岐阜県のおすすめローコスト住宅メーカーランキング15選!1,000万円台で夢のマイホームを!【令和最新】

<記事の情報は、2021年7月1日時点のものです>

昨今、様々な地域でローコスト住宅への関心が高まっています。

中でも岐阜県のローコスト住宅メーカーは、1000万円以内で様々なプランや間取りを提供しているメーカーが豊富。

高い自由度で新居を建てられます。

そんな岐阜県のローコスト住宅メーカーの魅力は以下の3つ。

  1. 圧倒的なコストパフォーマンスで経費を削減
  2. 規格住宅でもおしゃれなデザインが多い
  3. 上質な素材を採用して快適な居住空間を実現

しかし、具体的なイメージを掴むのはなかなか難しいもの。

新築の検討するにあたり様々な疑問を持つ方も少なくはないでしょう。

「岐阜県で評判のローコスト住宅は?」
「低予算で理想の新築は建てられる?」

本記事ではそんな疑問を解消する、岐阜県のおすすめローコスト住宅メーカーランキングやローコスト住宅事情をご紹介。

さらにローコスト住宅の選び方や、注意点なども解説しているので是非チェックしてみてください。

ここから本文に入る前に、1点質問です。

「後悔しないマイホームを建てるために、最も大切なことは何だと思いますか?」

資金計画?土地探し?それとも見学会に参加すること?

いずれももちろん重要ではありますが、答えはNOです。

後悔しない注文住宅を建てるために最も大切なことは、パートナーとなる「住宅メーカー選び」です。

全国的に展開していて比較的規模が大きい「ハウスメーカー」、地場に根付いて地域のことを知り尽くしている「工務店」、より柔軟なデザインで対応してくれる「設計事務所」。

一口に住宅メーカーと言っても幅広く、企業数も膨大でどの会社を選ぶべきか迷ってしまう人も多いでしょう。

しかし比較検討の手間を惜しんで、安易に名前の聞いたことのある大手のハウスメーカーに絞り込んでしまうのは危険です。

手間暇は極力減らしながらも、しっかりと比較・検討した上で依頼先を決めることが、後悔しない注文住宅を建てる上で最も重要になります。

「でも、山ほどある住宅メーカーから、どうやって条件に合う会社を見つければいいの?」

とあなたも感じるはず。そこでぜひ活用して欲しいのが、東証一部上場企業「LIFULL」が運営する「カタログ一括請求サービス」です。

あなたが住んでいるエリアと、希望の条件などを選択するだけで、あなたにあった住宅メーカーが複数ピックアップされます。

ピックアップされた住宅メーカーは、知名度の有無などで選り好みせず、まずカタログを取り寄せてみましょう。

条件にあった複数の会社を比較・検討することで、より条件にマッチした会社に出会える確率がグッと高まります。

完全無料で利用できますし、東証一部上場のLIFULLが運営しているのでしつこい営業連絡が来ることもありません。

入力は数分もあれば完了するので、これから住宅メーカー選びをしたい人はぜひ活用してみてください。

LIFULL HOME'Sで無料&1分で簡単カタログ一括請求⇒

それではここから本文に入っていきましょう。

もくじ

岐阜県のローコスト住宅事情

ローコスト住宅は、様々な工夫や技術によって低価格と高品質を実現しています。

ローコスト住宅を建てようと思っている方は、まずはそんな住宅自体の特徴やメリットを把握することが必要です。

ローコスト住宅の安さや暮らしやすさを実現するポイント、岐阜県でローコスト住宅を建てる際の平均予算などを具体的に挙げながら解説していきます。

ローコスト住宅とは

ローコスト住宅とは、低価格で販売されている住宅のこと。

主に大手ハウスメーカーや地域の工務店などが展開しており、低予算で新築を建てることができます。

坪単価も一般的な住宅が約80万から90万円なのに対し、ローコスト住宅の坪単価は約40万から60万円と安価。

不安視されがちな品質や安全性も、国の基準に合わせているので問題ありません。

ローコスト住宅の低価格は、品質を落とすことではなく主に5つのポイントを抑えることで実現しています。

1:人件費の削減

建築資材の加工を工場で一手に行うため、施工を行う人員を少人数に。

さらに施工時間や手間を省くため、規格が決まった住宅を採用して複雑な作業を削減しています。

2:広告費の削減

全国ネットではなくローカル放送のみでコマーシャルを放送し、高額な広告費を削減。

営業やその他の宣伝もローカルな限られた範囲で行うため、人件費も抑えられます。

3:建築資材の一括仕入れ

建築資材は大量に仕入れて一括管理をすることで、低価格での供給を実現。

安価だからと言って質の悪い資材を使用している訳ではありません。

4:規格化された間取りを採用

正方形や長方形のシンプルな間取りで住宅を規格化することで、必要な資材や建築費を削減。

部屋の多い複雑な間取りより、低価格な上に短期間で建てられます。

5:標準設備を低グレードで設定

コンセントや照明、風呂場やキッチンなどの必要設備は低グレードのアイテムで設定。

最低限の設備費用を採用しています。

もちろん好みのメーカーやアイテムを使用したい場合には、グレード上げることも可能。

以上の条件を細かく守り、経費の削減を行うことでローコストな新築を提供しています。

1,000万円台のローコスト住宅の特徴

1,000万円台で購入可能なローコスト住宅には、大きな3つの特徴があります。

1:シンプルな内装と外観を採用

建築費を抑えるために、極力シンプルな間取りや外観を採用しています。

具体的には壁の面積を減らせる吹き抜け構造や、梁の天井を採用した設計が主流です。

またシンプルな企画が多いため、複雑な形状の土地に建てる際にはオプション料金がかかる場合もあります。

2:月々のローンを軽くできる

ローコスト住宅は低価格で購入できるため、月々の住宅ローンも抑えることが可能。

貯金や住宅以外に資金を回しやすいので、子育て世代を始めとする幅広いライフスタイルにマッチします。

3:断熱材にはグラスウールを使用

低価格なグラスウールを断熱材に使用するのが主流。

性能はやや低めだと考えられていますが、施工の方法でカバーできるので技術力に優れたメーカー選びが重要になります。

岐阜県で家を建てるときの建築費・坪単価相場

岐阜県建築費相場:約3,336万円
岐阜県坪単価相場:約32万円

以上が岐阜県の建築費と坪単価の相場です。

また岐阜県には山に囲まれている飛騨地方と、平野と山間部を有する美濃地方があります。

飛騨地方は冬には氷点下まで冷え込み、美濃地方の平野は温暖で山間部の夏はかなり暑く、冬はかなり寒くなるのが特徴です。

そんな岐阜県特有の風土に合わせ、岐阜県の住宅メーカーや工務店は断熱性と気密性に優れた住宅を提供するのが主流。

寒暖差があっても快適に暮らせる住宅作りに特化しています。

岐阜県でローコスト住宅を建てるならおすすめのハウスメーカー・工務店ランキング12選

岐阜県にローコスト住宅を建てられるメーカーや工務店は豊富にあるので、どこに頼めば良いか迷ってしまう方も多いかもしれません。

そこで本記事では、ローコスト住宅に特化したおすすめのメーカーと工務店をランキング形式でご紹介します。

1. SUNSWOW夢ハウス

建築費:約780万円〜 坪単価:約60万円〜

価格を大幅に抑えながら、資材や標準設備には質の高いものを採用。

低価格で建てた家とは思えない新築を実現します。

そんなSUNSWOW夢ハウスの最大の魅力は以下の3つ。

標準設備のラインナップが充実している。

低価格でもシステムキッチンやシャワートイレなどのハイクオリティな標準設備を採用しているので、暮らしやすさに優れた住宅を実現できます。

配筋検査を行なった丈夫で安心な基礎工事

さらに建築工事を開始する前の地盤調査や配筋検査もしっかりと行うので、安全性も保証付き。

ローコスト住宅の品質を不安に思う方でも安心です。

間取りの自由度が高い

また充実した間取りプランは、ライフスタイルに合わせてカスタマイズすることも可能。

広めのリビングやキッチンなど、様々な希望を叶えられます。

https://www.yume-house.com/lineup/

2. クロネコハウス

建築費:約1,064万円〜 坪単価:約39万円〜

分かりやすく自由度の高いプランを豊富に展開しており、住宅に詳しくない方でも安心して検討できるメーカーです。

そんなクロネコハウスの最大の魅力は以下の3つ。

ローンの借入れサポートが充実

住宅をプランニングする前に、プロによるローンの借入診断を無料で受けられます。

資金面に不安がある方でも、新築を持つ夢を無理なく実現できますよ。

シンプルで幅広いライフスタイルに合うプランを展開

コンセプトが分かりやすく、上質なプランを展開。

具体的な外観や充実した標準設備を確認できるので、プランニングが進めやすいでしょう。

さらに規格化された間取りも豊富なバリエーションから選べるので、様々なライフスタイルにマッチします。

標準仕様のグレードが高い

システムバスやシステムキッチンを始めとする、暮らしやすさをサポートするハイグレードな標準設備を採用。

さらに太陽光発電やオール電化など、光熱費の節約に繋がる嬉しい設備も標準仕様になっています。

https://kuroneko-house.com/lineup2

3. 伸和建設

建築費:約1500万円〜 坪単価:約55万円〜

高品質でおしゃれな規格住宅をスムーズに実現する信頼のメーカーです。

様々な理想に沿った住宅を実現できます。

そんな伸和建設の最大の魅力は以下の3つ。

デザイン性に優れたプランが主流

庭付きのガーデンプランや、カフェ風の外観や内装を取り入れたカフェプラン、趣味の空間や性能に特化したプランなどを豊富に展開。

すべてのプランが好みやライフスタイルに合わせたおしゃれなデザインとなっています。

様々な保証が充実していて住宅完成後も安心

24時間対応のコールセンターや、定期メンテナンスや長期保証が付帯しているので建築後も安心して暮らせます。

バルコニーの防水保証や設備機器の保証など、保証内容も充実していますよ。

気密性と断熱性に優れた家作り

断熱材で住宅全体を包む魔法瓶構造で、居住空間の気密性と断熱性を高めています。

部屋ごとの温度差を少なくするため安全性に優れ、エアコンの効きを高めるため経済的です。

https://shinwa-kensetsu.jp/fashionable/

4. グッドリビング

建築費:約731万円〜 坪単価:約56万円〜

ローコストで自然素材を使った高品質な家作りをコンセプトとしているメーカーです。

自社施工によるコストカットで品質を保ったままの低価格を実現しています。

そんなグッドリビングの最大の魅力は以下の3つ。

スタイリッシュな家から家庭的な家まで建てられる幅広いプラン

シンプルでスタイリッシュなデザインが楽しめる、7つの規格住宅プランを展開。

コンパクトを追求した平屋や子育て世代に向けた開放的な間取りなど、幅広いライフスタイルにマッチする住宅が建てられます。

追加でできるカスタマイズが充実

太陽光発電の設置やオール自然素材への変更、屋上やガレージの追加などのオプションが充実。

プラス100万円前後とお手頃な価格で追加できるので、住宅の本体価格が安い分カスタマイズを楽しみたいという方にはもってこいのシステムです。

耐久性の高い工法を取り入れて災害に強い家を実現

制震装置の「aダンパーEXII」を採用することで、強い揺れでも倒れず崩れない家を実現しています。

さらに高品質な資材を使用することで、住宅構造は台風や火災に対する強さも抜群です。

https://good-living.jp

5. グランハウス

建築費:約1590万円〜 坪単価:約50万円〜

デザインにこだわった、ちょっとかっこいい家をコンセプトにしているメーカーです。

プロの設計士によるおしゃれな提案を住宅に取り入れることができます。

そんなグランハウスの最大の魅力は以下の3つ。

設計士と直接相談できる

家を知り尽くした設計士と直接相談しながらのプランニングが可能。

理想の家を実現しやすい環境が整っています。

さらに設計士は3人チームで設計にあたる仕組みなので、様々なプロの提案を取り入れることができますよ。

資材の仕入れからメンテナンスまで自社で行う

設計から施工、資材の仕入れ、さらにはメンテナンスまで自社で行うことでコストを削減。

さらに仲介業者を挟まない家作りの工程は価格を抑えるだけでなく、自社のみで責任を持って作る高品質の住宅も実現させています。

スタイリッシュなデザインの設計に強い

暮らしやすさにこだわりながらも、居住者の理想や好みを反映したデザイン性の高い住宅を実現。

耐震性や断熱性などを高く保ちながら、品質に悪影響を及ぼさない程度の「ちょっとカッコイイ」デザインの設計に力を入れています。

https://granhouse.co.jp

6. デザインハウス東濃岐阜

建築費:約1,298万円〜 坪単価:約41万円〜

シンプルで合理的な規格住宅で、コストの大幅な削減を実現。

低価格でも充実の設備や性能で、暮らしやすさにも優れています。

そんなデザインハウス東濃岐阜の最大の魅力は以下の3つ。

要望を反映しやすい自由度の高いプラン

規格化されているプランからベースは選ぶ必要がありますが、規格内や条件の坪数内であれば間取りを自由に設計することが可能。

1つ1つの部屋の広さや位置などを、要望通りに実現することができます。

具体的な価格が分かりやすいワンプライス

プランの価格は、住宅の本体価格と付帯工事がコミコミになったワンプライスなので、具体的な予算が分かりやすくなっています。

オプション工事などが細分化されていないので、後々価格が驚くほど高くなったりする心配がありません。

無垢材をメインに使った贅沢な住宅も低価格

無垢材のキッチンや床などを標準仕様にしている住宅も扱っており、住宅の安全性にこだわりを持っている方には特におすすめです。

低価格ながらも贅沢に木の温もりが感じられる住宅を実現できますよ。

https://www.dh-tonogifu.com

7. まごころ住宅

建築費:約1,800万円〜 坪単価:約53万円〜

高い性能と自由度を兼ね備えた家作りにこだわっているメーカーです。

負担にならないコストで様々な希望を叶える住宅を提供しています。

そんなまごころ住宅の最大の魅力は以下の3つ。

低価格で充実の設備を実現したプランを展開

低価格でも太陽光発電やエコアイ換気システムなどを標準仕様にしたプランを展開しています。

その他にもLED照明や浄水器などの快適な生活をサポートする標準機器が充実しているので、設備に関してはオプションを加える必要がほとんどありません。

冬は暖かく夏は涼しい断熱工法を採用

壁や柱や梁の外側から断熱材で家を包む外断熱工法を採用しています。

切れ目のない断熱材によっていえが包まれるので、冬の寒さや夏の熱気をしっかり遮断。

オールシーズン快適な居住空間を実現します。

床や壁には天然素材を積極的に使用

内装には安価な素材ではなく、自然素材で作られた塗り壁や天然無垢材の床などを使用。

小さな子供も安心して暮らせるナチュラルな家作りにこだわっています。

https://magokoro-home.co.jp/jutaku/

8. フレンズホーム

建築費:約990万円〜 坪単価:約45万円〜

自由設計と豊富なプランがあるので、予算や好みのデザインに合わせて選ぶことが可能。

自由度が高いので、理想を細かく反映した住宅が建てられます。

そんなフレンズホームの最大の魅力は以下の3つ。

おしゃれでスタイリッシュな家作りに特化

コンパクトでスタイリッシュなデザインから、リゾートなテイストを取り入れたおしゃれなデザインまで取り扱っています。

よくありがちな簡素な規格住宅ではなく、まるで住宅雑誌に出てくるようなデザイン性の高い外観が揃っていますよ。

シングルからファミリーまで暮らしやすい豊富なプランを展開

コンパクトで趣味を楽しむシングルライフに最適な住宅から、開放的で余裕のあるファミリー向けの住宅まで豊富に展開しています。

プランごとに様々なライフスタイルを見据えた間取りや構造が採用されているので、どんな人でも暮らしやすい住宅を建てられますよ。

極小地対応の住宅が多い

ミニマムでコンパクトなデザインが多いため、入り組んだ土地や極小地にも対応可能。

小さな土地でも広々とした居住空間を確保できるような間取り展開にも特化しています。

https://friendshome.jp

9. にじいろハウス

建築費:約768万円〜 坪単価:約44万円〜

とにかく低コストな新築にこだわりたいという方におすすめのメーカーです。

家族で暮らしやすい間取りの住宅プランが多いのが特徴と言えます。

そんなにじいろハウスの最大の魅力は以下の3つ。

高いレベルの標準設備を採用

システムキッチンやシステムバスなど、低価格でも嬉しいハイグレードな標準設備を採用しています。

デザインはシンプルでそれぞれの色合いなども選べるため、内装の配色にこだわりたい場合でも安心ですね。

家族で暮らしやすい総2階建てが主流

ローコストで広い居住空間を確保できる総2階建ての間取りが充実しています。

平均的に4人〜6人家族向けのラインナップが多いので、家族で新築に引っ越したいと考えている方にもおすすめです。

追加オーダーでこだわりの空間を実現することも可能

ローコストな規格型住宅は、要望に合わせて追加オーダーをすることも可能。

別途料金は発生しますがロフトやウォークインクローゼットや防音加工など、ライフスタイルに合わせた工夫を取り入れられますよ。

資金に余裕がある場合は、完全自由設計のプランを検討するのもおすすめです。

https://nijiiro-house.com

10. 870の家

建築費:約870万円〜 坪単価:約30万円〜

新築は低予算に抑えて、新築で始まる新生活に資金を回したい方におすすめのメーカーです。

住宅ローンに圧迫されない豊な人生「ライフリッチ」をコンセプトにしています。

そんな870の家の最大の魅力は以下の3つ。

規格化された豊富なプランから理想の住宅を実現

低価格に抑えるために住宅プランは規格化されていますが、その種類はベーシックなものからフリースペース付きのものまで豊富に展開されているのが魅力。

大まかなプランを選んだ後は、そこから細かい間取りなどの細分化されたプランを選んでいきます。

耐久性に優れた基礎作りで安全確保

耐震性に優れた頑丈な基礎作りにこだわっており、高い安全性を確保しているのも870の家の大きな魅力。

厚さ1,5cmの鉄筋コンクリートの配筋と、耐久性の高いベタ基礎を採用することで高強度な基礎構造を実現しています。

快適に暮らせる充実の標準設備

システムバスやガス温水式床暖房など、ハイグレードな標準設備が充実しています。

その他の玄関ドアや窓なども断熱性に優れた種類を採用しており、快適な生活を徹底的にサポート。

https://www.yyh.jp/870/index.php

11. 秀光ビルド

建築費:約900万円〜 坪単価:約45万円〜

ローコストでも安心の、フル装備でフルサポートな家作りにこだわっています。

コミコミの価格設定なので、簡単にプランニングしやすいのも特徴です。

そんな秀光ビルドの最大の魅力は以下の3つ。

低価格なのに豊富なプランから選べる

価格を抑えながら完全規格プランから自由設計まで選ぶことが可能。

最安プランは完全規格プランですが、幅広いライフスタイルに合わせた100種類のプランが展開されているので、自由度は非常に高いと言えます。

優れた断熱性で快適な居住空間を実現

断熱材には隙間なく吹き付けられる発砲ウレタンフォームを使用。

一般的に使用されるグラスウールよりも密閉性に優れ、家全体を魔法瓶のように包み込みます。

その高い断熱性と気密性は、オールシーズン快適な温度の居住空間を実現しますよ。

ハイクオリティでスタイリッシュな標準設備を採用

システムバスや温水洗浄便座など、高性能でスタイリッシュな標準設備を採用しています。

低価格でも満足できる設備のラインナップなので、設備にこだわりのある方でも安心ですね。

さらにプラス27万円からのオプションで、さらにハイクオリティな標準設備を選ぶこともできます。

https://shukobuild.com

12. Happy Price Housing

建築費:約768万円〜 坪単価:約40万円〜

プロも驚くようなハイグレードな標準仕様の住宅を低価格で提供。

プランごとの価格設定や間取りも分かりやすいので、検討前のイメージが掴みやすいと言えます。

そんなHappy Price Housingの最大の魅力は以下の3つ。

コンパクトで暮らしやすい間取りのプランが充実

コンパクトサイズの住宅を手頃な価格で提供するプランが豊富に展開。

夫婦2人暮らし向けの平屋や家族向けの総2階建て住宅など、様々なデザインがコンパクトにまとめられています。

間取りは暮らしやすさを重視した動線で作られているので、コンパクトでも快適に生活できますよ。

標準仕様の選択肢が豊富

システムキッチンや丸洗い可能なトイレなど、暮らしやすさに特化した標準仕様を採用。

家事をする際には特に嬉しい使い勝手の良い水回りが魅力的です。

その他にも豊富なデザインやカラーのドアやフローリングなどが展開されており、好みに合わせて選ぶことが可能。

広い間取りの住宅も低価格で実現

4人から5人で暮らせる広めの住宅も、比較的低価格で建築することが可能。

総2階建てで部屋数も多いため、子供部屋や趣味の部屋が欲しいという方にもおすすめです。

http://eco-natyu.jp

LIFULL HOME'Sで無料&1分で簡単カタログ一括請求⇒

岐阜県で平屋が人気のローコスト住宅メーカー・工務店3選

幅広い年齢層が快適に暮らせる平屋は、デザインや間取りがとても重要。

おしゃれで過ごしやすい平屋に特化したプランを展開する、ローコスト住宅メーカーと工務店をご紹介します。

1. きのいえ工務店

建築費:約1,800〜 坪単価:約42万円〜

平屋ならではの暮らしやすさや、木造住宅の良さを最大限に活かした家作りにこだわっています。

木の香りに包まれる、癒しの居住空間を実現できますよ。

そんなきのいえ工務店の最大の魅力は以下の3つ。

木をふんだんに使用した自然豊かな家作り

ビニールやベニヤを使わないまるごと木造の家作りを採用しています。

化学薬品などの有害物質の影響を受けないため、心地良い自然豊かな居住空間にこだわる方におすすめです。

さらに木には温度や湿度を調整する機能があるため、室内はオールシーズン快適。

子供から高齢者まで誰にでも安全な家を実現

自然素材にこだわって作られる住宅なので、汚染物質などで体調を崩しやすい子供や高齢者も安心して暮らせます。

さらに自然木はアトピーや喘息の原因となるダニやカビの繁殖を防ぐ効果が高いため、美しい空気にこだわる方にもおすすめです。

設計士と密にやりとりができる

設計士としっかりプランニングを行って、理想の住宅を建てられるのも大きな魅力。

要望やライフスタイルを細かく聞き、理想の設計プランを提供します。

予算と理想とある程度のわがままを叶えてくれる、信頼の工務店と言えます。

http://nozoc.jp/mie/

2. 篠田建設株式会社

建築費:約709万円〜 坪単価:約53万円〜

豊富な平屋スタイルを展開する平屋専門のメーカーです。

快適な暮らしと長持ちにこだわった平屋が多く、長く付き合える平屋を立てることができます。

そんな篠田建設株式会社の最大の魅力は以下の3つ。

平家専門店ならではのこだわりのプランが豊富

平屋の間取りやデザインに特化したメーカーだからこその、こだわりのプランが豊富に展開されています。

極小地に建てられるコンパクトな平屋や、開放的で余裕のある贅沢な平屋など、好みや予予算に合わせて様々な平屋プランを選べますよ。

コンパクトで無駄のないデザインが魅力

シンプルで極力無駄を省いたデザインを採用することで、コストを大幅に削減。

そのミニマムな外観はスタイリッシュなので、コスト削減以外にデザイン性の面でも優れていると言えます。

優れた耐震性で安全性を確保

耐震等級3を標準仕様にしているため、耐震性に優れているのが特徴。

住宅構造の接合部分には耐震金物を使用しているので、大きい地震や台風でも倒壊の恐れはありません。

http://www.shinodakensetsu.jp

3. こんぱくとホーム

建築費:約498万円〜 坪単価:約50万円〜

他社と比べて格段に低価格な平屋プランを実現しています。

メイン住居以外にも、コンパクトなはなれとしての平屋を立てる場合にも重宝するメーカーです。

そんなこんぱくとホームの最大の魅力は以下の3つ。

極小な平家を格安で建てられる

10坪前後の極小地にも平屋を建てられる格安プランを展開しています。

シングルで暮らす平屋が欲しい場合や、はなれが欲しい場合などにおすすめですよ。

コンパクトでもシステムキッチンやシステムバスなどを設置した機能性に優れた平屋を建てられます。

ファミリー向けの広い平家も低価格なプランで実現

2LDKから3LDKの広々とした、家族で暮らしやすい平屋プランも低価格で提供。

平屋ならではの開放的で採光に優れた間取りなどを採用し、3人から4人家族でも十分快適に暮らせる平屋を実現します。

シンプルで使いやすい標準設備を採用

標準設備にはシステムバスやシステムキッチン、24時間喚起システムなどのハイグレードな設備を採用。

低価格と暮らしやすさを両立したプランとなっています。

http://コンパクトホーム.com

ローコスト住宅はこんな人におすすめ!

ローコスト住宅には予算を抑えるための工夫が盛り沢山。

特にシンプルで規格化されているプランが多く、ミニマムなデザインや構造を好む方からの人気を集めています。

ローコスト住宅のメリット3つ

ローコスト住宅は、一般の注文住宅ではなかなか叶えられない理想を実現することが可能。

低価格でも強みを豊富に備えています。

今回は中でも注目すべきメリット3つをご紹介。

品質が安定している

ローコスト住宅で使用する資材は、住宅メーカーが大量に仕入れた同一の木材を同一の工場で加工するのが主流。

様々な経験値の施工員が扱いやすい資材に仕上がるため、安定した品質の住宅を建築できます。

資材の原材料となる木材は、大量仕入れでローコストを実現しているので品質は低くありません。

「安い資材は悪い」と思っている方も、ローコスト住宅のコスト削減体勢を知ると見解が変わるはずです。

建て替えがしやすい

ローコスト住宅は、設備を標準レベルに設定してコストを抑えるのが主流。

高価な造りになっていない分、後からカスタマイズしやすくなっています。

「予算は少ないけど新築をなるべく早く建てたい」という場合にも、ローコスト住宅ならまずは新築を建てることが可能。

そして貯金ができたら、少しずつ家グレードアップしていくという選択ができますよ。

オプションを使えばデザインの自由度が高い

ローコスト住宅は、基本の低価格プランに追加料金でオプションを加えることが可能。

本体価格が安い分、予算に余裕ができた場合の自由度が高くなります。

具体的には設備をグレードアップしたり、壁や天井などを好みの設計にしたりすることが可能。

元の設計がシンプルな分、思い通りにアレンジを加えることができますよ。

ローコスト住宅がおすすめな人

無駄を省いたデザインや、最低限の設備で経費を抑えているのがローコスト住宅の特徴。

抑えた建築費分をインテリアやこだわりの部分に回したい方や、シンプル空間デザインや内装を好む方におすすめと言えます。

  • シンプルな間取りを好む方
  • 最先端の設備にこだわらない方
  • こだわりたい部分が具体的に決まっている方

シンプルな間取りは幅広いレイアウトが楽しめるため、ローコスト住宅を好んで選ぶ方も多い程です。

さらに建築費を抑えればインテリアや家具にこだわれるので、空間作りを自由に楽しむことが可能。

特に設備のスペックを求めていない場合は、標準設備の採用でより予算を抑えられます。

LIFULL HOME'Sで無料&1分で簡単カタログ一括請求⇒

ローコスト住宅で失敗しないために必ずココに注意!

ローコスト住宅はメリットも多いですが、メーカーによってプランが分かりにくいことも。

抑えた本体価格とオプションを分けることで、やや複雑化したプランを採用しているメーカーも少なくはありません。

全てコミコミでいくらかを確認する

ローコスト住宅メーカーのサイトの提示金額は、家の本体価格であることが多いのでプランニングの際にしっかり確認しましょう。

メーカー側は顧客の要望次第で工事費が変化することを見越して、家の本体価格のみを掲示していることがあります。

本体価格に施工費や諸経費などを含めると、最終的な金額が提示価格よりも高くなるのは当然。

本体価格が安くても、まずは自分の要望を反映させた時の最終的な値段を見積もるのがおすすめです。

気に入った住宅メーカーを見つけたら、事前に相談してしっかりプランニングを進めてみましょう。

アフターサービスの内容を確認する

アフターサービスは、住宅メーカーごとに独自のシステムで展開されています。

何年保証なのか、定期点検やホットラインはあるのかなど、事前に確認しておくと安心です。

また、ローコスト住宅メーカーが設けている保証期間は20年から30年が一般的。

防蟻や防水の点検や、トラブルの際に臨時工事を行ってくれるメーカーも多いです。

アフターサービスは充実していることに越したことはないで、サービスの種類が豊富なメーカーを選ぶのがおすすめと言えるでしょう。

担当者とのコミュニケーションは密に

建築期間中に、要望や疑問をしっかり現場や担当者に伝えられる環境も重要。

担当者と密にコミュニケーションをとることで、細かい理想も実現することができます。

打ち合わせや連絡を疎かにして建築を進めると、現場のミスや確認漏れが多くなる可能性も。

なるべくまめに連絡をし、細部にまでわたる意思疎通を意識してみてください。

また、現場をこまめに訪ねて職人や施工員と直接話すのもおすすめ。

最終確認ができる上に、現場に適度な緊張感や一体感を与えられます。

まとめ

岐阜県のローコスト住宅メーカーや工務店の多くは、岐阜県の風土に合わせた高断熱・高気密な住宅を展開しているのが特徴。

低価格と暮らしやすさを両立する工夫や構造が豊富に採用されている、快適な住宅を実現します。

また、地域密着型のメーカーや工務店も多いので、岐阜県の土地探しから始めるという方も安心ですね。

土地代も都心と比べると低価格になるので、ある程度の余裕を持って新築のプランニングが行えるでしょう。

岐阜県にローコスト住宅を建てようと考えている方は、是非本記事のメーカーと工務店のランキングや選び方のポイントなどを参考にしてみてくださいね。

少ない予算でもきっと理想の新築を建てられるはずです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

\大切な家づくりで後悔しない為に!/