ハウスメーカーとはどんな会社?注文住宅から建売住宅まで解説!ーメリット・デメリットもー

あなたは、ハウスメーカーと聞くとどんな会社を想像しますか?

ハウスメーカーとは、その名の通り「家を作る人」を意味し、住宅を建てることを事業として展開している会社のことを言います。

今回は、そんなハウスメーカーがどんな会社なのかをテーマに解説します。

家づくりを検討している人は、是非事前知識として目を通してみて下さい。

ここで1つ、本題に入る前に質問です。

「あなたは今、注文住宅の依頼にあたって何社のハウスメーカーを調べていますか?」

もしかして、はじめから1社のみに絞ってしまってはいませんか?

実は、注文住宅を建てる上で最も重要なのは「住宅メーカー選び」です。

住宅メーカーなんてどこも一緒、と思っている人は注意が必要です。なぜなら注文住宅においては「住宅メーカー選び」が命と言っても過言ではないからです。

日本全国には知名度の高い「ハウスメーカー」はもちろん、地域に根付き低価格で住宅を提供する「工務店」、自由度が高い「設計事務所」など様々な住宅メーカーが存在します。

十分な比較をせずに依頼するハウスメーカーを決めてしまうと、「予想よりお金がかかった・・。もっといいハウスメーカーに頼めばよかった・・」と、一生後悔することになりかねません。

実際に家を建てた後に理想とは程遠いことに気づいてしまい、何千万円も損をしてしまった・・・という話もあるのです。

そうならないためにぜひ活用して欲しいのが、東証一部上場企業の「SUUMO」と、同じく東証一部上場企業「LIFULL」のカタログ一括請求サービスです。

↓ 一括請求はSUUMOもおすすめ ↓

↓ ハウスメーカーの一括請求はLIFULL ↓

このカタログ一括請求サービスのすごいところは、「エリア」と「こだわり条件」を入力するだけで、条件にマッチするハウスメーカーや工務店のカタログがピックアップされ、一括で取り寄せることができるところ。

SUUMOでは工務店のカタログを、HOME'Sではハウスメーカーのカタログを中心に集めることができますよ。

圧倒的に時間も節約でき、そして簡単にメーカーの比較が可能になりますね。

また、この一括サービスは無料で利用できますよ!

また、カタログを請求の際は、有名かどうかで判断せず、条件に合うメーカーのカタログを一応全て取り寄せることを意識しましょう。

全く知らなかった会社の中に、あなたの希望を実現してくれる会社があるということも珍しくありません。

一生に一度の買い物で損をしないために、面倒くさがらず今すぐSUUMOとホームズをあわせてカタログ請求しておくことをおすすめします!

【おすすめ】SUUMOでカタログ一括請求してみる【無料】⇒

LIFULL HOME’Sでカタログ一括請求してみる【無料】⇒

それではいよいよ本文に入っていきましょう。

もくじ

ハウスメーカーってどんな会社?工務店との違いって?

先述したようにハウスメーカーは、住宅を建てて販売する事業を展開している会社です。

よく不動産会社と混合されますが、不動産売買を専門としている不動産会社とは違い、あくまで「家を建てる」ことを専業としているメーカーである点で違いがあります。

また、非常に類似した業態で工務店と言うものがあります。

工務店とハウスメーカーとの違いは、実は事業としてやっていることは変わりありません。

両社の違いは、厳密に言うと全てに当てはまる訳ではありませんが、事業規模の違いが、まず挙げられます。

ハウスメーカーは、広い地域で事業展開をしている大手・中堅どころの会社が多く、工務店は、地域密着型で住宅の請負事業を展開している小規模な会社が多いです。

また、ハウスメーカーは、自社施工している会社は少なく、下請け会社に建築を委託している場合が多いですが、工務店は、自社で施工まで行っている会社が多いです。

工務店の場合、修繕やリフォームまで自社で行う会社も多いため、エリアは狭いですが、事業範囲としては広いと言えます。

工務店と名前が付いていても大手企業も存在する為、すべてには当てはまりませんが、一般的なイメージとして覚えておきましょう。

【おすすめ】SUUMOでカタログ一括請求してみる【無料】⇒

LIFULL HOME’Sでカタログ一括請求してみる【無料】⇒

ハウスメーカーには、注文住宅業者と建売住宅業者がある

ハウスメーカーと一口に言っても様々な会社が存在しますが、大きくは、注文住宅業者と建売住宅業者の二つに分類することが出来ます。

どちらの言葉もよく耳にすると思いますが、違いは何なのでしょうか?

ここでは、注文住宅と建売住宅について解説します。

注文住宅とは?

注文住宅とは、すでに土地を所有している人が、その所有する土地に対して自分の注文通りの家を建てることです。

よって、注文住宅業者とは、土地を所有する人に、その要望(注文)に沿った家づくりを提案している会社です。

注文住宅の最大の特徴は、自分のこだわりを表現した自由度の高い家づくりが出来ることであり、注文住宅業者に相談しながら間取りや設計等を一から決めていきます。

建売住宅とは?

建売住宅とは、建売住宅業者が仕入れた土地に対して建売住宅業者が間取りや設計の企画をして建てられた住宅です。

よって、住宅の購入者は、建売業者が土地から企画した住宅を土地と一貫して購入する形になります。

建売住宅の最大の特徴は、業者が企画した住宅を土地と建物一貫して販売する為、購入者が土地を探す必要がなく、コストも安いところです。

注文住宅のように自由な家づくりは出来ませんが、決まった企画である為、予めイメージがし易く、完成した物件であれば内覧した上で購入することが出来るメリットもあります。

【おすすめ】SUUMOでカタログ一括請求してみる【無料】⇒

LIFULL HOME’Sでカタログ一括請求してみる【無料】⇒

注文住宅のメリットとデメリットは?

ここでは、注文住宅のメリットとデメリットを紹介します。

注文住宅のメリット

まずメリットから見ていきましょう。

設計の自由度が高い(自分好みの家が建てられる)

注文住宅のメリットは、何といっても設計の自由度が高い点にあります。

せっかく家づくりをするなら自分のこだわりをとことん追求した人も多いでしょう。

注文住宅であれば、専門家であるプロの業者に相談しながら自分の理想とする家づくりをすることが出来ます。

建物については、構造、間取り、仕様、デザイン等を一から考えて設計します。

もちろん建物の構造上、実現できない設計もありますが、そこもプロに相談しながら最大限こだわりを表現できる点は、注文住宅のとても魅力的なポイントです。

立地を選ぶことが出来る

注文住宅は、まず建てる土地を探すところからスタートする為、土地を選ぶことが出来るメリットもあります。

家づくりは、建物ももちろん大切ですが、立地も同様に大切です。

一度、購入すると土地を動かすことは出来ないので、立地をはじめ土地からこだわって家づくりが出来る点も注文住宅の大きなメリットです。

ただこれは、相続した土地等には、当てはまらないメリットなので注意してください。

家を建てる過程まで見ることが出来る

注文住宅は、着工から完成まで、家づくりの過程を見ることが出来ます。

こだわった家づくりをするからには、家が出来るまでの過程も見ておきたいと言う人は多いでしょう。

注文住宅であれば、家が完成するまでの過程をすべて見届けることが出来ますので、人生に一度の最高の思い出を作ることが出来ます。

注文住宅は、間取りや仕様等の設計を決めていく過程が大変であり、途中でモチベーションが下がってしまうケースもあります。

そんな時は、家が完成するまでの過程をイメージすると、完成までがより楽しみになり、設計も捗るかも知れません。

注文住宅のデメリット

次は、注文住宅のデメリットです。

注文住宅は、自由な家づくりが出来る反面、デメリットになる部分もありますので、注意しましょう。

コストが高い

余程お金に余裕がある人を除いて注文住宅で一番デメリットになるのは、建築コストが高くなる点です。

もちろんハウスメーカーによって違いがあり、設備や仕様によっても変わりますが、一般的に建売住宅と比較した場合、建築コストは高くなります。

建物の構造によってもコストは変わってきますので、注文住宅を検討したい人は、土地探しの段階から予算をよく考えた上でハウスメーカー選びをする必要があります。

家づくりにおける項目をすべて自分で決めていく必要がある

人によっては、自由度が高い注文住宅は、決めることが多すぎて逆に精神的な負担になる場合もあります。

完全自由設計で注文住宅を建てた場合、購入者である施主が決める項目は非常に多く、あまりこだわりが無い人にとっては苦痛に感じるかも知れません。

あまりこだわりが無い人に関しては、注文住宅でも概ね企画が決まっているようなハウスメーカーに依頼してある程度まとまったプランで家づくりを進めていくと良いでしょう。

工期までが長い為、引き渡しまでに時間がかかる

注文住宅の場合、相談ベースから設計、着工、完成までの平均期間は、おおよそ12カ月前後であり、検討段階から引き渡しまでかなり時間がかかります。

これは、着工までの設計段階に時間がかかっているからであり、施主によって違いがあります。

よって短い期間でスピーディな家づくりがしたい人は、設計期間を短くすることで引き渡しを早めることは可能です。

ゆっくり時間をかけ過ぎてもモチベーションが下がってしまう為、引き渡しまでは、計画的に進めていくことをおすすめします。

【おすすめ】SUUMOでカタログ一括請求してみる【無料】⇒

LIFULL HOME’Sでカタログ一括請求してみる【無料】⇒

建売住宅のメリット、デメリットは?

ここからは、建売住宅のメリット、デメリットを紹介します。

注文住宅と比較して検討したい人は、よく参考にしてください。

建売住宅のメリット

まず建売住宅のメリットから解説します。

コストが安い

建売住宅で一番のメリットは、建築コストが安い点です。

注文住宅と比較して建売住宅を選ぶ人の一番多い理由が、この建築コストです。

建売住宅は、建売業者が土地を仕入れるところから企画しており、建築物も企画が決まっている大量生産型の住宅なので建築コストを安く抑えることが出来ます。

また建築コストが安いからと言って必ずしも品質が悪い訳ではありません。

もちろんメーカーによりますが、高品質の建売メーカーもある為、予算を考えて建売を選択することはむしろおすすめ出来ます。

一般的である程度まとまった家が建てられる

建売住宅は、メーカー側で建物を企画している為、ある程度まとまった間取りや仕様の家を建てることが出来ます。

よってあまり家づくりにこだわりが無い人には、むしろありがたいのが建売住宅になります。

注文住宅では、企画を決めるのは自分である為、建てた後に「こうしておけばよかった」と後悔する場合がありますが、建売住宅では、逆にそこがありません。

場合によってはすぐに引き渡しが出来る

建売住宅は、業者が土地を買い取って企画が決まるとすぐに着工する為、工期が非常に短いです。

よって、建売住宅を検討してちょうど完成間近、もしくは完成済みの住宅で気に入ったものがあればすぐに引き渡しを受けることが可能です。

完成済みの物件であれば内覧後に購入を決めることが出来る点もメリットが大きいです。

銀行ローンが通りやすい

建売住宅は、土地と建物を一貫して購入する為、購入金額も土地、建物込みの金額になります。

注文住宅のように土地は土地で購入し、建物は建物で購入する必要がありません。

よって、コストパフォーマンスに優れているだけではなく、土地、建物を合わせた物件価格に対して同じ銀行でローンを組める為、審査を通しやすいメリットがあります。

また、諸経費も注文住宅と比較して安い為、自己資金が少なくても住宅を購入することが出来ます。

建売住宅のデメリット

次は、建売住宅のデメリットです。

家づくりの自由度が低い

家づくりのこだわりが薄い人には嬉しい建売住宅ですが、デメリットは、やはり家づくりの自由度が低いことです。

建売住宅は、土地を探すところから業者が企画し、建物の間取りや仕様も業者が決める為、標準仕様の状態では、自由度が全くありません。

追加オプションは、建売業者であっても好きに付けることが出来る為、必要な設備があれば業者に依頼しましょう。

立地を選べない

建売住宅は、建物の自由度も低いですが、土地も業者が探す為、立地も選べないデメリットがあります。

建売住宅でも好立地の物件もある為、立地を重視する人は、好立地の建売住宅を探すと良いでしょう。

また、建売メーカーは、個人が購入するような注文住宅用の土地は、基本的に買い取りをしない為、エリアを絞った場合、好立地の企画は、かなり数が少なくなります。

好立地の建売住宅を購入したい人は、ある程度エリアを広げて探す必要があるでしょう。

注文住宅よりも品質が劣る場合が多い

高品質な建売住宅を建てるメーカーもありますが、注文住宅と比較すると品質は劣ってしまいます。

建売住宅は、最終的なエンドユーザーに販売する価格を見越した設備や仕様で企画がされる為、建物の品質は、どうしても低くなります。

注文住宅よりもコストは安いですが、その分品質は下がってしまうので建物の品質を重視する人は、注意が必要です。

【おすすめ】SUUMOでカタログ一括請求してみる【無料】⇒

LIFULL HOME’Sでカタログ一括請求してみる【無料】⇒

一般的なハウスメーカーは、全国展開する大手注文住宅メーカーを指すことが多い

解説してきたようにハウスメーカーは、注文住宅と建売住宅に分かれますが、一般的にハウスメーカーと呼ばれる会社は、全国展開している大手注文住宅メーカーを指すことが多いです。

ハウスメーカーと言えば、注文住宅のイメージがあり自由度の高い夢のマイホームを持ちたい人には、憧れの存在でしょう。

注文住宅を扱う大手メーカーは、有名な会社だけを挙げてもたくさんありますが、それぞれに特徴や強みを持っています。

そしてハウスメーカーを絞る際には、住宅の構造ごとに分類するのが効率的です。

構造別、人気ハウスメーカーを紹介

住宅の構造を考える際、大きく木造と鉄骨造に分けることが出来ます。

ここでは、木造と鉄骨系構造に分けてそれぞれを得意とする人気のハウスメーカーを紹介します。

木造の人気ハウスメーカー5選

まず木造住宅を得意とする人気ハウスメーカーを5社紹介します。

住友林業

国内山林事業を展開している住友営業は、建物の一部に国産木材を使用した高価格帯の贅沢な木造住宅を提供しているハウスメーカーです。

住宅以外の事業も広く展開していますが、注文住宅の施工実績も多く、技術力は高いです。

高い技術力を支える理由は、業界トップクラスに多い1級建築士の資格保有者です。

優秀な人材が豊富に在籍していることで、木造住宅でも、設計提案力が非常に高い為、自由度の高い家づくりを実現しています。

25年間無料点検や、年中無休の24時間コールセンターもあり、アフターフォローも充実しています。

住友林業で家を建てた人の本音の評判・口コミを暴露!坪単価や特徴・注意点まで分かる完全ガイド

一条工務店

木造住宅の代表的なハウスメーカー、一条工務店の家づくりの特徴は、気密性・断熱性が非常に優れている点です。

2007年には、省エネ性能に優れた住宅に送られる「ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エレクトリック」で大賞を受賞する程、省エネにも役立ちます。

また、「2×6(ツーバイシックス)」と言う枠組壁工法で造られた同社の住宅は、気密性・断熱性だけではなく、耐久性も高く評価されています。

一条工務店が推奨する全館床暖房や太陽光発電システムの評価も高く、業界内でもより質を求めた家づくりが出来ます。

口コミでは、営業スタッフの対応が良いと言うコメントも多く木造住宅の検討において絶対に外せないハウスメーカーです。

一条工務店で家を建てた人の本音の評判・口コミを暴露!坪単価や特徴・注意点まで分かる完全ガイド

タマホーム

テレビCⅯで有名なタマホームは、ローコスト住宅を展開するハウスメーカーです。

同社の特徴は、安いだけではなく、高い耐震性・耐久性に加え、充実した標準設備です。

オール電化やバリアフリー、高級感漂う人工大理石のキッチン等が標準仕様で付いています。

ユーザーからの口コミでも「標準仕様が充実しているのに予算内にコストが収まって満足」と言うコメントが多く、他社との差別化となっています。

高いコストパフォーマンスが自慢のタマホームですが、営業スタッフの対応とアフターフォロー体制には、悪い口コミが目立ちました。

特に、営業スタッフは、対応が遅い等の悪い口コミが多く、対応に個人差があることが分かります。

営業をはじめスタッフの対応に課題は有りますが、費用に見合った住宅の質と言う点では、高い評価が多く、コスト重視の人にはおすすめ出来るメーカーと言えます。

タマホームで家を建てた人の本音の評判・口コミを暴露!坪単価や特徴・注意点まで分かる完全ガイド

三井ホーム

三井ホームは、ツーバイフォー工法によって耐震性、断熱性・気密性に優れた「プレミアム・モノコック構法」と言う構法が特徴的なハウスメーカーです。

「災害、四季の変化、時間の経過」にも耐えられる強い家づくりをすることが出来ます。

建築士だけではなく、インテリアコーディネーター、デザイナーと共にデザイン性に優れたこだわりの家づくりが出来ることも魅力の一つです。

口コミでは、品質だけでなく営業スタッフの対応やアフターフォローにも高評価のコメントが多く、顧客への対応にも力を入れています。

ただ、インテリアコーディネーターは、人によってセンスが分かれる為、相性には注意が必要です。

また、導入する設備によっては、コストが割高になると言う口コミが多少ある為、家づくりを進める中で、仕様や設備は予算を確認しながら選んでいく必要があります。

三井ホームで家を建てた人の本音の評判・口コミを暴露!坪単価や特徴・注意点まで分かる完全ガイド

スウェーデンハウス

国内で輸入住宅のトップメーカーであるスウェーデンハウスは、注文住宅メーカーのランキングでも常にトップクラスの人気があります。

スウェーデンハウスの強みは、高断熱・高気密の暖かい家づくり、デザイン性の高さ、質の高いアフターサービスです。

口コミでも断熱性についてのコメントが多く、「冬でも常に室内が暖かく暖房をあまり使わなくてよくなった」と言う声が多くあります。

特に女性から高い支持を得ている点もスウェーデンハウスの特徴です。

高品質且つ、サポートも手厚い為、建築コストは他社より高額ですが、コストパフォーマンスは高いメーカーと言えます。

北欧風のお洒落デザインで造る暖かい木造住宅は、特に女性におすすめしたいハウスメーカーです。

スウェーデンハウスで家を建てた人の本音の評判・口コミを暴露!坪単価や特徴・注意点まで分かる完全ガイド

軽量鉄骨、鉄骨造の人気ハウスメーカー5選

ここでは、軽・重量鉄骨造を合わせた鉄骨系の人気メーカーを5社紹介します。

へーベルハウス

へーベルハウスの家づくりは、耐震性に大きく力を入れています。

口コミでも耐震性を重視したい人が多く利用しており、住宅業界内でも耐震性の高さはトップクラスです。

また、耐震性に加えて防音性にも優れている点も魅力的なポイントです。

購入後は、60年間の無料点検が付いており、アフターサービスや保証面も抜けがありません。

設備や部材等で故障が生じた際には、「へーべリアンセンター」と言う部材をネット発注できるサービスが付いている為、引き渡し後に設備や部材の不良があっても即対応出来ます。

建築コストは、高額ですが、それ以上に質の高い家づくりが出来、手厚いサービスが付いてくるハウスメーカーです。

ヘーベルハウスで家を建てた人の本音の評判・口コミを暴露!坪単価や特徴・注意点まで分かる完全ガイド

大和ハウス工業

建設業界の売上トップメーカー、大和ハウス工業の注文住宅は、「開放感のある高い天井」と「耐震性・耐久性に優れた高品質な家」が特徴です。

天井を高くすることで開放感を出すことには、大和ハウスらしいこだわりがあり、実際の利用者から高い評価を得ています。

建築コストは、高額ですが、品質の良さは業界トップクラスです。

建設業界のトップランナーとしてマンションや商業ビル、アパート等、数えきれない施工実績から積み上げられた技術力は、他には真似できない独自の強みです。

口コミでは、アフターサービスについても評価が高く、実際に住んでからも心配することはありません。

営業スタッフが多く、対応力にはどうしても差がありますので、営業担当との相性が悪いと感じた際には、変更してもらうことをおすすめします。

大和ハウス工業で家を建てた人の本音の評判・口コミを暴露!坪単価や特徴・注意点まで分かる完全ガイド

積水ハウス

積水ハウスは、注文住宅のトップメーカーであり、耐震性や耐火性、断熱性の高さをはじめ、バランスの良い高品質な家づくりが出来る点が特徴です。

口コミでは、住宅品質の評価が高いだけでなく、営業スタッフの対応を高く評価するコメントもあり、注文住宅においてすべての面で質の高いメーカーと言えます。

軽量鉄骨造がメインになりますが、木造や重量鉄骨造にも対応しており、利用者のニーズやライフスタイルに合わせた家づくりが可能です。

収益用物件の施工実績も豊富にある為、建築技術は非常に高く、低層階の建築物では、業界トップクラスの技術と言って良いでしょう。

予算はそれなりに必要ですが、バランスの取れた高品質な家づくりがしたい人には、おすすめのハウスメーカーです。

積水ハウスで家を建てた人の本音の評判・口コミを暴露!坪単価や特徴・注意点まで分かる完全ガイド

積水化学工業(セキスイハイム)

CⅯで御馴染みの「セキスイハイム」ブランドを展開している積水化学工業は、高気密・高断熱に加え、太陽光と蓄電池が付いた環境に優しい家づくりが出来るハウスメーカーです。

口コミでも、建物品質が高いことはもちろん、「太陽光と蓄電池が付いていて災害時にも安心できる」と言うコメントも多くあります。

また、営業スタッフの対応も「丁寧な説明で納得感がある」、「要望に素早くこたえてくれる」等、高評価のコメントが目立ちました。

会社として顧客への対応に力を入れている点は、利用者として安心で嬉しいポイントです。

注意点としては、人によってデザイン性に好き嫌いがあるメーカーなので、完成後の建物のイメージは、相談段階で確認しておいた方が良いでしょう。

セキスイハイムで家を建てた人の本音の評判・口コミを暴露!坪単価や特徴・注意点まで分かる完全ガイド

パナソニックホームズ

国内トップの家電メーカー、パナソニックグループの住宅部門であるパナソニックホームズは、「パナホーム」の名前でCⅯでも有名です。

パナソニックホームズの特徴は、「制振鉄骨軸組構造」、「重量鉄骨ラーメン構造」、「大型パネル構造」による強い家づくりが出来る点です。

また、パナソニック製の家電と家具を割安で導入出来ると言うファンには嬉しい魅力もあります。

また、グループ企業が持つIОTやAIの高い技術を活かして最先端の技術が詰まった家づくりが出来ます。

ただ一点だけ、そんな設備面も人によってオーバースペックになることは注意が必要です。

口コミでも、高い技術を評価する一方、「住んでみると必要性を感じない」と言うコメントも少なくありません。

設備面も含めると建物コストは、決して安くない為、実際に住んだ時とイメージして、自分の生活感に合っているか見極める必要があります。

アフターサービスにムラがあると言うコメントも所々あるので、窓口の営業担当や施工担当との相性も注意が必要です。

パナソニックホームズで家を建てた人の本音の評判・口コミを暴露!坪単価や特徴・注意点まで分かる完全ガイド)

【おすすめ】SUUMOでカタログ一括請求してみる【無料】⇒

LIFULL HOME’Sでカタログ一括請求してみる【無料】⇒

ハウスメーカー(注文住宅)を選ぶ際のポイント

ハウスメーカーを選ぶ際に何を基準にして選べばよいのか分からないと言う人がほとんどでしょう。

ここでは、ハウスメーカーの中でも注文住宅を建てる際にメーカー選びをする時のポイントについて紹介します。

これからハウスメーカー選びをする人は、絶対に読んで参考にしてください。

担当営業との相性

以外と思われるかも知れませんが、ハウスメーカー選びにおいて担当営業との相性はとても大切です。

理由としては、注文住宅は、窓口となる担当営業と一緒に間取りや仕様等の設計を決めていくことと完成して引き渡すまでの期間が長い為、長期間の付き合いが必要になるからです。

担当営業との相性が悪いまま家づくりを進めるとストレスがかかるだけでなく、自分の要望も伝えにくい為、思い通りの家づくりが難しくなります。

相談段階で担当営業との相性は、しっかり見極めて悪いと感じた場合は、他のハウスメーカーを選ぶかそのハウスメーカーが良ければ素直に担当を変更してもらいましょう。

家づくりの自由度

注文住宅は、理想の家づくりが出来ることがメリットですので、設計の自由度はかなり大事です。

設計の自由度が高いハウスメーカーは、技術力も高いと言える為、合わせて見極めることが出来ます。

もちろん建物の構造上、不可能な間取りもある為、すべてが自由に設計できるとは言えません。

そこは、複数のハウスメーカーに相談する中で見極めるべきポイントですので、自分のイメージする家づくりが出来るのかは、しっかり確認する必要があります。

過去の施工実績

ハウスメーカーを選ぶ際、過去の施工実績も大切です。

これは、絶対条件ではありませんが、施工実績が豊富にあるメーカーの方が、実績と合わせて積み重ねてきた技術と経験があり、対応力も高い傾向にあります。

ハウスメーカーは、大手企業が多く、施工実績はどこも豊富ですが、その中でも施工実績が上位のメーカーの方が、安心して家づくりを任せることが出来ます。

技術力

ハウスメーカーは、物作りをするメーカーですので、もちろん技術力は大切です。

ここで言うメーカーを選ぶ際の技術力の基準は、自分が重要視するポイントに力を入れているかどうかと言う点です。

例えば、防音性に優れた家づくりがしたい人は、防音技術に力を入れているメーカーを選ぶべきです。

各メーカーで力を入れているポイントには違いがあり、自社のホームページで得意とする技術面は大きくPRしている為、必ずチェックするようにしましょう。

実際に相談に行った際にも営業スタッフに会社として得意とする、力を入れている技術については、必ず確認してください。

保証・アフターフォロー体制

住宅は、完成までより住んでからの方がもちろん長いので、購入後の保証面とアフターフォロー体制は重要です。

これに関しては、営業に確認することと合わせて口コミも参考にしてみると良いです。

口コミには、嘘の情報も流れている場合がありますが、参考レベルであればかなり有効です。

最も良い方法は、実際に建てた人に聞くことなので、周りに同じハウスメーカーで建てた人がいれば話を聞いてみた方が良いでしょう。

【おすすめ】SUUMOでカタログ一括請求してみる【無料】⇒

LIFULL HOME’Sでカタログ一括請求してみる【無料】⇒

まとめ

今回は、ハウスメーカーがどんな会社であるのかをテーマに解説しました。

ハウスメーカーと一口に言っても様々な会社があり、特徴も様々です。

ここまで解説した内容は、ハウスメーカーの基礎知識ですので、家の購入を検討している人は、必ず読むべき内容です。

是非、今回の内容を参考に自分に合った家の購入に活かして欲しいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

\大切な家づくりで後悔しない為に!/