北海道のおすすめローコスト住宅メーカーランキング15選!1,000万円台で夢のマイホームを!【令和最新】

<記事の情報は、2021年7月1日時点のものです>

「北海道にはどんなローコスト住宅メーカーがあるの?」

「安くてもサービスの良い北海道の住宅メーカーを知りたい!」

低価格で購入できる北海道のローコスト住宅メーカーについて、知りたい方が年々増えています。

そんな北海道のローコスト住宅メーカーは、デザインや技術に特化しているメーカーが豊富。

材料費や諸経費を調整してコストを抑えることはもちろん、標準仕様のクオリティが高いのも大きな魅力です。

北海道のローコスト住宅メーカーの嬉しい特徴は3つ。

  1. 環境に優しい家作りに特化している
  2. 細かい要望にも対応可能
  3. 上質な断熱材を採用して快適な居住環境を実現

北海道のローコスト住宅メーカーの強みを活かすことで、自分の理想と予算に合わせたマイホームを手に入れることができます。

この記事では北海道のローコスト住宅の詳しい事情と、おすすめのメーカーをランキング形式でご紹介。

ローコスト住宅メーカーを選ぶ際の注意点も解説しているので、是非参考にしてみてください。

ここから本文に入る前に、1点質問です。

「後悔しないマイホームを建てるために、最も大切なことは何だと思いますか?」

資金計画?土地探し?それとも見学会に参加すること?

いずれももちろん重要ではありますが、答えはNOです。

後悔しない注文住宅を建てるために最も大切なことは、パートナーとなる「住宅メーカー選び」です。

全国的に展開していて比較的規模が大きい「ハウスメーカー」、地場に根付いて地域のことを知り尽くしている「工務店」、より柔軟なデザインで対応してくれる「設計事務所」。

一口に住宅メーカーと言っても幅広く、企業数も膨大でどの会社を選ぶべきか迷ってしまう人も多いでしょう。

しかし比較検討の手間を惜しんで、安易に名前の聞いたことのある大手のハウスメーカーに絞り込んでしまうのは危険です。

手間暇は極力減らしながらも、しっかりと比較・検討した上で依頼先を決めることが、後悔しない注文住宅を建てる上で最も重要になります。

「でも、山ほどある住宅メーカーから、どうやって条件に合う会社を見つければいいの?」

とあなたも感じるはず。そこでぜひ活用して欲しいのが、東証一部上場企業「LIFULL」が運営する「カタログ一括請求サービス」です。

あなたが住んでいるエリアと、希望の条件などを選択するだけで、あなたにあった住宅メーカーが複数ピックアップされます。

ピックアップされた住宅メーカーは、知名度の有無などで選り好みせず、まずカタログを取り寄せてみましょう。

条件にあった複数の会社を比較・検討することで、より条件にマッチした会社に出会える確率がグッと高まります。

完全無料で利用できますし、東証一部上場のLIFULLが運営しているのでしつこい営業連絡が来ることもありません。

入力は数分もあれば完了するので、これから住宅メーカー選びをしたい人はぜひ活用してみてください。

LIFULL HOME'Sで無料&1分で簡単カタログ一括請求⇒

それではここから本文に入っていきましょう。

もくじ

北海道のローコスト住宅事情

ローコスト住宅には価格を抑えるための工夫が盛りだくさん。

安い住宅ゆえに品質に不安がある方などは、まずは低価格を実現するための工夫を知ることが大切です。

ローコスト住宅はなぜ安いのか?

特徴やメリットは何か?

いくつかのポイントを挙げながら解説していきます。

ローコスト住宅とは

ローコスト住宅とは、比較的安価で販売されている住宅のこと。

主に大手ハウスメーカーや工務店などが展開しています。

坪単価も一般的な住宅が約80万から90万円なのに対し、ローコスト住宅の坪単価は約40万から60万円と割安。

安価だからと家の品質に不安を抱く方もいるかもしれませんが、ローコスト住宅は5つのポイントを抑えることでミニマムな価格を実現しています。

1:人件費のカット

建築資材のカットや加工を工場で行うため、施工を行う人員が不要。

さらに規格が決まった住宅を建てるため複雑な作業がなく、施工時間や手間も抑えます。

2:広告費のカット

コマーシャルを全国ネットではなくローカル放送のみで放送することで、高額な広告費を抑えています。

営業や宣伝もローカルなどの限られた範囲で行うため、人件費も一緒に削減。

3:安い建築資材を採用

建築資材を大量に仕入れて一括管理をすることで、低価格を安定して保てる体制を整えています。

安いからと言って質の低い資材を使用している訳ではありません。

4:間取りの規格化

正方形や長方形などのシンプルな間取りを規格化することで、必要な資材や建築費を削減。

複雑で部屋の多い間取りよりも、低価格な上に短期間で建てられます。

5:設備を低いグレードで設定

コンセントや照明、風呂場やキッチンなどの必要設備を低いグレードで設定。

最低限の設備費用を採用しています。

もちろん好みでグレード上げることも可能。

以上のように細部にまでこだわって経費の削減を行うことで、ローコストを実現しています。

1,000万円台のローコスト住宅の特徴

1000万円代で購入できるローコスト住宅には3つの特徴があります。

1:内装と外観がシンプル

建築費用を抑えるために、四角いシンプルな間取りや外観を採用。

内装も吹き抜けや壁の少ない設計が主流です。

複雑な形状の土地に建てる際には、オプション料金がかかる場合も。

2:住宅ローンの負担を軽くできる

少ない予算で購入できる住宅なので、月々の住宅ローンも抑えられます。

貯金や他のことにお金を回しやすいので、幅広いライフスタイルにマッチ。

3:グラスウールを使用することが多い

断熱材には安価なグラスウールを使用するのが一般的。

性能は低めだと考えられていますが、施工技術でカバーできるので質の良いメーカー選びが重要になります。

北海道で家を建てるときの建築費・坪単価相場

北海道建築費相場:約3,440万円
北海道坪単価相場:約29万円

以上が北海道の建築費と坪単価の相場です。

坪単価の相場は関東圏などと比べると低めですが、札幌などの都心部だと価格は高めになります。

そして広大な土地のある北海道は、都心部以外は便の悪い所がが多いのが現実。

坪単価が安いからと都心から離れた場所に家を建てると、不便さや冬季の雪によるリスクが伴います。

ある程度栄えた場所で土地を買い、家を建てるなら金額がそれなりにかかるのも無理はありません。

そこでローコスト住宅という選択肢が活躍します。

土地にある程度お金をかけても、住宅の建築費を絞ることが可能。

移住してくる方には特に重宝されています。

また真冬の北海道は氷点下まで気温が下がる日が多く、断熱材や家の保温性を重視するメーカーが多いのも特徴。

暖房を付け続けなくても保温できるローコスト住宅も豊富に展開されています。

北海道でローコスト住宅を建てるならおすすめのハウスメーカー・工務店ランキング12選

ローコストながらも技術やデザインを重視した北海道のハウスメーカーを12店舗ご紹介

北海道ならではの風土や土地に合わせた住宅を建てられるので、北海道にローコスト住宅を建てようと考えている方は是非参考にしてみてください。

1. ゆきだるまのお家

家族で住みやすい2LDKから5LDKまで展開。

建築費:768万円〜 坪単価:34万円〜

  • 低価格なのにデザインの自由度が高い。
  • 標準仕様のグレードが高い。
  • 外と中からのダブル断熱構造と採光の工夫で暖かさが抜群。

豊富なプランと自由度の高い間取りを展開しており、理想の1軒を建てられます。

また、ローコストながらも高い機能性や品質が高評価。

特にバス・トイレ・キッチンなどの水回りや、外壁・屋根などの標準仕様には高いグレードのものを採用しています。

さらに断熱材の配置や採光に工夫を凝らし、暖かい家を実現。

真冬が極寒になる北海道の風土にあった家作りにこだわっています。

2. 豊栄建設

建築費:999万円〜 坪単価:40万円〜

シンプルな間取りのベーシックから、床の高さを半階ずらしたスキップフロアなど豊富なデザインを展開。

二世帯住宅用や平家なども建てられます。

  • 家の本体価格999万円のコスパの良いプラン
  • 標準仕様の選択肢が豊富。
  • 耐震性に優れたメタルジョイント工法を採用。

家の本体価格を999万円に設定した「Challenge999」という、格安プランを展開。

付帯工事やグレードアップのオプション料金は発生しますが、アレンジ次第ではかなりコスパの良い家を建てられます。

ローコストながら標準仕様の選択肢も多く、水回りや壁や収納などを好みに合わせてカスタマイズ可能。

自由度の高さに定評があります。

建築構造材の接合部分には金属を使うメタルジョイント工法採用しており、耐震性が高いのも特徴。

震度7の地震にも耐えられる仕様となっています。

3.大平ホーム北海道

建築費:950万円〜 坪単価:48万円〜

規格住宅のふだんの家、Rational Boxシリーズなどのローコスト住宅を展開。

セミオーダーやフルオーダーの建築にも対応しています。

  • 分かりやすくシンプルなプラン展開
  • 高い断熱性と防湿性
  • 充実のアフターサポート

2種類の規格住宅とオーダー住宅に別れたプランで、誰でも分かりやすいのが特徴。

ローコストな規格住宅もシンプルで人気ですが、オプションでカスタマイズすることも可能です。

さらに断熱材には、有害物質のホルムアルデヒドを一切含まない原料を採用。

安全な上に断熱性・防湿性に優れているので、室内を快適に保ちます。

アフターサポートには24時間365日体制の電話対応サービスや、設備機器の10年保証などが附帯。

長期にわたる細かいサポートが受けられるので安心です。

4.コスモ建設

建築費:1,166万円〜 坪単価:40万円〜

全30プランあるC-Zestシリーズを展開。

ローコストなだけでなく、幅広い間取りから新居を選べるのが大きな魅力です。

  • 夏と冬の寒暖差が激しい北海道に合わせた気密性
  • シックハウスに配慮した材質選び
  • 直営のプロ大工集団による丁寧な作業

壁や床や天井などの面で住宅を構成する、気密性に優れた枠組壁工法を採用。

冷房の冷気や暖房の熱を逃さないので、北海道のオールシーズンを快適に過ごせます。

さらに資材には、シックハウス症候群の原因になるホルムアルデヒドを含まない木を厳選。

誰でも安心して過ごせる住宅作りにこだわっています。

施工も信頼のある直営のプロ大工集団に依頼するため、ハイクオリティな仕上がりに。

熟練の職人が細部まで丁寧に施工します。

連携体制も密なので要望や疑問点もすぐに共有可能です。

5.タマホーム

建築費:1050万円〜 坪単価:34万円〜

暮らしやすさを追求した大安心の家シリーズや、木の素材仕様することにこだわった木麗な家シリーズなどを展開。

  • こだわりのある国産の建築資材を豊富に使用
  • 仲介業者を挟まない直接管理の施工
  • 劣化対策に徹底した長期優良住宅

良質な国産木材を一棟あたり74.1%使用。

国産木ならではの調湿性や強さで、家の高い耐久性を実現しています。

さらに植林や伐採も計画的に行っているため、環境保全や林業の活性化の観点においても高い評価を獲得。

一般の他社メーカーでは施工を管理する業者を挟むスタイルが多いですが、タマホームは施工を自社だけで直接管理。

他の業者を挟むことで生じるコストや工期を削減しています。

さらに通常の維持管理を行うことで、100年程度継続して使用できる品質を実現。

点検や補修を行いやすい構造を採用し、住宅の寿命を伸ばすことに成功しています。

6. 旭栄大城建設

建築費:2000万円〜 坪単価:45万円〜

耐震等級が高く省エネにこだわったコンコードパークや、天井高で開放的なE-COSTa HIRAYAなどのモデルを展開。

  • スーパーウォール工法を採用
  • 様々な要望に柔軟に対応
  • 高い施工技術による丁寧な家作り

断熱性能の高いスーパーウォールを採用することで密閉性を高め、冬は暖かく夏は涼しい家を実現。

部屋ごとの温度差を少なくするので、ヒートショックの防止にも繋がります。

また、幅広い間取りや外観のデザインに対応しているので、イメージをしっかり反映した家を建てることができます。

和風から洋風まで、あらゆる理想を実現可能です。

さらに施工技術が高いのも特徴で、主要設備や収納など細部まで美しく仕上げます。

丁寧な家作りにこだわるメーカーだからこその、高品質な住宅を求めている方におすすめですよ。

7.ヤマトホーム

建築費:1500万円〜 坪単価:45万円〜

平家から3階建て以上までの住宅の建設が可能。

ビルドインガレージやスキップフロアなど、様々な構造の要望にも対応してくれます。

  • 耐震性と耐久性に優れている
  • 高いデザイン性で理想の住まいを実現
  • 安全性にこだわった建築資材を採用

基礎断熱に加え、外側と内側からのW断熱を採用するのが標準仕様。

北海道の真冬も快適に過ごせます。

さらに床下地合板には、従来の2倍以上の28mmの厚さの板を採用。

耐震性も抜群です。

加えてデザイン性の自由度が高いのも特徴。

趣味やライフスタイルに合わせた空間作りができます。

使用している建築資材は、ホルムアルデビドなどの有害物質の含有率が基準最低レベルのものを採用。

赤ちゃんや子供も安心して暮らせる家作りにこだわっています。

8. 道北振興

建築費:1600万円〜 坪単価:50万円〜

天井高の平家や、家族と暮らしやすい2LDK以上の住宅などを豊富に展開。

  • デザインや間取りの自由度が高い
  • 長期保証が付いているので安心
  • 北海道で培った技術を活かした快適な家作り

道北振興は理想のイメージやライフスタイルに合わせ、住宅デザインや間取りのプランニングを行います。

細かい要望にも対応してくれるので、暮らしやすい家を建てることが可能ですよ。

さらに2年目までは道北振興、10年から20年目はジャパンホームシールドによる保証が継続。

長期間にわたり家の定期点検を行います。

また、外張断熱工法を標準仕様として採用しており、断熱性も抜群。

北海道で快適に暮らせる家を実現しています。

9. 北の国建築工房

建築費:778万円〜 坪単価:34万円〜

全方角に玄関が付けられるUNIT 1シリーズや、1000万円以下で建てられる新築のデザイナーズ住宅シュリーメイゾンシリーズなどを展開しています。

  • 洋館家の正規ディーラー施工店
  • 標準仕様で選べるメーカーのグレードが高い
  • 土地探しから対応可能

洋館家の商品であるセント・マリアージュとシュリーメイゾンを、北海道の風土に合わせて独自に開発。

価格は低いままに高品質な住宅を実現しています。

主要設備もリクシルやパナソニックなどの、グレードの高いメーカーで統一。

全て熟練の職人によって設置されるので、ローコストながらも上質な仕上がりで提供しています。

ハイブリット発電システムもオプションで付けられるので、省エネ住宅を好む方にもおすすめです。

さらに北海道の豊富な土地情報を扱っており、土地を選ぶ際のサポートも可能。

条件の確認や価格交渉まで行ってくれるので、スムーズに土地を購入できます。

10. サイエンスホーム

建築費:1500万円〜 坪単価:45万円〜

ナチュラル・ネオノスタルジア・アンティーク・ジャパニーズモダン、の4種類のデザインプランを展開。

自由設計なので様々な要望にも受難に対応してくれます。

  • 温度や湿度を調整する真壁造りを採用
  • 外張り断熱でオールシーズン快適
  • 強度の高いハイブリット工法

柱や梁などの構造材が剥き出しになっている真壁造りは、日本の伝統工法。

天然の無垢を使用した柱や梁が露出することによって、温度や湿度を調整します。

木ならではの自然な香りも楽しめるので、リラックスの効果も期待できますよ。

また、夏は涼しく冬は暖かい外張り断熱を採用しているので、室内をオールシーズン快適に保てます。

特に冬には室内が魔法瓶のように保温されるので、北海道の風土にも最適です。

耐震には梁と柱で住宅を支える本軸在来工法と、板を使うパネル工法を組み合わせたハイブリット工法を採用。

一般的な住宅と比較して、強度が強くなっています。

11. 専門職組合

建築費:1030万円〜 坪単価:45万円〜

自由設計の注文住宅、カラーズプランを展開。

スタンダード・ミドル・ハイグレードの3段階に分かれているプランなので、予算に合わせて選べます。

  • 北海道に合わせた断熱性能
  • 9つのアイテムが工事費無料で追加できる
  • 台風や地震に強い耐久構造

床下に断熱材を敷き詰める基礎外張り断熱工法や、内断熱工法を採用。

北海道の真冬でも、室内を暖かく保温します。

さらに追加料金無料で、棚や間接照明や窓などを始めとする9つのアイテムをデザインに追加することが可能。

好みの空間演出をローコストで実現可能です。

また建築資材の接合には金物、床材に強度の高い集成材を使用することで住宅全体の耐久性を強化。

台風や地震などの自然災害にも強い家を実現しています。

12. CANAIE

建築費:1280万円〜 坪単価:47万円〜

土地の広さに合わせた2LDKから4LDKまで展開。

シンプルな間取りながらもデザインの自由が高いので、使い勝手の良い家を建てることができます。

  • 建築資材の品質にこだわっている
  • 安心の直接施工体制
  • 床下にセラミック炭を敷いている

国の定める最高基準の建築資材を採用しているので、耐久性と安全性が抜群。

劣化しにくく、長く住み続けることができます。

さらにカナイエは、自社で管理している信頼のおける職人のみを採用。

下請けの工務店などを通して人員を確保する必要もないため、人件費削減にも繋がっています。

また、床下にセラミックの炭を入れることで、調湿や脱臭の効果も。

セラミックス炭は余分な湿度を吸収し、必要な湿度を放出する働きがあるので空間を快適に保ちます。

LIFULL HOME'Sで無料&1分で簡単カタログ一括請求⇒

北海道で平屋が人気のローコスト住宅メーカー・工務店3選

1. 平家製作所

建築費:660万円〜 坪単価:52万円〜

1LDKから3LDKなど豊富な間取りのプランを展開。

外観も内装もシンプルなデザインが主流です。

  • 予算が少なめでも新築が買える
  • シンプルで開放感のある空間
  • 2階フロアがないので高齢者も暮らしやすい

ローコスト住宅の中でも、比較的に安価に購入できるのが特徴。

坪数やプランを工夫すれば、1000万円以内で新築の平家を購入できます。

規格の間取りはシンプルなものが主流なので、開放感が抜群。

広々とした空間で、自由に家具やインテリアのレイアウトを楽しめます。

また平家なので階段がなく移動が簡単なので、子供や高齢者も安心して暮らせます。

老後も住み続ける家として選ばれる方も少なくありません。

2. 北海道ハウス

建築費:1490万円〜 坪単価:60万円〜

3LDKのPlan AとPlan Bの2種類を展開。

間取りが異なりますが、2種類とも平家ならではの広く、贅沢な空間の使い方をしています。

  • 中心の広々としたリビングが使いやすい
  • 標準設備のグレードが高い
  • 長期優良住宅に認定されている

規格化されている間取りは、中央に開放的なリビングを設置。

家族や友人と、団欒の時間を持ちやすいのが魅力です。

さらにローコストながらも水回りや照明などの標準仕様はハイレベル。

オール電化に対応していたり、全照明にLEDを採用したりと最新の設備内容が揃っています。

また、耐久性や維持や更新の容易性が抜群。

長期にわたって良好な状態を保てる、長期優良住宅と認められています。

3. アーキテックプランニング

建築費:2,200万円〜 坪単価:68万円〜

平家を含む規格住宅をType AからType Tまでの20種類で展開。

全種類シックでシンプルな外観が特徴です。

  • 母屋と離れを作った構造
  • 耐火性と耐震性に優れている
  • 熱交換換気を採用

リビングと他の部屋が少し反れた構造になっており、母屋と離れのようにプライベートが守られます。

家族で住むにも、友人とシェアハウスするにも最適です。

また、防火構造や耐火性の高い資材を採用。

万が一火災が起こった際も火が広がりにくく、十分に避難する時間を確保できます。

さらに制震ユニットのミライエシグマを採用しているので、耐震性も抜群。

ローコストで高い制震効果を得られるため、安くても安全性に優れています。

ローコスト住宅はこんな人におすすめ!

ローコスト住宅ならではの特徴は、メリットとしても捉えられます。

低価格ながらも一般住宅とは違う強みがあるので、理想や条件が合う方は一度ローコスト住宅を検討してみるのもおすすめです。

ローコスト住宅のメリット3つ

建て替えがしやすい

ローコスト住宅は、設備や性能が標準レベルに抑えていることがほとんど。

高価な造りになっていない分、今後のライフスタイルに合わせてカスタマイズしやすくなっています。

「新築を建てたいけど予算が少ない」という場合にも、ローコスト住宅なら貯金ができたら少しずつ家グレードアップしていくという選択が可能です。

安定した品質の住宅を提供

ローコスト住宅で使用する建築資材は、ハウスメーカーが同一の木材を同一の工場や設備で加工するのが主流。

職人でなくても扱いやすい資材で、安定した品質の住宅を大量生産できます。

「安かろう悪かろうなのでは?」と思う方も多いかと思いますが、資材は大量仕入れでローコストを実現しているので品質は低くありません。

工期が短い

ローコスト住宅は基本的に少人数、短期間で建てられる規格を採用しています。

一般的に3ヶ月前後で完成するため、フルオーダーなどの住宅と比べて早く入居可能です。

仮住まいを契約する期間も短縮できるため、入居までの経費の削減にも繋がります。

ローコスト住宅がおすすめな人

ローコスト住宅は、シンプルなデザインや最低限の設備で経費を抑えているのが特徴。

浮いた予算をインテリアやこだわりの部分に回したい方や、シンプルな間取りや空間デザインを好む方におすすめと言えます。

  • シンプルなデザインを好む方
  • 設備以外にお金をかけたい方
  • こだりたい部分が決まっている方

シンプルな間取りはレイアウトの自由度が高く、好んでローコスト住宅を選ぶ方も多数。

さらに建築費を抑えて家の内装にお金をかけられるので、理想の空間作りを自由に楽しみたい方にも人気です。

LIFULL HOME'Sで無料&1分で簡単カタログ一括請求⇒

ローコスト住宅で失敗しないために必ずここに注意!

建ローコスト住宅を建てる際は、低価格ならではの気を付けなければならないポイントがあります。

安いからと言って様々な確認や事前調査を怠ると、後々の総額が増たり理想の住宅を建てられない事案が発生してしまいますよ。

全てコミコミでいくらかを確認する

ローコスト住宅メーカーがサイトで提示されている金額は、家の本体価格であることがほとんど。

メーカー側は顧客の選ぶデザインや要望に合わせることで、工事費が変化することを見越して家の本体価格のみを掲示しています。

工事費や諸経費を含めると、提示価格よりも高くなるのは当然。

本体価格が安いからと言って即決するのではなく、自分の要望を反映させた時の最終的な値段がいくらになるかを確認することが大切です。

気になった住宅メーカーを見つけたら、決める前にしっかり相談してプランニングを進めてみましょう。

アフターサービスの内容を確認する

住宅メーカーごとに独自のアフターサービスを展開しているので、契約する際には確認が必要。

何年保証なのか、定期点検や相談窓口はあるのかなど、事前に調べておくと安心です。

ローコスト住宅メーカーは、20年から30年の保証期間を設けているのが一般的。

さらに防蟻や防水の点検や臨時工事を行ってくれるメーカーもあるので、なるべくアフターサービスが充実しているメーカーを選ぶのがおすすめと言えます。

担当者とのコミュニケーションは密に

住宅の建築期間中に、メーカーや職人に対する要望や疑問点が伝えられるかも重要なポイント。

担当者と密にコミュニケーションをとることで、自分の理想をしっかり実現できます。

連絡や打ち合わせを疎かにすると、確認もれやミスも多くなる可能性もあるので細やかな意思疎通を意識してみましょう。

また、現場をこまめに訪れて職人と直接コミュニケーションを取るのもおすすめ。

最終確認ができる上に、現場に適度な緊張感を与えることができます。

LIFULL HOME'Sで無料&1分で簡単カタログ一括請求⇒

まとめ

北海道のローコスト住宅メーカーは、北海道の風土に合った設備や間取りにこだわっているのが特徴。

コストを抑えながらも、極寒の冬でも快適に過ごせる住宅を建てることができます。

北海道には場所を選べば手頃な価格の土地もあるので、土地代を含めても比較的ローコストで家を設計できますよ。

さらに土地探しから対応してくれるハウスメーカーが多いため、安心してマイホームの建設を考えることが可能。

北海道でローコスト住宅を建てたいと思っている方は、本記事のランキングを参考に是非検討してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

\大切な家づくりで後悔しない為に!/