福井県のおすすめローコスト住宅メーカーランキング6選!1,000万円台で夢のマイホームを!【令和最新】

夢のマイホーム、可能な限りリーズナブルに建てたいけど低品質なものは困りますよね。

ローコスト住宅を手がけるメーカーはたくさんありすぎてどうやって選べばいいの?と困っていませんか?

今回は福井県で1,000万円台で夢が叶うおすすめの住宅メーカーと選び方についてまとめました。

一生に一度の買い物になるかもしれない重要な選択を間違わないためには、地域に対応してくれるメーカーをできるだけたくさん比較検討すること。

「ローコスト住宅ってなぜ安いの?」という初心者の方にもわかりやすく解説します。

ここから本文に入る前に、1点質問です。

「後悔しないマイホームを建てるために、最も大切なことは何だと思いますか?」

資金計画?土地探し?それとも見学会に参加すること?

いずれももちろん重要ではありますが、答えはNOです。

後悔しない注文住宅を建てるために最も大切なことは、パートナーとなる「住宅メーカー選び」です。

全国的に展開していて比較的規模が大きい「ハウスメーカー」、地場に根付いて地域のことを知り尽くしている「工務店」、より柔軟なデザインで対応してくれる「設計事務所」。

一口に住宅メーカーと言っても幅広く、企業数も膨大でどの会社を選ぶべきか迷ってしまう人も多いでしょう。

しかし比較検討の手間を惜しんで、安易に名前の聞いたことのある大手のハウスメーカーに絞り込んでしまうのは危険です。

手間暇は極力減らしながらも、しっかりと比較・検討した上で依頼先を決めることが、後悔しない注文住宅を建てる上で最も重要になります。

「でも、山ほどある住宅メーカーから、どうやって条件に合う会社を見つければいいの?」

とあなたも感じるはず。そこでぜひ活用して欲しいのが、東証一部上場企業の「LIFULL」と、うちハピが運営する「うちハピ注文住宅」のカタログ一括請求サービスです。

↓ ハウスメーカーの一括請求はLIFULL ↓

↓ 工務店のカタログ一括請求はうちハピ ↓

このカタログ一括請求サービスを利用すれば、「エリア」と「こだわり条件」を入力するだけで、条件にマッチするハウスメーカーや工務店のカタログを一括で取り寄せることができます。

圧倒的に時間も節約でき、そして簡単にメーカーの比較が可能になりますね。

また、この一括サービスは無料で利用できますよ!

LIFULLは『ハウスメーカー』が中心、うちハピ注文住宅は『工務店』を中心にカタログを取り寄せられるので、どちらも利用することで理想に近い住宅メーカーに出会える可能性が高まりますよ。

また、カタログを請求の際は、有名かどうかで判断せず、条件に合うメーカーのカタログを一応全て取り寄せることを意識しましょう。

全く知らなかった会社の中に、あなたの希望を実現してくれる会社があるということも珍しくありません。

お金や時間をかけずに、カタログ一括請求サービスで様々なハウスメーカーを比較してみてくださいね!

LIFULL HOME’Sでカタログ一括請求をしてみる【無料】⇒

うちハピ注文住宅でカタログ一括請求してみる【無料】⇒

それではいよいよ本文に入っていきましょう。

福井県のローコスト住宅事情

福井県を含む北陸は冬は寒く、夏は暑い気候です。

雨が多く多湿なのが特徴で、傘が手放せないと言われています。

そのため他の地域に比べて結露や錆、カビやシロアリなどの対策を手厚くしなければなりません。

地域に密着した住宅メーカーは気候のことをわかっているので、こういった対策を標準仕様としているメーカーも多いです。

ローコスト住宅とは?

一般的な住宅が坪単価60万円程度なのに対して、ローコスト住宅は30万〜60万が相場です。

例えば30坪の住宅を坪単価30万円で建てるなら900万、ということになります。

上手く使えば半額程度になりうるのは驚きですよね。

でも物が安く買えるのにはそれなりの理由があります。

ローコスト住宅が安い理由は主に5つ考えられます。

  • 人件費・広告費を削減している
  • 流通や仕入れなど、コストカットの工夫をしている
  • 材料を安価な物にしている
  • 設備や仕様を安価な物にしている
  • 注文住宅では標準仕様の設備がオプション扱いになっている

安かろう悪かろうの残念なメーカーもいれば、企業努力でコストカットをしているメーカーも存在します。

上手く使えばローコスト住宅は自分の必要な最小限の設備が整った快適な自分好みの住宅になりえます。

ですがきちんと下調べしなかったがために後悔する人も少なくないようです。

  • 設備が安っぽく、耐久年数が短い
  • 地震や火災、耐熱が弱い
  • アフターサービスが残念

このような失敗例が後を立ちません。

ローコストで理想のマイルームを手に入れるためには、業者選びや下調べを怠ってはいけません。

1,000円台のローコスト住宅の特徴

1,000万円台のローコスト住宅にはこんな特徴があります。

  • 30坪程度
  • 四角い土地に建てて余計な凹凸を減らしている
  • シンプルな間取り

土地が四角いと無駄な壁がなくなります。

同じ30坪でも複雑な形の土地よりも四角い土地に建てる方が外壁が最小限になります。

さらに間取りをシンプルにして廊下を減らすことにより、無駄を必要最低限に抑えることができます。

廊下を減らして土地を最大限生活空間にしたり、部屋数を抑えて壁やドアの数を減らしたりすることによりコストカットが叶います。

福井県で家を建てるときの建築費・坪単価相場

【福井県で家を建てる相場】

  • 坪単価…56万円〜
  • 土地代…一坪あたり10万3095円
  • 土地の広さ…41.3坪

このデータをもとに計算すると3050万円程度が相場となります。

坪単価以外にもこんな費用がかかります。

附帯工事 ・地盤や基礎
・ガスや水道
・インテリアなど
800万円程度
諸経費 ・登記費用
・不動産所得税など
200万〜250万円
その他 ・引越し
・式祭典など
10〜30万円程度

合計すると4,000万円を超えてしまうのが相場のようです。

これを見ると1,000万円代で家が建てて大丈夫なのか心配になりますよね。

ローコストでも満足の住心地を実現した人はたくさんいますし、満足度の高い住宅を提供してくれる住宅メーカーはちゃんと存在します。

福井県でローコスト住宅を建てるならおすすめのハウスメーカー・工務店ランキング3選

タマホーム

言わずとしれた大手メーカー。

実はローコスト住宅にも強く、林業や製材所・工場など、流通の工夫によりコストカットを図っています。

ローコストとは思えない良質な木材による建築を可能としています。

  • 耐震性に優れた住宅
  • 優れた省エネ性
  • オール電化・全自動給湯器を標準仕様
  • 最長30年の長期保証

ローコストなのに低価格とは思えない住宅が実現してしまうところに大手の実力を感じます。

ステーツ

大量仕入れ・安定購入により良質ながらコストカットを実現させた業者です。

1,000万円台でも完全注文住宅と規格住宅が購入可能。

耐震性・耐久性にも優れているので安心して長く住める住宅がローコストで叶います。

【新商品BEING】
30坪の自由設計で価格帯が3種類から選べる商品です。

  • CP style…1,365万円〜コストパフォーマンスを重視した仕様
  • HS style…1,431万円〜ワンランクアップの仕様
  • DT style…1,706万円〜高断熱で快適な仕様

耐震等級2、オール電化、お部屋の温度差を無くす設計で、お値段以上の快適な住居が建てられます。

リーフハウス

グッドデザインベスト100にも選出されている品質なので安心です。

コスト削減や工期短縮に力を入れており「他メーカーと比べて半分の納期だった」という声も。

完全見学会で実物を見られるので、初めての住宅作りでもイメージしやすいです。

坪単価40万円台の商品ラインナップで、セミオーダーから自由設計まで選択肢が豊富なのでこだわりの家作りが実現できます。

本体工場・基本付随工事・住設標準・安心パックを含んだフルコミ価格を提示しているので、大幅な予算オーバーのリスクが低いです。

中でも人気商品の「リーフゼロ」は「エネルギーを自給自足するお家」をコンセプトに省エネや創エネだけでなく、間取りにより適温に保つ工夫や電気の見える化などで次世代の住居となりうるでしょう。

LIFULL HOME’Sでカタログ一括請求をしてみる【無料】⇒

うちハピ注文住宅でカタログ一括請求してみる【無料】⇒

福井県で平家が人気のローコスト住宅メーカー・工務店3選

平家は2階建と比べて住居スペースが半分になるため、その分土地がたくさん必要になります。

土地をたくさん使うということは基礎や屋根などの資材も面積が必要になるため、平家は2階建に比べて高いのが一般的です。

ですが平家は移動がしやすく家族の距離感が近くなるため、住みやすく人気があります。

ローコストで平家を建てたいなら、より上手くコストカットをしているメーカーにお願いしたいですよね。

リョーエンホーム

福井県の会社で地元の気候などを知り尽くした家作りと、地震対策が売りのメーカーです。

木造住宅。重量鉄骨造の2タイプが選べる完全注文住宅メーカーなので、平家から2・3階建てや程よい距離感で住みやすい2世帯住宅までライフスタイルにあった住宅が建てられます。

【ワンプライスで安心の商品「アフレール」】

  •  2階建て5LDK(100m2)
  • 平家建て3LDK(80m2)

がベースプラン1,380万円〜ですが、この価格には本体工事・基本付帯工事・諸経費・長期保証など全部コミコミの価格なんです。

設定範囲内なら最新設備が選べるのも嬉しいポイント。

秀光ビルド

秀光ビルドは1,000万円以下の規格住宅と1,000万円以下の注文住宅が100プラン用意されています。

住居にかかる費用をコミコミで提案してくれるため、後から予想していなかったお金がかかって予算オーバーという失敗もありません。

平家も2階建もとにかく選択肢が多いのが魅力です。

LC HOME

LC HOMEは福井県に密着した会社で、北海道並みの機密性を採用した建材を使って快適な住宅を建ててくれるメーカーです。

人件費・広告費・住宅展示場運用費などを削ることによりコストカットを図っているため、品質そのままで価格を抑えています。

ローコスト住宅はこんな人におすすめ

ローコスト住宅の最大のメリットはコストが安く済むことですが、他にもメリットがあるのはご存知ですか?

どんな人がローコスト住宅に向いているかも合わせてご紹介します。

ローコスト住宅のメリット

ローコスト住宅のメリットは住み替えがしやすいことです。

ローコスト住宅はコストカットができる代わりに設備が一般的な住宅よりも優れていないという特徴があります。

自分にとって必要な部分だけにお金をかけて、もしくは必要な部分に力を入れているメーカーに依頼するから安く家を建てることができます。

ローコスト住宅がおすすめな人

ローコスト住宅をおすすめしたい人は、長く同じ家に住まない予定の人です。

【例えばこんな人におすすめ】

  • 親の老後の家を建てたい
  • 子供の成長を見守るための安い住宅を建てたい

生活に合わせて環境を変えたいなら、耐久性の低い建材でも気になりません。

むしろ高級で長く住める家なら、気軽に建て替えるのは難しくなってしまいます。

将来ライフスタイルに合わせて住み替えをする人に、ローコスト住宅はおすすめです。

LIFULL HOME’Sでカタログ一括請求をしてみる【無料】⇒

うちハピ注文住宅でカタログ一括請求してみる【無料】⇒

ローコスト住宅で失敗しないために必ずココに注意!

ローコスト住宅で失敗した人は思いの外多く、失敗談もたくさんあります。

ローコストとは言え大きな買い物ですから、後悔や失敗は避けたいところ。

どんなことで後悔しやすいのかをあらかじめ知っておくと、ある程度は失敗を防ぐことができますよね。

全てコミコミでいくらか確認する

通常なら標準仕様の設備が価格を抑えるために追加オプションだった、というのはローコスト住宅あるあるです。

必要な仕様もつけると予算オーバーになってしまったという失敗談が後を経ちません。

メーカーによって標準仕様の内容はずいぶん違います。

単純に坪単価だけに注目してメーカーを選ぶのは後々の予算オーバーの原因になりかねません。

アフターサービスの内容を確認する

アフターサービスは主に4つあります。

  • 初期保証…引き渡し時の不具合の保証
  • 最長保証…有料点検を延長した場合の最長限保証できる期間
  • 定期点検…引き渡し後、定期的に不具合がないかの点検
  • 相談窓口…困ったときに相談に応じてくれる窓口

各メーカーによって保証の内容が違うため、契約する前にしっかり確認が必要です。

「保証してもらうはずがメーカーが倒産してしまった」という失敗談も少なからずあるようなので、やはり信頼できるメーカーにお願いしたいですね。

担当者とのコミュニケーションは密に

メーカーによっては工期が伸びると遅延金が発生するケースも。

ローコスト住宅ではコストカットのため人件費もギリギリに設定されることがよくあります。

家を建てた後でも、密な連絡をとっておくことでメンテナンスを忘れられるリスクが軽減されます。

人件費ギリギリで忙しいがゆえにこちらから連絡しないと連絡をもらえないこともよくあるようです。

ぜひこまめに連絡をしておきましょう。

LIFULL HOME’Sでカタログ一括請求をしてみる【無料】⇒

うちハピ注文住宅でカタログ一括請求してみる【無料】⇒

まとめ

【ローコストでもでも失敗しないための3つのポイント】

  • 坪単価だけでなく全部コミコミの価格を確認する
  • いろんな住宅メーカーを比較検討する
  • アフターサービスの内容の確認も抜かりなく

賢く使えば低価格で夢のマイホームが叶うのがローコスト住宅のいいところです。

メーカーによって強みが違うので、自分に必要な部分に強いメーカーを探しましょう。

資料請求やモデルハウスの見学などでしっかり比較検討をした上で、価格だけでなく内容をしっかり見極めることが大切です。

また長く住む住居ですのでアフターサービスの手厚さは重視しておくと後々後悔しなくて済みます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

\大切な家づくりで後悔しない為に!/