青森県のおすすめローコスト住宅メーカーランキング3選!1,000万円台で夢のマイホームを!【令和最新】

<記事の情報は、2021年7月1日時点のものです>

青森県でローコスト住宅を建てる人には必ず見てほしい!

失敗しない家づくりの第一歩はここからです!

「家なんてどこで建てても一緒じゃないの?」

答えは「NO」です。

日本全国住宅メーカーはたくさんありますが、それぞれの強み弱みがあります。

自分と家族がどんな暮らしをしていきたいか。

ここが明確じゃないととんでもない失敗をしてしまいます。

現実的にこんな失敗をしている人が後を絶ちません。

住宅の営業マンは当然自分の会社で家を建ててほしいため、良いところをアピールします。

営業マンが言う良い部分が必ず自分の家族の想いとマッチするとは限りません。

今回は今若い世代に人気の高い「ローコスト住宅」について解説していきます。

青森県でローコスト住宅を建てるにはどんなメーカーがオススメか?徹底検証していきます。

この記事を読むことによってローコストメーカーで家を建てるメリット、デメリットから選ぶポイントまでが分かるようになります。

家づくりに失敗しないための情報が詰まっていますので、最後まで読んでみてください!

ここから本文に入る前に、1点質問です。

「後悔しないマイホームを建てるために、最も大切なことは何だと思いますか?」

資金計画?土地探し?それとも見学会に参加すること?

いずれももちろん重要ではありますが、答えはNOです。

後悔しない注文住宅を建てるために最も大切なことは、パートナーとなる「住宅メーカー選び」です。

全国的に展開していて比較的規模が大きい「ハウスメーカー」、地場に根付いて地域のことを知り尽くしている「工務店」、より柔軟なデザインで対応してくれる「設計事務所」。

一口に住宅メーカーと言っても幅広く、企業数も膨大でどの会社を選ぶべきか迷ってしまう人も多いでしょう。

しかし比較検討の手間を惜しんで、安易に名前の聞いたことのある大手のハウスメーカーに絞り込んでしまうのは危険です。

手間暇は極力減らしながらも、しっかりと比較・検討した上で依頼先を決めることが、後悔しない注文住宅を建てる上で最も重要になります。

「でも、山ほどある住宅メーカーから、どうやって条件に合う会社を見つければいいの?」

とあなたも感じるはず。そこでぜひ活用して欲しいのが、東証一部上場企業「LIFULL」が運営する「カタログ一括請求サービス」です。

あなたが住んでいるエリアと、希望の条件などを選択するだけで、あなたにあった住宅メーカーが複数ピックアップされます。

ピックアップされた住宅メーカーは、知名度の有無などで選り好みせず、まずカタログを取り寄せてみましょう。

条件にあった複数の会社を比較・検討することで、より条件にマッチした会社に出会える確率がグッと高まります。

完全無料で利用できますし、東証一部上場のLIFULLが運営しているのでしつこい営業連絡が来ることもありません。

入力は数分もあれば完了するので、これから住宅メーカー選びをしたい人はぜひ活用してみてください。

LIFULL HOME'Sで無料&1分で簡単カタログ一括請求⇒

それではここから本文に入っていきましょう。

もくじ

青森県のローコスト住宅事情

青森県でのローコスト住宅事情を知る上で、県全体の流れを知ることが大事ですね。

青森県の住宅全般の事情や県で取り組んでいることは以下になります。

子育て世帯と高齢者を地域で支えあう取り組み

若い世帯が集まる新興住宅地が注目される一方、青森県では今住んでいる地域をどう活性化していくか?といった取り組みにも注力しています。

具体的には

  • 二世帯住宅への取り組み
  • 空いた土地の有効活用

などが挙げられます。

良質な住宅を次世代につなげる社会

一代で終わるのではなく、大事な家を代々守っていく取り組みも盛んです。

リフォームに対する補助金制度があったり、青森の風土に根ざした安全で健康な居住環境の形成などにも積極的に取り組んでいます。

若い世帯に住宅を積極的に意識してもらうことで、ローコスト住宅に対する需要も高まっている地域と言えます。

ローコスト住宅とは

ローコスト住宅の定義をお伝えします。

一言でいうと「安い家」です。

ローコスト住宅:坪単価相場

30万円~60万円

一般的な住宅:坪単価相場

80万円~90万円

安いことに不安なイメージを持つ人もいますが、まったくそんなことはありません。

ローコスト住宅は住宅メーカーの企業努力で成り立っています。

ローコストで家が建つ理由は大きく分けて2つです。

【材料を安く仕入れている】
住宅メーカーが住宅に使われる各部材を業者に大量発注します。

発注数が多くなれば当然仕入れ原価は下がります。

【人件費と広告費の徹底節約】
目に見えない人件費はたくさんあります。

  • 担当者の打ち合わせ
  • 部材管理費用
  • 現場管理費用

このような部分を標準化することでかかる時間を統一します。

統一することで担当者の実力によるばらつきをなくす工夫がされています。

広告に関してもよほど大手のローコスト住宅メーカー以外ではCMなどを見かけないと思います。

お金がかからないインターネットでの集客など、建築以外の費用を徹底的に使わない努力がされています。

この2つの理由から、決して手抜きをして安くしているわけではないことが分かってもらえたのではないでしょうか。

むしろ見えない努力を何倍もしていると言えます。

1,000万円台のローコスト住宅とは??

ローコスト住宅に多い価格帯は1,000万円台です。

住宅会社の表示価格で800万円~と謳っている会社もありますが、オプション品を追加することで1,000万円台になるケースが多いようです。

それでは1,000万円台のローコスト住宅とはどのようなものになるのでしょうか?

詳しく解説していきます。

一般的な間取り

  • 1階に間仕切りなしの大きなリビング
  • 2階に大きさの似た部屋が3~4部屋

大きなリビングにすることで、部屋仕切るための材料や工数が減ります。

金額をおさえるための工夫の一つとなります。

2階の3~4部屋については一般的な核家族を想定しての造りです。

選ばれやすい部屋数を事前に想定して設計することで、設計変更の工数を省略する狙いがあります。

外観がシンプルな箱型

箱型=シンプルな形状ですね。

特殊な外観になるとその分設計費や材料の幅が広がってしまいます。

材料を統一することで特殊な部材仕入れを防いでいます。

形状がシンプルな代わりに多種の色から選択できる点もローコスト住宅の特徴と言えます。

最低限の住宅性能は確保

耐震性や耐久性は一般的な注文住宅と比較すると劣る部分がありますが、国が定める基準は当然クリアしています。

快適な生活に欠かせない水回りについては一流メーカーを採用している場合が多いですがグレードによって金額は変動します。

青森県で家を建てるときの建築費・坪単価相場

青森県で家を建てるときの価格相場を見ていきましょう。

延床面積や建物価格などを全国平均と比較していきます。

延床面積

  • 全国平均:33.7坪
  • 青森県 :35.0坪

※延床面積とは各階の床面積の合計を指します。

建築費用

  • 全国平均:2,874.3万円
  • 青森県 :2,902.4万円

※土地を除いた建物金額を指します。

注文住宅購入年齢

  • 全国平均:37.6歳
  • 青森県 :39.5歳

全国と比較して土地が安く手に入る分、建物にお金をかける人が多いことが分かります。

購入年齢が全国と比較して遅いことから、県として促進する動きが見られるようです。

青森県でローコスト住宅を建てるならおすすめのハウスメーカー・工務店ランキング3選

ここから具体的な話に進んでいきます!

青森県でローコスト住宅を検討するなら必ずチェックしてほしい住宅メーカーを抜粋して紹介します。

1.くまげらホームズ

くまげらホームズは青森県に本社をおく株式会社ホリエイが展開する住宅メーカーです。

ホリエイ自体は特定建設から鮮魚出荷まで幅広く事業を広げている、実績と歴史のある会社です。

「20代でマイホーム」をコンセプトに掲げ、規格住宅を中心に提供しております。

規格住宅の商品ラインナップ

  • アーバンシリーズ
  • ピエールシリーズ

アーバンシリーズはシンプルにとことんこだわり、規格されたものでそのまま住めるぐらい洗練されたデザインが特徴です。

価格帯は大きさで異なります。

  • 2LDK(16坪)⇒1,120万円
  • 2LDK(20坪)⇒1,206万円
  • 2LDK+ロフト(24坪)⇒1,322万円
  • 3LDK+ロフト(27坪)⇒1,465万円
  • 3LDK+小屋裏(33坪)⇒1,652万円

ピエールシリーズはアーバンシリーズ同様ですぐにでも住めるような完成度ですが、さらには収納力にこだわったプランとなります。

女性に嬉しい仕様ですね!

価格帯は大きさで異なります。

  • 2LDK(16坪)⇒1,019万円
  • 2LDK(18坪)⇒1,105万円
  • 3LDK+ロフト(27坪)⇒1,381万円
  • 3LDK+ロフト(31坪)⇒1,520万円
  • 3LDK+小屋裏(33坪)⇒1,568万円

細かいオプションも用意されていますが、規格品でこれだけ選べるメーカーは数少ないです。

  • 打ち合わせをあまりしたくない
  • すぐにでも建てたい

こんな方にはオススメできるメーカーですね。

会社情報

住所:青森県五所川原市中央1丁目156番地
連絡先:0173-33-7522
定休日:水曜日

2.タナカホーム

タナカホームは青森県の八戸、三沢、十和田、水戸エリアを展開する住宅メーカーです。

上記エリアでは着工棟数№1の実績があります。

三世代で引き継げる家をコンセプトに、クオリティの高い家づくりが強みですが最近ではローコスト住宅にも力を入れているメーカーです。

ローコスト住宅の商品ラインナップ

「ピタリエ」

1,088万円~

年収200~400万円で実現できる理想の暮らしをテーマにしており、土地+建物で月々50,000円台を実現できるプランです。

300パターンからデザインと間取りを選べるシンプルな規格住宅となります。

「ラクラク・ママ」

女性の住まいの悩みやアイデアを全て取り込んだ最強のママ目線住宅です。

定期的に開催されるママ座談会から徹底的に本音を引き出し、形にしたものがラクラク・ママです。

家事がラクになる動線づくりや、ママ座談会で取り入れたアイデア収納を取り入れました。

各設備(特に水回り)は家事をする女性が少しでも楽できるものを採用。

コミコミプランで価格も明確なため、子育てママさんには大人気のプランとなっております。

会社情報

住所:青森県八戸市根城8丁目14-9
連絡先:0120-080-925
定休日:水曜日(木曜日)・祝日

3.日野建ホーム

日野建ホームでは健康志向の家づくりをテーマに取り組んでおります。

できるだけ自然に近い環境で過ごしてほしいという考えから、厳選した天然素材にこだわった家づくりをする住宅メーカーです。

デザインや外観の見た目より木の温もりを重視していることが特長です。

ローコスト住宅のラインナップ

「SLOHAS-NATURAL-」

名前の通りで天然素材に囲まれたナチュラルな空間を実現します。

標準仕様で全室無垢のフローリングを採用。

無理な装飾を施すのではなく、木の温もりを演出できる点が魅力の一つです。

安心の定額制のため、価格的にも安心して選ぶことが可能です。

「SLOHAS-BROOKLYN-」

ほどよく自然体でひと手間加えたカッコいい空間を実現します。

モダンとヴィンテージをミックスした演出で、ダークカラーや無機質な素材を取り入れたスタイルとなります。

こちらも安心の定額制です。

「SLOHAS-UMIYAMA-」

空間にほどよいラフさを実現します。

陽の光が映える空間に、粗っぽい素材をミックス。

上質なビーチをイメージした雰囲気が魅力の住まいです。

SLHASシリーズの価格帯

  • 28坪:2,060万円
  • 31坪:2,150万円
  • 35坪:2,320万円

ローコスト住宅というジャンルの中では高い価格設定ですが、一般的な規格住宅とは全く異なるためコストパフォーマンスは良いです。

ローコストで規格住宅は嫌、という方にはオススメできると言えます。

会社情報

住所:青森市柳川1丁目2-62
連絡先:017-723-6161

LIFULL HOME'Sで無料&1分で簡単カタログ一括請求⇒

青森県で平屋が人気のローコスト住宅メーカー・工務店3選

青森県では平屋も人気で近年若い世代でも徐々に需要が高まってきております。

ここでは青森県で人気のある平屋メーカーを紹介していきます!

1.クレバーホーム

クレバーホームは青森県を中心に活動する会社です。

設立が2000年と歴史は短いですが、新しいならではの強みであることにどんどん挑戦している会社と言えます。

代表者が女性であることから女性目線での家づくりや、若い世代にもウケの良い外観にもこだわった平屋を展開しています。

平屋の商品ラインナップ

クレバーホームでは「HI-RA-YAシリーズ」という名前でラインナップを揃えます。

価格帯

建坪数で金額がことなりますが、全体としては約1,000万~1,500万が相場です。

クレバーホームの平屋は住む人の年齢やコンセプトによって多くののプランを準備しています。

  • 生活導線にこだわったシンプルプラン
  • LDKと和室をメインに光が入りやすいプラン
  • LDKとプライベート空間をしっかり区別できるプラン

平屋はシンプルなメーカーが多い中、たくさんのプランが選べてかつローコストな点が特長といえます。

会社情報

住所:青森市新城字平岡109-2
連絡先:017-787-3375
定休日:水曜日

2.エコナヒラヤ

エコナヒラヤは商品ラインナップが平屋のみのローコスト住宅メーカーです。

名前の通りで平屋に特化しています。

商品ラインナップ

エコナヒラヤでは全60種類のプランから選択が可能です。

平屋のラインナップとしてはとても多いですね。

  • 1LDK:768万円~
  • 2LDK:1,185万円~
  • 3LDK:1,313万円~

ローコスト住宅メーカーの強みであるパッケージプランで価格を安くする仕組みを作っていますが、土地に合わせたフリープランも選択することができます。

モデルハウス見学や各種イベントも積極的に行う会社のため、一度体験してみるのも良いかと思います。

平屋は特に現物を見てみることをオススメします。

会社情報

住所:八戸市田向5丁目28-20
連絡先:0120-157-417
定休日:水曜、木曜

3.コマッコハウス

コマッコハウスは青森県の十和田市を中心に展開する住宅工務店です。

月々5万円代で若い世帯にも家を提供することを使命に作られた会社です。

ローコスト住宅の中でも平屋に力を入れている会社でもあります。

平屋の商品ラインナップ

コマッコハウスの平屋プランを一言で表すならば、「とにかく安い」ことです。

1,000万を切れば安いと言われる価格相場の中で、コマッコハウスの平屋最安プランはなんと600万円~となります。

そこから坪数に応じて

  • 12坪:700万~
  • 14坪:770万~
  • 16坪:930万~
  • 19坪:940万~
  • 22坪:1,057万~

と続きます。

どんな家族構成にも対応できるランナップが強みと言えます。

ローコスト住宅メーカーの強みを最大限に活かしている会社と言えます。

会社情報

住所:十和田市元町西3-12-18
連絡先:0176-22-6204

ローコスト住宅はこんな人におすすめ!

ローコスト住宅をオススメしたい人は下記3点が当てはまる人です。

早く建てたいと考えている

ローコストメーカーは着工から完成までが早いです。

季節にもよりますが、最短2か月で完成する場合も。

注文住宅では4~5か月が一般的なため、どれだけ早いかが分かるかと思います。

アパート更新期限があったり、出産までに建てたかったりと期限がある方にはオススメです。

アパート代より高くなると生活が苦しい

家を建てたことにより生活が苦しくなってしまうと何のために家を建てたか分からなくなりますね。

ローコスト住宅では月々40,000円代からの返済計画を実現可能です。

ある程度の仕様は住宅メーカーに任せたい

言い換えるならば、細かい打ち合わせをしたくない人です。

フルオーダーの注文住宅になると、ドアノブ一つまで自分で選択できてしまうため、逆に疲れてしまいます。

自分のこだわりたいポイント以外は標準的な仕様を求める場合、ローコスト住宅はオススメできると言えます。

LIFULL HOME'Sで無料&1分で簡単カタログ一括請求⇒

絶対注意!!ローコスト住宅で失敗しないためのポイント

ローコスト住宅を選ぶ場合、注意してほしいポイントが3つあります。

その金額が税込みか税抜きが都度確認する

例えば100万円のオプションを付けたとします。

  • 税込みなら100万円
  • 税抜きなら110万円

この10万の見落としは非常に大きいです。

一つだけならまだしも積み重なると合計金額が100万以上変わってくること多々あります。

100万変わってくると結果的に予算オーバーしてしまい、返済額が上がることで資金計画が変わってしまうリスクもあります。

どこまでがコミコミプランに含まれているか?

「コミコミプラン」となっている場合は特に注意が必要です。

どこまでがコミなのか?都度しっかりと確認をして下さい。

一つ前の話と繋がりますが、確認不足で金額が変わってしまうと資金計画が変わります。

勘違いで安くなる分には良いかもしれませんが、たいてい高くなるケースがほとんどです。

担当者に言った言わないになって揉めることもありますので、打ち合わせの際には自分自信もしっかりメモを取るようにしましょう。

アフターフォローの期間と範囲は明確にしておく

ローコスト住宅の修繕(リフォームや直し)サイクルは注文住宅と比べて早いケースが多いです。

アフターフォローの内容をしっかり把握して、メーカーを決定する際の優先事項に加えてください。

注目すべきは「期間」と「内容」です。

期間が長くても壊れやすい箇所が保証範囲に入っていないと意味がありません。

逆に内容がとても手厚かったとしても期間が短いと使う前に終了ですね。

建てる時の金額だけではなく、トータル含めて選ぶことが重要と言えます。

LIFULL HOME'Sで無料&1分で簡単カタログ一括請求⇒

まとめ

いかがだったでしょうか?

ローコスト住宅の魅力について感じてもらえたかと思います!

2階建てか平屋かについても家族とどんな生活をしたいかで変わっていきますね。

家づくりは家族とのコミュニケーションが不可欠です。

ローコスト住宅の強み弱みをしっかり把握して、後悔のない家づくりをしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

\大切な家づくりで後悔しない為に!/