建売住宅のチェックポイントを5つの流れ別に徹底解説!

<記事の情報は、2021年10月1日時点のものです>

みなさんは、住宅購入のときにどこにチェックポイントをおくのでしょうか。

住宅購入前には、事前に様々な資料を用いて机上や実際のモデルルームなどにおいて住宅をチェックすると思います。

もちろん、何気なく見て回るのではなくポイントを絞ってチャックすることは住宅を購入するうえで非常に重要な要素であると言えます。

本記事では、建売住宅のチェックポイントについて説明します。

ここから本文に入る前に、1点質問です。

「後悔しないマイホームを建てるために、最も大切なことは何だと思いますか?」

住宅ローン?土地探し?それとも住宅展示場や見学会に行くこと?

いずれももちろん重要ではありますが、答えはNOです。

後悔しない家づくりに最も大切なことは、パートナーとなる「住宅メーカー選び」です。

つまり、一番初めにやるべき住宅メーカー選びに全力投球する必要があります。

全国的に展開していて比較的規模が大きい「ハウスメーカー」、地場に根付いて地域のことを知り尽くしている「工務店」、より柔軟なデザインで対応してくれる「設計事務所」。

一口に住宅メーカーと言っても幅広く、企業数も膨大でどの会社を選ぶべきか迷ってしまう人も多いでしょう。

しかしテレビでよく名前の聞く大手のハウスメーカーや地元の有名住宅メーカーだけに絞ってしまうのは絶対にやめて下さい。

特によくある失敗談が、しっかりと比較をせずに住宅展示場で見つけた会社に依頼をしてしまうこと。

展示場の営業マンは、言葉巧みにあなたの興味を惹きつけてくる事もあります。

しかし、色々な会社と比較をしないと「理想からも程遠く、予算も大きくオーバーしてしまった!」なんてことにもなりかねません。

「でも、山ほどある住宅メーカーから、どうやって自分に合う会社を見つければいいの?」

と疑問に思う方は少なくはありません。そこでぜひ活用して欲しいのが、東証一部上場企業「LIFULL」が運営する「カタログ一括請求サービス」です。

住んでいるエリアと、希望の条件などを選択するだけで、あなたにあった住宅メーカーが複数ピックアップされます。

ピックアップされた住宅メーカーは、知名度の有無などで選り好みせず、まずカタログを取り寄せてみましょう。

条件にあった複数の会社を比較・検討することで、より条件にマッチした会社に出会える確率がグッと高まります。

完全無料で利用できますし、東証一部上場のLIFULLが運営しているのでしつこい営業連絡が来ることもありません。

入力は1.2分もあればスマホからでも簡単に出来るので、これから住宅メーカー選びをしたい人はぜひ活用してみてください。

LIFULL HOME'Sで無料&1分で簡単カタログ一括請求⇒

それではここから本文に入っていきましょう。

契約前のチェックポイントとは

新築や中古の建売住宅を購入する際は、契約前に様々なことチェックしておく必要があります。

ポイントは、担当者から急がされたとしても慌てて契約しないという点です。

例えば、年度末などにおいては他の人もこの物件を契約しそうな雰囲気があるので、早くした方がよいといった趣旨のことを担当者に言われることもあるでしょう。

確認している物件は、建物もそうですが立地条件などを含めて他に全く同じものと言うのはありませんので、他の検討者がいれば急ぐ必要はあるとも言えます。

しかし、建売住宅の購入とはすぐに契約書に署名・押印をするわけではなく、申込み・手付金支払・重要事項説明・売買契約締結という契約に伴うフローが存在します。

また、契約フローに入った瞬間、「検討した結果契約を締結しない」となったとしても違約金などが発生するわけではありません。

違約金が発生するケースで想定されるのは、「売買契約締結」以降となるのです。

そのことから、間違った認識のもと、急いで契約をしてしまって後悔しているという方が多いことも事実です。

悪意ある担当者からは、売買契約書の署名押印を急がないと他の人にすぐ取られてしまうと言われた方もいるようです。

しかし、申込書を提出して手付金を支払った段階で申し込みは法的にしっかり確立された状態となります。

そうなると、契約締結前でも簡単に他の人に横取りされることはありませんのでご安心ください。

とはいえ、無為に契約日を延ばす必要はなく、自身で納得することができれば即契約しても大丈夫ですが、あまりにも不動産会社側のペースで言われたとおりに事務手続きフローを進めることが不安だという場合は、担当者に申込書提出や手付金振込などを順次確認しながらゆっくりと進めたい旨を伝えると良いでしょう。

なお、住宅ローンを利用する方は契約前に「事前審査」を受けておくのが原則です。

契約後にローンが使えないとなれば契約解除になってしまうので注意が必要です。

また、申し込みから契約締結までに数日~1週間程度の時間的余裕があるようでしたら、ホームインスペクション(住宅診断)を入れるとさらに安心を確保できます。

これは、契約前に建築士であるホームインスペクター(住宅診断士)から建物の施工状態を客観的に説明してもらえるため、施工業者に修補してもらうべき施工不良があれば、売主にどういった対応をしてもらえるか確認してから契約することができます。

セカンドオピニオン的な考え方を取り入れることも重要であると言えるでしょう。

契約後のチェックポイントとは

契約後のチェックポイントとしては、引渡し前に建売住宅をしっかりと調査することです。

売主によっては内覧会(竣工検査・完成検査)という、契約者が建物の仕上がりをチェックできる場を設定してくれることもあります。

しかし、設備機器の説明・引き渡し前の最終見学くらいの簡易的なもので終わってしまう物件もしばしば。

どういったパターンになるかは不動産業者等によって違いはありますが、必ず適切な施工がなされているかどうかは、契約者の立場として確認すべき重要な項目であるとご認識ください。

チェックするときに大事な部分は、「不可視」部分です。

実際に今日中を開始してからでは、床下や天井裏といった部分はなかなか見る機会がありません。

新築建売住宅は、引き渡し後2年は一定程度のアフターサービス保証があるため修補してもらえるものも多いですが、床下や天井裏といった不可視部分の施工不良は気づくことが困難です。

これらの不可視部分で見つかる施工不良は、構造材の施工間違い・断熱材取付忘れ」・配管の水漏れなど、耐震性低下やカビやシロアリなどの害虫を発生させるトラブルの温床となってしまいますので注意が必要です。

また、このような施工場所は建築に関する知識がないと見た目だけでは施工不良に気づくことが困難ですので、内覧会(竣工検査・完成検査)立会や同行などを活用してホームインスペクター(住宅診断士)にチェックを依頼されることを強くおすすめします。

LIFULL HOME'Sで無料&1分で簡単カタログ一括請求⇒

引渡し時のチェックポイントとは

引渡し時のチェックポイントとしては、著類をしっかりとチェックすることです。

内覧会で見つかった施工不良などの工事完了状況を必ず確認してから引渡しを受けるようにしましょう。

このとき、修補が引き渡しまでに終わっていなければ、それらがいつまでに完了する予定なのか、工事会社や販売会社に口約束ではなく、書類を作成してもらいましょう。

また、その書類には担当者の押印だけではなく、会社の角印や代表者印を押印してもらっておく方がなお良いでしょう。

その他、建物や設備機器の保証書・設備機器の取扱説明書・建築確認関連書類等・住宅性能評価書(設計・建設)などについても受理するようにし、内容につても適切に確認するようにしてください。

見学から引渡しまでが拙速となりがち建売住宅の契約は、タイミングごとの注意点をしっかりチェックすることが肝要です。

物件見学時の持ち物のチェックポイントとは

建売住宅の見学は購入前にしっかりと行うことが重要です。

重要である建売住宅の見学を成功させるためには、まず事前準備をしっかりと整えて臨むことが重要です。

事前準備をしておかないと、せっかく見学できる場を設けているのに、その機会を有効活用できませんので怠らないようにしましょう。

それでは、実際にどのような点に注意して準備を進めればよいのでしょうか。

最初は、どのような物件が理想かをきちんとイメージできるようにしておきましょう。

建売住宅の見学を始める前に考えておきたいのが、理想とする物件の条件を明確化することです。

イメージが困難と思われる人は、現在の住宅に対する不満を考えてもよいでしょう。

不満とは言いかえれば要望でもありますので、そこをしっかりとおさえておくようにしましょう。

理想の物件とは、家族構成やライフスタイルなどで大きく違ってきます。

例えば、夫婦2人・子ども2人の家族は子ども部屋を必要としますが、夫婦2人だけの家族は子ども部屋を必要としません。

理想のイメージや譲れないポイントなどを事前にしっかりと認識しておくことで、客観的に建売住宅を評価及び比較することが可能となります。

次に、建売住宅の見学で持参すると便利なものについてご紹介したいと思います。

チェックシート

現地に行くと、どこをチェックすべきだったのか忘れてしまうこともあるでしょう。

チェックすることの忘備録的位置づけとしても理想の条件をまとめたチェックリストを作成して持参すると良いでしょう。

各項目を数値化して保管しておけば、建売住宅の見学後に他の物件と比較することも簡単にできますのでおすすめです。

間取り図

取り図を事前に用意しておきましょう。

間取図には、子供部屋やリビングなどの各種部屋の大きさなどを書き込むことができます。

また、位置関係なども適切に把握できますので持参されるべき資料であると言えます

コンベックス

人の目だけでは、正確に部屋の大きさなどを捉えることはできません。

部屋の大きさや扉の幅、収納スペースなどの広さを計測するときにコンベックスは必須アイテムであると言えます。

きちんとした広さをセンチ単位で計測することによって、現在の住宅で使用している家具・家電を次の住宅でも使用できるかどうかを判断することができます。

そのため、現在使用している家具の大きさなども事前に計測して理解しておくようにしましょう。

コンベックスは、間取図と併用することにより便利なアイテムとなります。

スマホ

現在、ほとんどの方が利用しているスマホを活用しましょう。

部屋の写真を撮影することもできますし、計算機能もついていますので部屋の大きさから家具の配置などを割り出すことにも使えます。

また、普段はあまり利用頻度が高くないかもしれませんが、コンパスとしても利用することができますので建物の方角を適切に把握することができます。

ライト

必須で必要というわけではありませんが、家の内外では光の届かない暗いところも確認する必要があります。

例えば、屋根裏などにおいては照明灯が設置されていない可能性がありますし、床下は絶対に光源がありませんので確認するためにはライトが必要となります。

スマホのライトを代用しても良いですが、スマホ背面のバックライトなどでは光量が足りない可能性もありますので、光量が確保できるLEDライトなどがおすすめです。

地図

購入を考えている住宅の周辺にどのような施設があるのかを確認するためにも、周辺地図があると非常に便利です。

地図を見ながら実際の暮らしをイメージするとより具体的にどのような点に問題があるのかなども分かるのではないでしょうか。

また、一番重要なのが見学が終わってからで良いので地図を参考に周辺エリアを歩いてみることです。

平面の地図だけでは分からないこともあり、例えば坂道などの高低差は歩いて体感しない分かりません。

道路の幅員についても、軽自動車なら楽に通れるけれども普通自動車であれば通行が困難な道もあります。

このように、周辺の道路事情をより詳細に肌で感じるためにも、一度は歩いてみることを強くおすすめします。

なお、紙ベースの地図が段取りできない場合であれば、スマホの地図アプリを代用しても問題ありません。

LIFULL HOME'Sで無料&1分で簡単カタログ一括請求⇒

具体的な建物のチェックポイントとは

建売住宅の見学時の具体的なチェックポイントは次のとおりです。

屋内設備

キッチン

チェックポイントは設備とスペースです。設備では調理しやすいこと、十分な収納力を備えていることなどを確認すると良いでしょう。

スペースでは、冷蔵庫や食器棚などを置いても快適に動ける広さがあることなどが重要ですので、ご確認ください。

浴室

浴槽や洗い場を快適に使用できることを確認しましょう。

浴室乾燥や追い炊きなどの機能もあると便利ですので、そういった機能が付与されているかもご確認ください。

生活空間

日常生活や家事を快適及びストレスフリーで行えることを確認しましょう。

特に、洗濯機と水回りが2WAYの動線となっているのかは重要なチェックポイントです。

洗濯や掃除など、自分が行う日常生活のルーティン作業を実際に行うにあたって遠回りしないといけない生活動線になっているのであれば不便に感じることによりストレスを感じてしまうことでしょう。

自分の思い描いている快適な生活空間が維持できるているのかどうかを念頭においてチェックしてみてください。

収納

収納スペースは、快適な生活空間を創出させるためにも極めて重要なポイントです。

収納スペースが不足していることによって、荷物が居住スペースに溢れてしまって大変なことになってしまいます。

最初は家族の人数が少ないのでそれほど収納スペースは必要ないかもしれませんが、子供が生まれるなど家族の人数が増えることも十分想定されますので、将来的な荷物の量も考慮して十分な収納スペースが確保されていることをチェックしましょう。

また、使いやすい場所に収納スペースがあることも併せて確認するようにしてください。

窓の位置

窓の位置が悪いと、日当たりや風通しに大きな支障を及ぼしてしまいます。

また、隣地の壁に向かって窓がある場合では、隣地の壁しか見えない可能性もありますので、開放的な位置にあるかどうかも確認してください。

コンセント

適切な場所に最適数のコンセントが設置されていることを確認します。

コンセントの設置位置が悪いと、延長コードで引っ張ってこないといけないなど、見栄え的にも良くない結果となってしまいます。

自分の生活スタイルを想像して、どこにどれだけのコンセントが必要かを念頭において確認してください。

屋外設備

駐車場

車を利用されている方も多いと思いますので、ここもチェックポイントです。

また、駐車場が確保されることだけでなく駐車できる車の大きさや駐車しやすいのかどうかも確認しましょう。

また、駐車場には車だけでなく自転車も置けるスペースは確保したいものです。

全ての住宅にあるわけではありませんが、庭がある場合は水栓やコンセントなどの設備をチェックしましょう。

家庭菜園など、庭の手入れで水を使用する可能性は極めて高く、また間接照明など電気を使用する可能性もあるため、コンセントが設置されているかも併せて確認してください。

このように、使い勝手の良い庭であることも重要なポイントとなります。

セキュリティ

セキュリティ対策がしっかりしていないと、空き巣にあったりなど被害に遭う可能性があります。

これらを事前に予防するためには、物理的あるいは心理的に外から侵入しづらい空間になっていることが極めて重要です。

例えば、目隠しが上手く設置されていることによって家の中が見えにくくなっていれば不在かどうかの情報を加害者に与えずに済みますので、確認するようにしてください。

住環境

施設

学校や公園、スーパー、病院など、普段の日常生活で利用する頻度の高い施設が近くにあるかどうかを確認しましょう。

また、共働きの家庭などにおいては小さな子供が一人で登下校することも考慮して、近くに交番所や避難所があるのかどうかも併せて確認するようにしてください。

騒音や臭い

工場やお店などの音、臭いが気にならないことを確認してください。

閑静な住宅を想像していたのに、実際に住んでみると周囲がうるさくて落ち着けないといったことも想定されます。

また、幹線道路など交通量の多い個所と隣接している場合は、こちらの騒音や異臭も併せてチェックしてください。

また、可能であれば夜間の騒音も確認しておくべきでしょう。

夜間の方が昼間と比べると静かであるため遠くの音まで聞こえます。

そのため、日中は気にならなかったのに就寝時に騒音で眠れないといったケースもありますので注意が必要です。

まとめ

ここまで、建売住宅のチェックポイントについて説明をさせて頂きました。

これから建売住宅を購入しようと考えている方にとって、この記事が少しでも一助となるのであれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

\大切な家づくりで後悔しない為に!/