愛知県でおすすめの住宅展示場ランキング3選!メリット&デメリットを把握して家を建てるヒントに!

<記事の情報は、2021年7月1日時点のものです>

住宅展示場には家づくりのヒントが満載です!
愛知県でオススメの住宅展示場を紹介します!

「今のアパートが手狭になった」
「子供が生まれた」
「結婚したから家を考えたい」

一軒家に憧れを持つ時期は人それぞれです。

家づくりは人生の中で一番大きなイベントと言っても過言ではありません。

では何から始めればよいのでしょうか?

全く分からないという人が多いようです。

早く検討したくても何から決めていけばいいか分かりません。

「建てる場所」
「住宅メーカー」
「間取りや外観」
「ローン返済計画」

頭が痛くなりそうです。

まだまだ考えることはたくさんありますが、まずは家に対するイメージを膨らませることが大事なのではないでしょうか。

このイメージを膨らませる有効な方法として、

「住宅展示場」が存在します。

テレビでも住宅メーカーのCMはよく目にするかもしれませんが、なかなか自分が住んでいる想像をすることは困難です。

住宅展示場ではそんな悩みを解決してくれるかもしれません。

今回の記事を読むことで以下のようなことが分かります。

  • 全体的な家づくりの流れ
  • 住宅展示場の活用方法
  • 住宅展示場のメリット/デメリットなど

愛知県でオススメできる住宅展示場や特徴まで詳しく解説していきますので、是非参考にしてみてください。

あなたにピッタリな住宅展示場が見つかるはずです。

ここで1つ、本題に入る前に質問です。

「あなたは今、注文住宅の依頼にあたって何社のハウスメーカーを調べていますか?」

もしかして、はじめから1社のみに絞ってしまってはいませんか?

実は、注文住宅を建てる上で最も重要なのは「住宅メーカー選び」です。

住宅メーカーなんてどこも一緒、と思っている人は注意が必要です。なぜなら注文住宅においては「住宅メーカー選び」が命と言っても過言ではないからです。

日本全国には知名度の高い「ハウスメーカー」はもちろん、地域に根付き低価格で住宅を提供する「工務店」、自由度が高い「設計事務所」など様々な住宅メーカーが存在します。

十分な比較をせずに依頼するハウスメーカーを決めてしまうと、「予想よりお金がかかった・・。もっといいハウスメーカーに頼めばよかった・・」と、一生後悔することになりかねません。

そうならないためにぜひ活用して欲しいのが、東証一部上場企業の「LIFULL」と、「SUUMO」のカタログ一括請求サービスです。

↓ ハウスメーカーの一括請求はLIFULL ↓

↓ 工務店のカタログ一括請求はSUUMO ↓

このカタログ一括請求サービスを利用すれば、「エリア」と「こだわり条件」を入力するだけで、条件にマッチするハウスメーカーや工務店のカタログを一括で取り寄せることができます。

圧倒的に時間も節約でき、そして簡単にメーカーの比較が可能になりますね。

また、この一括サービスは無料で利用できますよ!

LIFULLは『ハウスメーカー』が中心、SUUMOは『工務店』を中心にカタログを取り寄せられるので、どちらも利用することで理想に近い住宅メーカーに出会える可能性が高まりますよ。

また、カタログを請求の際は、有名かどうかで判断せず、条件に合うメーカーのカタログを一応全て取り寄せることを意識しましょう。

全く知らなかった会社の中に、あなたの希望を実現してくれる会社があるということも珍しくありません。

お金や時間をかけずに、カタログ一括請求サービスで様々なハウスメーカーを比較してみてくださいね!

LIFULL HOME’Sでカタログ一括請求してみる【無料】⇒

SUUMOでカタログ一括請求してみる【無料】⇒

それではいよいよ本文に入っていきましょう。

もくじ

住宅展示場には家づくりのヒントが詰まっている

住宅展示場は身近なお買い物と同じイメージです。

  • 洋服⇒手に取って試着してみる
  • 車⇒カタログを取り寄せたり、試乗したりする

住宅展示場はこれの家版だと考えてください。

住宅展示場では実際に完成している家を見たり触れたりすることができます。

体感することで自分が住んでいるイメージができます。

住宅展示場は家を建てるためのヒントが凝縮されているといっても過言ではありません。

住宅展示場ってこんな場所

住宅展示場とはどんな場所でしょうか?

特徴は大きく2つあります。

複数の住宅メーカーを横並びに比較できる

規模によってメーカーの数は異なりますが、整地された大きな区画にたくさんの住宅メーカーが展示場を公開しているケースがほとんどです。

一か所でたくさんの住宅情報を入手することができる場所です。

駅の近くや高速ICの近くなど、立地的にも人が集まりやすい場所で開催していることが多いです。

来場者を増やすための工夫と言えます。

住宅に関する豊富なイベントを開催

家づくりに関係するイベントが豊富です。

  • 失敗しない家づくりを応援するセミナー
  • 資金計画セミナー
  • 間取りを一緒に考える会

女性目線で水回りの配置に特化したセミナーなど、種類は様々です。

中には住宅の体感ではなくセミナーを目的に来場する人もいるほどです。

また不定期開催の大きなイベントや大型連休中になると、子供が喜ぶイベントで集客する場合もあります。

家族連れでも気軽に行ける雰囲気が住宅展示場最大の特徴とも言えます。

住宅展示場とモデルハウスってどう違う?

住宅展示場とモデルハウスの大きな違いを解説します。

住宅展示場は多数のメーカーが集まっているのに対して、モデルハウスは特定の住宅メーカーが単独で開催している場合が多いです。

モデルハウスでは実際にその後購入されるケースや、既に入居者が決まっていて、完成お披露目会のような形で公開しているケースもあります。

住宅展示場ではその住宅メーカーが「売り」にしている強みや特徴を全面的に押し出しており、モデルハウスではより現実的な生活スタイルを重ねて見ることができます。

住宅展示場では「広く浅く」、モデルハウスでは「狭く深く」と言ったところです。

開催する地域や規模でもニュアンスが変わってきますので、一つの目安としてください。

検討違いな展示場に行くことがないよう、事前に問い合わせをしてみると正確です。

住宅展示場にいくメリットとデメリットを紹介します。

住宅展示場の概要を掴んでもらったところで、ここからは住宅展示場にいくメリット、デメリットについて解説していきます。

住宅展示場にいくメリット

①効率的に時間を使える

予想以上に規模が大きい展示場も存在します。

一か所で20社以上が出店しているケースもあります。

計画を建てて効率的に回ることができれば、1日で見て回ることも可能です。

一気に住宅メーカーの候補を絞ることができます。

②横並びでメーカーを比較することが可能

住宅展示場では各住宅メーカーが自社の強みや特徴を最大限にアピールしています。

各メーカーの特徴を一目で把握することが可能です。

日をまたぐことがないため、気に入ったメーカーを印象に残すことができます。

③断るプレッシャーが少ない

住宅展示場では特定のメーカーではない中立の立場の担当が案内してくれます。

公平な目線で各メーカーを紹介してくれるため、安心して冷静な目で比較することが可能です。

メーカー側もそれを分かっているため、強めの営業がない場合が多いです。

続いてデメリットはどんな部分でしょうか?

住宅展示場にいくデメリット

①判断基準がブレることがある

家づくりの判断基準として、「金額」、「ライフスタイル」「家族構成」などがあります。

住宅展示場ではお客さんの目を引く必要があるため、実際の生活とはかけ離れた造りやインテリアになっている場合があります。

現実的ではないものを見てしまうことで自分自身がイメージしていた家とかけ離れてしまう可能性があります。

「あれも良い」「これも良い」と見て回るうちに、予算とのギャップが大きくなってしまいます。

②営業の電話やDMが多くなる

住宅展示場ではアンケートを記入することが多くあります。

その場での強い営業が無かったとしても、後日営業電話やDMが届くことがあります。

③選択肢が多くなりすぎる

人間は選択肢が多すぎると決断できなくなります。

よほど運命的な住宅メーカーが見つかれば良いですが、そうでなかった場合は大変です。

そこそこ良い印象だったメーカーが多数あった場合、その数が多ければ多いほど一つのメーカーに対する印象が薄まってしまい、決め手を失ってしまう可能性があります。

たくさんの候補から絞っていく作業はとても労力がいります。

④欲張ると体力を大きく消耗する

「せっかく時間を取ってきたのだから全部見たい!」気持ちは分かりますが体力を消耗します。

体力を消耗すると終盤は回ることが目的となってしまい、冷静な判断ができなくなってしまいます。

特にお子さんがいた場合には予定通りに進めないことも多々あります。

事前に見たいメーカーを絞っておいたり、2日間に分けるなどの工夫が必要になります。

デメリットが大きいと感じなかった人は一度試しに行ってみるのもアリだと思います。

愛知県で人気の住宅展示場3選

住宅展示場の魅力を理解したもらった上で、ここからは愛知県でオススメできる住宅展示場を紹介していきます!

1.新・神宮東中日ハウジングセンター

中日ハウジングセンターは東海3県(愛知県、岐阜県、静岡県)で6箇所にて展開中です。

その中でも新・神宮東会場は名古屋市でも最大級の総合住宅展示場となります。

中日ハウジングセンターの特徴

最大の特徴はなんといっても「規模」です。

規模が大きい分、各種イベントが盛りだくさんです。

子供に嬉しいスタンプラリーからお菓子詰め放題まで開催する時期もあります。

豪華景品が当たる抽選会など、一日いても飽きないボリュームが魅力的です。

出店メーカー

一流メーカーである住友林業、積水ハウスをはじめ、全国展開している有名メーカーから中堅工務店まで出店しています。

その数は20社以上になります。

有名どころを一度抑えておきたいと考える人にはオススメできる展示場と言えます。

新・神宮東中日ハウジングセンターへのアクセス

  • 住所 :名古屋市熱田区六野2-1-3
  • 連絡先:052-871-8070

2.ナゴヤハウジングセンター(春日井会場)

愛知県全域5箇所で展開する住宅展示場です。

開設50年の歴史を持つ、信頼できる住宅展示場と言えます。

ナゴヤハウジングセンターの特徴

長い歴史を持っていることで安定した集客を続けています。

それで加えて最新情報を発信するためのセミナー関連も多数準備されています。

土地探しはもちろんのこと、土地の相続に関する税務的な相談など専門的な知識が必要な場面でも対応可能です。

ヒーローショーの開催や子供縁日などにも力を入れており、家族全員に楽しんでもらう努力を怠らない住宅展示場と言えます。

出店メーカー

積水ハウスや一条工務店をはじめ、大手から中堅工務店まで20社以上が出店中です。

最新のモデルハウスを体感することが可能です。

ナゴヤハウジングセンターへのアクセス

  • 住所 :春日井市西山町2-81
  • 連絡先:0568-57-2355

3.CBCハウジング(名駅北会場)

愛知県の3箇所で展開する住宅展示場です。

CBCハウジングの特徴

モデルハウスの集中見学ツアーを開催しています。

集中見学ツアーではナビゲーターとともにモデルハウスを回ることで、実物を体感しながら基礎知識を吸収することができます。

住宅知識があまりないと、担当者に対して「何を質問していいか分からない」という状態に陥りますが、

この集中ツアーに参加することで、基礎知識が身に付き、自分ならではの質問がしやすくなります。

それ以外の特徴としては、「未来つなぐPROJECT」としてリユース品のフリーマーケットなど他にはないイベントも多数開催しています。

CBCハウジングへのアクセス

  • 住所 :名古屋市西区菊井1-23-18
  • 連絡先:052-485-9247

LIFULL HOME’Sでカタログ一括請求してみる【無料】⇒

SUUMOでカタログ一括請求してみる【無料】⇒

住宅展示場を賢く見学する5つのポイントをお伝えします

住宅展示場に行く時には、「行く目的」を明確にしておいてください。

「なんのためにいくのか」
「入手したい情報は何か」

ふらっと寄ってみるのももちろんアリですが、ただ何となくで入ってしまうと体力だけ消耗してしまいます。

まだ家づくりが先の人は、「イメージを膨らませる」具体的な計画がある人は、「自分の生活に合いそうなメーカーを探す」などでも良いですね。

展示場に行くならここだけは抑えて欲しいという、ポイントを絞ってお伝えしていきます。

1.事前予約はした方がよい

予約するかしないかは自由ですが、結論からお伝えすると予約はした方が無難です。

予約しなくても断られることはまずありませんが、繁忙期と被ると待ち時間がでる可能性があります。

土日や大型連休など人が集中するタイミングは必ず予約するようにしましょう。

予約することで「予約特典」があったり、説明してくれる担当者が随時ついてくれて中身の濃さが変わります。

なんとなく寄ってみる人には必要ありませんが、その日は展示場に行くと決めている人は必ず予約しましょう。

2.住宅展示場へ行く時に準備するものは?

住宅展示場に行く際、格好や持ち物は重要です。

服装

動きやすい服装がオススメです。

極端に体を動かすことはありませんが、住宅展示場の規模によってはたくさん歩く可能性があります。

暑い時期は暑さ対策ができる涼しい服装が好ましいですね。

いくつものモデルハウスを見て回る場合は何度も靴を脱ぐことになります。

女性の場合は毎回履くのに時間のかかるものより、スニーカーに近い形の方が適していると言えます。

持ち物

以下3点は必ず持参した方が良いです。

  • 筆記用具
  • メジャー(巻き尺)
  • エコバック

筆記用具は何か気になったことをメモしたり、事前に質問したいことをまとめておくために使います。

メジャーは間取りの寸法を測るのに使います。ある程度具体的な住宅イメージがある方になると、「現在使っている家具が置けるか?」「冷蔵庫はどのサイズを買えば対応できるか?」などが気になります。

エコバックは各住宅メーカーからの資料をもらった時に役立ちます。

特典なども用意されている場合が多く、たくさん回ると意外と荷物がかさばっていきます。

3.事前準備が展示場での効率を劇的に上げる

効率良く回るかつ、住宅展示場を楽しむためにはコツがあります。

全体の流れを知ることで大事なポイントを抑えていきましょう。

全体の流れ

  • 受付で情報の記入(個人情報など)
  • 担当者からのヒヤリング(建てる時期や希望の間取りなど)
  • 流れの説明
  • 見学スタート

この流れは一般的なものです。

住宅展示場によって違いはありますし、その日のイベント有無によっても変動があるため事前に問い合わせしてみると確実な流れが分かります。

効率良く回るためには

効率良く回るためには担当者へ明確な要望を伝えることが大切です。

  • 候補に入れるつもりがないメーカーを伝える
    検討するつもりのないメーカーがあれば事前に伝えましょう。
    不必要な見学時間を省くことで効率は上がります。

 

  • 自分の好きな間取りや外観を伝える
    好みを伝えることで明らかにマッチしないメーカーを担当者が除外してくれます。

興味のない所で時間を費やすより、自分の好みに近いメーカーで時間を多く使った方が満足感を得ることができます。

4.「標準仕様」と「オプション仕様」必ず確認!!

いざモデルハウスに入った際に、今目の前で見ているものが標準仕様かオプション仕様か、都度確認していきましょう。

特にモデルハウスではあえて豪華な造り(オプション仕様)となっていることが多くあります。

それを標準だと思って話を進めてしまうと、元々考えていた予算を大幅に超えてしまう可能性があります。

一度良いと思ってしまった部分を実際の家づくりで削っていく作業は精神的に辛いですよね。

見学の時点で予算内で自分が求める間取りが実現可能か、冷静に判断しながら見ていきましょう。

5.インテリアやデザインは家づくりの参考に

住宅展示場でのインテリアやデザインはとても参考になります。

普段生活している中で、外観や雰囲気がオシャレだと感じる家を見かけることはあるかと思います。

しかし他人の家の中を簡単に見ることは困難です。

住宅展示場は見放題、聞き放題です!

各住宅メーカーが少しでも良く見てもらう努力をしているため、とても素敵なインテリアと出会うことがあります。

話しやすい担当者であればインテリアのオススメや選び方なんかも聞いてみましょう。

住宅展示場は親子で行けるレジャー空間

家族全員で楽しめる点も住宅展示場の魅力の一つです。

住宅展示場にくる世帯の大半は子育て世代と言えます。

子供が喜ぶイベントに注力している展示場が多いです。

まさにレジャー空間ですね!

予約が必要なイベントもありますので、事前に問い合わせてみましょう。

住宅展示場でよくあるイベント

人気のイベントを紹介します。

  • 法律、税務関係の無料相談会
  • 親子で参加できるマネーセミナー
  • 人気キャラクターのスタンプラリー
  • モノづくり体験会

子供たちが夢中に慣れるものが数多くあります。

大型連休中であれば人気キャラクターが実際に来ていたり、地域によっては名産品の収穫体験であったりと、各展示場が非常に力を入れている部分でもあります。

住宅展示場でもらえるプレゼント

住宅展示場では様々な特典(プレゼント)をもらうことができます。

  • アマゾンギフトカード
  • 図書カード、クオカード
  • キャラクターグッズ
  • 似顔絵プレゼント
  • 写真サービス

住宅展示場として準備しているものもあれば、各住宅メーカーが準備しているものもあります。

大人から子供まで喜べる特典がたくさんありそうですね。

LIFULL HOME’Sでカタログ一括請求してみる【無料】⇒

SUUMOでカタログ一括請求してみる【無料】⇒

住宅展示場を見学するときの注意点

ここまでの話で住宅展示場の魅力について分かってもらえたかと思います。

最後に住宅展示場を回る際の注意点をお伝えしていきます。

出店メーカーを必ず調べる

訪問予定の住宅展示場に入っている住宅メーカーをチェックしましょう。

見たいと思っている住宅メーカーが入っていないと行く意味が全くありません。

展示場の規模によっては10社に満たない小規模な展示場もあります。

見たい住宅メーカーが複数ある場合は1社に使える時間を計算して回るようにしてください。

小さなお子様がいる場合、ぐずったりして時間通りに進めない可能性もあります。

余裕を持った時間配分でのぞんでください。

目的を常に明確に頭に入れておく

「今日入手したい情報は何か?」目的を常に明確にしてください。

素敵なモデルハウスや楽しいイベントに参加すると、つい本来の目的を見失いがちになります。

「今日は楽しかった!でも必要な情報が取れなかった・・」これではまた改めて行く羽目になってしまいます。

特典やイベントはあくまでもプラスアルファと割り切って、本来きた目的を最優先で達成するようにしてください。

必要な情報を全て取り終わってからイベントに参加すると計画するのも良いと思います。

楽しみは後に取っておきましょう!

その場で営業マンとは仲良くなりすぎない

接客してくれる各住宅メーカーの営業マンの目的は「家を販売すること」です。

自社のPRや営業に対しては適度な距離を保つことを常に意識しておきましょう。

しっかり耳を傾けるのは、よほど気に入ったメーカーや担当者と出会った時だけと割り切ってください。

よほど気に入った営業マンがいれば個別で名刺をもらうようにしましょう。

住宅展示場のアンケートはむやみに記入しない

住宅展示場には必ずと言っていいほどアンケートの記入を求められます。

このアンケートは後日届くDMや営業での情報に使われます。

場合によってはアンケートを断る勇気も必要となります。

後日DMなどを送ってほしくない人は断る方が無難です。

家づくりを長い目で考えていて、常に最新情報を送って欲しいという人であれば記入した方が良いと言えます。

大事なことは、「むやみに記入しない」ということです。

その場ですぐ申込は行わない

いくら気に入ったメーカーがあったとしても、その場で申し込みを行わないことを強くお伝えしたいです。

何度もお伝えしているように、住宅展示場で出店されている家は通常より豪華な造りになっていることが多いです。

キレイなインテリアも揃っていて気持ちが高ぶる気持ちはとても分かります。

それでも一旦持ち帰って冷静になる時間を設けてください。

気に入った住宅メーカーがあった場合、そのメーカーが個別で準備しているモデルハウスや完成内見会があります。

日を改めてそちらを見に行くようにしましょう。

モデルハウスや完成内見会では、実際そこに人が入居することがほとんどです。

そのためより現実的な造りを体感することができます。

「展示場で見たときとイメージが違っていた」これは最悪のパターンと言えます。

住宅展示場はあくまでもイメージを膨らませたり、情報収集の場と常に頭に入れておくことが大事です。

まとめ

いかがだったでしょうか?

住宅展示場はとても楽しい場所だということを感じてもらえたのではないでしょうか?

気軽に立ち寄れる雰囲気が良いですね。

家づくりの絶対条件は「楽しみながら進めること」に尽きます。

無駄なく楽しく、家族とたくさん話し合って進めていければ最高ですね。

素敵な家づくりが実現できることを願っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

\大切な家づくりで後悔しない為に!/