石川県でおすすめお住宅展示場ランキング4選!メリット&デメリットを把握いて家を建てるヒントに!

家を建てた方がよいのか、賃貸で暮らしていった方が良いのか、最善の選択って難しいことですよね。

賃貸で暮らすイメージはなんとなくできていますが、家を建てることは、生涯で多くの人が一度なので、経験がないためわからないことだらけです。

予算も、順序も、メーカーも、選ぶ基準もなにもかもわからない。

そういう時にまず第一歩として、住宅展示場に行ってみることをおすすめします。

住宅展示場というのは、ただ家の中身がみられるだけでなく、メーカーの比較、選ぶ基準なども見えてきますし、予算や順序などについてのアドバイスも受けることができます。

今回の記事では、石川県の展示場の説明、賢く見学するポイント、注意点などを説明していきますので、まず第一歩を踏み出してみましょう。

ここから本文に入る前に、1点質問です。

「後悔しないマイホームを建てるために、最も大切なことは何だと思いますか?」

資金計画?土地探し?それとも見学会に参加すること?

いずれももちろん重要ではありますが、答えはNOです。

後悔しない注文住宅を建てるために最も大切なことは、パートナーとなる「住宅メーカー選び」です。

全国的に展開していて比較的規模が大きい「ハウスメーカー」、地場に根付いて地域のことを知り尽くしている「工務店」、より柔軟なデザインで対応してくれる「設計事務所」。

一口に住宅メーカーと言っても幅広く、企業数も膨大でどの会社を選ぶべきか迷ってしまう人も多いでしょう。

しかし比較検討の手間を惜しんで、安易に名前の聞いたことのある大手のハウスメーカーに絞り込んでしまうのは危険です。

手間暇は極力減らしながらも、しっかりと比較・検討した上で依頼先を決めることが、後悔しない注文住宅を建てる上で最も重要になります。

「でも、山ほどある住宅メーカーから、どうやって条件に合う会社を見つければいいの?」

とあなたも感じるはず。そこでぜひ活用して欲しいのが、東証一部上場企業の「LIFULL」と、うちハピが運営する「うちハピ注文住宅」のカタログ一括請求サービスです。

↓ ハウスメーカーの一括請求はLIFULL ↓

↓ 工務店のカタログ一括請求はうちハピ ↓

このカタログ一括請求サービスを利用すれば、「エリア」と「こだわり条件」を入力するだけで、条件にマッチするハウスメーカーや工務店のカタログを一括で取り寄せることができます。

圧倒的に時間も節約でき、そして簡単にメーカーの比較が可能になりますね。

また、この一括サービスは無料で利用できますよ!

LIFULLは『ハウスメーカー』が中心、うちハピ注文住宅は『工務店』を中心にカタログを取り寄せられるので、どちらも利用することで理想に近い住宅メーカーに出会える可能性が高まりますよ。

また、カタログを請求の際は、有名かどうかで判断せず、条件に合うメーカーのカタログを一応全て取り寄せることを意識しましょう。

全く知らなかった会社の中に、あなたの希望を実現してくれる会社があるということも珍しくありません。

お金や時間をかけずに、カタログ一括請求サービスで様々なハウスメーカーを比較してみてくださいね!

LIFULL HOME’Sでカタログ一括請求をしてみる【無料】⇒

うちハピ注文住宅でカタログ一括請求してみる【無料】⇒

それではいよいよ本文に入っていきましょう。

住宅展示場は家を建てるためのヒントの宝庫

住宅展示場は、家を建てるためのヒントの宝庫になっています。

まず一番大きいのは、『目で見える』ことです。

頭の中でイメージするより、目で見た方が納得性も高いし、理解度も高い。

実際にモデルハウスを見て、家を建てるイメージもできますし、メーカー比較もできます。

そのうえ、見るだけでなく、担当者がいるので細かい説明を受けることも可能です。

予算などの気になることも聞けて、自分が家を建てることのイメージが明確になっていきます。

今までなんとなく頭の中で考えていたことが、現実味を帯びて、自分の今後のライフスタイルを含めた人生設計がうっすらと見えてき始めます。

私自身、行ってきましたが、とても有益でした。

石川県は、たくさんのメーカーがあります。

たくさん選べるのはうれしいことでもあるのですが、どこがいいのかも逆にわからなくなります。

そういう意味で住宅展示場は、絞ることができる場所にもなります。

住宅展示場ってこんな場所

住宅展示場とは、その字のごとく、住宅が実際に展示されていることのことを言います。

実際に住むイメージがつくようにインテリアなども設置してあり、いろんな機能がそこで試すことができるようになっています。

そしてその家が、メーカーごとに集合しているのが住宅展示場です。

一つの場所にいくつものおうちがありますので、敷地も結構広く作られています。

そのため、県内にもたくさん箇所があるというより、数か所ある程度です。

その一か所にいけばたくさんの情報が得られます。

住宅展示場とモデルハウスってどう違う?

一般的にメーカーが出しているモデルハウスは、通常の住宅地に建っています。

県内でいくつもの場所に建っていて、メーカーに相談などをすると、その場所を見せに連れて行ってもらうことができます。

そして、もし自分が住みたい場所、土地にモデルハウスがあって、そのモデルハウス自体を気にいることがあれば、そのものごと販売してくれる可能性もあるのです。

私は実際、おうちを一から建てたのですが、その前の候補が、そういうモデルハウスでした。

モデルハウスとして使われていたので、見学などの跡地ではありますが十分綺麗ですし、

その時は、インテリアもプレゼントしてくれるというお話もあり、かなり前向きになっていました。

土地込みだし、もう建っているのですぐ住めるのでかなりメリットもありましたが、その土地ではなく、違う地域に建てることになったので諦めました。

モデルハウスとはそういう存在ですが、住宅展示場とは、モデルハウスの集合体なので、そこを販売することはありません。

ただ、おうちを見ることができるという意味では同じものとも言えます。

家を建てる前に住宅展示場にいくメリット・デメリット

住宅展示場に行くとなると、どうですか?

イメージはデメリットのほうが頭によぎるかもしれませんね。

私も実際、行くときに考えていたデメリットとしては、その後の営業と、長時間かかるのではないかという点でした。

実際に行ってみて感じたメリットデメリットと、世間の口コミからのメリット・デメリットを紹介していきます。

メリット

  • まず参加は無料なのでお金の心配なし
  • 家を見ることで家を建てることが想像からリアルに変わる
  • メーカーごとの強み、弱みと自分の好みを照らし合わせることができる
  • 一日でメーカー比較を済ますことができる
  • 間取りのイメージが明確になる
  • イベントがあり、楽しみもある

デメリット

  • 後日のメーカーからの営業
  • 長時間滞在になり、疲れることや一日がつぶれてしまうこと
  • 迷いが増える
  • 担当者の説明が長くなる

実際やはり営業が一番イメージとしてもデメリットになりますね。

ただ、それを拒否する方法もあるので、それはあとあとお伝えしていきます。

石川県でおすすめの住宅展示場ベスト4

それでは石川県でおすすめの住宅展示場をご紹介します!

金沢ハウジングセンター県庁東

一番大きな規模の総合住宅展示場になっています。

11社15棟のモデルハウスが立ち並んでいます。

ハウスメーカー

  • アルスホーム
  • 石友ホームが3棟
  • 住友林業が2棟
  • セキスイハイム
  • 積水ハウス
  • 大和ハウス工業
  • タカノ一条ホームが2棟
  • タカノホーム
  • パナソニックホームズ
  • 日本ハウスホールディング
  • 三井ホーム

住所

920-8205
石川県金沢市大友1丁目337
TEL 076-237-3655
県庁近くです。

金沢ハウジング 野々市展示場

上記金沢展示場と同じ系列です。

11社12棟のモデルハウスがあります。

ハウスメーカー

  • アルスホーム
  • 石友ホーム 2棟
  • オダケホーム
  • STATES
  • 住友林業
  • 積水ハウス
  • 大和ハウス工業
  • タカノ一条ホーム
  • タカノホーム
  • セキスイハイム
  • 三井ホーム

金沢県庁東にないメーカーもありますので要チェックです。

住所

919-8848
石川県野々市市柳町425番地
TEL 076-259-1857

イエタッタ

北陸では有名なイエタッタ。

こちらは一つの場所で総合展示場としてみることができるわけではなく、オンライン上や相談などでいくつかのメーカー提案をしてもらえる感じです。

メリットとしては、実際に建っている場所にモデルハウスとして見に行くことができて、メーカーを選ぶというより、気に入った家を探してメーカーを選択するというイメージ。

住宅会社の件数は147件の登録がありますので、大手から、地方工務店まで選び放題となるわけです。

デメリットとしては、見学があちこち地域に分かれてしまうことです。

147種類はかけないので、いくつかピックアップして出すので、気になるようならイエタッタのHPを見てみてください。

ハウスメーカーおよび工務店

  • シンプルノートコマツスタジオ
  • 株式会社ファンデザインワークス
  • 株式会社ビオビト
  • シティハウス産業株式会社
  • ウッドスタイルデザイン
  • 総合建築アズ株式会社
  • 株式会社家元
  • くらしのいえ
  • 飛鳥住宅株式会社
  • 株式会社家守
  • 株式会社桐工房
  • 株式会社ステーツ

まだまだ登録があります。

この場合は、住宅展示場ではなくカウンターに連絡することになります。

先にHPでチェックされたほうが営業も少なくなるし楽な感じです。

住所

921-8802
石川県野々市市押野2-171 サクシード101

家6

ここはこだわりの絞られた合同住宅展示場です。

ハウスメーカー、工務店

  • ITSUKI
  • エムエヌ木材株式会社
  • 梶谷
  • イシンホーム住宅研究会
  • 西尾
  • YAMASAKUMOKUZAI

住所

923-0832
石川県小松市若杉町ヌ乙213-6
TEL 090-9440-1811
※グーグルマップでは、『グリーンヴィレッジ若杉』の検索ででてきます。

LIFULL HOME’Sでカタログ一括請求をしてみる【無料】⇒

うちハピ注文住宅でカタログ一括請求してみる【無料】⇒

住宅展示場を賢く見学するための5ヶ条

住宅展示場を賢く見学するための5ヶ条を紹介します。

1.住宅展示場を予約する

まず住宅展示場の予約をしましょう。

予約は電話やメールで受け付けています。

予約をしないで行くことも可能なのですが、そうするとみたい家がみられないということも起きてきますので、予約はしておいたほうが得策です。

イベントなども時間制で行われているので、予約をすることで時間のコントロールが効きます。

それに展示場予約の特典もあったりしますので、ぜひ展示場のHPを一度チェックしてください。

2.住宅展示場へ行く時の持ち物

住宅展示場へ行くときの持ち物について説明します。

基本的に、身軽で行くのが一番です。

ただ、参考になることが多いので、携帯でメモや写真を使うことはあると思いますので、携帯は必須です。

携帯では心もとなければ、メモ帳やデジカメ、筆記用具などがあってもよいかもしれません。

ただ、住宅展示場では、見回ることになると思いますので、持ち物は最小限がおすすめです。

お子様が一緒ならなおさらです。

3.上手に住宅展示場を回るための作戦をたてる

住宅展示場を回るのに、作戦を事前に建てておきましょう。

まず、メーカーが多いので、メーカーを絞っておくことがおすすめですが、もしどうしても見たいなら、その日一日はすべてのメーカーを見て回る、でも説明は受けないということにしておくこともできます。

でも予約の際に伝えておかなければ、担当者は基本的に説明するスタンスでいます。

説明を受けると、全部回る時間はおそらくないでしょう。

ですので、住宅展示場へいくならまず目的を明確にしておく。

そしてその目的によっては、2日に分けていくこともできます。

例えば、一日目にすべてまず目で見て回る。

次の週に、絞ったところに説明を聞きに行く。

というようなスタンス。

ただ、何度も行くのも大変であれば、やはり事前にいくつか絞っていくのが妥当です。

それと、もうひとつは知りたいポイントをまとめておくこと。

そうするとだらだら説明をきくのではなく、知りたいことを知ることができます。

4.標準仕様とオプション仕様を確認する

家づくりにおいて、一番よく聞くのは予算が最初より大幅にあがるということです。

これはなぜかというと、オプションというからくりがあるから。

住宅展示場において展示してある家で見たものの中には、もしかしたらオプションが含まれているかもしれません。

担当者も聞かれなければわざわざこの時点でこれはオプションですといちいち言わないのです。

住宅展示場に行く際は、まだ家づくりの序盤です。

なかなか標準装備かオプションかまでは気が回らないものです。

せめて、自分が気になっているもの譲れないことなどある場合は、そこを聞くことをしたほうがよいでしょう。

例えば、全館空調、床暖房、天井のプロペラ、洗面など、初めからあるものだと思い込みがちになります。

なぜなら展示場にあるから。

でもメーカーによって標準もオプションも違いますので、気になる重要点は確認した方が良いです。

5.インテリアやデザインは家づくりの参考に

住宅展示場へいくと、もう住めるかのようなおうちを見ることができるわけです。

ただ、本当はインテリア、家具、電化製品などは自分で用意することになるので、おうちとしては空っぽなんです。

ですので、住宅展示場ではいずれ自分が用意するインテリアなどの参考になるわけです。

一からデザイニングするのもなかなか難しいですので、展示場のものを撮影しておいて、のちのちの参考資料にしておくことがおすすめです。

住宅展示場は親子で行けるレジャー空間

お子様も一緒に展示場へ行く予定の場合なのですが、連れて行くとなるといろいろ困難を想像します。

汚すことや飽きること、ぐずることなど想定されます。

しかし思いのほか大丈夫なんです。

それが言えるのは、おそらくどのご家族も展示場にくるときは、子供を連れてきているのが通常です。

そういうことから、展示場側でそこの配慮がちゃんとなされています。

いえ、配慮どころか、レジャー感すら感じるクオリティです。

うちの息子も実際、展示場に行きたいとのちのち遊び場扱いのような言い方をしていました。

子供への配慮が上手にされています。

今までの経験からどんどんクオリティがあがって、長時間見学しても大丈夫な施設もあります。

住宅展示場のメーカー側も困るのは、家を買う目的でない人たちが遊びに来ること。

でもそういう人がいるほど、レジャー感があるということが言えます。

住宅展示場でよくあるイベント

住宅展示場でよくあるイベントは、大きいものであればレンジャーショー、キャラクターショーなどがあります。

女の子に人気なのは、工作で作れるものがあるスペース。

ヘアゴムなどアクセサリーを作れたり、きらきらのおもちゃを作ることができたりします。

その他、大きい展示場では、プチ公園みたいなものもあります。

退屈しないでいることができます。

たまにですが大人向けのイベントもあります。

キャンドル作りや、簡単な陶芸など。

親子で楽しめるようなイベントも催されています。

住宅展示場でもらえるプレゼント

住宅展示場でもらえるプレゼントには、見学にきただけでも、タオル、洗剤など日用品をもらえるところもあります。

ビッグイベントをしていて、旅行券や高級電化製品、料理器具などをプレゼントしているところもあります。

イベントごとにおいて違ったりしますので、事前にチェックしてみてください。

予約をした時点で予約へのお礼プレゼントなどもあるので、要チェックです!

どうせ行くならもらえたら嬉しいですしね!

LIFULL HOME’Sでカタログ一括請求をしてみる【無料】⇒

うちハピ注文住宅でカタログ一括請求してみる【無料】⇒

住宅展示場を見学するときの注意点

経験上、見学する上で注意したほうがいいことをお伝えします。

住宅展示場のアンケートはむやみに記入しない

たぶん、想像疲れると思うのですが、アンケートに個人情報を書くということは、連絡することを暗黙で了解しているのと同じことです。

後日の営業連絡がひっきりなしにかかってきます。

毎週土日になると連絡があって、気持ち的に落ちていきました。

でも担当者さんも必死なのもわからないでもないです。

そういうことにならないためにも事前にアンケートはむやみに記入しないことです。

個人情報を抜かしてアンケートに答えたり、本当に知りたいメーカーにだけ書くというように慎重に選択しましょう。

その場ですぐ申込は行わない

年々増えているのが、当日のお申込み。

増えていると同時に、消費者センターに問い合わせが多発するほど、問題にもなっています。

今の時点では、当日に申し込みなんてするわけがないと思っていますよね?

でも当日に行ってみると夢も広がり、そして気に入ってしまうと、もう他はない!と思って申し込み意欲があがります。

そんな気持ちの時にさらに担当者は、当日申し込むとという特典や割引の話をします。

そうなると勢いとテンションで申し込み・・となる確率もなきにしもあらずなのです。

しかし高い買い物です。

家に帰って冷静に比較したり検討する余地が十分にあっておかしくないはずです。

どんな甘い言葉にもひっかからないよう、とにかく一度家に持ち帰ることを意識してください!

LIFULL HOME’Sでカタログ一括請求をしてみる【無料】⇒

うちハピ注文住宅でカタログ一括請求してみる【無料】⇒

まとめ

石川県の住宅展示場は情報が豊富です。

そしてメーカーも多い、イベントも多数ととても魅力的。

とにかく家づくりの第一歩目としてスタートしやすいのが展示場へ行くことです。

そして体感したあと、予算、間取り、こだわりなどを自分たちで明確にしていきましょう。

展示場も家づくりにおいての思い出になります。

ぜひ楽しんでいってきてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

マイホームで後悔したくない人必見!
LIFULL HOME'Sカタログ一括請求