族で顔を合わせる時間が多くなります。

・スペースの有効活用
2階建てでは必須となる階段スペースを
書斎や収納といったスペースに活用が可能です。

平屋のデメリット

・部屋数を確保する場合、広い敷地が必要
仮に4つの部屋がほしい場合は1階に全ての部屋を作る必要があります。
家族の人数が多いなど、部屋数が必要な人には不向きです。

・坪単価が上がりやすい
基礎工事に必要な面積が2階建てより高くなるため、
坪単価は上がります。

屋根の面積も大きくなるため、工事が上がりやすいです。

・プライベート空間の確保が難しい
1階のみで空間を作るため、どうしても部屋数が少なくなります。
そのためプライベート空間の確保が困難です。

子育て世帯の場合、
お子さんが小さいうちはよいですが、成長した時の生活も
考慮する必要があります。

このような平屋にあるメリット、デメリットもふまえた上で、
検討していきましょう。

それでは岩手県でオススメの平屋住宅メーカーを解説していきます。

1.フリーダムデザイン

フリーダムデザインのコンセプトは
「インテリアから考える住まいづくり」です。

平屋では居住空間が限られているため、
その限られた空間でどれだけ心地よいスペースを作れるかがポイントになります。

重要な要素となるインテリアのデザインに力を入れているメーカーです。

インテリアの提案にこだわることで
便利な平屋なだけではなく、美しい空間を演出します。

価格で勝負する平屋を提案するメーカーが多い中、
フリーダムデザインは住みやすさと住む人の気持ちにも寄り添う提案が人気です。

フリーダムデザインの平屋は価格勝負だけではない

フリーダムデザインの商品ラインナップに規格としての
平屋プランは設けておりません。

基本的には注文住宅としての平屋のため、
金額としても規格住宅と比べると高いジャンルとなります。
(土地の広さに変動が大きいです。)

フリーダムデザインの平屋をオススメするのはこんな人

決して安くはないフリーダムデザインでの平屋をオススメしたいのは
こんな方です。

・次の世代まで長く住みたい
・限られた空間を最大限に活かしたい
・安さだけではなく内装にもこだわった平屋を作りたい

平屋はコンパクトでシンプルな暮らしを求める人が多いですが、
平屋でも+αの暮らしを実現したい人にオススメできると言えます。

会社情報

・住所 :岩手県盛岡市本町通3丁目5-8
・連絡先:019-681-6255
・定休日:毎週水曜日/第2・第4火曜日/第1日曜日/祝祭日

2.パルコホーム

パルコホームは岩手県全域で実績を持つ住宅メーカーです。

平屋住宅専門ではありませんが、
数多くの平屋を建てた実績を持っております。

各拠点でモデルハウスを展開しているため、実物を見てみたい方には
選択肢に入れてほしい住宅メーカーと言えます。

パルコホームの平屋商品ラインナップ

パルコホームでは大きく分けて2つのラインナップがあります。

・LOAFER(天井が高いタイプ)
・COVACO(シンプルタイプ)

LOAFERの特徴は高さを利用した広々空間です。

平屋にも関わらず天井を高くすることで
解放感を演出します。

太陽の光を最大限に取り込む工夫も施されており、
自然を好む人や、平屋でも広い空間を求める人には最適なプランと言えます。

COVACOはシンプルな平屋プランですが、
和モダンや洋風など好みに合わせた家づくりが可能なため、
年齢に限らず人気プランの一つとなっています。

パルコホーム平屋の価格帯

LOAFER、COVACOどちらのプランを選択するかにもよりますが、
1,500万~2,000万円です。

ローコストの中では高い位置づけになりますが、
その分選択肢も広いところが特徴です。

会社情報

・住所 :岩手県盛岡市北飯岡1丁目1-82
・連絡先:019-631-2865

LIFULL HOME’Sでカタログ一括請求をしてみる【無料】⇒

うちハピ注文住宅でカタログ一括請求してみる【無料】⇒

ローコスト住宅をオススメしたいのはこんな人です!

色々な家づくりの形がある中で、
ローコスト住宅をオススメしたいのはこんな人です。

その前に住宅には大きく分けて2種類あります。

・注文住宅
・規格住宅

注文住宅とは1から設計していくフルオーダー住宅です。

規格住宅が今回のローコスト住宅になる場合が多いです。

このようなローコストを住宅をオススメしたい人は、

・少しでも早く引っ越したい
・金額(ローン返済額)に制限がある
・老後にもう一棟建て替えるプランがある

こんな人です。

掘り下げて解説します。

・少しでも早く引っ越したい
若い夫婦で出産時期が迫っており、
どうしても新しい家で赤ちゃんを迎え入れたい人です。

アパートでの子育ては隣人に気を遣ってしまいますので、
子育てを一軒家でのびのびしたいと考えている人ですね。

他には補助金に関した理由です。

国や県は家づくりを促進したいため、様々な補助金、助成金を用意してくれます。

ただし、種類によっては期限つきの内容が多く、
「〇〇年〇〇月までに住みだしていること」といった条件がある場合もしばしば。

ローコスト住宅は着工から完成までが早いため、
期限の決まった補助金を使いたい人にはオススメできると言えます。

・金額(ローン返済額)に制限がある
こちらの理由はシンプルでが、
ローコスト住宅は注文住宅と比べて圧倒的に安いです。

おのずと月々のローン返済額は少なくなります。

うまくいけば現在のアパート代と変わらない金額で建てることも可能です。

新築を検討したいが、返済に自信がない人にはオススメです。

また、転職して間もない方や社会人歴が短い方にもオススメです。

ほとんどのケースで銀行で住宅ローンを組むことになりますが、
銀行はその人の信用や返済能力で貸す金額を判断するので場合によっては
希望額の借入ができないこともあります。

ローコスト住宅であればそもそも借入額を抑えることができるため、
審査に通りやすいと言えます。

・老後にもう一棟建て替えるプランがある
一生に一度の買い物として家を買うケースが多いですが、
そうでないケースの人です。

老後に合わせた2軒目を検討するプランがある場合、
若いうちに建てる1棟目の返済を早く終わらせる必要があります。

その場合にはローコスト住宅がオススメとなります。

ローコスト住宅で失敗しないために注意すべきこと

ローコスト住宅で失敗しないために、
失敗談を紹介していきます。

家づくりでの失敗は色々ありますが、
ローコスト住宅での失敗ではこの3つが上位を占めます。

・予算オーバー
・アフターサービスの未確認
・担当者選び

詳しく解説していきます。

・予算オーバー
ローコスト住宅では「コミコミで〇〇円」といった広告を
よく目にします。

どこまでがコミ価格なのか、よく確認してください。

失敗談の中で、

「予算をオーバーした」
こんな話をよく耳にします。

予算オーバーの原因として

・税抜き/税込みの確認不足
・オプションは別金額

などが挙げられます。

数千万円の買い物の中では、
税抜き/税込みの違いで100万円以上の誤差が生じます。

この勘違いはかなり大きいです。

オプションに関しても、
オプションもコミ価格と勘違いした場合、かなりの差額がでてしまいます。

後から言った言わないで揉めないように、
都度確認しながら打ち合わせを進めましょう。

・アフターサービスの未確認
ローコスト住宅はフルオーダーの注文住宅と比べて、
修繕サイクルが短いと言われております。

当然劣化は必ずするのでどのような家でも
修繕の時期は迎えます。

問題は劣化以外で突発的に発生した修繕への対応です。

アフターサービスの内容は、
外観や間取りと同じぐらい重要な項目と言えるでしょう。

確認ポイントは2点あります。

・何年間は「無償対応」してくれるか?
・「無償対応」の範囲は?

例えば広告で「10年間無償でアフターサービス」と謳っていたとします。
どこまでが無償の範囲なのか、遠慮せずに確認しましょう。

アフターサービス無償期間内にも関わらず、
対象範囲外と言われてしまうとショックですよね。

このアフターサービスはメーカーによって内容が大きく変わる場合があるので、
アフターサービスも含めて最終決定をしてください。

一生壊れない家は存在しません。

・担当者選び

最後は担当者のレベルです。

いくら好きな住宅メーカーを選んでも担当者とのコミュニケーションが円滑でないと、
納得の家づくりは実現しません。

家のスペックと同じぐらい慎重に担当者を選びましょう。

担当者との反りが合わず、コミュニケーションが稀薄となり、
そのせいで違った間取りになったり入居の日がズレるといった失敗は
とても多く耳にします。

営業と打ち合わせを進める人が同一な組織の場合は
特に気を付けて選んでください。

営業マンは契約が一番の成果ですので、
契約後から対応がおろそかになる人が驚く程多くいます。

営業マンからするとたくさんいるお客さんの一人かもしれませんが、
こちらは一生に一度の買い物です。

打ち合わせ段階でも気になることがあれば、
遠慮せずに言いたいことを伝えるようにしてください。

LIFULL HOME’Sでカタログ一括請求をしてみる【無料】⇒

うちハピ注文住宅でカタログ一括請求してみる【無料】⇒

まとめ

いかがだったでしょうか?

何度もお伝えしていますが、
家は「一生に一度の買い物」であり、
簡単に後戻りのできない買い物です。

「あの時こうしておけば・・」
「もっと慎重に選べば良かった・・」

あとから気づいてもどうすることもできません。

車と違って簡単に売ることもできませんよね。

この記事が少しでも家づくりのヒントになってもらえれば
嬉しい限りです!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

\大切な家づくりで後悔しない為に!/